2021年01月09日

iPhone 12 Pro, Pro Max 米国版オーダー受付を再開

iPhone 12 Pro Max、昨年中は在庫を確保しての販売としました。コロナ禍の影響でいつ入手できるのかの見通しが立たない中、この販売方式を取りました。在庫確保方式は、昨年末で終了しご注文の受付を停止しておりました。
iPhone 12, 12 miniに関しては、既に昨年末から比較的入手しやすくなっており、 受注後手配による販売に変更しています。iPhone 12 Pro, Pro Maxについては、依然として入手時期が先になる場合が多いのですが、受注後手配による販売を開始しました。iPhone 12 Pro の納期は最大1ヶ月、iPhone 12 Pro Maxの納期は最大2週間と見込んでいます。これは現時点の最大納期で、仕様によってはすぐに入荷できる場合もあります。ご注文、お支払い後すぐに手配し、入荷予定日をお知らせします。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円

また、iPhone SE 128GBの注文受付も開始しております。 

vintagecomp at 07:33|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年01月08日

ビデオカードブラックアウト、慌てずに!

Mac Pro 用ビデオカードは、Vintage Computerの主力商品の一つです。中古カードも多く扱っているので、それらは全て動作確認の上発送しております。
先日、中古のビデオカードをご購入いただいたお客様からのご連絡です。

早速装着したところ、ディスプレイはブラックアウト、全く表示しません。不良品です。早急に、返品、返金の手配をお願いします。

最近は、簡単に返品、返金に応じるショップもありますね。サポートはせずに返品に応じるスタイル。そういうショップは安心感はあるものの、もし不良品でなければ、お客様としては何の解決にもならないわけで、本当に素晴らしいサービスかは疑問です。

テスト後に発送しているので、不良品の可能性は低いと考えられます。 まずはお客様の環境を確認の上、次の確認をしていただきました。

1. ビデオカードが完全に真っ直ぐに装着されているか。画像のように、わずかに斜めになってしまう場合があります。この場合、ブラックアウトしてしまいます。
5870-1
 いやいや、これ以上押し込めないところまで押し込んでいるので、そんなはずはない、 という答えが返ってきそうなのですが、これ以上押し込めないのです。こういう場合は、プレートの下端を少し外側に曲げるとすんなり入ってくれるようになります。

5870-2













それって、プレートが曲がっていたってこと?と思われがちですが、寧ろ全く曲がっていないとしっかり入らないケースが多く、少し外側に曲がった状態の方が入りやすかったりします。この辺りは本体の個体差もありますので、お客様側での微調整も必要になります。

2. 真っ直ぐに入った上で、NVRAMのリセット。ブラックアウトの原因で割とあるのが、NVRAMに記憶している解像度が不適切なために、表示できないケースです。リセットで解決します。

今回は、これらで不具合は解消しました。
不具合の際に、お願いした内容を実機で確認をいただくのはまどろっこしくもありますが、返品返金やl交換も時間がかかりますし、急がば回れです。また不良品と確定すれば、その後も迅速な対応が可能です。
何卒、ご協力をお願いいたします。 

vintagecomp at 09:25|PermalinkComments(0)サポート事例 

2021年01月07日

M1 MacBook Airがやってきた

昨年末のことになりますが、遅ればせながらM1 MacBook Airがやってきました。副社長のメインマシンです。スペックは、16GBメモリ、1TB  SSDです。

これまで、MacBook Pro 13" Late 2013, Core i5 2.5GHz 16GBメモリを使用していました。さすがに買い替えどきなので、ちょうど良いタイミングでM1 Macが登場、さっさと購入しないと入荷時期が遅れるのになかなか副社長は購入しません。なんでも、ブラックフライデイセールまで待つとのことです。いや、Appleはそんな大盤振る舞いしないと思うぞ。
ブラックフライデイになると、MacやiPhoneを購入するとギフトカードがもらえるという情報が流れました。勝ち誇ったように満を辞してMacBook Airをオーダーしたのですが、、、
ギフトカードがもらえるのは、Intel MacやiPhone 11等の旧モデル継続機種のみ。結局何ももらえず、入手まで1ヶ月ほどもかかってしまいました。やっぱり、欲しいときが買い時ですね。

M1










試しに、アダプタを介して30インチシネマディスプレイに接続してみました。当然ながら、新旧モデルでもちゃんと表示されます。ここで使ったアダプタはこちらです。

JSAUX













JSAUX USB-C to Mini DisplayPort Adapter 2,980円

噂通り、ファンレスで静かでバッテリ持ちも良く処理速度も速いです。副社長のメインマシンであるとともに、周辺デバイスのテストマシンとしても使っていきます。

vintagecomp at 07:39|PermalinkComments(0)Mac 

2021年01月06日

USBカード決定版と相性の良いワイヤレスカード

Vintage Computerの人気商品に「Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード」があります。取り付けの簡単なPCIeカードと完全内蔵カードがあります。

