2017年06月10日

iMac 2017用メモリの追加情報

昨日も取り上げたiMac 2017用メモリについてであるが、更に色々と判明してきたため、追加情報をお知らせします。

Late 2015モデルは、21.5"はオンボードメモリとなり後からの増設が不可能となりました。2017モデルでも、仕様上はオンボードメモリと記載されており、同様であろうと思われました。しかし、iFixitの分解情報より、ロジックボード上にメモリスロット2基があることが確認されました。
ただし、これだけで全てのモデルにメモリスロットがあると判断するのは早計です。例えば2014年に追加された21.5' Core i5 1.4GHzモデルはスロットなしですが、他のモデルはスロット付きです。iFixitで分解したのは4Kモデルですが、4Kではないベースモデルにもメモリスロットはあるのでしょうか。

実は、メモリスロットの有無は、分解しなくても確認できます。「このMacについて」を開くと、メモリスロットのあるマシンでは上段に「メモリ」の項目があり、スロットの状況を確認できます。スロットなしのマシンには、この項目がないのです。それを確認しに、アップルストアに行ってきました。

memory








はい、メモリスロットありです。それから、このベースモデルのみなんですが、他のモデルとメモリ規格が違っています。このモデルは2133MHz、4Kや5Kは2400MHz。そしてまたまた仕様上は16GBまでアップグレード可能となっています(4K 下位モデルも同様)。16GB 2枚で32GBは無理なの!?
27" 5Kでも、下位モデルは32GBまでとなっていながら、実際には64GBまで増設可能と確認されていますので、21.5”も同様ではないかと期待できます。実機確認が一番良いのですが、他の資料から証拠固めをしてみましょう。

CPUはKaby Lake Core i5 2.3GHz Dual Core Turbo Boost 3.6GHzです。インテルのラインナップ上、同じ仕様のCPUはないので、カスタム仕様と思われます。そこで、近い仕様がi5−7200Uです。

Kaby Lake Core i5 2.5GHz Dual Core Turbo Boost 3.1GHz

メモリのスペックは、DDR4 2133MHz、スロット数 2、最大メモリ32GBです。これは、32GB対応と考えて間違いなさそうです。分解が必要になるので、どうせやるならMaxの32GBがお薦めです。

DDR4SO-2















32GBキット(16GBx2)DDR4 2133MHz(21.5" 2Kモデル用) 35,800円
32GBキット(16GBx2)DDR4 2400MHz 35,800円

21.5”モデルは、メモリ交換には分解が必要となります。ディスプレイを取り外して、ロジックボードまで取り外さないといけません。ディスプレイの脱着はやってみると、専用ツールがあれば意外と簡単です。組み付け時には、専用のテープが必要となります。
ディスプレイ以上に面倒なのが、ロジックボードの取り外し。こちらは、一般的なツールのみで取り外し可能ですが、結構大変な作業です。iFixit等を参考にして、自信のある方のみやってみると良いと思います。32GBへの増設は、アップルでのアップグレードよりかなり安くなりますし、下位モデルではそもそも32GBは選べません。

実は、Vintage Computerへのお問い合わせに、メモリアップグレード不可のモデルのお問い合わせが結構あります。

8GBモデルを購入しましたが、メモリが足りずに困っています。アップルに相談したところ、メモリアップグレード不可で買い換えるしかないと言われました。何とかなりませんか?

残念ながら何ともなりません。技術的にはメモリが多く載っているロジックボードに交換すれば良いわけですが、通常本体価格以上となってしまうので意味がありません。そんな場合も、iMac 21.5" 2017ならアップグレードの道があるわけです。少々大変でも、できるとできないでは大きな違いですね。


vintagecomp at 06:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Mac | テクニカル

2017年06月09日

iMac 21.5/27インチ 2017のメモリ販売受付を開始!

