2018年08月04日

Mac Pro 究極のアップグレードパーツのハイスペック版が入荷!

Mac Pro Mid 2010, 2012のシングルCPUモデルの究極のアップグレードパーツとしてご案内しているのが、デュアルCPUのプロセッサーボードです。Vintage Computer チャンネルでもご紹介しました。プロセッサーボードをサクッと入れ替えるだけで、シングルシングルCPUが、デュアルCPUに早変わり。また、CPUは最大3.46GHz 12 Core、メモリは128GBまでアップグレード可能です。
これまでは、一番スペックの低い2.4GHz 8 Core を取り扱ってきましたが、すぐに完売となっていました。2.4GHz 8 Coreは、ちょっと中途半端なスペックで、改造ベースとするのが良いと思います。今回は、よりスペックの高い2.66GHz 12 Core が入荷しています。現行のMac Pro Late 2013の最高峰のCPUが2.7GHz 12 Coreですから、このままでもかなりのハイスペックですね。
661-5708F













Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.66GHz 12 Core 69,800円

本品にはメモリはつきませんが、128GB搭載してみました。

661-5708F-3 
2.66GHz 12 Core 128GBです。コストパフォーマンスが良い8GBx8 64GBもお勧めです。CPUは3.33GHz 12 Core3.46GHz 12 Core にアップグレード可能です。やはり、究極のアップグレードパーツですね。

シングルCPUのプロセッサーボード、値下げです。

Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.8GHz Quad Core 4GB 28,000円 24,800円


vintagecomp at 03:30|PermalinkComments(0)Mac改造 

2018年08月03日

Vintage Computer チャンネル第188回〜Tesla Model 3 レビュー -1〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第188回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

2週間ほど前に、Tesla Model 3を買いました。その時のブログ記事がこちら。この記事、7月の記事で最もアクセス数が多かったんです。Appleとは直接関係はありませんが、Apple絡みの話題も含めて1回目のレビューをお届けします。



Teslaは資金がショートして倒産してしまうんじゃないかなんて噂されていますが、1996年〜1997年頃のAppleとそっくりですね。

vintagecomp at 10:57|PermalinkComments(4)YouTube チャンネル 

2018年08月02日

macOS Mojave でeGPUを優先利用可能に

MacOS High Sierra 10.13.4で正式対応したeGPU。特にチップセット内蔵GPUしかないMacBook Pro 13"では、強力なパワーアップアイテムです。
現状は、原則として eGPU側に接続したモニターのみで動作します。ただし、アプリが対応していれば、本体のモニタや本体に接続された外部モニタでも動作可能となります。とは言え、この機能に対応しているのは、まだごく一部のアプリのみです。今後の対応に期待したいところですが・・・

macOS Mojave 10.14 beta 5 で、eGPUに接続されたモニタ以外でもeGPUを優先利用できる機能が追加されているとのことです(9to5Macより)。アプリの「情報を見る」ウィンドーを開くと「Prefer External GPU(外部GPUを優先」のチェックボックスが現れます。

スクリーンショット 2018-08-01 午後1.06.32 








OSレベルで対応してくれれば、常に高性能eGPUを使用可能となるわけで、これは嬉しい機能ですね。

Akitio Node Pro を特価販売中です。

NodePro-1













Akitio Node Pro (eGPU Box)  39,800円 34,800円
Akitio Node Pro  + Radeon RX 580 8GB  88,000円 79,800円

macOS Mojaveでは、全域で高性能を発揮できそうです。

 

vintagecomp at 05:14|PermalinkComments(2)Mac 

2018年08月01日

Mac Pro 2009-2012の弱点

昨日は、MacBook Pro Retina 13”の意外な弱点を取り上げましたが、本日はあまり意外でないMac Pro タワー型の弱点です。Mac Pro タワー型全モデルの共通の弱点といえば、電源です。初期のモデルでは延長保証も適用された記憶もありますが、延長保証がなかった2009-2012モデルでもやはり電源が弱点です。Early 2009, Mid 2010, Mid 2012モデル共通です。

