2018年06月02日

送料を改定

先月より予告しておりましたが、6月1日より送料を改定しました。

弊社に対しては、日本国内の送料の値上げに伴い、一律$2(約220円)の値上げとなりました。 送料の値上げは業界全体の動きですので、残念ですがやむを得ないですね。

これに伴い、弊社では概ね各送料200円の値上げとしました。端数の丸め方により、180円や220円の値上げとなった分もありますが、大半は200円の値上げです。
ただし、これまでの最安値の送料880円については、100円の値上げに留め、送料 980円よりとしました。メモリなど多くの小物は980円の送料で発送可能です。送料としては赤字となりますが、できるだけお気軽にご利用いただけるよう今回の改定内容としました。

米国から日本へのトラッキング付きの送料としては、最安値級の設定となっていると思います。これまで同様、変わらぬご愛顧をいただければと思います。


vintagecomp at 05:14|PermalinkComments(0)一般 

2018年06月01日

Vintage Computer チャンネル第180回〜最新MacBook Proの開腹方法〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第180回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

MacBook Proの現行マシンは、メモリもSSDもロジックボード直付け(13" 2 portモデルはSSD ソケット式)のためあまり開腹、分解の機会はないのですが、やはり開腹の方法は押さえておきたいもの。
2015までのモデルと比べてやや面倒ですが、手順さえわかれば難しくありません。



いやしかし、もう少し手が入れられるようになってほしい。改造はともかくとしても、修理が即ロジックボード交換というのはいかがなものでしょう。

vintagecomp at 06:59|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2018年05月31日

HomePodがAirPlay 2、ステレオペアに対応

2月に米国等の英語圏で発売になったHomePod、残念ながら日本ではまだ発売されておりません。そんな状況ですので、米国版の購入代行のご依頼も多数いただきました。

HomePod











Apple HomePod スペースグレイ 米国版 54,800円
Apple HomePod ホワイト 米国版 54,800円

そろそろ日本でも発売されるのではと言う予想もあり、 最近はご依頼も少なくなってまいりました。
 そんな中、HomePodの発売地域の拡大が発表されました。2018年6月18日より、カナダ、ドイツ、フランスで発売されるそうです。どうやら今回は、ドイツ語、フランス語に対応と言うことでしょう。日本語対応と日本での発売は、まだしばらく先になりそうです。

昨日、iOS 11.4がリリースされましたが、HomePod関連のアップデートもありました。AirPlay 2、HomePodステレオペアに対応しています。これは、HomePod発売時から予告されていた機能で、やっと対応してくれたという感じですね。
これにより、複数の HomePodで同じ音楽を再生したり、2台のHomePodでステレオ再生することが可能になります。スマートスピーカーとしての機能面では、他製品に譲るとの評価も多いですが、音質面では他製品を圧倒すると言われています。ステレオ化で更なる迫力のサウンドが聴けそうです。
すでに1台お持ちの方も、2台目を検討されても良いかもしれません。

vintagecomp at 04:19|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2018年05月30日

6月より送料が値上げされます

5月10日のエントリーでもお知らせしましたが、6月より送料が値上げとなります。
日通さんの日本国内の送料値上げに伴い、値上げされるとのことです。業界として現在値上げの方向に動いていますので、やむを得ないのでしょうね。

値上げ幅は、できるだけ最小限に抑える予定ですが、6月からは全てのご注文に対して確実に送料が値上げとなります。お買い物は、ぜひ送料が安い5月中にお済ませください。

5月中のご注文は、全て従来の割安な送料が適用されます。5月中にご注文いただき、取り寄せなどの事情で6月発送になった場合も、従来送料が適用されます。お忘れなく!

vintagecomp at 06:19|PermalinkComments(0)一般 

2018年05月26日

ログハウス貸し家情報

今回は、Appleとは関係のない愛知県豊田市の物件情報です。

Log1










日本に住んでいた頃、本格的なログハウスを造って自宅にする予定でした。渡米前の半年ほどは、未完成(完成率90%ほど)ながら引っ越して既に自宅として住んでいました。そこから、駐在員としてロサンゼルスに赴任、その後Vintage Computer を始めてアメリカに永住することに。そこで、ログハウスメーカーとして有名な夢木香さんに依頼し、 未完成部分を工事してもらい完成しました。その後は、貸し出していたのですが、今年になってテナントさんが退去することになりました。
長年住んでいただきましたので、これを機会にまた夢木香さんに依頼し、しっかりとリフォームとメンテナンスを行いました。3月には、一時帰国してリフォーム関係の打ち合わせを行いました。耐朽性に優れると言われるログハウス、夢木香さんからも大変良い状態であるとお墨付きをいただきました。
ログハウスでは最高級の材と言われる、ウェスタンレッドシーダーを使用しています。一番古い木は、200年分の年輪が刻まれています。

