2005年10月17日

エンジェルス vs ホワイトソックス戦に行ってきた4

9fb00cf8.jpgもう一昨日のことになってしまいましたが、アリーグ優勝決定戦の第3戦、エンジェルス vs ホワイトソックス戦に行ってきました。金曜のナイターですが、東海岸の放送を考慮して夕方5時の開始。エンジェルスの本拠地アナハイムは、Vintage Computerから車で1時間弱の距離。ちなみにアナハイムと言えば、Sonnet本社もあります。ちょっと早めに仕事をあがって入場したら、1回表の 攻撃中でした。その直後にホワイとソックスのツーランホームラン!
一応地元のエンジェルスを応援しつつも、井口の打席の時は周りの白い目に耐えつつ一番熱を入れて応援とコウモリぶりを発揮して観戦。となりの男性に、「どうして彼を知っているの?」と聞かれてしまいました。
結果はご存知の通り、6-2でエンジェルスは負けてしまいました。しかし、井口は2安打2得点の大活躍。エンジェルスファンとしては見所の少ない試合でしたが、スタジアムはすごい熱気でした。かなり楽しめて大満足でした。
てわけで、その後もエンジェルス頑張れ、井口頑張れ、と応援しています。

写真は、球場でフリーで配っていたメガホンバットならぬソーセージバット。長さは60cmくらいでしょうか。叩いて応援するわけですが、いい音がします。提供はTOSHIBA。しかし、その下に書いてあるのが、COPY-FAX-PRINT。
TOSHIBAと言えば、米国でもノートパソコンのイメージが強かったですが、いつからこうなったんだろう?


vintagecomp at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA | 一般

2005年10月15日

実録ビザ取得への道 その2

先週の「実録ビザ取得への道 その1」の続編です。

ロサンゼルス赴任後、1年でMacの個人売買が好評を呼んだ。そこで、これはビジネスとして成り立つのではないかと考え出した。ビジネスとしてやるのであ れば、ビザが必要だ。噂では、かなり大変と聞く。日本に戻ってということも考えてみたが、これはどう考えても上手くいかない気がした。自分で考えても結論 は出ないので、知人から紹介してもらった弁護士に相談することにし、妻とともに訪ねてみた。
相談した弁護士は日系人、しかし日本語はしゃべれない。アシスタントに日本語のできる人が付いてくれた。基本的には英語でのやりとりだが、これは心強い。 そして、自分が駐在員でおよそ1年経ったこと、現在Lビザで滞在していること、Macのビジネスをこの地で始めたいこと、自分たちの経歴を伝え、どんなビ ザを取得できる可能性があるのかを聞いてみた。
その弁護士の答えは、「奥さんが永住権を取りなさい」だった。永住権をサポートしてくれる企業を探して、妻が永住権を申請する。配偶者は、同時に申請する ことが可能なので、私も自動的に永住権が取得できるというわけだ。これは、現在駐在員として務めている会社には内緒で進めないといけないので、妻が申請者 となり私はそれに乗っかる形にするのが得策だというわけだ。
確かにこれができれば最高だが、問題はどうやって永住権をサポートしてくれる企業を探すかだ。弁護士が言うには、「新聞の求人欄を見て探すと良いよ」と言 うのだが。まず、妻は働くことのできないビザで滞在していたので、そのままでは働くことができない。だからその企業が妻を雇いたいと思ったら、永住権をサ ポートする必要があるわけだ。確かに、企業がぜひとも必要な人材として、永住権をサポートすればほぼ確実に取得することが可能だ。しかし、申請から取得ま では相当時間がかかる。当時は、3年程度と言われた。
つまり、新聞の求人欄を見て妻が面接に行く、そこでは「是が非でも欲しい人材なので、3年後に働き初めてもらうために永住権をサポートして上げます。」と 言ってもらわなければならないということだ。しかも永住権を申請するというのは、企業にとっても手間と費用がかかることなのだ。よほどの優れた資格や技術 を持っているならともかく、とても現実的なこととは思えなかった。
これは現実的とは思えない、他に方法はないか? と聞いてみたが、「これがベストな方法ですよ」との答え。相談はここで終わった。
やっぱり無理なのか〜、と暗い気持ちで弁護士のオフィスをトボトボと帰途についたことを覚えている。



vintagecomp at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)起業 

2005年10月14日

VC Podcast News 配信中5

VC Podcast News 第一回配信中

Podcasting 始めました。番組名は、Vintage Copmputer Podcast News です。 今後、週一回の配信を予定していますので、ぜひiTunesに登録して購読(もちろん無料です)してください。購読の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2.
iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを
iTunes にドラッグドロップする。

