2018年09月23日

iPhone XS, Max の即納品

発売初日、二日目とiPhone XS, XS Maxの入手に奔走しております。こういう場合どうしても起きるのが、ご依頼いただいた仕様は売り切れながら、他の仕様なら手に入るというケース。そんな場合は、状況によっては余分に入手する場合があります。そんなわけで、以下の在庫が発生しております。

 XS















iPhone XS Max A1921 512GB シルバー 米国版SIMフリー 即納品 228,000円
iPhone XS A1920 64GB ゴールド 米国版SIMフリー 即納品 158,000円

在庫ありですので、ご注文とお支払いの確認ができましたら、即発送可能です。シャッター音を消音できる米国版iPhone Xを、即入手したい方、チャンスです。
すでに、同仕様の商品をご注文頂いている方は、入手済みということでうすので、週明けに発送します。 

vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年09月22日

iPhone XS 発売初日

当地は現在9/21夜、本日はiPhone XS の発売日でした。Vintage Computerでは、購入代行に申し込みいただいたお客様の期待に応えるべく、今年も早朝から並びました。

Morning


























朝6時前でまだ暗いです。この時間でも50番目くらい。例年通り超絶の行列かと思いましたが、その後の延びは例年より鈍かったように思います。
早く買えるかどうかは、行列の長さもさることならが、ストア側の客さばきで決まります。結構行列が長くても、ストアがどんどんお客さんをさばいていけば、行列もどんどん進んで短時間で終わります。この客さばきは、ストアによって大きく差が出ますし、例年全体的にあまり良くなく、無駄に時間がかかっていたと思います。今年はこの点、かなり改善されたように思います。残念ながら、あまり改善されていないストアもあったのですが。

行列の長さも、例年と比べて短かったように思います。以下のような理由が考えられます。

1. XSはあまり革新的な要素がなく、例年ほどの人気がない。
2. XR待ちのお客さんが多い。
3.  行列に並ぶより、オンラインで初日ゲットする人が増えた。

多分どれも正解で、それぞれの理由の結果でこうなったのだと思います。

今回は供給が潤沢で、簡単に入手できるのではないかという予測もありましたが、やはりそれほど甘くはありませんでした。XS Maxは全体に品薄でした。特に新色のゴールドは人気のようで、売り切れ続出。512GBも品薄です。

というわけで、本日も大変ではありましたが、例年以上に入手することができました。明日以降もこの調子でいきたいものです。

vintagecomp at 12:06|PermalinkComments(6)iPhone 

2018年09月21日

iPhone SE 128GB 最後の1台!

いよいよ明日(当地は現在9/20)、iPhone XSの発売日です。Vintage Computer では購入代行品の端末を確保すべく、明日の発送はお休みとさせていただきます。

新型の発売に伴い、廃止となった旧機種のAppleでの販売も終了となります。iPhone X, iPhone  6s, iPhone SEの購入代行も終了しました。

そんな中、最後の4インチディスプレイのiPhone SE 128GB の在庫品1台限りを販売します。

 iPhoneSESG

















iPhone SE 128GB A1662 米国公式SIMフリー スペースグレイ 69,800円

こちらでもご紹介した通り、販売終了を前にiPhone SE 128GBは売り切れとなっておりました。実は、ご依頼いただき入手済みだったものがキャンセルとなった1台です。

本当に最後のチャンスです! 



vintagecomp at 04:48|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年09月20日

Radeon HD 5770/5870 と4K モニタ

macOS Mojave 非対応となってしまったRadeon HD 5770, 5870 ですが、相変わらず人気は高いです。

radeon5770HD















ATI Radeon HD 5870 1GB  29,800円
ATI Radeon HD 5770 1GB  24,800円

先日Radeon HD 5770をご購入いただいたお客様より、サポート依頼がありました。

早速取り付けましたが、モニター画面が信号入力なしで映りませんでした。電源コードを抜き差確認、ビデオボードも3回くらい付け替えましたが認識しませんでした。
元からあるビデオカード(NVIDIA Gforce GT 120)に戻すと起動し正常に映ります。購入したビデオカードに問題があるのでしょうか?
Mac Pro Early 2009, モニター LG 32UD60 UHDmonitor4k, Mini DisplayPort接続