山中の別荘地かと思われるかもしれませんが、15件ほどの住宅地の一画に建っています。ご近所さんの多くは、トヨタ系の企業にお勤めの方たちです。一般的な住宅としてはもちろん、アトリエなどにも最適だと思います。

工事も完了しましたので、入居者を募集中です。

物件情報
場所:愛知県豊田市田代(現在工事中のトヨタ新テストコースの近くです。)
延べ床面積:128平方メートル(39坪)
土地面積: 357平方メートル(108坪)
賃料: 7万円(相談に応じます)
問い合わせ先:(株)アイワ 0565-32-8666


Log1













基礎下は、大きなスペースがあり、車庫、倉庫として活用できます。

Log2













北側、玄関側です。こちら側も駐車スペースあり。

Log3
 ベランダは、3/4周ほど。かなり広大なスペースです。

Log4リビングのログのアーチが美しいのです。

Log5 
キッチンも、思いの外良い状態でした。

Log6薪ストーブ。これ一つで、家全体が十分すぎるほど温まります。

Log7 
ログの階段で、2階ロフトへ。 

とても住み心地の良いログハウスです。豊田市で貸し物件をお探しの方、ぜひご検討ください。

vintagecomp at 03:37|PermalinkComments(0)一般 

2018年05月25日

Vintage Computer チャンネル第179回〜Akitio Nodo Pro 登場!〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第179回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

今回は、昨日より販売開始したAkitio Node Proをご紹介します。
macOSでも10.13.4より正式にeGPUのサポートが表明されました。Vintage Computerでは、eGPU Boxの決定版と考えています。MacBook Proでも、ぜひ高性能GPUを利用しましょう。



従来型のAKiTiO Node eGPU Box も特価販売中です。

vintagecomp at 12:07|PermalinkComments(2)YouTube チャンネル 

2018年05月24日

Akitio Node Pro 販売開始!

やっと入荷しました。

NodePro-1













AKiTiO Node Pro (eGPU Box)
 39,800円

macOS 10.3.4よりeGPUに正式対応したことにより、色々なeGPU Boxが出ていますが本品はその中でも決定版だと思います。

まず、eGPU Boxはフルサイズのグラフィックボードを搭載するため、そのサイズは大きくなりがちです。本品は、2.5スロット幅のカードにまで対応していると同時に、外形サイズは最小限に抑えています。画像でも、そのコンパクトさがわかりますね。収納可能な取っ手もついており、持ち運びも楽チンです。
また、60WのPower Deliveryに対応しているので、MacBook Proを電源アダプターなしで運用可能です。 MacBook Pro 15"の電源アダプタと言えば87Wですが、充電時間が長くなるだけで、問題なく利用可能です。

Thunderbolt 3端子が2つついており、端子不足の原因にならないのも嬉しいですね。DisplayPort端子もついており、モニタの接続も可能です。

メーカーではなぜかeGPU Boxとは謳っておらず、Thunderbolt 3 拡張シャーシとしています。もちろん、他のPCI Expressカードも搭載可能ですが、やはりグラフィックボード搭載で真価を発揮します。

これが出てしまうと、従来のAkitio Nodeはちょっと影が薄くなってしまいます。サイズが大きい、PD非対応、 Thunderbolt 3端子1基のみですが、eGPU Boxとしての基本性能は問題ありません。そこで、在庫品限りの特価販売です。

Node-1








 AKiTiO Node eGPU Box 32,800円 29,800円



vintagecomp at 05:20|PermalinkComments(2)Mac | Products

2018年05月23日

802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード 技適付きが特価!