超簡単でしょう? これで、番組がアップされるたびに自動的に番組をダウンロードしてくれて、iPodで聴くことも可能になります。
まだまだ馴れなくて素人丸出しですが、これから少しづつレベルアップしていきたいと思いますので、末永くおつきあいいただけると幸いです。


vintagecomp at 03:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2005年10月13日

大胆予想は大外れ!3

1e12d898.jpg本日は、Appleのスペシャルイベントがありました。巷の噂通り、ビデオiPodが発表になりましたね。私は噂に反し て、会場の規模から考えてビデオiPodの発表はない!と大胆予想を行いましたが、こちらは見事に大外れ。あくまで予想ですので、当たるも八卦ということ で・・・
しかし、ビデオiPodのハードとしての魅力よりも、やはり提供するソフトの方が重要だと思います。以前から予想されていたビデオクリップ付きの曲が、 $1.99でiTMSで購入できます。そして、私としてはこっちの方が注目ですが、DisneyとABC TVの人気番組をやはり$1.99でiTMSで購入できます。テレビで、お気に入りの番組を見のがした!ってことは日常的に良くある話ですから、これは人 気のサービスになるんじゃないでしょうか。
しかし、ジョブズも以前からさんざん「ポータブルビデオプレーヤーは間違った考えだ!」とか、「その様なプレーヤーで試聴するソフトは、ほとんどない」と 言っていましたが、変わり身の速さには驚きますね。もっとも彼に言わせると、最適なソフトを自前で用意して機が熟したから、ということなんでしょうが。確 かにPSPも人気ですが、ソフトはどうぞご自分で用意してください、ですからこの点iPodの優位性は大きそうです。
とは言え、iTMSのビデオ販売、日本ではまた権利関係や何やらで遅々として進まない気も。コンテンツ保有の企業には、ぜひとも将来を見据えて英断をお願いしたいです。
さて、Mac好きとしては、iPodがiPod nano同様Firewire非対応になったのが非常に残念なところ。Firewireの方がUSB 2.0よりずっと高速なだけに、大容量のビデオを転送するのであれば尚更
Firewireの優位性が大きかったはず。nanoは容量が限られているとか、小型化のためにとか、納得できる理由があったのですが、iPodではちょっといただけないと思います。



vintagecomp at 02:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0)Apple Topics 

2005年10月12日

明日は、スペシャルイベント

日本時間では既に10/12ですが、こちらはまだ10/11。明日はAppleのスペシャルイベントの日です。
いつもは、発表会場に駆けつける私ですが、今回は都合により欠席。こんな時に限って、すごい発表があったら、とちょっと心配な気も・・・
とは言え先日のエントリーでも書いたように、一般的な意味で大発表というのはやはり無いと思います。となると、iPodの大容量化+カラーバリエーションとMacのマイナーバージョンアップですかね。
しかし、噂されているPower Mac G5やPowerBook G4は、単なるクロックアップではなく、DDR2を使うニューアーキテクチャーのようです。しかし、Intel Macを控えて、これは本当ですかね? ちょっと疑問。
いずれにしても明日が楽しみです。


