2006年08月16日

MacBook Pro ドライブ交換5

先日MacBook Proのハードドライブの換装を行いました。まずは、焦らずに交換用のドライブをSATAドライブ用外付けケースに入れて、Firewire接続します。そして、ディスクユーティリティーの復元機能を使って、クローンを作成しました。そして、ドライブの交換。これで、交換直後からばっちり起動OKのはずですが・・・ あれあれ? 真っ黒な画面で起動しません。復元が上手くいかなかったのかな?
今度は外したドライブを外付けケースに入れて、Firewireより起動。今度は、こちらからディスクユーティリティーを使って、クローンを作ります。今度は、ばっちり内蔵ドライブから起動OK。これで、すぐに使えます。ところが、数日使っていると起動時にまたブラックアウトで起動できない!何かが足りないとアラートが出ていますが・・・
そこで、今度はクローン方式は諦めて、OSをDVDからインストール。最初の起動時に、外付けドライブを繋いでデーターを移行します。移行アシスタンスのおかげで、この作業も楽になりましたね。そして、ソフトウェアアップデートで、アップデートで移行完了です。
ディスクユーティリティーでの復元機能の利用も、一度は起動して使えたので間違ってはいないと思いますが、OSのインストールからやった方がどうも確実なようです。
それにしても、SATAドライブ用外付けケースは大活躍でした。今回のような用途では、ケースに入れなくても
(自己責任で)基板単体につなぐだけで使用できますので、とても便利でした。これはドライブ交換時には必需品と言えそうです。

2006年08月15日

Champion on Ice に行ってきた5

この週末はダウンタウンのステープルセンターで開催されたChampion on Ice に行ってきました。トリノオリンピック金メダルの荒川静香、銀メダルのサーシャ・コーエン、銅メダルのイリナ・スルチェカヤも出るはと、超豪華メンバー。もちろん、男子やペアの有名選手も勢揃い。ショーですので、コミカルな演技や、道具を使った演技もあったりと、コンペティションとはひと味違ったのがまた格別でした。
荒川静香荒川静香の演技は、美しかったですね。今回、メダリスト3人を生で見て、間違いなく彼女が一番美しい演技でしたね。
ただダントツで人気だったのが、地元のミシェル・クワン。地元ですから当然とはいえ、金メダリストにはもっと声援があっても良いと思いました。

実は、一番のお目当ては荒川さんではなく、井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組。井上怜奈さんは、トリノでは米国代表として、3度目のオリンピックに出場しています。(過去2回は日本から) スロートリプルアクセルをオリンピック史上初めて決めて、7位に輝きました。
怜奈さんこの方、本当に苦労人なんですね。長野オリンピックに出場できなかった後、活動の本拠地をアメリカに移します。しかし、活動資金は十分でないので、働きながら衣装も自作という状態が続きます。このくらいのハングリーストーリーはざらにありますが、その後肺癌を患い、練習中の事故で頭蓋骨骨折、また卵巣破裂など度重なる困難にもめげずに克服し、全米チャンピオンとなってオリンピック出場を果たしたわけです。
同じアメリカに住む日本人として、本当に勇気と感動をもらいました。日本では、今一つスポットライトが当たっていない気がしますが、日本の方にももっと応援して欲しいです。
井上怜奈さんは、サンタモニカ在住ということで、Vintage Computerから40分ほどで行ける距離にあります。今度お会いすることができる予定ですので、その際はまたご報告します。



vintagecomp at 11:30|PermalinkComments(2)TrackBack(1)USA 

2006年08月12日

Leopard の新機能4

LeopardWWDCではOS X 10.5 Leopard の10の新機能の紹介も行われています。その中で、私が気に入った機能を2つ上げてみます。

その1   Time Machine
高機能、バックアップですね。重要性はわかていても、ついつい怠りがちなのがバックアップ。任意の時間に戻れるというのは、すごいですね。バックアップは重要ですから、OS標準で用意することの意義は大きいと思います。なぜ今まで単純なバックアップ機能もなかったのか、考えると不思議です。

その2    Spaces
作業環境切り替え機能ですね。Exposeのおかげで、ウィンドーの見失いが減って、本当に使いやすくなりました。そのため、どんどんウィンドーを開けっ放しにしてしまうんですね。Exposeを使うと、開いているウィンドーの多さにギョッとすることも。これを解決してくれそうですね。

その他については、それほど「お〜〜〜!」って感激はないですね。Vistaに真似されないように、隠している部分もあるそうですから今後に期待ですね。
さて、気になるのは旧モデルはどこまでサポートされるのか。私の予想では、G4以上となると思います。G3をサポートしないのは、仕方がないでしょうね。むしろ、もっとサポート範囲は狭いという予想の方が多いようです。G4モデルは最近まで販売されていたので、G4切り捨ては絶対にないでしょう。例えば、G4 1GHz以上とか、USB 2.0搭載機種などで一部切り捨てと言うようになる可能性はありますね。とは言え、初期のG4でもアップグレードにより、性能的には十分なものになりますので、ぜひともサポートして欲しいものです。その辺の期待も込めて、G4は全てサポートを期待します。





vintagecomp at 10:42|PermalinkComments(5)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年08月11日

VC Podcast News 8/9 収録分配信中4

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、8/9(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、遂に登場したMac Proの話題と、Power Mac G5用のビデオカードやハードドライブの話題を中心にお送りします。

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。

 
    
