2005年09月29日

CPUカードとメモリのセットでお買い得!2

21e17762.jpgしばらく前から、トップページの構成が少々変わっています。見やすくなったでしょうか。近いうちに、デザイン面での改善も計画中です。
さて、そのトップページでもお知らせしていますが、新品CPUカードでメモリをオプションとして選ぶことが可能となりました。それぞれ単品で購入頂くよりも、グッとお買い得になっています。一例を上げると・・・

G4の場合
512MBx2 が18,000円 単品購入の場合は19,600円で1,600円のお得!
G2の場合
128MBx8 が19,800円 単品購入の場合は23,840円でなんと4,040円のお得!

CPUカードのお買い得品もご提供しておりますので、ダブル特典をぜひご利用ください。


vintagecomp at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2005年09月28日

米国での起業に必要なもの-5 ビザ3

前回からかなり日数が経ってしまった。Macなネタが無い時には、と思っていたが根っからのMac好きなだけにそうそうMacネタは尽きないのだ。今後は、意識してこのシリーズも取り上げていこうと思う。
さて、日本人として米国で仕事をしたり、起業をするにはそれなりのビザが必要だ。具体的に起業を考えている人には、核心となる部分だ。
まず、米国や日本も含めほとんどの国では、外国人の労働者はあまり来てもらいたくない存在だ。自国民の雇用が脅かされるためだ。自国民ではまかないきれな い専門的な技術を持っているとか、それなりの投資をして新たな雇用を創出するなど、そういう経済や雇用にメリットがあると認められた場合に限って就労ビザ が発給される。きちんと申請すれば必ずもらえるものではなく、むしろ難関だ。
主な就労ビザの種類を上げておこう。

H-1B ビザ;専門職ビザ。多分就労ビザとしては、最も多い形態だ。雇用される企業にスポンサードを受ける必要がある。有効期間 3年間+3年間の延長可能。起業となると関係ないと思われがちだが、必ずしもそうとは言えない。

E-2 ビザ;投資家ビザ。米国に投資した会社や個人、または、その会社や個人に雇用される管理職や特殊技術者に与えられる。企業活動を行う投資が前提となる。有効期間 5年間で何度でも更新可。私の場合、これ。

E-1ビザ;日米間で貿易を行っている日本の企業の社員が、アメリカの支店や駐在員事務所に駐在する場合。
有効期間 5年間で何度でも更新可。

L-1/2ビザ;駐在員に多いビザ。ザックリ言って部長級以上だとL-1, それ以下だとL-2.

永住権;俗に言うグリーンカード。ほぼ米国民と同等の権利があり、就労の制限は全くない。

他にもOビザ(芸能人ビザ)、Iビザ(ジャーナリストビザ)など様々なビザが存在する。次回以降、各ビザについて解説する。
なお、移民法は大変複雑で変更も多く、専門家でなければとても正確には掴みきれない。巷の情報は鵜呑みにせずに、必ず移民専門の弁護士に相談頂きたい。


vintagecomp at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)起業 

2005年09月27日

FirefoxのTips

3f8113ac.pngMacユーザーとしては、やはりというかSafariをメインで使っていますが、場合によってFirefoxを使用してい ます。一例を上げると、このBLOGの書き込み。Safariでは一部の機能が使えないので、Firefoxを使い分けているわけです。Apple or livedoor 、何とかしてくれ〜〜!
ところで、ブラウザーのスクロールはどうしていますか。マウスを使ったり、矢印キーを使ったり、色々な方法がありますが、割と便利なのがスペースキー。ス ぺーをキーを押すと、ページダウンしてくれるので便利に使っています。これが各ブラウザ共通で効くので、戸惑うことなく使えます。
ところが、Firefoxでのみこのスペースキーによるページダウンが効いたり効かなかったりして、何でだろう?って思っていました。最近やっと原因がわかったので、ここでお披露目。
日本語入力になっていると、これは効きません。英語だとバッチリ。SafariやIEではどっちだろうが関係ないので、戸惑ってしまいました。わかってしまえば単純なことですが、案外戸惑っている人もいるんじゃないかと思って書いておきました。