vintagecomp at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Rumors 

2005年10月11日

お詫び サーバーメインテナンス後トラブルが発生しております2

昨日のエントリーで、サーバーメインテナンスのお知らせをさせて頂きましたが、それに伴う一部不具合が起きております。御迷惑をおかけして申し訳ございません。
不具合内容は、御注文の最終ページでエラーが表示され控えメールも送信されません。しかしながら御注文自体は完了しております。弊社より手動で御注文受付のメールをお届けしますので、24時間以内にメールがない場合は御手数ですが個別にお問い合わせください。
また、BBSの書き込みが不可能になっております。
ホスティング先でサーバーの入れ替えを行った際に、一部の機能が正常に動作していないようです。
御迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、復旧に向け作業を行っておりますのでご容赦ください。



vintagecomp at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2005年10月10日

10/10は日本と同じくお休み4

日本は体育の日でお休みですが、こちらアメリカでも偶然にもコロンバスデーでお休みです。文字通り、コロンブスがアメリカ大陸を発見した日ですね。実際は10/12ですが、アメリカではたいていの祝日は、月曜または金曜に振り替えられます。
アメリカの祝日の中で、特に微妙なのがこの日です。アメリカ大陸が発見された記念すべき日なわけですが、先住アメリカ人(インディアン)にとっては、侵略 の歴史の始まり。全くめでたくはないわけです。最近人口増加の著しいヒスパニック系(中南米系)の国民にとっても同じことが言えます。そんなわけで、この 日をお休みとしない企業も多いです。
この辺りでは、銀行、郵便局、学校はだいたいお休みですが、他はお休みでないところも多いです。Vintage Computerでは、トップページでお知らせしているように、輸送会社がお休みですから発送はお休みをいただいています。
それとサーバーがメンテナンスのため10/10深夜(10/11午前)は一時アクセスできなくなります。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。


vintagecomp at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA 

2005年10月08日

10/12 One more thing...3

a0378455.jpg10/12にAppleは、報道陣向けのイベントを開催します。毎回この手のイベントには参加していますが、今回は都合が 合わず残念ながら欠席。ビデオiPodやPowerBook, Power Mac G5のアップデートが話題に上っており、噂はいやがおうにも盛り上がっています。
さて、各噂サイトでは招待状にはどの製品を発表するかのヒントはないとコメントしていますが、ヒントはあると思います。それは会場。今回のイベント会場 は、iPod nanoの時のモスコーンセンターではなく、カリフォルニアシアターです。この会場の一番の違いは、その大きさ。iPod nanoの時は、音楽関係者や一般メディアも多数集まったようで、大きなモスコーンセンター・ウェストの会場が満員でした。ところが、カリフォルニアシア ターはモスコンセンターと比べるとぐっと小さい。
前回カリフォルニアシアターを使ったときは、iPod PhotoとiPod U2バージョンの発表でした。この時は、新バリエーションの追加と言う内容で、一般メディアまでが大騒ぎするような内容ではなかったといういことでしょう。
と言うことは、あっと驚くiPodの新シリーズや新サービスの追加ではないだろうと考えられます。本命とみられるビデオiPodだとしたら、どうでしょ う。単にビデオ再生機能の追加と言うことであれば、そんなに大きな発表でもないとも言えますが、おそらくその場合はiTunes Music Storeでビデオ配信も開始するはず。だとしたら、これは一般メディアからみても大ニュース。これではこの会場では役不足だと思います。
ということは、Macオンリーの発表という可能性も考えられますが、カリフォルニアシアターは、名前の通り音楽イベントに最適。やはりiPod関連が本命と思います。
ということで、80GBの新iPodが発表のメインというのが、私の予想です。



vintagecomp at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Rumors 

2005年10月07日

実録ビザ取得への道 その14

起業シリーズの続編であるが、前回、今後各ビザについての説明を行うとの予告を行った。しかし前回も書いたように、ビザ関 連の法律は変更や情勢の変化も多く、なまじ素人の知識で解説するのは大きな危険がある。また、各ビザの説明も具体的に必要な人以外には退屈なものだ。そこ で、予定を変更してこれからおよそ1週間に1回のペースで私のビザ取得の体験記をお送りすることにする。

