2019年07月20日

AirPort Extremeをバラしてみた

絶版となってしまったAirPort(日本名AirMac)製品ですが、私は気に入っていて今も使っています。AirMac ユーティリティで簡単にセットアップできるのが、魅力です。我が家では3台使っていて、家の隅々まで受信できるようにしています。その内1台が不調になってしまいました。実は、最近時々イエローLEDが点滅して、ファンが全速になっているのに気が付いていました。しばらくすると正常になるので、あまり気にしていなかったのですが、とうとう動作しなくなってしまいました。

古いタイプの AirMacベースステーションは、内部のコンデンサが膨らんでこれを変えると復活しました。バラせば何か異常がわかるかもしれないと思い、バラしてみました。

AirPort1

















AirPort2




























AirPort3





















特に目視で異常は発見できず、ファン周りの清掃を行って再度組み付けました。当然ながら、復活はせず(涙)。1台予備があったので、それと入れ替えました。もはや絶版なので、その内Mesh対応製品に交換ですかね。

vintagecomp at 09:57|PermalinkComments(1)

2019年07月19日

20周年 昔話7

6/28以来、久しぶりの20周年 昔話です。

最初の移民弁護士には、現実的でない方法しか提示されず落胆。前回は、日系の弁護士さんでしたが、今回は南アフリカ系の弁護士事務所です。事情を話すと、早速具体案が提示されました。

プランA:ややトリッキーな方法で会社を設立し、その会社にビザをサポートしてもらう。費用は低め。
プランB: 普通に会社を設立し、投資家ビザを取得する。ある程度の資金が必要。

プランAは、本当にこんなことして良いの?というややグレーな方法だったと思います。ちょっとリスキーな方法でも、提案があること自体頼りになります。プランBは、ある程度の投資を行い事業を行う場合に取得できるビザです。アメリカで自分で起業してビザを取ろうという場合、正攻法と言える方法でしょう。プランAはともかく、プランBが最初の弁護士から提案されなかったのが不思議です。弁護士選びは、とても重要ですね。
当初プランAで進めたのですが、色々あって結局プランBに変更することになりました。Vintage Computer LLCが1999年2月に設立されました。とは言え、未だ駐在員で新たなビザは取れていない状態。まだ、ペーパーカンパニーです。この先、ビザの取得と駐在員として勤めている会社を辞めるという大仕事が待っています。

vintagecomp at 13:31|PermalinkComments(1)起業 

2019年07月18日

Vintage Computer チャンネル第205回〜Mac Pro 2009の究極のアップグレードパーツ〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第205回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

昨日のブログでも取り上げましたが、映像とともに詳しく解説します。
Mid 2010/2012との違いもわかると思います。
Early 2009がMid 2010、Mid 2012 フルチューンと同等までパワーアップ可能になります。



Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.26GHz 8 Core 16GB 49,800円


vintagecomp at 09:42|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2019年07月17日

Mac Pro 2009用究極のアップグレードパーツ

Mac Pro用Mid 2010, 2012用の究極のアップグレードパーツとして、2010/2012用プロセッサーボードが人気です(現在在庫なし)。時々入荷していますが、人気ですぐに売れてしまいます。何が究極かといえば、シングルプロセッサーボードと取り替えると、最大で3.46GHz 12 Core、メモリ128GBまでアップグレード可能になります。
よくいただくご質問が、これをEarly 2009に使用するのは可能か?というものです。残念ながら使用できません。 動作はするものの、ファンがフル回転してしまうのでやはり2009用のプロセッサーボードが必要です。数も限られるので、Vintage Computerでも数えるほどしか取り扱っておりませんが、入荷しました!

661-5708-1 Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.26GHz 8 Core 16GB 49,800円

2.26GHzとクロックは低めですが、3.33GHz 12 Core3.46GHz 12 Coreにアップグレード可能です。メモリは64GB(8GBx8)や究極の128GB (16GBx8)もお勧めです。CPUアップグレードキットを同時にご購入の場合、取り付けてからの発送も可能です(取り付け費無料)。 
もう10年選手となりますが、 大幅な性能アップでまだまだいけますね。

vintagecomp at 05:31|PermalinkComments(0)Mac 

2019年07月16日

米Apple Store Refurbished品のご依頼が増えています

ここ1ヶ月くらい、メールで米Apple Store Refurbished品のご依頼が増えています。
Refurbished品は常に同じ仕様が販売されているわけではないので、アメリカで販売されている仕様が日本では販売されていないというようなことがちょくちょく起きるので、どうしても欲しい仕様ということでのご依頼です。
最近では、絶版になったMacBook、iPad Pro 10.5"、iPad Pro 9.7" などをご依頼いただきました。