661-5011










Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 電源 中古品 24,800円 19,800円

在庫品、特価販売中です。
980Wと言えば、パソコン用電源としてはかなりの大容量。Mac Proの拡張性を支えてくれる縁の下の力持ちです。それだけにトラブルも多いのかも。
うんともすんとも言わなくなった場合は、電源が原因の可能性が極めて高いです。それだけでなく、一瞬電源ランプが光るだけだったり、一応動作するものの突然電源が落ちてしまったりなど、電源が原因となっている場合が多いです。

特に酷暑の今年の夏は、やばいかもしれません。トラブル解消に、またトラブルに備えて用意しておくのも良いかもしれません。



vintagecomp at 03:23|PermalinkComments(4)Mac | Products

2018年07月31日

MacBook Pro Retina 13" Late 2012-Early 2013 のスピーカー

Macの純正パーツを扱っておりますが、意外なパーツに注文が集まっている場合があります。恐らくは故障しやすい箇所であり、あまり知られていないそのモデルの弱点だと思われます。
そんなパーツの一つがこちら。MacBook Pro Retina 13" Late 2012~Early 2013用のスピーカーです。

 923-0224











スピーカー 左右, MacBook Pro Retina 13' Late 2012-Early 2013
 12,800円 9,800円

よく注文をいただくと言っても年に3、4個程度で、多いというほどではないですが、他機種では滅多にありませんので、やはり故障しやすい部分なのでしょう。音質の劣化もあるようです。
基本的には受注後の手配を行っております。先日もご注文をいただき手配をしたのですが、ちょっとした手配ミスで在庫ができてしまいました。そこで、在庫限り特価販売をいたします。

もちろん、新品。分解時に剥がさないといけないバッテリーカバーも付属しています。音が気になる方、注目です。


vintagecomp at 05:02|PermalinkComments(2)Mac 

2018年07月28日

Vintage Computer チャンネル第187回〜Mac mini Late 2014の全バラシ〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第187回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

6/14のVintage Computer チャンネルで取り上げたのが、「Mac mini Late 2014にPCIe SSDを追加」。超簡単にPCIe SSDの増設ができることに、驚いた方も多かったようです。
今回は、さらに進めて全バラシです。
PCIe SSDの増設よりは難易度が上がりますが、10分の動画で全手順を見せられるくらいですから、思ったよりも簡単です。
また、Mid 2010, Mid 2011, Late 2012とも共通の内容が多いので、参考にしてください。



Mac mini 2011/2012/2014用 HDD/SSD上段増設キット 3,580円
冷却ファン, Mac mini Mid 2010-Late 2014用 3,980円
電源, Mac mini Mid 2010-Late2014用 4,980円
IRボード with ケーブル, Mac mini Late 2012, Late 2014用 4,980円

vintagecomp at 14:12|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2018年07月27日

High Sierra アップデート問題

以前、「High Sierra インストール問題が半年ぶりに解決!」の記事をアップしました。
おさらいすると、 MacBook Pro 15" 2016モデルでHigh Sierra インストール後、立ち上げの際に下の画面の状態で点滅となり、にっちもさっちも行かなくなるという問題でした。

59770cee













初期の10.13.0 でこの状態になり10.12 Sierraに戻し、その後10.13.14で再トライしたらやはり同じ症状。試しに、MacBook Pro Mid 2012にターゲットモードで接続し、これを起動ドライブにしたところMacBook Pro Mid 2012上で無事に起動。すると、 MacBook Pro 15" 2016モデル上からも起動できるようになり解決しました。ネット上にもあまり報告のないトラブルですが、コメント欄では同じ現象の方もいらっしゃいました。

この時のトラブル復旧が大変だったので、ちょっとトラウマとなり、10.13.5が出てもアップデートせずにいました。10.13.6も出て、いつまでも放っておくのも気持ち悪いし、一応解決したのだから大丈夫でしょうとアップデートを本日実行しました。大して時間もかからず、アップデート!と思ったら・・・・

59770cee













同じように、この画面の点滅となりました。むー、やはり潜在的な問題は解決していない。 
しかし、MacBook Pro Mid 2012に接続して前回と同じことをやってみました。結果は、前回と同じく正常に立ち上がるようになりました。

解決とはいえ、ちょっと気持ち悪い状況ですね。この状態から脱せないものか。せめて、Mojaveにアップデートしたら解決してくれるといいんですが。
 

vintagecomp at 05:21|PermalinkComments(0)テクニカル 

2018年07月26日

旧MacBook Airで2TB SSD!

