2019年02月02日

iPhone XS, XR が大コケした理由

先日のApple 2019 Q1 決算発表でも、iPhoneの減速ぶりは明白になりました。これまで好調な年、やや停滞気味な年がありましたが、ここまで明白に減速したのはiPhone発売以来初めてだと思います。
新鮮味がなくなったとか色々言われますが、そういう面もあるとは思いますが、一番の原因ではないように思います。これまでも、そんなに代わり映えがしないモデルチェンジなのに、蓋を開ければ大ヒットということは度々ありました。

一番の原因は、やはり価格が高いということだと思います。XS, XS Maxは$999スタートで最高価格モデルでTaxまで入れると$1500越えとなるので、Appleファンでもついてこれないユーザーは多いと思います。
それはAppleも重々承知していたはずで、そのためiPhone XRを用意したわけです。XSと機能的にはそれほど変わりなく、大幅に安いわけですから、コストパフォーマンスはなかなか良いと思います。しかし、このiPhone XRが売れなかったのがAppleの大きな誤算だったと思います。
高価格モデルとコスパモデルの二本立てで、コスパモデルが大コケしてしまったのが今回の不調の実態だと思います。

ではなぜ、iPhone XRが大コケしてしまったのか。「XSと機能的にはそれほど変わりない」、ここに落とし穴があったように思います。
例えば、前年だってiPhone Xはかなり高く、従来モデルと同価格帯のiPhone 8との二本立てでした。今年と同じく、 高価格モデルとコスパモデルの二本立てだったわけです。iPhone 8が高価格モデル回避のお客さんをうまくすくい上げていたと思います。なぜこれがうまく行ったかというと、機能的にもデザイン的にも異なる別モデルだったからです。iPhone Xが高いから妥協したのではなく、ホームボタンがありデザインも異なるiPhone 8が好きだからという気分で買うことができました。iPhone SEを購入した人も、安いからではなくこの小ささが必要だから、ということだと思います。
その点、 iPhone XRはiPhone XSの廉価版という位置付けがあまりに明白すぎて失敗したのではないかと思います。

iPhoneはプレミアム感による所有する喜びがあるので、 単なるコスパモデルとは相性が悪いですね。iPhone 5c の失敗例もありますし。
2019年の新モデルは、どう挽回してくるでしょうか。 

vintagecomp at 06:26|PermalinkComments(0)iPhone 

2019年02月01日

あの究極のアップグレードパーツが入荷!

あの究極のアップグレードパーツが入荷しました。

661-5708-1








Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core 8GB 58,000円
4 Coreプロセッサーボードもあります。
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 4GB 48,000円
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.66GHz 4 Core 8GB 16,500円

2.4GHz 8 Core プロセッサーボードなら、CPUは3.46GHz 12 Coreまで、メモリは128GBまで搭載可能になるので、まさに究極。また、プロセッサーボードをサクッと入れ替えるだけでアップグレード完了するのが嬉しいですね。改造に自信のない方でも、超簡単に交換可能です。

3.46Ghz 6 Coreは、究極ではないですが、シングルCPUとしては最速に換装済みですので、手軽にCPUアップグレードできるのが嬉しいです。
Early 2009用4 Coreは、かなりお手頃なお値段なので、プロセッサーボード故障からの復活に最適だと思います。
 

vintagecomp at 04:23|PermalinkComments(0)Mac改造 

2019年01月31日

Apple 2019 Q1 決算発表の意外な結果

Apple が2019年第一四半期(2018/10〜12)の決算を発表しました。

iPhone XS, XRの不調が鮮明となり、大幅な減益が予想され、このところ株価も低迷していました。しかし、実態は少々違ったようで。

iPhoneの売上高は、予想通り前年同期比15% の大幅減でした。しかし、その他は予想以上に好調だったと言ってよいでしょう。
Macは 8%増、iPadは15%増、Apple Watch等の他のデバイス、アクセサリーがなんと33%の大幅増です。確かに、iPadやApple Watchは周りを見ても、購入した人が多く好調さが実感できます。
iPhoneの不調がたたって売上高は40億ドルの減少だったものの、純利益は200.65億ドルから199.65億ドルとわずかな減少に留まりました。

各種報道は、iPhone不調と売上高減にフォーカスしてAppleの不調ぶりを伝えていますが、むしろAppleの強さを示した決算結果とも言えると思います。 iPhone 頼みのように伝えられる事が多いわけですが、実際は他の製品がしっかりとカバーしているわけで、かなり強力な製品群であることを改めて示しました。

後は、iPhoneの巻き返しですね。 

vintagecomp at 06:53|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2019年01月30日

超大容量メモリの効果

昨日の1月いっぱいのスペシャル特価のビデオカード、もう一点追加しました。

Radeon HD 5870 1GB, Mac Pro 2006-2012 29,800円 24,800円

あと2日ですので、お見逃しなく!