むむ、不良品でしょうか? しかし、Vintage Computerでは中古品は全て動作テストを行って発送しております。

 気になるのは、4Kモニタを使用している点です。以前は4Kモニタ非対応でしたが、新し目のmacOSでは4K 30Hz表示が可能になっています。そこで、モニタ側は4K 60Hzの設定になっておりブラックアウトしているのではないかと推定しました。GT 120は4K表示能力が全くないので、低解像度設定になるのだと思います。
これには、低解像度の別モニタで問題なく表示されるかを確認するのが一番です。幸い、お客様は別モニタをお持ちでしたので、確認いただいたところ問題なく表示されました。
使用されているモニタは、 DisplayPort 接続では4K 60Hz対応ですが、HDMIでは4K 30Hz対応です。そこで、アダプタを使用してHDMIに接続してもらったところ、無事4K 30Hzで表示されたそうです。

 HDMIですと4K 30Hz固定になるのでベストな接続方法だと思いますが、Mini DisplayPort 接続でも以下の方法で表示可能になるのではないかと思います。
DVI側に低解像度のモニタを接続します。これで起動すると、 Mini DisplayPort 側はブラックアウト、DVI側は表示されるはずです。システム環境設定/ディスプレイを開き「ウインドウを集める」ボタンを押すと、Radeon HD 5770側の設定ウィンドウも表示されます。ここで解像度 4K 30Hz選ぶと表示されるようになるはずです。


vintagecomp at 04:56|PermalinkComments(0)Mac | サポート事例

2018年09月19日

ディスコンiPhone 入手の最後のチャンス!

今回、iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEがディスコンとなりました。継続となったiPhone 8もREDが、iPhone 7もジェットブラックがディスコンとなりました。

これらの機種は、Apple オンラインストアの販売は終了していますが、実店舗の販売は在庫限りで継続中です。 このApple Store 実店舗の在庫販売も9/20までで新型が出る9/21には在庫が残っていても販売終了となるそうです。
もちろん、在庫限りですから売り切れもあるわけで、9/16時点では購入できたiPhone SE 128GBも最寄りのストアでは売り切れとのことでした。やはり最後のコンパクトな4インチiPhoneということで、買い急いだ方が多かったようです。他の多くのディスコン端末も在庫僅少となっているようです。

Vintage Computerでは、販売終了の旧機種の購入代行を現在も継続中です。入手の最後のチャンスということで、結構多くのご依頼をいただいております。今の所、ご依頼分は全て入手できておりますが、今後は売り切れも考えられます。9/19頃には販売終了とする予定です。ご注文いただいても、売り切れで入手できない場合は、申し訳ございませんがご返金となります。

すでに書きましたように、 iPhone SE 128GBについては売り切れのため購入代行も終了しました。ディスコン旧機種をご希望の場合は、お早めにご注文ください。

vintagecomp at 05:58|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年09月18日

iPhone XS, XRの発売時の公式SIMフリー

日本では常に発売と同時に公式SIMフリー版が提供されていますが、アメリカでは必ずしもそうではありません。というか、通常は2〜3ヶ月遅れて提供されています。
昨年は、iPhone 8は 発売と同時に公式SIMフリー版が提供されましたが、iPhone Xでは発売時には提供されませんでした。要はタマが十分にある場合は最初から公式SIMフリー版を提供し、タマ不足の場合は後日となるようです。

では、今回はどうでしょう。

XSfree














iPhone XS, XS Maxは、プレオーダーのページでSIM-freeを選べるようになっています。初日から公式SIMフリー版を入手可能です。プレオーダー開始の数分以内を逃すと初日受け取りは無理というのが普通でしたが、翌朝になっても初日受け取りが可能でした。流石に今は10/1-10/8となっていますが、例年に比べるとずっと少ない遅れです。どうやら、今回はかなり潤沢に用意しているのではないでしょうか。

XRの価格確認ページです。

XRfree










こちらは、4キャリアのみで SIM-freeは表示されていません。公式SIMフリー版は後日でまず間違いないです。発売を遅らせるくらいですし、当初はかなりタマ不足になりそうです。

