2016年12月03日

AUGM Los Angeles 2016 いよいよ明日開催!

日本国外で唯一開催されるAUGM Los Angeles、いよいよ明日12/3開催です。

AUGM2016







AUGM Losa Angeles 2016 イベントページ

入場無料で、スポンサーからもたくさんの景品を用意していただきました。また、参加者全員へのお土産もあります。
また、内容も充実しています。
「差のつくiPhoneカメラの使い方」に参加すると、ちょっと気を使うだけで差のつく写真が撮れるように。
「伝説のマシン Apple Lisaが今日蘇る!」では、
他ではまず見られないLisaの動作状態のデモが。
「勢ぞろい!最新 Mac ニューモデル」では最新Macがずらりと並びます。
真打の「最新 iPhone 7/7 Plus 徹底解説」は、ただの解説ではありません。驚きの実験を行います。これは本当に見もの。
他にも、面白い内容が盛りだくさん。

そして最後は、AUGM恒例のジャンケン大会。豪華景品をかけて、壮絶なバトルが繰り広げられます。

まだ、席にいくらか空きがありますので、ぜひイベントページから登録して参加ください。登録なしでも、席に空きがあれば当日参加可能です。

ロサンゼルスのApple ファン、全員集合!


vintagecomp at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2016年12月02日

MacBook Pro Early 2011がObsolete製品へ

MacRumorsによると、以下の機種が今年いっぱいでObsolete製品になるそうです。

apple-macbook-pro-15_09








• MacBook Pro (15-inch, Early 2011)
• MacBook Pro (17-inch, Early 2011)
• Mac mini (Early 2009)
• MacBook (13-inch, Mid 2009)

Obsolete製品になると、米カリフォルニアとトルコ以外でMacのハードのサポート受けることができなくなります。
製造終了後5年後が目安ですので、これらの機種はそうなっても仕方ないですね。しかし、5年経つと必ずObsolete入りするわけではありません。実際、 MacBook Pro (13-inch, Early 2011)は、15/17 inchと同時期の販売期間ですが、Obsolete入りしないようです。

これはやはりMacBook Pro 15/17 inch のGPU問題の影響ではないかと思われます。リペアエクステンションプログラムも今年いっぱいですので、対象の方は早めに修理依頼をしましょう。

私もつい先日までMacBook Pro 15 inch Early 2011を使っていたので、もうObsolete入り?と意外な感じがします。私もGPU問題で一度修理に出しましたが、それ以外は快調で5年半頑張ってくれました。これまで2、3年で買い換えることが多かったのですが、このマシンは満足度が高く長く使いました。魅力的な新機種が出なかったというのも大きいですね。

さて、純正パーツも取り扱っているVintage Computerですが、Obsolete製品のパーツ調達はどうなるか。実は、Obsolete製品になっても直ちにパーツの入手が不可能になるわけではありません。当然、これまでの在庫があるわけで、それがなくなるまでは入手可能です。とは言え、パーツによってはObsolete入り直後に入手不可能になりますし、意外にしぶとく入手できるパーツもあります。とは言え、いつ入手不可能になってもおかしくない時期になってきたわけです。
また、ロジックボード以外はLate 2011と同じパーツで構成されていますので、まだしばらくは大丈夫そうです。

該当機種の方で、パーツが必要な方は、早めにご注文ください。



vintagecomp at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 

2016年12月01日

OWC Thunderbolt 2 12 ポート Dock 特価販売中

New MacBook Proの登場で注目を浴びているThunderbolt 3ですが、まだまだ搭載機種が多いのがThunderbolt 2です。Thunderbolt 2でさえ浸透しているとは言い難く、まだまだ他のポートが必要なユーザーが多いと思います。そんな方達の頼りになるのがこちらです。在庫限りの大特価で販売中です。

TB2DOCK12P










OWC Thunderbolt 2 12 ポート Dock 29,800円 24,800円

USB 3.0, FireWire 800, GIgabit Ethernet, HDMI, オーディオ入出力と必要な装備を完備。大容量ACアダプターでバスパワーもバッチリ。また、Thunderbolt 2が2基あるので、占有しない点もポイントが高いです。


これ1台で、従来機種のMacでポート不足やアダプター地獄にも悩むことはありません。

vintagecomp at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2016年11月30日

円安により12月より値上げ

トランプが大統領に当選したら、リスクオンで円高になるというのが一般的な予想でしたが、実際にはすごい勢いで円安となりました。
Vintage Computerは、米国から日本円をメインとして表示しておりますので、正直これは痛いです。

それでも値上げはできるだけ避けたかったので、これまで円価格据え置きとしてきましたが、そろそろ限界です。そこで、一部商品は12月より値上げします。
値上げ対象となるのは、まずはiPhone, iPadの購入代行商品です。

iPhone7Plus












他にも利益確保の厳しい商品を順次値上げ予定です。値上げ幅は、為替の変動に応じてということになります。iPhone, iPadは高額商品となるので、影響は大きいですね。