WWDC 2017で発表されたiMac 2017モデル。早速、メモリの販売受付を開始しました。
Macとしては新規格のDDR4 2400MHz SODIMM です。

DDR4SO-4












64GBキット(16GBx4)DDR4 2400MHz 69,800円
32GBキット(16GBx2)DDR4 2400MHz 35,800円
32GBキット(8GBx4)DDR4 2400MHz 38,000円
16GBキット(8GBx2)DDR4 2400MHz 19,800円

iMac 27インチの場合、背面の蓋を外すだけで簡単にメモリ交換できますので、ぜひ増設をお勧めします。それよりも、購入時にオプションでメモリアップグレードした方がお手軽で良いという方もいると思いますが、ちょっと待ってください。
64GBでアップルのオプション価格は154,000円、Vintage Computerなら69,800円と半額以下!
32GBはアップルのオプション価格は66,000円、Vintage Computerなら38,000円です。
これは、お手軽だからと無視できる価格差ではないですね。ぜひ、標準の8GBで購入いただいて、増設をお勧めします。
あまりにも価格が安いので大丈夫?という心配もあるかもしれませんが、初回入荷分は、16GBメモリーがMicron、8GBがSamsungとトップメーカーのチップを採用しています。

4枚セットでの交換もお薦めですが、8GB(4GBx2)の標準メモリを活かして、2枚増設も良いと思います。16GBx2追加で40GB、8GBx2追加で24GBとなります。

今、メモリーベンダーと協力して、iMacでの最終確認を行っています。入荷は、来週早々となる見込みです。

さて、iMac 27インチ 2017のスペックを確認すると、ちょっと気になる記載があります。

メモリの記載が、Core i5 3.4GHzのベースモデルのみ異なっています。他のモデルが、

オプション:16GB、32GB、64GBに変更可能

となっているのに対し、Core i5 3.4GHzのみ

オプション:16GB、32GBに変更可能

となっています。このモデルは64GBは無理ってこと? 安心してください。64GB(16GBx4)まで対応していることを確認済みです。ベースモデルは、32GBまでしかオプションを用意していないというだけのことですね。

(21.5" 4Kモデルに関する記載訂正)
Late 2015でオンボードメモリーとなってしまったので、2017モデルも同様と推定していましたが、グッドニュースです。iFixiitで21.5” 4Kモデルのバラシを公開していましたが、なんとスロット付きです。2スロットで最大32GB! 27インチとは違い分解が必要になりますが、手練れの方なら交換したいところです。自信がない方も、ぜひ協力店にご相談ください。
32GBでアップルのオプション価格は66,000円、Vintage Computerなら35,800円です。
16GBはそれほど価格差はないので、オプションを選んだ方が良いかも。それでも、8GBを買ったものの、やっぱり16GB必要と思ったら、アップグレード可能です。


vintagecomp at 04:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac | Products

2017年06月08日

Vintage Computer チャンネル第145回〜WWDC 2017で発表されたMac〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第145回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

6/5にWWDCのキーノートが開催されました。ハードウェアの発表があるかどうか注目されましたが、期待以上に色々と発表されました。今回は、この中でMac関係をメインに取り上げました。



早速、Vintage Computerでは、iMac 27" 2017のメモリーの予約受付を開始しました。アップルのメモリーオプションよりも、遥かにお安くなります。


2017年06月07日

WWDCでiMac Pro 発表

WWDCの発表で、個人的に一番驚いたのはこれでした。実は4月の初めに、Pro版のiMacについて言及しているんですけどね。ただ、これほどProに徹したものだったとは。

価格は$4999よりと発表されていますが、フルスペックでは余裕で100万円越えとなるんじゃないでしょうか。早速、高っ!って声も上がっているようですが、確かに絶体価格は高いですが、内容を見ると決して高くはない、むしろ安いんじゃないかと思います。私のMacBook Pro 15” 2016は、LGの5Kモニターも合わせると$5000以上ですが、それよりもずっとハイスペックです。