というわけで、iPhone XS, XS Maxについては、比較的入手がしやすいと思われます。とは言え、現時点でオンラインで1.5-2.5週間待ちとなっているわけで、それなりに入手困難になるとは思います。米国版購入代行をご依頼の場合は、お早めのご依頼をお勧めします。

iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

iPhone XRについては、かなり入手難になりそうな気配です。iPhone XRについては、プレオーダー開始の数日前より購入代行受付を開始する予定です。


 

vintagecomp at 05:47|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年09月15日

iPhone XS 米国版は全て同一モデル

9/13のエントリーで、「米国版はXSで言えば、A1920 GSMとA1920 CDMAの二本立てになっています。」と書きました。 LTE対応周波数の一覧表に、A1920 GSMとA1920 CDMAが記載されていたからです。しかし、これは間違いで、4キャリア版、公式SIMフリー版、 いずれもCDMA対応であることがわかりました。

iPhone XSの販売ページのFrequently Asked Questionsに以下の記載があります。

Are there differences between an iPhone for AT&T or T-Mobile and an iPhone for Sprint or Verizon?
 
Regardless of the carrier you choose, iPhone is designed to support AT&T, T-Mobile, Sprint, and Verizon. If you choose carrier financing from AT&T or Verizon, your iPhone will be tied to your carrier 

AT&T版 T-Mobile版と Sprint版, Verizon版とで何か違いはありますか?

どのキャリアを選んだ場合も、iPhoneは AT&T, T-Mobile, Sprint, Verizon の全てのキャリアをサポートしています。AT&Tまたは Verizonの分割払いを選んだ場合は、SIMロックされています。

 つまりどのキャリア版、SIMフリー版を選んだとしても、全てGSM/CDMA両対応ということになります。では、どれを選んでも全く同じかというと微妙に異なる部分もあります。

気になる、日本で使用する場合の互換性に関しては、全く同じです。米国以外での互換性も同じです。
米国で使用するにあたっては、VerizonのプリペイドSIMに関して差が出ます。これはiPhoneというより VerizonのプリペイドSIM側の制限ですが、新し目のiPhoneで VerizonのプリペイドSIMが使えるのは、Verizon版と公式SIMフリー版のみです。AT&T, T-Mobile, Sprint版は当分の間 VerizonのプリペイドSIMは使えません。というわけで、米国での使用を考えると、Verizon版と公式SIMフリー版が有利です。

そんなわけで、購入代行に関しましては、当初のご案内通り基本的には公式SIMフリー版またはVerizon版を手配します。

vintagecomp at 13:26|PermalinkComments(2)iPhone 

2018年09月14日

旧モデルの去就

新しいiPhone XS, XS Max, XR が発表されましたが、旧モデルの去就も気になるところです。発表会では、以下のラインナップが公表されました。

Line










旧モデル継続として、iPhone 7, iPhone 8が安くなっています。iPhone 8のRED、iPhone 7のジェットブラックは廃止されました。
そして、iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEが消えています。今まで前年のモデルは必ず継続となっていましたが、iPhone Xが消えちゃうんですね。確かに、見た目は変わらないiPhone Xが安くなって継続されれば、XRが売れないってことにもなりかねませんので、理解できます。

 6sがなくなるのは、順当でしょう。そして、意外だったのがiPhone SEの廃止。新型の噂もあったものの実現せず、それでもローエンド端末として残ると思っていたのですが。まー、iPhone 7が$449よりとなると、いかにコンパクトさが売りとは言っても、需要はそれほどないのかもしれません。

というわけで、値段が下がったiPhone 7, iPhone 8は新価格でご注文を受付中です。
iPhone 7 購入代行
iPhone 7 Plus 購入代行
iPhone 8 購入代行
iPhone 8 Plus 購入代行

廃止となった iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEは、すでにAppleのオンラインストアからも消えています。店頭の在庫販売のみとなっています。Vintage Computerでは、あと数日のみ受付を継続します。

iPhone X 購入代行
iPhone 6s 購入代行
iPhone 6s Plus 購入代行
iPhone SE 購入代行

まだ店頭に在庫があると思いますが、もしも無くなってしまったら「ごめんなさい」、となってしまいますのであらかじめご了承ください。


vintagecomp at 03:16|PermalinkComments(2)iPhone 

2018年09月13日

iPhone XS, iPhone XS Max 予約受付開始!

