2024年02月28日

デュアル CPUボード各種販売中!

シングルプロセッサーのMac Proでも、12 Core 3.33GHz/3.46GHz にアップグレードし、更に最大128GBメモリまで搭載可能になるMac Pro 2010/2012用プロセッサーボードが人気です。内容により最強から割安まで、お選びいただけます。


661-5708-1









Mac Pro Mid 2010/2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 12 Core 39,800
Mac Pro Mid 2010/2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 12 Core 34,800
Mac Pro Mid 2010/2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 12 Core 傷あり  29,800

お手頃なシングル 6 Coreも!
Mac Pro Mid 2010/2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 12,800

お買い得な傷あり品は、ヒートシンクに傷がありますが性能には影響ありません。ポンと差し込むだけで、簡単に大幅パワーアップの改造完了です!


vintagecomp at 11:07|PermalinkComments(0)Products | Mac

2024年02月27日

Vision Pro 体験してきた

お休み中に、アップルストアでVision Pro を体験してきました。きっと、予約はいっぱいだろうと思っていたら、意外にも当日の予約が取れました。そんなに混んでいません。約30分間、しっかりと体験させてもらえました。

VP
















デモですから、どこまでしっかりやるのかと気になりましたが、ライトシール、フォームクッション、バンドサイズのカスタマイズから、視力補正まできっちりやりました。そこを適当にやってしまって、イマイチと思われてもいけないということでしょうが、さすがアップル、しっかりやってるなという印象を受けました。
私は白内障の手術済みなので、単焦点レンズを目に入れています。そのため、老眼相当で近くがよく見えず普段は老眼鏡が必要です。Vision Pro は、視力補正のために矯正レンズを組み込みます。老眼(遠視)でもそうするのかと思ったら、老眼の場合はVision Pro 側で補正します。最初のセットアップで、メガネの度数を3段階で聞いてきます。私は2.5ですが、該当するのは1.5以上。大雑把に思えますが、セットアップを簡単に終わらせるための選択と思われます。ただ、左側のピントがやや甘くなりました。これはセットアップがうまくいかなかったのか、Vision Pro の限界なのか少々気になります。

空間コンピューティングとして視線とジェスチャーで操作しますが、初めてでも戸惑うことなく的確に操作できました。このUIの完成度はなかなかのもの。サウンドも自然な感じです。
3Dの画像や動画を臨場感高く体験できるのは、やはり特筆ものです。とは言え、3D体験と空間体験を別にすれば、やっているのはiPadとほぼ同じ。今後、Vision Pro に特化したAppやコンテンツでどこまでその魅力を高められるか、というところだと思います。また、やはり重さはちょっと気になりました。これ、長時間はやはり辛いかな。

iPod, iPhone, iPad, Apple Watch と新製品はどれもほぼ発売初日に手に入れて楽しんできましたが、Vision Pro についてはちょっと様子見です。高額ということもありますが、コンテンツが出揃い、よりか軽くなった時が買い時かなという気がしています。

vintagecomp at 10:59|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2024年02月24日

ドジャース スタジアムツアーに行ってきた

本日より業務再開。お待たせしましたが、お休み中のご注文の発送を行いました。
お休み中に、ドジャースのスタジアムツアーに行ってきました。


IMG_2670















スタジアム内の施設や、ワールドシリーズ優勝のカップ等の数々の表彰を見学できました。野茂の新人王やメッセージも展示されていました。さすがに歴史ある球団ということを感じました。ツアーガイドの方も、エンジェルスとは違う!と強調していました。
タイミングによっては選手とすれ違うこともあるそうですが、残念ながら選手の皆さんはアリゾナキャンプに行っており、その可能性はゼロ。3月末にオープン戦を観戦しますので、その際にはぜひ大谷を観たいです。

vintagecomp at 14:14|PermalinkComments(0)USA 

2024年02月23日

お休み終了

2/22までお休みをいただいておりました。現在当地は2/22夜、お休みも終わりで明日から通常営業に戻ります。お待たせしましたが、お休みの間のご注文は、明日発送させていただきます。
お休み中は、アップルネタもありましたので、それはまたおいおい。

vintagecomp at 12:10|PermalinkComments(0)一般 

2024年02月17日

2/22までお休みをいただきます

既にお知らせしておりますように、2/22(木)までお休みをいただきます。
お休み中のご注文については、2/23(金)の発送となります。お問い合わせについては、できるだけお休み中も対応させていただきますが、遅れる場合があります。

本日は、バックオーダー含め受注残全て発送しましたので、心置きなくお休みに入ることができます。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

vintagecomp at 10:47|PermalinkComments(0)一般 

2024年02月16日

人気のグラフィックボード、再入荷!