現在発表されているスペックはこちら。CPUは、Xeon 最大18 Core、メモリ最大128GB、ストレージはSSDのみで最大4TB。
現状では、スペック表以上のものは発表されていないわけですが、アップルのサイトに表示されている透視図から、伺える仕様を読み取っていきたいと思います。
(クリックで拡大)

iMacPro















元画像は暗すぎてよくわからないので、明るくしてみました。

メモリースロットは4基。1枚あたり最大32GBということになります。従来のiMacのSODIMMではなく、ECC付きのLarge DIMMです。この部分に蓋はないので、メモリの交換は分解が必要と思われます(というか、確定)。またこの絵の通りなら後ろ側に配置されているため、ディスプレイを外すだけでなく、ロジックボードを外す必要がありそうです。経験者はお分かりでしょうが、ディスプレイを取り外すのは、意外に大変ではありません。しかし、ロジックボードの取り外しは結構大変です。
128GBのメモリーオプション価格は、おそらく20万円を大きく上回るのではないかと思います。だとすると、価格的にはかなり低くご提供可能になると思います。分解の難易度と天秤にかけることにになりそうです。

画像右側のボードが、500Wの電源ボードと思われます。従来の27インチが300Wですので、50%以上のアップです。Xeon ですから当然ですが。これも図では背面側に配置されているので、交換が少々心配です。iMacの電源は故障が多く人気商品です。
メモリスロットの間に配置されているのがXeon CPU、電源ボードの下がRadeon Pro Vega GPUでしょうか。

それから、図からはよくわからないのがSSDです。電源コネクタの左右にフラッシュメモリチップと思しきものが見えるので、ここがSSDでしょうか。ロジックボードに穴が開いてSSDが覗いているように見えます。SSDの両面に冷却風が当たるよにとの配慮でしょうか。この配置からすると、もしかすると2スロット?  あるいは、幅の広い1スロットでしょうか。おそらくは、オンボードではなくスロット式だと思います。また、こちらは表からの交換が可能なように思えます。

と、透視図から色々と想像してみました。もっとも、透視図は見やすくするために、実際とは異なった配置にしている可能性もありますし、的外れな推測もあるかもしれません。今後、実態が解明されていくのが楽しみです。


vintagecomp at 05:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Mac | イベント情報

2017年06月06日

WWDCでiMac 2017登場

WWDCの基調講演、もう見ましたか。日本時間では深夜2時からだったので、寝てしまった方も多いかも。私は、ライブで見ておりました。
今年のWWDC、ハードの発表もあると噂されていましたが、ハードはiPad Proだけで終わるのではと思っておりました。結果としては、iPad Pro, iMac 2017, iMac Pro, マイナーアップデートのMacBook, MacBook Pro, HomePodとハードも盛りだくさんの発表でした。

今回は、iMac 2017に焦点を当てて見たいと思います。Kaby Lakeアーキテクチャーの2017年モデルが今年出てくるというのは予想通りですが、この時期に出て来たのは意表を突かれました。

iMac2017











メモリーは、DDR4 2400MHz。21.5インチはLate 2015と同じくオンボード、27インチは4スロットで、64GBまで対応です。27インチの最大メモリは、公式スペック上は32GBから64GBにアップしていますが、Late 2015でも64GBは可能でしたのでこの点は変わらないですね。1枚 8GB、16GBメモリは近日発売予定です。純正オプションよりも大幅に安くなる見込みですので、ぜひ8GB仕様を選びましょう。21.5インチは増設不可ですので、16GBか32GBを。私としては32GBがお薦めです。

SSDは、従来の最大1TBが2TBになりました。おそらく、ソケットは同じPCIeですが、NVMe仕様になっていると思われます。この推測が当たっていれば、他のモデルも含めて2015モデル以降と互換性があるはずです。このSSDは現時点では目処が立っておりませんが、今後取り扱っていけるよう検討したいと思います。