本日のApple スペシャルイベントで、ついにベールを脱いだiPhone XSとiPhone XS Max。
Appleでは9/14(金)に予約受付開始、9/21(金)に発売となっています。

早速ですが、 毎年好評の米国版SIMフリーiPhone 購入代行の予約受付を開始します。

 XS















iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

今回、米国版はXSで言えば、A1920 GSMとA1920 CDMAの二本立てになっています。(9/15修正 米国版は全てA1920 CDMAであることが判明しました。ハード上は全て同じです。)CDMAの対応有無以外同じです。日本版は今回も独自モデルで、日本版以外に技適は付かないと予想されます。

GSM版 AT&T, T-mobile
CDMA版 公式SIMフリー, Verizon, Sprint

今回は、CDMAの公式SIMフリーまたはVerizonが米国版では最強と考えており、基本的にはこのどちらかを手配します。今回は、公式SIMフリーが発売当初から販売されるようですが、何分発売当初は品薄が予想されますので、両モデルを入手していく予定です。どちらか指定がある場合は、お会計のコメント欄にご要望いただければ対応しますが、入手が遅くなる場合があります。
また、AT&T, T-mobileのGSM版でも良ければ、その旨お会計のコメント欄にご要望ください。入手が早くなることが期待できます。

今回は、512GBがラインナップされ遂に代行価格は20万越えとなってしまいました。購入には、本体価格だけでなく、9.5%のSales Taxもかかり、入手困難な中店頭に長時間並んで入手することとなります。ご理解いただけますと幸いです。




vintagecomp at 11:27|PermalinkComments(21)iPhone 

2018年09月12日

Apple スペシャルイベントはいよいよ明日!

いよいよ明日に迫ったApple スペシャルイベント、新型iPhoneの発表が確実視され、Apple Watchの発表も噂されています。新型iPhoneの噂情報について、まとめてみたいと思います。

出るのは従来のiPhone Xと同じスタイルの5.8インチ OLED、6.5インチ OLED、廉価版6.1インチ LCDモデルと噂され、これは確定と言って良いでしょう。いずれもA12プロセッサで高速化していると予想されています。

予約開始は9/14(金)おそらく西海岸時間の0時となるはずです(日本時間午後4時)。発売は 9/21(金)。ただし、6.1インチ LCDモデルは発売が遅れるとの噂でしたが、ここに来て少数の出荷ながら同時発売となるという噂も出て来ました。私としては、LCDモデルはやや遅れると予想します。

各モデルの噂情報です。

5.8インチ OLED
 名称はiPhone Xsが有力。カラーはゴールドが追加されるのが確実のようです。容量もついに512GBが追加されそうです。

6.5インチ OLED
名称はiPhone Xs Plusが有力でしたが、Xs Maxの噂も出ています。いやしかし、Maxは無しでしょう。 Xs Plusを支持します。カラーと容量はXsと同じ。Apple Pencil対応の噂が出ていましたが、ここに来て否定の噂が有力です。

6.1インチ LCD
廉価版で、iPhone 9, iPhone Xc, iPhone Xr といろんな名称の噂が出ています。容量は64GBと256GB。カラバリが豊富で、OLEDのカラーの他、青、黄、ピンクも存在するようです。こうなると、iPhone 5cのリベンジですね。ということで、やはりiPhone Xcが有力ではないかと思います。

明日が楽しみです。私はどのモデルにするかですが、「iPhone XSにするかiPhone XS Plusにするか」にも書いた通り 5.8インチ OLEDにするか6.5インチ OLEDにするか悩んでいました。今のiPhone Xのサイズは気に入っているんですよね。とは言え、やはり新しい体験をしてみたいということで、6.5インチ OLEDにしようと思っています。

vintagecomp at 03:24|PermalinkComments(0)iPhone 
プロフィール

Harry

Archives