米Apple Store の販売価格の他に、購入時には9.5% のセールスタックスや商品により若干のリサイクルフィーがかかります。さらに、弊社の手数料、日本への送料、消費税もかかりますので、正直なところやはり割高となってしまいます。それでも米Apple Store に今あるスペックのRefurbished品を欲しいという方は、ぜひ個別にメールにてご要望ください。

米Apple Store の在庫も、いつまでもあるとは限りませんので、こちらで欲しい商品を見つけたらすぐにご依頼いただくことをお勧めします。

vintagecomp at 09:56|PermalinkComments(3)Products 

2019年07月13日

【Vintage Computer ニュース】7/11号がブロック?

メルマガ読者のお客様からお客様から、お問い合わせをいただきました。

今回の【Vintage Computer ニュース】7/11号がblockされました。こんな事は初めてです。
原因は50 5.7.1 [CS01] Message rejected due to local policyという事なのですが、どういうことなのでしょうか?

block







iClouldでブロックされたようです。早速、以下のメールをiClouldメール宛に送ってみました。

1. 他社広告を含む【Vintage Computer ニュース】7/11号全体をコピペして送信
2. 【Vintage Computer ニュース】7/11号の内容のみをコピペして送信

結果、1は配信されず、2は配信されました。
広告の内容に、問題ありと判定されたと思われます。広告を見てみますと、それほど大きな問題とは思えないものの、【妻が惚れ直す夫の秘密とは…】などと少々色っぽい表現がされているものがあります。これが原因ですかね(真偽は確認されておりません)?厳しい!
他にも投資関連の広告などもありますので、そちらの可能性もありますね。

さて、だったらまぐまぐのサイトでバックナンバーを読むという方法が考えられると思ったのですが、、、 なんと今年の4/15よりバックナンバーの公開が停止されています。なんでも、法令遵守対応という理由だそうですが。やむを得ないので、7/11号の内容を以下にコピーしておきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Vintage Computer メールマガジン】 7/11号
http://www.vintagecomp.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Laptopのラインナップが一新されました。
MacBook Air 2019とMacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 Ports)が登場
MacBookが廃止。そして、継続モデルとして残っていたMacBook Air 2017が廃止です。
詳細はBlog VC社長日記をご覧ください。
http://vintagecomp.livedoor.biz/archives/51999941.html


******************************************************************
Vintage Computer Channelも宜しくお願いします。
******************************************************************

Vintage Computer チャンネル第204回〜超レア純正SSD〜

https://youtu.be/1H22Tuj5API

見逃した番組をチェックしてください。チャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCxuJwAiumYz6SKR5A1h3QMg


******************************************************************
番組で紹介した超レア純正SSD
******************************************************************
純正 1TB PCie SSD for MacBook Pro 13 inch Function Keys 2016/2017 98,000円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5603

Apple純正 Samsung 2TB NVMe PCie SSD for MacBook Pro Retina他 198,000円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5396

******************************************************************
コスパ最高!1.5GB/sec 高速NVMe SSD
******************************************************************
Intel 660P 2TB for MBA 2013-2017, Retina 49,800円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5579

Intel 660P 1TB for MBA 2013-2017, Retina 24,800円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5580

Intel 660P 2TB for Mac Pro 2013, Mac mini 2014 49,800円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5582

Intel 660P 1TB for Mac Pro 2013, Mac mini 2014 24,800円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5581

Intel 660P 2TB for Mac Pro 2009-2012 起動対応 49,800円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5584

Intel 660P 1TB for Mac Pro 2009-2012 起動対応 24,800円
https://www.vintagecomp.com/shopexd.asp?id=5585

______________________________________________


Telsa Model 3の楽しさをお伝えするYouTubeチャンネルも作りましたので是非見てください。
番組が15本もできています。

******************************************************************
Telsa Model 3 Channel 
******************************************************************
https://www.youtube.com/channel/UCjzZyHy8jv2HggyMl22eo4g/videos?view_as=subscriber

チャンネル登録も宜しくお願いします!