さて、今回は超大容量メモリについてです。まずメモリ増設の効果についてですが、一般にメモリ増設をすれば速くなると言われますが、必ずしも正しくはありません。
メモリ不足を防ぎ、本来の性能を発揮させるためというのが正しい表現だと思います。
メモリ容量が少なくても、その容量で十分足りている処理をしている場合は、マシン本来の性能を発揮しています。ところが、メモリ容量を使い切ってしまうと、ストレージにスワップ領域を確保します。いわゆる仮想メモリで、ストレージにメモリの役目を肩代わりさせるわけです。このおかげで、メモリが足りなくなってもクラッシュせずに処理は続くわけですが、処理速度はガタ落ちになります。OSの進化で、この速度低下は少なくなったとも言われますが、ガタ落ちには変わりありません。処理の最中にレインボーマークが出てしますのは、大体この状態です。
 そこでメモリを増設すると、メモリ不足が解消されてレインボーマークも出なくなり、快速で動作します。レインボーマークでまくりの時と比べると断然速くなったわけですが、速くなったというよりは本来の速度で処理ができるようになったというのがより適切だと思います。

さて、4GBや8GBだと割と簡単にメモリ不足が発生するので、どんな方でも増設がお勧めですが、すでにある程度大容量メモリを搭載している場合はどうでしょう。これは使い方次第で、それでもメモリ不足が発生するようなヘビーな使い方をしているなら増設が望ましいでしすし、メモリ不足が発生していない状態なら増設してもあまり意味はありません。

さて、プロユーザーからのお客様からのご相談です。マシンはMac Pro Late 2013 6 Core で、すでに64GBメモリを搭載し、SSDも1TBにアップされています。これにより、オリジナル状態よりもかなり速くなったとのことです。 オリジナルの容量では、多ページの画像ファイルを開こうとすると、レインボーマークがグルグル回るばかりでなかなか開かなかったのが、64GBへの増設で素早く開くようになったとのこと。ところが今回のお仕事では、50ページ以上の画集で64GBメモリでも、「えいっしょっ!」という感じでもたついてしまうとのことです。
そこで、128GBへの増設を検討されるわけですが、価格も高くどの程度効果があるか心配されていました。また、このマシンの場合、128GB化するとメモリクロックが1866MHzから1066MHzに落ちるためその点も気にされていました。

メモリのクロックが落ちる点は、アクセススピードが落ちるため、全体に処理速度は落ちます。ただし、その影響は若干といったところです。メモリ増設の効果は、先に説明した通り64GBで足りているのなら効果はありませんし、不足しているのであれば圧倒的に速くなります(というより圧倒的に遅くなるのが防げます)。
お客様にはご購入いただき、動作報告をいただきました。

先程128gbのメモリが届きまして、無事認識いたしました。開く速度も圧倒的に速くなりました。
本当にいつもVintage Computer様のおかげのおかげです! ありがとうございました。

ご満足いただけて、嬉しい限りです。ヘビーなプロのお仕事には超大容量メモリは強い味方になります。

128GBキット 32GBx4 DDR3 1333MHz Mac Pro Late 2013 179,800円
128GBキット 16GBx8 DDR3 1333MHz Mac Pro 2009-2012 118,000円
64GBキット(32GBx2)DDR4 2666MHz Mac mini 2018  109,800円

vintagecomp at 13:29|PermalinkComments(0)Mac | Mac改造

2019年01月29日

1月末のスペシャル特価品

1/31までのビデオカード限定特価です。

radeon5770HD
















Radeon HD 5870 1GB, Mac Pro 2006-2012 29,800円 24,800円
Radeon HD 5770 1GB, Mac Pro 2006-2012
 24,800円 19,800円
NVIDIA GT 120 512MB, Mac Pro 2008-2012 14,800円 12,000円
NVIDIA Geforce 7300 GT 256MB, Mac Pro 2006-2007 7,980円 4,980円

日本時間の1/31いっぱい、3日間のみのスペシャル特価です。ぜひこの機会に!

vintagecomp at 10:26|PermalinkComments(2)Products 

2019年01月26日

Tesla Model 3チャンネルを開設

Apple製品が大好きな私ですが、最近特に気に入っているのがTesla Model 3。昨年の7月に購入したのですが、想像と期待以上の車の良さにすっかりファンになってしまいました。
所有して、運転して、本当にワクワクする車です。また、ソフトウェアアップデートで、どんどん機能が充実する点など、Apple 製品に共通の感動があると思います。

Vintage Computer チャンネルでも2回 Tesla Model 3を取り上げたのですが、なんとこれが 閲覧数が大変多くApple関連を上回る人気でした。これはこれでちょっと複雑ですが、そんなに人気ならと新たに、Tesla Model 3チャンネルを開設しました。