というわけで、本日中は旧価格のままです。iPhoneやiPadの購入を検討していて踏み切れなかった方、本日がチャンスです。


vintagecomp at 06:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Products 

2016年11月29日

まだまだ動いてるCS4

私のメインマシンも無事にNew MacBook Pro 15インチに移行しました。ハードが新しいのはもちろんなのですが、OSも新しくなりました。
新OSがリリースされると、その日の内にアップデートする新し物好きの方も多いと思いますが、仕事で使っているメインマシンとなると、どうしても慎重になります。そこで、今まではEl Capitanを使っておりました。New MacBook Pro 15インチを使うということは、否応無くSierraを使うということです。

一番の懸案は、仕事で多用しているソフトの互換性。私の場合は、Dreamweaver CS4、Fireworks CS4、Filemaker Pro 10です。特にAdobeのCS系は、Java 6が必須でOSのメジャーアップデートの度にインストールが必要でした。ところが、SierraはJava 6のサポートを打ち切るということで、もうCS系は使えなくなると噂されていました
ところが!、サポートされていないだけで、実際にはインストール可能でした。それどころか、Java 6インストール時に作成される二つのディレクトリーを作ってあげれば、Flash以外はインストールすら不要という情報が!

早速、手順に沿ってディレクトリーを作成。問題は、これでCS6は行けそうですが、果たしてCS4が動作するかということ。試してみると、あっけなく起動。まだ、しっかりと使い込んでいませんが、基本動作は問題ないようです。もっともEl Capitanでもいくつか問題はありました。しかし、私の使用方法では致命的ではなく実用可能でしたのでこれまで延命してきました。Sierraでもなんとか行けそうな感じです。
そして、Filemaker Pro 10も特に問題なし。

MacBook ProとSierraの移行、まずは快調です。


vintagecomp at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 

2016年11月24日

Vintage Computer チャンネル第120回〜MacBook Pro 15" 1週間使ってみた〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第120回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

New MacBook Pro 15" が届いて1週間。いよいよメインマシンとして使い始めました。周辺機器やソフトの互換性などをチェック。
更に、注目のSSDの性能をベンチテストでチェックします。




米国は、11/24から感謝祭の4連休に入ります。Vintage Computerもお休みとなります。来週より、またよろしくお願いいたします。


2016年11月23日

11/24、11/25 お休みです

11/24と11/25は米国では感謝祭 Thanksgiving のお休みです。Vintage Computer もお休みとなります。年末年始は、カレンダー上クリスマスと元旦のみが休みですので、この4連休は多くの人にとって1年で最大のお休みとなります。

時差がありますので、これを書いているのは11/22(火)です。明日がお休み前の最終発送日です。日本時間の11/23(水)いっぱいにご注文、お支払いが完了しているご注文については、在庫がある商品は当地の11/23(水)に発送可能です。早く商品を手に入れたい方はお急ぎください。

もう日本でもお馴染みとなりつつあるようですが、11/25(金)はブラックフライデーで一年で最大のショッピングデートなります。とは言え、最近ではどこも過熱しすぎて逆に食傷気味の感もあります。以前は、この金曜日は朝7時くらいの早くからか開店していましたが、朝5時になり、0時になりと早まってきました。0時だとブラックフライデー当日になった瞬間ですから、しばらくはここで落ち着いたかに見えました。ところが、更に早く前日から開ける店も出てきて、一体何がなんだか。

小売店以外は4連休となり、物流も止まりますので、ネット通販は明けて月曜日がセール日。サイバーマンデーと呼ばれています。Vintage Computerはこれまでサイバーマンデーはやっておりません。実は今年はやってみようかと検討もしていたのですが、事情が変わってしまいました。
それというのも、トランプが次期大統領に当選後、円安が急速に進行しました。同じ円価格であれば、受け取れるドル額は小さくなってしまいます。あまりに急激な円安ですので、特価セールどころではなく、円価格の値上げを検討せざるをえなくなってきました。実はすでにごく一部の商品で、値上げを行っています。この状況が続けば、更に値上げを検討せざるをえません。そうなる前に、お早めのご注文をお勧めします。

vintagecomp at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 

2016年11月22日

続報:New MacBook Proの外部モニター

11/18のエントリーで、アダプター経由での外部モニタ接続に苦戦していることをお知らせしました。

27 inch Cinema Displayは表示に成功しましたが、30 inch Cinema Displayはダメ。そこで、見つけたのがこちらでした。

CDP2DVIW











StarTech USB-C to DVI Adapter


StarTechは、まずまずのメーカーですし、メーカーサイトに2560x1600 対応と明記してありますので、30 inch Cinema Display で行けそうです。本日届いたので、早速試してみました。
しかし!全く表示されません。モニターは認識されていますが、全く真っ暗なまま。調べてみると、私と同様に30 inch Cinema Display でダメだったと言うレビューがいくつもあります。OMG!
結局、30 inch Cinema Display で表示させることは今の所無理そうです。