Teslaお買い求めの方は下記リファラーコードをご利用ください。
1000マイルまでスーパーチャージャーが無料でご利用できます。
https://ts.la/yumiko92931


vintagecomp at 10:07|PermalinkComments(2)一般 

2019年07月12日

iMac 27インチ Mid 2010用 SSD取り付けキットが復活!

iMac 27インチ Mid 2010は、BTOで2.5インチ SSDが追加可能となっていました。2.5インチ SSDがない標準モデルには、SSDのマウンターやケーブル類が付いていませんので、SSDだけ用意しても取り付けることができません。そこで、純正のマウンター、ケーブル類をキットにしたSSDキットを販売しており、人気商品でした。ところが、純正パーツのSSDマウンターの供給が終了となってしまい、本キットはやむなく販売終了としておりました。お客様からの再販売のご要望もいただき、新しい形で復活しました。

iMac2010SSDkit

















iMac 27インチ Mid 2010用 内蔵SSD取り付けキット 3,980円

全製品との一番の違いは、絶版となってしまったマウンターを使うのではなく、光学ドライブ下に協力両面テープで接着することです。
専用のマウンターを使用しなくなったことで、以前の製品よりもずっと安くなっております。 

vintagecomp at 09:17|PermalinkComments(0)Mac | Products

2019年07月11日

Vintage Computer チャンネル第204回〜超レア純正SSD〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第204回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

MacBook Pro 2016以降は、SSD交換不可と思っている方も多いと思います。実は、Tach Bar付きは交換不可ですが、Function KeysモデルはSSDがソケット式で交換可能です。
また、めったに入荷しない純正2TB SSDもご紹介しています。





vintagecomp at 03:38|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2019年07月10日

MacBook Air 2019とMacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 Ports)が登場

Macのノートブックラインナップが刷新されています。

MacBookが廃止。そして、継続モデルとして残っていたMacBook Air 2017が廃止です。

MacBook AirがTrue Toneテクノロジー対応のRetinaディスプレイを採用した2019モデルにアップデートされています。
MacBook Proは5月に2019モデルにアップデートされましたが、13インチの Two Thunderbolt 3 Ports モデルだけは、2017モデルの継続でした。今回、第8世代クアッドコアプロセッサとTouch Barを搭載した2019モデルにアップデートされました。

MacBookが廃止になったのはちょっと驚きですが、確かにMacBook Air 2018が出てからは、存在意義が薄くなっていたと思います。そもそもUSB-C 1 ポートのみというのは、失敗だった気がします。

ちょうど昨日、MacBook Pro 13" Function KeysモデルのSSDをご紹介したところですが、いきなりディスコンとなってしまいました。新型のTwo Thunderbolt 3 Ports モデルにSSDのソケットがあるかですが、これは確実にないと言えます。Touch IDが採用された以上、SSDが脱着式というのはありえなくなってしまいました。

ノートのラインナップが大きく刷新されたわけですが、この秋噂されているMacBook Pro 16インチで完成されたラインナップになるのではないかと思います。15iインチが16インチに刷新されるという見方もあるようですが、私は共存すると思います。以下のような棲み分けになるのではないでしょうか。

MacBook Air  コンシューマー
MacBook Pro 13" プロエントリー
MacBook Pro 15" ハイアマチュア、ミドルプロ
MacBook Pro 16" ハイエンド

これまで、 MacBook Pro 15" はハイエンドプロモデルとしては力不足な面もありましたので、Proの名にふさわしいハイエンドモデルになるのではないかと予想します。その場合は、薄さを犠牲にしても拡張性に優れた構造を期待したいところです。

vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(0)Mac | Apple Rumors

2019年07月09日

MacBook Pro 13" 2016/2017 Function Keys モデルの1TB SSD

MacBook Pro 13" 2016/2017 Function Keys モデルの1TB SSDの取り扱いを開始しました。

MBP2016SSD1
















Apple純正 1TB PCIe SSD for MacBook Pro 13 inch Function Keys 2016/2017 98,000円

MacBook Pro 2016以降は、SSDの交換は不可能では?と思う方もいるかもしれません。Touch Barモデルは不可能ですが、Function Keys モデル(Thunderbolt 3 2ポート)は、SSD がソケット式で交換が可能です。

今の所、純正SSDしかありません。おそらく今後も、サードパーティー製は出ないと思います。本モデルの最大容量は1TBですので、本品が最大です。

内蔵SSDの容量不足を感じていた方や256GBモデルに、お勧めです。


Function Keys モデルを持っているけれど、今年買ったので、2016/2017モデルなら該当しないと思う方もいるかもしれません。実は、現行モデルは2017モデルです。2018, 2019とTouch Barの方はニューモデルが出ましたが、Function Keys モデルは変更なしで最新モデルは2017モデルですので、本SSDが使用可能です。

取り付けは、裏蓋さえ外してしまえば非常に簡単です。 
裏蓋は少々コツが要りますが、難しくはありません。近日、取り付け方法もこちらで解説したいと思います。



vintagecomp at 07:53|PermalinkComments(0)Mac 
プロフィール

Harry

Archives