11acMacPro2009PCIe-2













Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード 9,800円
Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 11ac BT 4.0 アップグレードカード 12,800円

完全内蔵カードの方が高いのに人気です。その理由は、PCieポートを一つ開けて背面のUSBポートにケーブルを接続する必要があるためだと思います。

11acMacPro2009PCie-5






















確かに、これはちょっと、、、かもしれません。そこで、昨日紹介した
ULANSeN 7 Port USB 3.0 USB-A/C PCI Express カードです。内部でUSBが接続できるので、ケーブルが外に出てくることもありません。

USB












これ2枚装着することで、802.11ac, Bluetooth 4.0, USB 3.1 Gen 1, USB-Cと追加することができます。s最高に相性の良い2枚のカードだと思います。既に802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカードをお持ちの方には、特にお勧めです。
 


vintagecomp at 09:00|PermalinkComments(0)Mac 

2021年01月05日

USBカードの決定版!

明けましておめでとうございます。2021年もよろしくお願いします。
本日(当地1/4)は、忙しかった(汗)。休み中にもたくさんのご注文をいただきましたので、発送業務に追われました。

本日は、新製品のご案内です。Mac Pro用USBカードの決定版です。Mac Pro用のUSBカードを選ぶ時、以下の点がポイントになります。

1. ドライバー不要
2.  電源供給不要
3. ポート形状(USB-A, USB-C)
4. ポート数
5. 速度

これらの観点から、決定版と言えそうなのがこちらのカードです。

UP5200

















ULANSeN 7 Port USB 3.0 USB-A/C PCI Express カード 5,980円

1.  Mac OS X 10.8.5以上から最新macOSまでドライバー不要で動作します。Macと相性の良いFL1100 chipset使用です。
2. ケーブルでカードに電源供給を行いバスパワーを可能にしているカードも多いのですが、Mac Proの場合、これはやりにくいのでお勧めできません。本カードは、カード上に電源回路を持っており、電源供給無しでバスパワーが可能です。
3. 少し前までは、USBと言えばUSB-Aでしたが、最新モデルはUSB-C搭載でUSB-C対応機器も多くなってきました。両方備えているのが嬉しいですね。
4. 外部 USB-A 3 ポート、内部 USB-A 2 ポート、外部 USB-C 2 ポートと万全。
5 速度はどのポートもUSB 3.0(3.1 Gen 1) の5Gbpsです。USB 3.1 Gen 2 の10Gbpsよりも速度は劣るところで、この点だけが惜しいところです。

1〜4はほぼ理想的、5が少々惜しいですが、総合的には’決定版と言って良いと思います。

USB 3.1 Gen 2 の10Gbpsが必要な方は、こちらがあります。
Ableconn 2 Port USB-C USB 3.1 Gen 2 PCI Express カード 6,980円

価格重視の方は、こちらも。同じFL1100 chipsetです。
Senda 4 Port USB 3.0 PCI Express カード 3,980円

また、内部用ポートはあまり使い出がないように思えますが、Mac Proでは便利に使える技があります。それについては、また次回!


vintagecomp at 10:58|PermalinkComments(0)Mac | Mac改造

2020年12月26日

iPhone 12 在庫品超特価は12/28で終了!

iPhone 12 mini, Pro Maxの在庫品を超特価で販売中です。12/28(日本時間)いっぱいで、販売を終了しますので、お見逃しなく!
12/23まで表示価格の10%引きセールをしていたので、ちょっっとわかりにくかったですが、表示価格=販売価格になったので分かりやすくなりました。セール中よりもお買い得です。
シャッター音の小音、音量調整が可能です。
iPhone12Ppb


















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
 198,000円 178,000

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品 128,000円 109,800
日本時間12/28で終了、延長なしです。お見逃しなく。発送は、当地1/4となります。


vintagecomp at 14:12|PermalinkComments(0)iPhone 

2020年12月25日

4TB, 8TB SSDを発売!

MacBook Air Mid 2023-2017, MacBook Pro Retina Late 2013-Mid 2015, Mac mini Late 2014, Mac Pro :ate 2013, Mac Pro Early 2009-Mid 2012用のPCIe SSDは、Vintage Computerの人気商品です。これまで最大容量2TBでしたが、4TB, 8TB SSDを発売します。
8TBと言えば、MacBook Pro 16”の最大容量です。最新モデルと同じ大容量を旧モデルでも利用可能です。
Sabrentの4TB, 8TB SSDにアダプターを付けた製品ですが、単にアダプターを付けただけでなく、ヒートプレートにヒートシンクが付いており、発熱対策も万全です。
SabrentPCIe












Sabrent 4TB SSD for Mac Pro 2009-2012 98,000円
Sabrent 8TB SSD for Mac Pro 2009-2012 198,000円
Sabrent 4TB SSD for Mac Pro 2013, Mac mini 2014 98,000円
Sabrent 8TB SSD for Mac Pro 2013, Mac mini 2014 198,000円 
Sabrent 4TB SSD for MacBook Air, Pro Retina 98,000円
Sabrent 8TB SSD for MacBook Air, Pro Retina 198,000円 