現行のMacのノートブックで、2TB SSDが選べるのはMacBook Pro 15”のみ。2TB SSDにすると、最低でも434,800円となります。もちろん、SSD以外の性能も良いのですが、なかなか簡単に買える価格ではありません。

ヘビーな作業はしないけれども、大容量SSDは必要という需要もあると思います。そんなご要望に応えるのが、旧MacBook Air用2TB SSDです。

M2-2012













Samsung 860 EVO 2TB SSD for MacBook Air 2012 89,800円
Samsung 860 EVO 2TB SSD for MacBook Air 2010/2011 89,800円

Mid 2013以降に使えるNVMe PCIe 2TB SSDも販売中です。

Samsung 970 EVO 2TB NVME PCIe SSD for MacBook Air 2013-2017, Retina 他 128,000円

大容量が使えると、旧ノートブックも活躍の幅が広がります。容量不足でお困りの方は、ぜひ!

vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(0)Mac改造 

2018年07月25日

eGPU Boxの決定版、Akitio Node Pro が大特価!

MacBook Pro 2018モデルが発売されました。性能で言えば15インチですが、いかんせん高い。また、13インチのコンパクトさも魅力です。
13インチの方は、今回Quad Coreもラインナップされており、CPU性能は大幅に上がりました。ただ13インチの弱点といえば、チップセット内蔵GPUなところ。そこで、13インチ+eGPUというのも、なかなか良い選択ではないかと思います。 

eGPU Boxの中でVintage Computerが推しているのが、Akitio Node Pro。MacBook Pro 13インチとの組み合わせは最適ではないかと思います。これに合わせて、値下げ、大特価販売中です!

NodePro-1













Akitio Node Pro (eGPU Box)  39,800円 34,800円
Akitio Node Pro  + Radeon RX 580 8GB  88,000円 79,800円

Thunderbolt 3端子を2基搭載、それぞれ 60W PDに対応しています。そのため、13インチ 2ポート仕様でも、ポート不足に悩む心配はありません。


vintagecomp at 03:40|PermalinkComments(0)Mac | Mac改造

2018年07月24日

初代Mac Pro用最強のnVIDIA Quadro FX 4500

初代Mac Pro、そして2007モデル用の標準のビデオカードはGeforce 7300GT。ハイバフォーマンスBTO としてRadeon X1900 XT、更には超ハイエンド BTO オプションとして、NVIDIA Quadro FX 4500が用意されていました。
どのくらいハイエンドかというと、価格を見ていただくとわかると思います。確か20万円くらいだったはず、と思いサーチしたらこの記事に記載されていました。

207,900円!

7300 GTとの差額ですので、カード価格としてはもっと高いはずです。さすがにこのオプションを選択したのは、真の超ハイエンドユーザーだけだったろうと思います。単体販売もされていないので、本カードは大変稀少です。そんな超レアカードが入荷しました。
 Quadro4500M-1










NVIDIA Quadro FX 4500 512MB Mac Pro 2006-2007用 9,800円

BTO価格で20万円以上したカードが 、9,800円!
超レア品だけに、同じGPUを搭載したPC用のビデオカードのROM書き換えしたいけないカードも出回っていました。本品は、もちろんApple純正品。外観上の見分け方としては、カード後端のExtensionやメタルブラケットが付いているかが大きな違いですね。
Mac Pro初代-2007をお使いの方、超ハイエンドカードにしてみませんか?



vintagecomp at 04:40|PermalinkComments(0)Mac 
プロフィール

Harry

Archives