2006年03月26日

WBC 日本と韓国の観客数について4

今更WBCの話題?と言われそうですが、本当にタイミングを逃さないうちに。
日本と韓国は、WBCでは3回対戦した訳ですが、うち2回は米国での対戦となりました。Vintage Computerから1時間と3時間位の距離ですから、割と近いところです。
日本の方が驚いたと思うのが、まるで韓国の地元のような応援団。王監督も驚いていて「へ〜、こっちには韓国の人が多いの?」と言ってました。
確 かに韓国人や韓国系アメリカ人はこちらに多いです。日本人と比べると、感覚的には倍くらいはいる感じです(あくまで統計的なものではなく、地元での感覚で す)。でもWBCの応援では、10対1くらいの感じではなかったかと思います(これも感覚ですが)。それなのに、あの応援の差。数の違いというよりは、愛 国心の差が大きいと言えそうです。私も人並みに愛国心はあるのですが、2次リーグは平日、準決勝は3時間の距離ということで、球場には行きませんでした。 きっと同じような状況でも、韓国人は行った人が多かったということでしょう。
これは選手にも言えることで、韓国の方が多数大リーガーが参加してい ました。韓国人大リーガーは、チーム事情より何より母国を優先しました。日本人大リーガーは、チーム事情を優先した人も多かった訳です。今回、韓国が2次 リーグまで6戦全勝の強さを誇ったのも、愛国心の差が大きかったと言えるでしょう。
もっとも、母国とチーム事情、個人が優先したい方を選べる日本や米国も幸せだとも言えると思います。



vintagecomp at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA 

2006年03月25日

Vintage Computerの裏で事件が!3

昨日ランチを食べ終わって、一服していたときのこと。Vintage Computerの裏口の方からすごい悲鳴が聞こえてきました。事故でもあったのか?と思って、恐る恐る裏口を開けてみると、なんと警官が犯人をちょうど取り押さえたところ。犯人は、出血していたようでした。と思うと、すごい数のパトカーが集まってきました。
どうやら、遠くで起きた事件の犯人の追跡劇の末、Vintage Computerの裏で捕まったようでした。Vintage Computer周りは、行き止まりになっているので、最後は袋のネズミになったようです。Vintage Computerの裏にはシャッターがあって、必要に応じて開けているわけですが、ここが開いていたら最後に逃げ込まれていたかもしれないわけで、ゾッとしました。
ロサンゼルスというと犯罪都市と思われているようですが、実際に物騒なのは限られた地区になります。特にVintage Computerのあるトーランス市は治安も良く普段は安心して過ごせるところなのですが、昨日ばかりはビックリでした。



vintagecomp at 11:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)USA 

2006年03月24日

VC Podcast News 3/22収録分配信中4

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、3/22(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、新発売のSonnet PCI Express SATA IIカード
や、FastMac G4/1.5GHz の話題を中心にお届けします。番組の最後に、ディスカウントクーポンのお知らせがありますので、最後までお聞きのがしなく。

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。

 


vintagecomp at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2006年03月23日

昨日に続きSonnet のPCI Express SATAカード E4iが入荷4

SATA E4i昨日に続いて、Sonnet のPCI Express SATAカード E4iの入荷のお知らせです。昨日は一足先に入荷したE4Pでしたが、本日はインターナルドライブ用のE4i です。
Power Mac G5の場合、図体がでかいわりに内蔵HDDのスペースはわずかに2個。しかし、Sonnet G5 JIVEを使えば、更に3個のドライブが内蔵できます。それでもポートが一つ余ってしまいますが、このカードは最高速300MB/secのSATA IIに対応していますので、標準ドライブベイに搭載するドライブにもこのカード経由で接続した方が速いことになります。
また、E4P同様Intel Macにも対応するとのことです。
E4P, E4i とも初回の入荷量は限られていますので、Power Mac G5 Dual Coreユーザーの方は、この機会をぜひお見逃しなく!



vintagecomp at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2006年03月22日

Sonnet のPCI Express SATAカード E4Pが入荷5

SATA PCI ExpressSonnetのPCI Express SATA E4Pカードが入荷しました。今年のMacworldで発表されたカードですが、なかなか出荷されずようやくの入荷となりました。PCI Express スロット搭載のG5をお持ちの方には、待望の拡張カードですね。
このカードeSATAの外付けポートが4つ付いていますが、近日出荷開始のFusion 500との組み合わせにより最大外付け20台のSATAドライブを接続可能です。20台の外付けドライブというのもすごいですが、今後eSATAは外付けドライブのメインストリームになっていきそうですね。
なお、現在PCI Express スロットがあるのは、Power Mac G5 Late 2005のみですが、この後継機は当然PCI Express スロット付きのIntel Macになると思われます。そして、このカードはSonnetによるとIntel Macでも動作するのだそうです。すでにFirmwareがユニバーサルバイナリに対応しており、Sonnetの試作機でも問題なく動いているそうです。というわけで、Power Mac G5 Late 2005からIntel Macに乗り換え予定の方も安心してご利用いただけます。

