2021年02月27日

Touch Barのトラブル

MacBook Proに採用されているTouch Bar、私のMacBook Pro 2016にも採用されています。少し前から、 Touch Barの右側が激しく点滅するようになりました。こんな具合です。



特に暗い室内でウザい。スリープ時も絶賛点滅してます。普段終了はせずに使わない時はスリープにしていますので、使用していない時はずっと点滅しています。
調べてみると、このトラブル結構多くの人が報告しています。設定などで回避できるかと思いきや、基本ハードウェア交換しかないようです。ハードウェア交換とはつまり、アッパーボディー丸ごと交換、キーボードやバッテリも同時交換となってしまいます。保証が切れていると、かなりの高額修理となります。

よく観察してみると、Touch Barが表示(点灯)している時は、点滅は起きていません。Touch Barオフ状態の時のみ発生しています。修理をせずに、現実的にできるだけ回避するには以下の方法になると思います。

1. クラムシェルモードで使用する。
2. システム環境設定のキーボードで、キーボードのバックライトがオフになるまでの時間を最長の5分に設定し、 使用しない時はディスプレイを閉じる。

1は一応完全回避できますが、Touch IDが使用できなくなるという欠点が。2は完全ではないけれども、実用上ほぼ回避可能です。とはいえ、いちいちディスプレイを閉じるのが面倒ですね。

キーボードのバックライトがオフになるまでの時間は最長で5分ですが、これを「オフにしない」という設定ができれば回避できそうです。Terminalを使えば、できるのではないかと思いますが、もし分かる方いらっしゃいましたら、コメントいただけると幸いです。

次期MacBook ProではTouch Bar廃止が噂されていますが、廃止大賛成です。

現状、この不具合は有償修理ですが、発生している人も多いようなのでぜひ無償修理を提供して欲しいところです。

vintagecomp at 08:07|PermalinkComments(0)Mac 

2021年02月26日

再掲、Mac Proの光学ドライブ問題

以前Vintage Computer チャンネルで2018年に取り上げた光学ドライブ問題、最近立て続けに問い合わせやコメントをいただいたので、再掲します。

光学ドライブトレーを開こうとして操作しても、引っかかって戻ってしまうトラブルです。この部分のパーツ交換か?と思っても、それはできません。さて、どうする? 



掲載当時よりも最近になって発生しているケースも多いのかもしれませんね。

2021年02月25日

Fry's Electronicsが全店閉店

昨夜いきなり全米36店舗 全店閉店のアナウンスです。西海岸でPC関連の買い物をしたことのある方なら、お馴染みのショップだったと思います。大型量販店ながら、電機屋さん的な品揃えだけでなく、メモリ、HDD、CPU、電子パーツなどの品揃えも豊富で特色のあるショップでした。 

私が渡米した1997年、初めてFry's Electronicsに足を運んだ時は衝撃的でしたね、まるで秋葉原が1つの店舗に収まっているようなマニアックな品揃え、そして大型店らしく安い!当時コンパクトMacのオープニングツールも置いてあったといえば、そのマニアックさがわかるでしょうか。
新聞広告を楽しみにしては、毎週のように通っていました。2000年代半ばくらいまでは、パソコン需要が好調なこともあり、繁盛していたと思います。Macの販売にも力を入れていました。
オンラインショップで好評だったOutpostを傘下に収め、オンライン販売にも注力しましたが、やはり店舗販売を補う位置付けにしかなかったと思います。

その後、AmazonやApple Storeの台頭などで、ジリ貧に陥り、私も店頭に行くことはほとんどなくなりました。そして、今回のコロナ禍でとどめを刺された感じですね。

私も愛用していたお店だけに、感慨深いものがあります。一つの時代が終わった感じですね。

vintagecomp at 07:43|PermalinkComments(0)USA 

2021年02月24日

タイガー・ウッズが近所で自動車事故

日本でも報道されているように、プロゴルファーのタイガー・ウッズがロサンゼルス郊外で単独自動車事故を起こし、足に重傷を負い病院で手術を受けています。

Screen Shot 2021-02-23 at 3.35.02 PM










エンジンも脱落しており、車は大破しています。現時点では、原因などの詳細はわかっていません。

驚いたのは、事故現場がVintage Computerの近所であることです。車で15分くらいですね。現場映像から、どこだかピンポイントで理解できました。現場は、片側2車線で制限速度は45マイル(72km/h)。結構な急坂です。坂の上り側車線の崖に乗り上げていますが、下り車線から中央分離帯を飛び越えて反対車線に飛び出しています。事故原因はまだわかっていませんが、かなりのスピードが出ていたのは間違いないでしょう。

朝の7:12に事故が発生していますが、これを書いている夕方になってもまだ通行止めで現場検証が続いています。車が大破、ドライバーが重症と言っても、単独事故で他に被害がないことから、通常であればすぐに現場検証や通行止めは終わると思います。大物の事故故に、これだけ時間をかけていると思われます。