ポート類は、Thunderbolt 2がThunderbolt 3に変更になった以外は、変更なしです。USB 3ポートもしっかり4ポート。今後USB-Cになっていくのかと思いましたが、そういうわけではなかったのですね。MacBookやMacBook Proでは薄さのためにUSB 3ポートやSDカードスロットは搭載できなかったというわけですね。

MacBook AirやiPad miniが廃止されるのではという噂も上がっていましたが、残りました。特にMacBook Airは標準モデルのクロックが1.6GHzから1.8GHzにアップ。これは良かった。


vintagecomp at 12:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Mac | イベント情報

2017年06月03日

MacBook Pro Early 2011のキーボード

MacBook Pro Early 2011のキーボードは、同じ言語でも二種類のキーボードがあります。

keyboard





 ちょっと見にくいですが、F3とF4の拡張機能キーが異なります。上が発売当初のもの、下が後期のものです。何が違うかというと、上はSnow Leopard (OS X 10.6) プレインストール版、下はLion (OS X 10.7) プレインストール版です。後期のものは、Lionの新機能に対応したキーボードとなっています。詳しくは、こちらで解説されています。

もちろん、このキーボードは互いに互換性があり、キーの表示通りの動作をします。また、Late 2011やMid 2012 とも互換性があります。そのEarly 2011前期版のキーボード+トップケース お買い得中古品が入荷しています。

661-6509U1













MacBook Pro 15 Early 2011 英語キーボード + トップケース 中古品 12,000円

わずかな傷はありますが、トラックパッド、HDDケーブル、左スピーカー等もついており、お値段もお得ですが、交換の手間もぐっと省けます。
やはり新品を、という方にはこちらもございます。


vintagecomp at 03:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 

2017年06月02日

米国のiPhone サービス体制崩壊中!?

iPhone 7のディスプレイとカメラに問題があり、お客様からの依頼で修理に出しました。ジーニアス店頭で不具合を確認してもらい、サービスセンターに送ってパーツ交換による修理となりました。以前は、このような場合店頭で本体交換となることが多かったのですが、最近はサービスセンター送りの修理となることが少なくありません。アップルとしても、サービス経費を節約する体制にしているのでしょう。

受付時には、3〜5日かかるとのことでしたが、実際は完了まで8日もかかってしまいました。

店頭で作業内容書を確認すると、「バッテリー交換」とのみ記載されています。念のため実機を確認しましたが、やはり何も直っていません。
OMG! 受付時には、「ディスプレイとカメラユニットを交換」と記載されていたのにです。

しばらく前にも、同じようなことがありました。カメラの問題でジーニアスに持ち込んだところ、やはりサービスセンター送りとなりました。しかし、戻ってきた際には作業内容書には「何も問題がなかったため、修理しませんでした」と記載されていました。そんなバカな! 不具合は、目視すればすぐに分かる内容です。
そこで、サービスセンターに再度送ることになりましたが、戻ってきたら何とやはり同じく修理されていないのです。この時はさすがにかなり強く抗議しましたが、結局サービスセンターへ再再々送付することに。結局3度目の正直で新品になって戻ってきました。

今回もまた同じようなことになるのか!と心配しましたが、幸い今回は店頭で新品に交換してくれました。フー、良かった。

ここからは推察ですが、交換ではなく修理対応の割合を増やしたことにより、サービスセンターはかなり混み合っているものと思われます。今回も、3〜5日のはずが、8日もかかりました。
そこで、サービスセンターでは受付時の内容はよく読まずに、診断ソフトを走らせてそこで検出された問題のみ修理したのだと思われます。今回も前回も、外観から問題を確認できますが、診断ソフトには検出されない内容です。
受付台数が多すぎて、サービス体制が崩壊しているのではないかと思ってしまいます。