vintagecomp at 09:37|PermalinkComments(4)TrackBack(1)Apple Topics 

2005年09月24日

Office 2004 for Mac Service Pack 2

1b7fb71e.gif9/16のエントリーでも書いた通り、Vintage ComputerではEntourageを始めとして、Office 2004を使用している。そして、先日Microsoftより「Office 2004 for Mac Service Pack 2」が公開された。Officeの機能である、AutoUpdate で気がつかずに自動アップデートされた方もいるかもしれない。
Microsoft Exchange Serverアカウントのサポートが強化という部分が目玉らしいが、Exchange Serverを使っていないうちのようなところではあまり関係がない。EntourageのSpotlight対応を期待していたのだが、これも実現しな かった。これは次のメジャーアップデートまで対応しないのだろうか。Entourageの検索は、強力ではあるが遅い。メールビュー機能などは、 Spotlightを先取りしたような動的な検索なのだが、この部分が唯一Apple Mailに負けているところだと思うので、メジャーアップデートでとは言わずに何とかして欲しいところだ。
さて、後はどこがどうなのかあまりよくわからないアップデートだが、Vintage Computerでは一つ問題が解決した。副社長のiMac G5で、これまでEntourageの動作がおかしかったのだ。データーベースの再構築で一時的によくなってもすぐに不調。だましだまし使っていたが、今 回のアップデートで解決した。これは助かった。不具合でお悩みの方は、アップデートをお勧めします。


vintagecomp at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2005年09月23日

Radeon 9000 Pro 128MB バルク品が再入荷4

d16477fd.jpg性能と価格のバランスが絶妙で人気のあった、Radeon 9000 Pro 128MB Mac でしたが、8月初旬に製造中止となってしまいました。その後、しばらくしてRadeon 9600 Pro がATIより発売されましたが、こちらはx4/x8 AGP 対応のため、AGP Graphics、Gigabit Ethernet、Cubeには非対応となっています。つまり、これらの機種にはリテール用ビデオカードの現行品が存在しないという事態に・・・ G3で さえRadeon 9200があるというのに、ATIもどうしちゃったんでしょう。
そんな声にお応えして、9/17にRadeon 9000 Pro 128MB Mac の新品バルクを20枚入荷しました。ところがこの状況下では、数日で売り切れとなってしまいました。そこで今回改めて再入荷したのですが、どうも今回で最 後となりそうです。前回より数は多いとは言え、いつまであるかわかりませんので、お早めのご購入をお勧めいたします。

9/24追記 入荷品が64MB版の誤品でした。仕入れ元に返送し、128MB版に交換と言うことにはなったものの、再入荷まで数日かかるためその間販売 を停止させて頂きました。既にご注文頂いた方の発送も、停止させて頂き個別にご連絡させて頂きました。尚、一回目に入荷した分も64MB版が混入していた ことが考えられるため、個別にご連絡をさせて頂いております。64MB版だった場合、交換させて頂きますので、お手数ですがご連絡ください。


vintagecomp at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2005年09月22日

.Mac の容量が1GBに4

a24142e2.pngパリでApple Expoが開催中だ。そんなわけで、Appleの新製品の登場が期待されていたが、結果としては .Mac のサービス拡充のみであった。パリのAppleファンは残念だったかもしれないが、今回のサービス拡充はなかなか充実している。容量が1GBと4倍になっ たことで、今までとは別次元の使い方も可能になってくるだろう。グループ機能の強化や、バックアップソフトが「Backup 3」にバージョンアップしている。
私の .Macはそろそろ更新日。フリートライアルが切れる直前というタイミングで、この頃に更新日を迎える方も多いと思う。いつもは無理矢理年貢を納めるよう な心境にもなるが、今回はこれだけ充実すれば気持ちよく更新できる。今回のタイミングはなかなか絶妙で、Appleも狙っていたのかもしれない。



vintagecomp at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)Apple Topics 

2005年09月21日

Sonnet G5 JIVE 発売4

585d1b2c.jpgSonnet G5 JIVE が新発売となった。図体がでかい割にたった2台しかハードドライブを内蔵できないPower Mac G5に内蔵ドライブを3台追加するキットだ。
この製品、G5 Drive Bracket という製品によく似ている。G5 JIVEよりも随分以前に発売され、現在でもオークションで販売されているようだ。Sonnetも採用するくらいだからなかなかのアイディアで、 Vintage Computerでも「これは!」と思いサンプル入荷したことがある。ところが入荷したものは手作り感満点で、品質感とはほど遠い代物。実用上問題ないと は言え、そんなわけで本格取り扱いは結局しなかった。
さすがにSonnetが出したG5 Jiveは、製品としてのできも良さそうだ。G5 Drive Bracket はケーブル類も付属しなかったが、G5 Jiveにはケーブルも付属しており、SATA カードとドライブさえ揃えればすぐに使える。
Power Mac G5はプロマシンなのに、内蔵ドライブベイが足りない。そんな悩みをお持ちの方には、ぜひともお薦めです。