前回は、DVIの23 inch Cinema Displayもダメでしたが、このアダプタを使うと行けました。5Kモニタが届くまで、これで凌ぐしかないか。トホホ。

さて、鬼門の外部モニター接続ではありますが、それでもこれならいけると言う組み合わせもわかってきました。

27 inch Cinema Display (Mini DisplayPort 接続)なら、これでOKです。

adapter











AllSmartLife USB C Type to Mini DisplayPort Adapter 3,800円


ただし、Thunderbolt Displayには対応していません。また、24 inch Cinema Displayも非対応と考えられます。

23 inch Cinema Display (DVI接続)なら、これでOKです。
CDP2DVIW










StarTech USB-C to DVI Adapter
 2,480円


Single Link DVIなら他のUSB-C to DVIアダプターで行けるでしょう、と思いがちですが、1080Pには対応しても、1920x1200には非対応というアダプターも多いようです。

New MacBook ProやMacBookとこれらのモニタの接続をお考えの場合は、お薦めです。


vintagecomp at 15:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Mac 

2016年11月19日

AUGM Los Angeles 2016 12/3(土)開催です!

日本各地で開催されている大人気のAUGM(Apple User Group Meeting)。昨年よりロサンゼルスでも開催しています。日本国外では、ロサンゼルスのみの開催です。ロサンゼルスエリア在住のアップルファンの方、これは行かなきゃ!

banner







Facebook イベントページ
日時:2016年12月3日(土)1:00 PM〜5:00 PM
会場: New Gardena Hotel セミナールーム
1641 W Redondo Beach Blvd, Gardena, CA 90247
入場無料

入場無料ですので、ぜひ参加ください。AUGM名物の豪華景品が当たるじゃんけん大会ももちろんあります。

参加は、事前登録が必要です。Facebook イベントページから登録いただくか、 mushikuiringonokai@gmail.com まで、メールをお送りください。

去年は、iPhoneユーザーでMacユーザーではないんですが、との問い合わせもありましたが、もちろんOKです。iPhone, iPad, Mac いずれか一つでも大丈夫。
今年、私は伝説のマシン Lisa のデモを担当します。ちゃんと動作するLisaをご紹介します。

入場無料で、面白いプレゼン、お土産ももらえて、景品も当たって、と大変お得なイベントです。ぜひ、参加ください。


vintagecomp at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2016年11月18日

New MacBook Proの外部モニター

現在のメインマシンは、自宅でmini DisplayPortの27 inch Cinema Display、オフィスでDual Link DVIの30 inch Cinema Dsiplayを使っています。30 inch Cinema Dsiplayは、Mini DisplayPort to Dual-Link DVI Adapter 経由で接続しています。

New MacBook Pro 購入にあたって、これらの外部モニターと繋ぐためのアダプターを用意しました。端子形状が合えばなんでも良いかといえば、もちろんんそうではありません。1080Pまでにしか対応していないアダプターも多いので要注意です。できれば有名メーカー品にしたいところですが、該当するアダプターが見つかりません。こんなのを用意しました。

adapter










4K対応で、レビューには27 inch Cinema Displayでも使えたとあります。30 inch Cinema Display で使えるかちょっと不安ですが、4Kにも対応してるなら大丈夫ではないかな?

この確認は、Youtube チャンネルでも公開した通りですが、27 inch Cinema Display ではOK。30 inch Cinema Dsiplay ではダメでした。モニター自体は認識され、ノイズが表示されたりはするのですが、正常な画像は全く表示されません。う〜〜〜む、アダプタが2560x1600の解像度はサポートしていないのでしょうか。外部モニターなしではとてもメインマシンとして使う気にはなれません。困った。
そこで、苦肉の策として23 inch Cinema Displayに接続してみました。こちらも、Mini DisplayPort to DVI アダプター経由です。これなら大丈夫と思ったのですが、全くダメです。モニターを認識すらしていません。困った!

5K モニターを購入予定でそれを入手すれば解決ではありますが、発売は12月。しかも、12月も遅くなりそうな雰囲気です。それまで、お蔵入り?

そんなわけで、困り果てていましたが、見つけました。

CDP2DVIW











StarTech USB-C to DVI Adapter


この手のアダプターは、Single-Link DVIのみ対応と思っていましたが、Dual-Link DVI 対応品がありました。スペックにも2560x1600 対応と明記してあり、大丈夫そうです。しかも、お値段もお手頃。早速オーダーしましたが、到着は週明けになりそうです。残念ですが、仕方ない。

しかし、やっぱりポートの変更は鬼門ですね。入手したら、また結果をおしらせします。ご要望があれば、取り扱いも検討します。









vintagecomp at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 
livedoor プロフィール
Archives