修理可能な内容は本体交換でなく修理を、というのは理解できますが、それならそれでしっかりとサービス体制を構築してほしいです。


vintagecomp at 08:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)iPhone 

2017年06月01日

Vintage Computer チャンネル第144回〜Thunderbolt 3 USB-C HUB レビュー〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第144回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

先週は、動画が途中で切れておりました。大変失礼しました。再アップしております。

Vintage Computerの取り扱い品ではありませんが、注目製品HyperDrive Thunderbolt 3 USB-C HUBのレビューです。日本でも、別ブランドの同等品が出ていますので、参考になればと思います。
スペックからは、この種のHUB製品の決定版とも思える内容です。大変期待していたのですが、私の環境では、ちょっと微妙な結果に。



考えるに、5Kモニターを接続すると転送データーの大きさから問題が発生しやすいのかもしれません。また、仕様だと思いますが、USB-Cポートがビデオ出力に対応していないのは残念。

2017年05月31日

Mac Pro Early 2008用パーツがお買い得

5月末日までのスペシャルクーポンは、今日が最終日。お見逃しなく!

Mac Pro Early 2008のパーツがお買い得です。

MacProPS












Mac Pro Early 2008用電源 22,800円 18,000円

故障の原因で多いのが電源。それだけに価格も高めでしたが、値下げしました。

661-4449










Mac Pro Early 2008 2.8/3.0GHz 用ロジックボード 19800円 15,800円

2.8GHz 8 Core CPU付きです。

2600XT













Radeon HD 2600 XT 256MB for Mac Pro Early 2008 7,800円

純正標準のビデオカードです。

これらのパーツで復活させて、本日までスペシャルクーポンで10%引きとなっている3.2GHz 8 Core CPUアップグレードで、最強化するのも楽しそうです。

vintagecomp at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 

2017年05月27日

5月末日までのスペシャルクーポン

5月はゴールデンウィークがあるせいか、例年どうしても売り上げ的には伸び悩みます。本年も、やっぱり・・・ なんとか、目標確保せねば。
そこで、5月末日までのスペシャルクーポンをご提供します。

クーポンコード:2017May10

お会計画面で上記クーポンコードを入力いただくと、以下の商品が10%引きとなります。

Mac Pro 用CPU アップグレード全品


W3680kit













3.0GHz 8 Core CPUアップグレード Mac Pro 2006 16,500円 14,850円
3.2GHz 8 Core CPUアップグレード Mac Pro 2008 22,800円 20,520円
3.46GHz 12 Core CPUアップグレード Mac Pro 2010-12 69,800円 62,820円
3.33GHz 12 Core CPUアップグレード Mac Pro 2010-12 48,000円 43,200円
3.06GHz 12 Core CPUアップグレード Mac Pro 2009 49,800円 44,820円
3.46GHz 6 Core CPUアップグレードキット 32,800円 29,520円
3.33GHz 6 Core CPUアップグレードキット 24,800円 22,320円

Mac Pro用メモリ8GB, 16GB 各種

Mac Pro Late 2013用
64GBキット 16GBx4 DDR3 1866MHz ECC 68,000円 61,200円

Mac Pro Early 2009-Mid 2012用
128GBキット 16GBx8 DDR3 1333MHz ECC 139,800円 125,820円
48GBキット 16GBx3 DDR3 1333MHz ECC 54,800円 49,320円
64GBキット 8GBx8 DDR3 1333MHz ECC 38,000円 34,200円
32GBキット 8GBx4 DDR3 1333MHz ECC 19,800円 17,820円
24GBキット 8GBx3 DDR3 1333MHz ECC 15,800円 14,220円

OWC Envoy Pro PCIe SSD USB 3.0 ケース 14,800円 13,320円

5/27以降のご注文に適用されます。クーポンコードを入力せずに決済が完了した場合、割引は適用されませんので、お気をつけください。


vintagecomp at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 
livedoor プロフィール
Archives