ちょうど昨年の今頃、コービ・ブライアントがロサンゼルス郊外でヘリコプター事故で亡くなりました。ヘリコプター事故現場は、やや離れていましたが、ハイキングで土地勘のある山中でした。身近に感じられる場所での事故、人ごととは思えません。


vintagecomp at 09:05|PermalinkComments(0)USA 

2021年02月23日

お客様から「究極のアップグレードパーツ」の感想

究極のアップグレードパーツと呼んでいるMac Pro 2010/2012用のDual CPU プロセッサーボードをご購入いただいたお客様から、ご連絡いただきました。

到着してすぐMac Pro Mid 2012のボードを交換し、さらにCPUもアップグレード、メモリも増設して大満足です。

まさか手に入ると思っていなかったプロセッサーボードを購入することができ、とても感謝しています。
しばらく、Mac Pro Mid 2012で仕事ができます。起動ディスクもSSDにしてあったのでもう最強です。
といってもメモリを128ギガにするには、資金がないのですが。
それにしても、Mac Pro Mid 2012は拡張性が高いですね。
ボードも簡単に引き抜くことができ、そうした設計がすぐれているMacにも感動しました。

ご満足いただけて、弊社としても嬉しい限りです。
661-5708F














Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core 32GB  59,800円

こちらは、メモリを32GB (8GBx4) 搭載。通常は16GB程度が多いのですが、メモリはそのままでもかなりいけます。
CPUアップグレードキットやメモリを同時にご購入いただければ、無料で取り付けいたします。

vintagecomp at 06:12|PermalinkComments(0)お客様の声 

2021年02月20日

ご注文時の住所、氏名について

Vintage Computerのお会計画面には、「個人輸入」と「商用輸入」を選ぶところがあります。「個人輸入」の場合は、必ずご自宅住所、電話番号(携帯可)の登録をお願いいたします。

日本の税関で、「個人輸入」と「商用輸入」では税率が異なるためです。商用輸入では、消費税税率そのままの10%、個人輸入には特典があり6% とお得になります。
「個人輸入」と「商用輸入」の違いは、再販や業務で使用するかどうかです。販売目的でなくても、業務で使用する場合は、商用輸入です。あくまでも申告ベースですが、税関としても「個人輸入」と申告さえすれば無条件に税金が減免されるのであれば、不正が横行しますので条件を設けています。「個人輸入」の際は、必ずご自宅の住所、電話番号の申告が必要となります。

そこで問題なのが、 「個人輸入」で勤務先で受け取りたい場合。この場合も、お届け先とは別に、ご自宅住所を申告すれば問題ありません。お会計画面でも、
◆,客様の住所(個人輸入の場合は必ずご自宅)
 配送住所
の欄がありますので、△砲桓宅住所、に勤務先住所を登録すれば問題ありません。

ところが、△剖侈垣莉蚕蠅鯏佻燭掘↓は△貌韻検個人輸入と登録されるお客様が少なくありません。国内通販では意識することがないので無理もありませんが、このまま発送してしまうと税関で荷物が止まってしまう可能性が高く、発送は保留にしてお客様に問い合わせをせざるをえません。
こうなると発送が数日遅れることになってしまいます。
また、お客様に連絡を取ろうとしても、なかなか連絡がつかない場合があります。この場合、すでにお支払いはしていただいているのに、発送を保留しているという状況となってしまいます。どうしても連絡がつかず、止むを得ず「商用輸入」で発送したこともあります。税金が足りなくなるわけですが、それは弊社負担となってしまいます。

このように、個人輸入で勤務先の登録しかない場合、発送が遅れる、問い合わせのための時間がかかる、最終的に弊社が税金の一部を負担するということも起きてしまいます。
このような頻度が高いと、個人輸入の選択をなくし、税金も一律10%の設定とせざるをえなくなります。お客様の負担が増えてしまいますので、どうか、個人輸入の場合は、△砲呂桓宅住所の登録をお願いいたします。

また、通関の関係上、商用輸入でも氏名欄には必ず個人の英字(例 Yamada Taro)の登録が必要となります。ここでも、個人名を登録せずに、氏名欄に会社名を登録し個人名の記載がなかったり、姓に会社名、名に個人の姓を登録される方もいらっしゃいます。
必ず個人名の登録をお願いいたします。





 

vintagecomp at 09:43|PermalinkComments(0)一般 

2021年02月19日

やっぱり、iPhone 12 Pro 納期が短縮

昨日、「iPhone 12 Pro 納期が短縮」の記事を掲載しました。すると記事の効果か、すぐにiPhone 12 Proのご注文をいただきました。

早速手配しましたが、ご注文いただいたのはまだ納期が少々かかる仕様。注文後、6、7日でお届けと表示されました。一応お約束の1週間以内ギリギリです。 少しでも早まるのを期待していましたが、注文後間も無く、発送の連絡。でも東海岸からなら5日ほどかかるか?と思いましたが、なんと翌日の本日届きました。
今日、同じものの到着見込みを確認しても、5日後となっています。少しは早くなっていますが、まだ即納ではないです。コロナ禍で遅れが多く発生していますので、余裕を見ているだけかと思いきや、他のスペックは翌日お届け見込みに。