Mac Pro 用 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカードが大人気です。最新高速のWi-FiとBluetoothが使えるだけでなく、HandoffやApple Watchのロック解除が可能になるのは嬉しいですね。

11acMacPro2009-3













Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード 15,800円
Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード 9,800円
Mac Pro Early 2008用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード 9,980円

上記は海外版のカードとなりますが、他では滅多に手に入らない技適付きも用意しております。これは本当になかなか手に入らないので、3千円ほど価格差をつけていましたが、今回値下げして千円以内の差といたしました。

giteki














Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード技適付き 16,500円
Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード技適付き 10,800円
Mac Pro Early 2008用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード技適付き 10,800円

 技適なしと比べ性能等は変わりませんが、電波法上も日本国内で全く問題なく使用できます。

vintagecomp at 04:15|PermalinkComments(0)Mac | Products

2018年05月22日

AirPort Extreme Base Station 11nをバラしてみた

自宅でもオフィスでも、使用しているBase Stationは縦長の11acタイプです。

11ac


















それまでは、平べったい11nを利用していました。より高速な11acを使おうというよりも、11nタイプがどうも接続が遅くなったりと、トラブルが出てきたからです。
11acタイプとなって、超快適になりました。残った11nタイプですが、壊れたわけではないので有効利用したいところ。自宅ではリビングに Base Stationを設置していますが、ベッドルームに電波が届かないのです。これは、広大だからというわけではなく、家が古いから。古い家は壁が塗り壁になっていてその下地に金属メッシュが設置されています。これはかなり強力なシールド壁になっています。

そこで、古いBase StationはExtenderとして電波を中継してやるのが良いですね。そうやって使ってきましたが、最近はインジケーターが黄色に。いつの間にか、Base Stationが認識されていません。そんなわけで、ダメ元でバラしてみました。裏のゴムカバーを無理やり剥がせば、ネジが顔を出して簡単にバラせます。

BS

















初代Base Stationなどは基板上のコンデンサが膨らんでしまい、これを交換すると復活していました。しかし、基板上にその種のコンデンサは使われていません。ボタン電池がついていたので、電圧を測ってみましたが、3Vの定格で2.83V、問題なさそうです。あとは、AC アダプターが怪しいかも。と思い、他のACアダプターに替えてみましたが、効果なし。結局バラしただけで、修理不能の結論となりました。

純正Base Stationですが、ついにAppleからの販売終了が決定したそうですね。私は、断然純正Base Station派です。AirMacユーティリティで、各種設定が簡単にできるのは純正ならではだと思います。11acが最新のうちは終了しなくても良かったんではと思います。今はまだ販売中ですので、入手するなら今のうちですね。

vintagecomp at 04:55|PermalinkComments(0)テクニカル 

2018年05月19日

iPad 2018 レビュー

ペルーより戻ってすぐにiPad 2018を購入しました。iPad mini 4を紛失してしまったためという、情けない理由でしたが、ともかくも2年半以上ぶりのNew iPadとなりました。その後、インフルエンザにかかったりと、寝たきりの生活でもiPad 2018は大活躍。ここまでのレビューです。

これまで使っていたiPad mini 4だって、いまだに現役機種。そこまでの性能差はないかもと思いましたが、実際はその性能差、快適性はかなり違いました。
 iPad mini 4では、大型のAppをいくつか立ち上げていると、動画を再生できなかったり、AirPlayがうまく動作しなかったりということが起きていました。そのため、Appの立ち上げすぎには注意を払っていました。iPad 2018では、多数のAppが立ち上がったままでも、全然問題なく動作してしまうので快適ですね。
大きな画面も、やはり快適。

こうなると、 iPad mini 4に対して不利なのは大きさや重さといった物理的な面だけになります。こればっかりはどうしようもないですが、入手直後裸で使用していた際は、重さはあまり気になりませんでした。
傷がつくのも嫌なので、その後背面も覆うスマートカバータイプのサードパーティー製のカバーを購入。これで万全!と思ったのですが、これつけたら格段に重くなってしまいました。本当に信じられないくらい重さを感じます。これが今一番の不満ですね。裸に戻すか、別の方法でガードするか、悩み中です。

iPad mini 4をお持ちの方は、いまだに最新機種ですし、あまり買い替えの意欲がわかない方が多いかもしれません。 しかし、すでに発売後2年半あまり、エントリーモデルの無印iPadと比べても、その性能差は歴然です。そろそろ買い替えを考えても良いかもしれません。

vintagecomp at 05:31|PermalinkComments(0)iPad 
プロフィール

Harry

Archives