vintagecomp at 12:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Products 

2005年09月20日

ロブスターフェスティバルに行ってきた

82c6ee0c.jpgこの週末にロサンゼルス港で開催された、ロブスターフェスティバルに行ってきた。この日は港の会場で、ロブスターが一匹 $17で食べられる。レストランよりはかなり安いが、魚屋でロブスターを買うことを考えると安くはないが、ま〜お祭りですから。二匹ワンプレートだと $29なので、こちらの方がお得だ。ロブスターはまずまずの大きさだが、しっぽとはさみ以外はあまり食べるところがないので、外観のイメージよりぺろりと 食べてしまう。ランチにピッタリですね。
露天や催し物が色々あるが、やはりお子様向けが多い。そんな中ドッグ仮装コンテストは面白かった。犬に、海産物の仮装をさせるコンテストだ。と、おいしい ロブスターを食べて、催し物も満喫と、なかなか楽しめた。ロス近郊にお住まいの方は、来年行ってみてはいかがでしょうか。



vintagecomp at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA 

2005年09月17日

PowerBook G4 15 インチのHDD交換で、思わぬ苦戦4

4c6098ff.jpg本日自宅で使っているPowerBook G4 15" 1.33GHzのHDD交換を行った。標準で60GB/4200rpmのドライブが搭載されていたが、満タンに近くなっていたので動作が遅くなっていた 他、時々起動不能(クルクルマークが回ったまま)になっていたため交換することにした。交換したのは、Seagateの100GB/5400rpm。これ なら容量的には当面大丈夫だろう。
15インチアルミの分解は初めてだったが、既に分解情報も流れているし、その手順も12インチより面倒ではなさそうだったので、「こんなの簡単」とタカをくくっていた。
実際、隠しネジもなく、そんなにネジの数も多くないので、やっぱり簡単と思っていたら落とし穴があった。光学ディスク挿入口部分のロックがなかなか外れな いのだ。それでも、パームレストが外れたら後はやっぱり簡単・・・ のはずだった。再組み付けで、ディスク挿入口部分に隙ができてしまった。ロックの金具 の変形が原因のようだ。再バラシするが、またしてもロックが外れにくい。なんとかまた外して変形を修正。一応OKとなったが、ディスク挿入口は剛性がない ため、取り付け取り外しを繰り返したせいで若干変形してしまった。アルミ15インチを分解される方は、この部分は要注意です。
組み付けが終わったら、元のディスクはFirewireケースに入れ、CDから起動してディスクユーティリティーの復元で、ばっちり復活。しかし、データーが50GBもあるため、たっぷり2時間ほどもかかってしまった。
分解、組み付けは、もうすっかり慣れているのだが、復活の起動音を聞くまではやっぱり一抹の不安がある。その辺りを心得ているかのように、起動画面が出るのにいつもよりなぜか時間がかかり、一瞬冷や汗でホッとするのがいつものパターンである。



2005年09月16日

Entourage を使いこなす4

eae62c67.pngVintage ComputerではMicrosoftのメールソフト、 Entourage を使っている。AppleのMailも良い気もするのだが、私自身ずっと使っていたという好みの問題と、やはり機能的には最強と言うこと Entourage を使っている。どっちみちOfficeは必要で、せっかく有料ソフトがあるのだから使わないともったいないという気持ちもある。
ところがこれまで、使っていなかった機能がある。「プロジェクト」機能だ。Office 2004の目玉機能の一つだったので、導入時に覗いてはみたものの、よくわからん、ってことでそのままになっていた。
今回、社内の情報共有に良いシステムはないかと改めて考えて、この「プロジェクト」機能に白羽の矢が立った。改めてちゃんと使ってみると、これはなかなか便利。弊社のようなスモールオフィスの情報共有には、なかなか便利なツールだ。
iCalなど純正ソフトを駆使しても、ある程度のことは可能だが、やはり常に使うソフトに機能が統合されているという点が嬉しい。
Entrouge 2004を業務で使っていながら、「プロジェクト」機能を使用されていない方、ぜひ一度検討されることをお勧めします。


vintagecomp at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 
livedoor プロフィール
Archives