 


vintagecomp at 07:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Podcast 

2006年08月10日

Mac Pro登場の影で、Cinema Displayが値下げ!4

Cinema 30 Mac Proの登場で沸いたWWDCでしたが、同時にCinema Displayがひっそり値下げされています。20インチが、$699とはかなり安い感じ。そして、30インチがとうとう$2000を切って$1999になりました。
そろそろ憧れの30インチにポチっとしても良い頃かな、考えています。前回の値下げの時も考えましたが、やっぱり$2000を切らないとねと自制しましたんで、今回は物欲沸騰中です。
ちょうど、30インチ対応のGeforce 6800 UltraGTも特価販売中だし・・・ しばらく、悩む日々が続きそうです。


vintagecomp at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

業務連絡4

奈良県のAN様からご連絡をいただいております。

「何回か連絡させて頂いておりますが、返信がありません。お休みなのでしょうか?ブログは更新されてますが…。」

いただいたメールには毎回お返事を差し上げておりますが、届いていないようです。ブログは見られているようですので、こちらでもご連絡させていただきます。
メールが届いていないようですので、先のメールの返信も届いていないようでしたら、別のメールアドレスやFax番号など、他の連絡手段をご連絡ください。また、届いておりましたら、お手数ですがその旨ご連絡ください。

8/10 追記; お陰様で無事メール連絡が取れました。

昨今は、メールソフトのスパムフィルタやプロバイダのスパム対策で、必要なメールもひっかかってしまうことがあります。可能な場合は、
お電話も差し上げますが、時差もありますのでなかなか連絡が取れない場合がございます。
全てのお問い合わせには、遅くとも24時間以内にはご返信させていただいております。返信がない場合はこの手の問題が発生している可能性が大ですので、別の連絡手段をご連絡いただけますと助かります。


vintagecomp at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 

2006年08月09日

MacBook Pro バッテリの交換品到着4

8/1のエントリーで話題にした、15-inch MacBook Pro バッテリ交換プログラムですが、8/4に交換用のバッテリが届いていました。3日で到着と、割と早かったですね。
交換対象のバッテリのシリアルナンバは、下4桁がU7SA, U7SB, U7SCでしたが、届いたものはWCRAでした。
純正パーツの箱そのままで届きましたが、伝票の表を剥がすと、返送用の伝票になっていてとても楽でした。なかなか良い仕組みですねえ。とは言え、問題なく使えていたバッテリなので、このままキープしておきたいという気持ちになってしまいますが、注意書きに返送しない場合はパーツ代金をチャージすると書いてありました。おとなしく返送するのが良さそうです。
該当のバッテリをお持ちの方で、まだ交換されていない方は、お早めに。



vintagecomp at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年08月08日

Mac Pro 登場!4

Mac ProWWDCが開幕し、噂通りMac Pro が登場しました。
事前の噂通り、光学ドライブベイが2段になったものの、基本的な外観はG5と同じです。
注目のCPUは、Core 2 Duoの採用が本命という噂が多かったのですが、Xeon 5100となりました。私は、Power Mac G5からのスペックダウンはするはずがないので、Xeon 5100本命と考えていました。Core 2 Duo, Xeeon 5100 ともに64bitなのですが、Core 2 Duo の場合、最大メモリが8GBというのがネックです。G5は最大16GBですから、Core 2 Duo を使うとスペックダウンですね。Intel化でスペックダウンとなるのは、ハイエンドマシンとしてはあってはならないことだと思うので、私はXeon 5100 が本命と思っていました。もっとも8GB以上搭載するのはごく一部のユーザーだけですので、Core 2 Duo説が根強かったようです。
 Xeon 5100 の場合、使用メモリがサーバ用のFB-DIMMとなり、かなり割高となるのがネックです。実際、標準モデルが31万9800円と、G5よりかなり高い価格設定になっていますね。性能、スペック、価格とも文字通りハイエンドになりました。
Mac Proの下のデスクトップは、iMacになってしまうので、ここまでハイエンドになると、間にもう一モデル欲しい気もしますね。



vintagecomp at 07:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年08月05日

VC Podcast News 8/2収録分配信中4

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、8/2(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、いよいよ来週に迫ったWWDCの予想の話題を中心にお届けします。巷の噂通りPower Mac G5後継のMac Proが発表されるのか?
そして、久々にお得なディスカウントクーポンのお知らせもあります。最後までお聞きのがしなく。


ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。

 
    


vintagecomp at 04:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Podcast 

2006年08月04日

最強! nVIDIA GeForce 6800が超特価!5

nVIDIA 6800 UltraAGP 8xスロット付きのPower Mac G5用の最速ビデオカードが入荷しました。

nVIDIA GeForce 6800 Ultra DDL ¥49,800
nVIDIA GeForce 6800 GT DDL ¥42,800

PCI Express付きの現行G5は非対応ですが、それ以外のPower Mac G5に対応です。
UltraとGTの差は、コアクロックで性能差は約12%です。以前はApple Storeで購入できましたが、現在は事実上入手できなくなっているので、グラフィック性能を上げたい方には貴重なカードですね。Apple Storeで販売時は、Ultraが7万円台でしたので、価格的にもかなりお得だと思います。
AGPでは圧倒的なスペックと性能を誇りますので、3DやCore Imageなどグラフィックパワーが必要な方には特にお勧めです。
30インチシネマが2台接続可能なのも、このカードだけです。かなりリッチでないと30インチシネマ2台は大変ですけどね・・・ もちろん、30インチシネマでなくても、圧倒的な性能を発揮します。
G5ユーザーの方は、ぜひご検討ください。



vintagecomp at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 
プロフィール

Harry

Archives