これまでアップした動画は5つ。ちょっと更新頻度が低いですが、今後はペースをあげて行きたいと思っています。EVやTeslaに興味のある方は、ぜひ一度除いてみてください。

vintagecomp at 10:54|PermalinkComments(0)一般 

2019年01月25日

初めてのApple The Americana at Brand

ロサンゼルスエリアには、20店舗ほどのApple Storeがあります。そのほぼ全てに行ったことのある私ですが、1店舗だけ行ったことがなかった店舗がありました。
それが、Apple The Americana at Brand 。比較的新しい店舗というのも一つの理由ですが、最大の理由はApple Glendale Galleriaとあまりに近すぎたからです。何しろ、道を一本挟んで向かい側のモールにあるのです。

8092532163_d3be1d637a_b














今回、出かけ先の近くということで Apple Glendale Galleriaに買い物に行ったのですが、必要な商品はたまたま売り切れ。そこで、初めてのApple The Americana at Brand に行ってきました。もちろん、徒歩ですぐです。
 Apple Glendale Galleriaは、Apple Storeの一号店でもあり私は開店時に取材した思い出の場所でもあります。しかし、こんなに近くに出店するとはどう意味があるのか、常々疑問に思っていました。 

行ってみて何となく理由がわかった気しました。 Apple Glendale Galleriaは、昔からの歴史あるショッピングモールにあります。今も人気のモールですが、それだけにやや古臭いイメージは逃れません。
対して Apple The Americana at Brandは、最近流行りの屋外型のオープンモール。各店舗が独立した建物で、屋外を歩くスタイルです。噴水の広場があってとても解放的です。
これだけタイプの違うモールですので、客層も異なってそれぞれ繁盛しているんじゃないかと思いました。実際両店舗とも、お客さんでいっぱいでした。
 

vintagecomp at 10:49|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2019年01月24日

高速外付けSSD各種大幅値下げ!

USB-CやThunderbolt 3の高速SSD各種を大幅値下げです!
EnvoyEX














Thunderbolt 3 2.5GB/sec!
Envoy Pro EX + 2TB Thunderbolt 3 SSD 120,000円 99,800円
Envoy Pro EX + 1TB Thunderbolt 3 SSD 62,800円 59,800円

JEYISSD-1


















USB-C/A 最大950MB/sec!
JEYI 2TB USB-C/3.1 外付けSSD 89,800円
JEYI 1TB USB-C/3.1 外付けSSD 35,800円 29,800円
JEYI 500GB USB-C/3.1 外付けSSD 19,800円JEYI 250GB USB-C/3.1 外付けSSD 14,800円 12,000円
QNINE 250GB USB-C/3.1 外付けSSD 12,000円 9,800円

WAVLINK-1















USB-C/A 最大530MB/sec!
Wavlink 2TB USB-C/3.1 外付けSSD 64,800円 52,800円
Wavlink 1TB USB-C/3.1 外付けSSD 29,800円 24,800円
Wavlink 500GB USB-C/3.1 外付けSSD 19,800円 14,800円 

最近のMacは内蔵ストレージを交換できないものが多いので、外付けでの拡張を考える必要があります。いずれも小型・高性能ですので、持ち運びにも最適です。


vintagecomp at 04:57|PermalinkComments(0)Products | Mac

2019年01月23日

Apple Watch 心電図機能はすんなり使える?

Apple Watch Series 4 米国版、購入いただいたお客様から続々と動作報告をいただいております。いずれも、無事心電図機能が使えたというものでしたが、最初からすんなりいったかというと必ずしもそうではなかったようです。

まず、開封した時点ではwatchOSが心電図対応の5.1.2になっておらず、ECG Appが表示されません。国内版と同じ内容になるため、「え〜っ?』となる場合があります。それでも通常は、watchOSのアップデートを促すアラートが表示されるので、「そういうことか」となるのですが、バッテリー残量が少ない場合はアラートは表示されないため、「???」となってしまうこともあります。これは心臓に悪い!
そんな時は、落ち着いて充電の上アップデートしてください。



 AWS4-WH

















Apple Watch Series 4 GPS 米国版(心電図機能対応)  59,800円

この点以外は、皆様に問題なくご利用いただいております。もちろん、Felica, Suicaの利用も問題なしです。安心して使えますね。

vintagecomp at 05:36|PermalinkComments(6)Apple Watch 

2019年01月19日

値下げのお知らせ

値下げのお知らせです。

E5-2697kit














2.7GHz 12 Core E5-2697 v2 CPUアップグレードキット for Mac Pro Late 2013 88,000円 78,000円

上記は通常の値下げですが、次は在庫処分特価です。

Toast16


















Roxio Toast 16 Titanium  5,980円 3,800円

1/21(月)は米国祝日ためお休みをいただきます。
 

vintagecomp at 04:04|PermalinkComments(0)Products 
プロフィール

Harry

Archives