いずれにしても、ここに来て限りなく即納に近い状況になっていると思います。 Vintage Computerとしては、最大1週間の表示はそのままとしておきますが、早めの到着が期待できます。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円 


vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(1)iPhone 

2021年02月18日

iPhone 12 Pro 納期が短縮

米国版iPhone 12シリーズの購入代行、好評です。シャッター音の消音、音量挑戦が可能です。
いまだに猛威をふるう新型コロナウィルス。カリフォルニアのApple Storeの閉店は継続中です。というわけで、Apple製品の手配は、オンラインのみとなっています。iPhone 12, 12 miniは比較的早い段階で早期納入されるようになっていましたが、iPhone 12 Proについては仕様によっては時間がかかる場合があり、2週間以内の発送とさせていただいておりました。ここに来て納期が短縮されておりますので、1週間以内の発送とさせていただきました。これにて、iPhone 12シリーズ全て1週間以内の発送となります。

とはいえ、まだ全てのモデルがすぐに届いているわけではありません。iPhone 12, 12 miniはほぼ全て2日以内に届きます。iPhone 12 Pro, Pro Maxは2日以内に届くモデルも多くなりましたが、1週間ほどかかるモデルもあります。
少し前は中国から発送させることも多く時間がかかっていましたが、どうやらほぼ米国内の発送となったようです。米国内の遠方からの発送の場合、最大1週間を見込んでいるようです。東海岸からでも通常1週間はかからないのですが、コロナの影響が遅れが発生しやすくなっています。先日、隣町の知人に郵送したものが、丸1週間かかってしまいました。普通は1日なのですが。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円


vintagecomp at 08:28|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年02月17日

Mac Pro でMojave対応Firmware アップデートのみ実行する

昨日の記事で、Mojave対応Firmwareがインストールされていないと、Mojave起動ディスクを認識しないという内容を掲載しました。
こういう状況で、 Mojave対応Firmware アップデートをインストールしたいが、Mojaveのインストールはしたくないという場合もあると思います。昨日のように、既にMojave起動ディスクを持っているので、インストールは必要ないという場合。また、ありがちなのが、Mojaveを使うつもりは全くないが、NVMe SSDを起動ディスクとして認識させるため、Mojave対応Firmware アップデートのみをインストールしたいという場合があると思います。
Mojave対応Firmware アップデーターは、Mojaveのインストーラーに含まれるので、これは可能でしょうか? 可能です。

まず、 Mojave 10.14.6のインストーラーを入手しましょう。以下にアクセスするとApp Storeが立ち上がりダウンロードできます。
Mojave 10.14 

それから、Metal対応のグラフィックボードを装着しておく必要があります。この状態で、Mojaveのインストーラーを起動します。すると、次のウィンドーが出ます。

macos-mojave-firmware-update-required-mac-pro













Firmwareのアップデート方法が記載されています。Shut Downをクリックすると電源が落ちます。電源ランプが点滅しロングトーンが聞こえるまで電源ボタンを長押しします。すると真っ白い画面が出てきてFirmware アップデートが実行されます。この時、以前のアップデートではプログレスバーが出ていたと思いますが、本アップデートでは出ません。完了すると自動的に電源が落ちた後、再起動されます。
立ち上がると、Mojaveのインストーラーの初期画面が出ていますので、 インストールしたければそのまま続けて良いですし、インストールしたくなければMojaveのインストーラーを終了すれば完了です。
念のため、システムレポートでBoot ROM Versionを確認しておきましょう。144.0.0.0.0 なら、Firmwareのアップデートは無事にされています。

インストールを途中で終えてしまうと、おかしくなってしまわないかと心配する向きもあるかと思いますが、上記のように実際にインストールを開始する前にFirmwareのアップデートは完了しますので、心配無用です。

vintagecomp at 09:39|PermalinkComments(4)テクニカル 

2021年02月16日

Mac Pro ?マーク、落ち着こう

Mac Pro Mid 2010本体がVintage Computerに入荷してきました。HDDはついておりませんが、完動品のはずです。早速、手持ちの起動ドライブを装着して動作テスト。問題なく起動音がしてモニタが明るくなり順調です。そしてアップルロゴが出てくるはずが・・・ ?マーク。

あれ? 起動ドライブを挿し直したり、もう一台のドライブに換えたりしてみましたが、やはり?マーク。もしやSATAに問題があるのか? 感動品のはずなのに・・・
とパニックになる前に、こういう時は落ち着くのが肝心です。装着したのは、Mojaveの起動ドライブ・・・ あっ!!!

勘の良い方はもうお気づきですね。 Mojaveの起動ドライブは、Mojaveインストーラーに含まれるFirmwareアップデートをかけないと認識されないのです。Mojave上で確認したい項目があったので、ドライブを交換した際にもMojaveの起動ドライブを選んていました。私としたことが。
High Sierra の 起動ドライブに換えたところ問題なく起動しました。

Firmwareアップデートによってはかけなくても、起動には特に問題ない場合もあるので、盲点でした。Mac Pro Mid 2010/2012ユーザーの方はお気をつけください。

vintagecomp at 10:22|PermalinkComments(0)テクニカル 
プロフィール

Harry

Archives