さすがにこの容量となるとお値段張りますが、MacBook Pro 16”の4TB, 8TBのアップグレード料金が12万円と24万円なので、コスパとしては高いわけではありません。
また、 Sabrentというブランド、信頼性は大丈夫か?という不安もあると思います。実はこの点が心配で、様子見をしておりました。過去、マイナーブランドのSSDでは痛い思いをしたこともあり、慎重に検討しております。
MacBook Pro 13" Function Keys 2016/2017用のSSDを販売しておりますが、このSSDがSabrent製です。メジャーブランドの製品がなく、中堅ブランドで評判的にも良いSabrentを使ってみました。そこそこの数を販売しましたが、これまで不具合の発生は皆無で、信頼性は高いとみております。

vintagecomp at 11:04|PermalinkComments(0)Mac改造 

2020年12月24日

今年の最終発送完了しました

メリークリスマス! 本日、今年の最終発送完了しました。本年のご愛顧、ありがとうございました。

今年の発送は終了しましたが、ご注文やお問い合わせはお受けしておりますので、お休み中もぜひご利用ください。長期のお休みの際は、旅行等に出かけることも多かったので、お問い合わせにすぐにお答えできないこともありましたが、今回はコロナ禍で遠出することもありませんので、タイムリーにお答えできると思います。

特価品のお知らせです。

SendaUSB3










タワー型Macに欠けているものといえば、USB 3.0(3.1 Gen. 1)。ドライバー不要で、OS X 10.8.5以降全てのOSに対応し、外部電源の供給も不要です。なかなかこの条件全てクリアするカードは少ないんですよね。
于あすみ中のご注文品の発送は、年明け1/4〜となります。 


vintagecomp at 10:06|PermalinkComments(0)USA | Mac

2020年12月23日

12/23セール最終日、年内発送可能最終日!

先日お知らせした通り、当地12/23(日本時間12/24)が年内の最終発送日となります。日本時間12/23いっぱいにご注文、お支払いが完了すれば、在庫のある商品は最終発送に間に合います。ぜひ、お早めにご利用ください。
カリフォルニアの53店舗のApple Store 全てが、新型コロナにより閉店となってしまいました。そんなわけで、iPhone 12の入手もますます大変になっております。そんな折、在庫品を超特価販売中です。
特にPro Maxは、これを逃すと次はいつになるか分からない状況です。
このまま売れなければ、近日返品しますので、お見逃しなく!
iPhone12Ppb


















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
表示価格 199,800円 割引後 179,820

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品
表示価格 124,800円 割引後 112,320

1万円以上全品10%引きセールも、日本時間12/23いっぱいです。お忘れなく!


vintagecomp at 09:22|PermalinkComments(0)iPhone 

2020年12月22日

寒いとSSDが認識されない!?

Mac Pro Mid 2010用にNVMe PCIe SSDをご購入いただいたお客様からのサポート依頼です。

起動ディスクにしていますが、最近寒いせいか、SSDから起動しません。
元のHDDで起動したあとしばらくして「起動ディスク」画面にSDDがでてきたら選択し直して立ち上げています。
パソコンを暖めてから起動するようにしないといけないでしょうか。 

むむむ、 暑すぎてトラブルということはありますが、寒さでの認識トラブルというのは初耳です。 これだけでは情報が足りないので、色々と質問させていただきました。すると、以下の情報が。

昨晩、もしやと思い電源を落としたあと(通常は節電のためにMacのつながっているコンセントの元スイッチをoffにしてました)コンセントにはつながった状態で寝ました。
そうしましたら今日は朝からSSDで起動しました。

わかっちゃいました!
これは、NVRAMが毎回リセットされて、システム環境設定の起動ディスクの設定がリセットされていると考えられます。
AC電源が接続されている間は、NVRAMのデーターは保持されます。AC電源がOFFとなっても、NVRAMのデーターが消えては困るので、ビデオカード下あたりにボタン電池のバックアップ電池が付いています。AC電源がOFFとなるのは、普通はそうそうないのでほとんど電池は減らないのですが、このお客様は節電のために毎日OFFにされているということで、毎日バックアップ電池が使用されていることになります。おそらく、電池の残量はもうゼロなのでしょう。そこで、毎日AC電源がOFFとなるたびに、起動ディスクの設定がリセットされてPCIe SSDから起動しないわけです。お客様には、電池の交換と通常はAC電源をオフにしないことをお勧めしました。

ちなみにバックアップ電池は、電気店やおそらくコンビニなどでも買えるCR2032です。電池を右側にスライドさせると、外れます。
最初にサポート依頼をいただいた時には、皆目見当がつかずどうなるかと思いましたが、 やはり状況をよくヒヤリングすることが大切ですね。

PCIeMP

vintagecomp at 13:45|PermalinkComments(2)サポート事例 
プロフィール

Harry

Archives