97年10月、某T自動車のエンジニアとしてロサンゼルスのテクニカルセンターに駐在員として赴任することになった。初めての海外暮らしに期待と不安が入 り交じった心境だった。当時私は、ただのMac好きの会社員。米国で暮らす楽しみの一つに、Mac環境が充実しているのではないかという期待があった。な にしろ、カリフォルニアと言えばMacの故郷。コンピューターショップのMacコーナーは充実し、しかも日本と比べて格安ではないかとの期待があった。と ころが期待は大きく裏切られることになる。確かにその数年前までは、Mac関連品の内外価格差は大きかった。ところが、この頃には主要商品の内外価格差は 消滅していた。また、当時はちょうどジョブズがAppleに復帰する頃。つまり、Appleが最もひどかった時期だ。コンピューターショップのMacコー ナーも悲惨で、日本よりもひどい有様だった。

そんな状況で見つけた楽しみが、コンピュータースワップミート。週末に開催される、コンピューターのフリマだ。Apple の凋落が激しかった頃だけに、この頃のスワップミートはMac関連品が多数出ていた。ちょうど日本ではOld Macブームが盛り上がっていた頃で、日本で高値で取引されていたSE/30なども格安で販売されていた。もちろんジャンク扱いなのだが、現物の販売なの で外観の良いものだけを選ぶことができ、なかなか良い買い物ができた。
そうやって、SE/30, 128K, Plus, IIci, Portable, GSキーボードなど、どんどんコレクションが充実していった。そうなってくると余分に買いすぎたものも出てくる。そこで、現副社長が作っていた個人HP 「YumikoのMacな部屋」で個人売買を行うことにした。大体、Mac好きの旦那とMacに理解のない奥様という家庭が多いようだが、うちの場合はむ しろ逆だった。最初にMacに興味を持ち、MacのHPを作ったのも副社長(奥さん)。私はどっちかというと、副社長につられてこの道にはまっていったの だった。
そういうわけで、HP上に個人売買コーナーを作って、余ったSE/30やパーツなどを販売してみた。米国からだけにそれなりに送料もかかるわけだが、反響 は大きかった。当時まだネット通販もそれほど盛り上がってはおらず、また秋葉原等に行けない地域の方々は、Old Macブームと言ってもなかなか入手が困難だったのだ。
大きな反響に気をよくして、スワップミートでは出物があるとどんどん買い付けていった。そうすると、売り手の人達もこれは良いお客だと思ってくれて、単な る客ではなくなってくる。スワップミートではなく、売り手の倉庫に直接出向いて大量に購入なんてこともするようになってきた。何だか、プロの仕入れみた い。これはもしかすると、商売として成り立つかも知れない。そんな風に思ったのは、ロサンゼルス赴任後1年ほど経った頃であった。

続く


vintagecomp at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)起業 

2005年10月06日

Mac mini 福袋の謎 -推理その23

10/4のエントリーで、Mac miniの1.5GHzに性能アップしたバージョンが出回っていることに対し、大胆予想を書いてみました。あくまで大胆予想ですので、こんなこともあるのかもってことで。
今回は、続編として推理その2を書いてみます。こっちのほうが、一般的な予想なんだろうと思います。
Mac mini のモデルチェンジは近々予定されており、秒読み段階。ところが、予想より現行モデルの売れ行きが良く、現行モデルが売り切れとなってしまった。この場合、普通は売り切れにしてしまうか、モデルチェンジを早めるかどちらでしょう。
しかし、イベントの手配や流通上の都合でモデルチェンジを前出しすることは不可能な場合が多いでしょう。また、予想より売れ行きが良いため売り切れになるわけですから、売り切れで販売一時停止としてしまうのももったいないとなるわけです。
だからといって、新モデルを現行モデルの看板で売ってしまうのもどうかと思いますね〜。かといって、その時々の需要を満たしつつ当初のスケジュールを守る妙案は、と言えばこれくらいしかないのかも知れません。

いずれにしても、推理その1かその2か両方ハズレかはしばらく様子を見ないとわからないわけですね。10/13になんらかの発表イベントがあるようですので、とりあえずはその日に注目と言うことになりそうです。


vintagecomp at 05:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Rumors 
livedoor プロフィール
Archives