Mac Pro 2009-2012の最強グラフィックボード、在庫切れとなっていましたが再入荷です。
RX580P8GB-2 
SAPPHIRE Radeon PULSE RX 580 8GB GDDR5 + Mac Pro用電源ケーブル  22,800円

Appleが公式に対応カードと発表しています。ノーマル電源で問題ないカードとしては最強性能!とVintage Computerでは判断し、お勧めしています。
ただし、Mac EFI非対応なので、OS上以外の表示はできないのでちょっと不便もあります。

そこが心配な方には、Mac EFI対応のGTX 680。こちらはMac EFI 対応ですので、option起動他あらゆる状況で表示可能です。

EVGA GeForce GTX 680 Mac Edition 2GB 29,800円

Metal 対応不要な方は、こちらも再入荷、お勧めです。

ATI Radeon HD 5770 1GB 10,800円

vintagecomp at 11:33|PermalinkComments(0)Mac 

2024年02月15日

ドイツ税関でVision Proを押収

との記事が報じられています。日本の方も、アメリカに渡って日本に持ち帰った方もいらっしゃるようです。同様にドイツの方もそのような方がいらっしゃるわけですが、税関での申告が必要となります。申告すると、当然ながら税金が徴収されます。これを怠って見つかってしまうと、没収されてしまう場合があるわけです。ドイツは厳しいようで、このようなケースが8件報告されているそう。おそらく税金と罰金を払えば返してもらえるはずだと思いますが、なんと1年かかる場合もあるそう。
そういえば、ドイツ税関でバイオリニストが高価なバイオリンを募集されたニュースがありました。厳しいですね。

日本の税関はそこまで厳しくないと思いますが、高価な製品については申告の必要があるのは同じで、当然対象となります。そして消費税が課されることとなるはずです。申告せずに見つかってしまうと、やはり没収の可能性もなきにしもあらずだと思います。面倒がらずに申告しましょう。
Vintage Computerでは、Apple Vision Pro 最後の1台を販売中です。

VisionPro










Apple Vision Pro 1TB 米国版 778,000円 758,000円

顔形状は私でカスタマイズされています。
Apple Vision Pro 米国版が入手できる最後のチャンスです。早期に売れないようなら、返品しますのでお早めに!

vintagecomp at 12:27|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2024年02月14日

臨時休業のお知らせ

トップページでもお知らせしておりますように、2月20日(火)〜2月22日(木)まで臨時休業を取らせていただきます。2月19日(月)は米国祝日のため、2月17日(土)〜2月22日(木)までお休みとなります。
お休み期間中のご注文は、在庫があれば2月23日(金)の発送となります。

お急ぎのご注文は、ぜひ2月16日(金)までに! 日本時間の2月16日(金)いっぱいにご注文いただければ、当地の2月16日(金)発送が可能となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

vintagecomp at 13:48|PermalinkComments(0)一般 

2024年02月13日

Apple Vision Pro 最後の販売

Apple Vision Pro、発売の少し前から購入代行の受付を開始しました。その後、購入時に顔形状をスキャンし、ライトシール、フォームクッション、バンドサイズをカスタマイズした形で出荷されることがわかりました。そのため、新規の受付を中止、それまでにご注文いただいた方には、顔に完全にフィットしないと思われるが、それでも良いかとの確認をさせていただきました。結局、ご注文いただいたお客様は、全員オーダー継続となりました。オーダー分は全て発送を終え、既にお客様のもとに到着しております。そんなわけで、Apple Vision Proの購入代行は終了、のはずだったのですが、手配の都合上1台余分にオーダーすることとなりました。遅れて入荷する分をキャンセル予定でしたが、予定が早まりキャンセル不可に。弊社に到着しました。そこで、この1台を最終販売します。
最大容量の1TBです。

VisionPro










Apple Vision Pro 1TB 米国版 778,000円 758,000円

繰り返しになりますが、私の顔形状にカスタマイズされているので、完全にフィットすることはないと思います。ちなみに、身長181cm、痩せ型、顔細目、男性です。既に、日本では入手されたVision Proを他の方がテストする様子が伝えられていますが、テストは問題なくできているようです。
Apple Vision Pro 米国版が入手できる最後のチャンスです。早期に売れないようなら、返品しますのでお早めに!

vintagecomp at 10:06|PermalinkComments(5)Products 

2024年02月10日

MacかMacintoshか

一昨日の記事で取り上げた「Macの名称」。初期はMacintoshという名前でMacはあくまで略称、それが後にMacが正式名称となりました。
製品の名称としては、Power Macintosh G3がMacintoshの最後。Power Mac G4の発売に伴い、正式名称がMacintoshからMacに変更された、と私は考えていました。コメント欄で、それ以前にiMacが発売されているので、iMacの発売の1998年がMacに変更されたタイミングではないかとご指摘いただきました。確かに、Macの名称が初めて使われたのがiMac。当時Power Macintosh G3は販売されていましたが、この時期からMacへ変更されていて、既にMacintoshとして販売されている製品は旧名称のまま、という解釈もできます。アップルは、この日からMacintoshからMacに変更しましたという発表は行なっていませんから、いくつかの説が出てきます。

調べてみたところ、関連情報がありました。松田さんの「Mac Technology Lab.」に掲載されていました。この記事によると、2010年6月15日までのAppleのプレスリリースには、Macintoshという名称が用いられているが、2010年6月28日のプレスリリース以降Macと表記されているというのです。製品名としては、1999年に全てMacという名称となっていましたが、シリーズとしての正式名称は2010年6月28日にMacに変更されたものと考えられるというわけです。なるほど、これは説得力ありますね。
記事には、「Finderのアバウトに"The Macintosh Desktop Experience"とMacintoshという表記が残っている」とありますが、これは現在のmacOS Sonomaにおいても同様です。
"The Macintosh Desktop Experience"はなかなか気づかないと思いますが、すぐに気づく名残りがストレージ名称の”Macintosh HD”ですね。HDは当然ハードディスクですが、今やハードディスクを内蔵するMacはなく、全てSSD化されています。今風に言えば、Mac SSDとなるわけですが、こういったところは昔の名前で出ていますね。

vintagecomp at 10:30|PermalinkComments(2)
プロフィール

Harry

Archives