祝日本WBC優勝! 昨日は、テレビで観戦しました。日本ではすごい盛り上がりみたいですね。米国が早々と敗退したため、米国内ではあまり盛り上がらなかった大会ですが、次回以降更に盛り上がると良いですね。


vintagecomp at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products | テクニカル

2006年03月21日

Intel MacでWindowsの起動に成功4

MacBook ProIntel MacでWindows XPのブートに成功したと報告されています。「Windows XP on an Intel Mac」コンテストでついに成功者が現れました。既に、必要なファイルも公開されて、適切なXPのCDがあれば比較的簡単に起動が可能になるようです。
Intel Macが出る前の段階では、割と簡単にできるのではという観測もありましたが、その後EFIに対応したVistaまでは難しいと言われていました。そして、Vistaの初期リリースではEFI対応が見送られ、またアップルのエンジニアが「Intel MacでWindows Vistaは動かない」との観測を表明して、ますます困難な見通しになっていました。そんな中のVistaを待たずの快挙ですから、世の中にはすごい人がいるものです。
プログラミングに精通していない人にも可能という意味で、比較的簡単にとは書きましたが、まだまだ手軽にデュアルブートが実現できる訳ではないですが、今 後手軽に利用できるようになると良いですね。個人的には、Mac OS X上で、高速に走るWindowsエミュレーターが魅力です。

さて、私のMacBook Proですが、プライベートメインマシンとして使い始めましたが、やっぱり超快適というわけにはいきませんね。Intel Mac 対応アプリでは文句なく快適なんですが、やっぱりPPCアプリではやっぱりもたつきを感じてしまいます。最初は、おーっ!思ったよりまともに動く!と感心 していましたが、やはり実用モードに入っていくと色々不満を感じてしまいます。実用派には、まだIntel Macは早いのかもしれません。






vintagecomp at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年03月18日

VC Podcast News 3/15収録分配信中4

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、3/15(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、当地で開催されているWBCとSonnetの新製品のお知らせを中心にお送りします。番組の最後に、ディスカウントクーポンのお知らせがありますので、最後までお聞きのがしなく。

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。

 

vintagecomp at 06:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2006年03月17日

WBC 日本奇跡の準決勝進出5

先ほどまでテレビで観戦していました。アメリカがメキシコにまさかの敗戦。この結果、日本、アメリカ、メキシコの3チームが1勝2敗で並び、失点率で日本の準決勝進出が決まりました。
昨日、日本が韓国に負けた時にはこれまでかと思われましたが、奇跡の凖決勝進出ですね。これで、三たび韓国と対戦することとなります。これまで惜しい所で韓国には連敗していますので、雪辱を果たしてほしいものです。
2次リーグは、Vintage Computerから1時間ほどのアナハイムで試合が行われていたので、土曜日の準決勝はぜひ駆けつけようと思ったのですが、決勝トーナメントは会場がサ ンディエゴでした。残念ながら観戦には行けません。それならテレビで観戦と行きたい所ですが、アメリカが負けた以上もはやこちらの注目は限りなくゼロに近 いと思われます。きっと中継はないんだろうな〜。



vintagecomp at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA 

2006年03月16日

Sonnet G4/1GHz for G2 ショートレビュー4

Sonnet G2 1GHzSonnetの新製品、Crescendo G4 PCI 1GHz/2MB を軽〜くテストしてみましたので、簡単にレポートします。
Vintage Computerのテストマシンには、SonnetのOS 9ドライバーがインストール済みです。このドライバー特にアップデートもされていないので、このままハードの取り付けのみで動作します。
無事問題なく立ち上がり、早速Metronomeで状況をチェック。7455 1GHz、L3もちゃんと2MB認識されています。そして、メーカーサイトには記載のないL3クロックですが、250MHzで動作していました。
さすがに、OS 9でG4/1GHzは速いです。これなら現役でガンガン行けますね。



vintagecomp at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)テクニカル | Podcast

2006年03月15日

Sonnet CPUカードのFirmware アップデートの謎4

Sonnet EncorePower Mac G4用のCPUカードには、メーカーの提供するFirmware アップデート(パッチ)を当てないと、起動すらしないものがあります。詳しい方なら、7447/7457 CPUはパッチが必要、7455は不用と言うことをご存知のことと思います。
Sonnetの例でいくと、1GHz
, 1.33GHz, 1.4GHzは7455でパッチ不用、1.8GHzは7447でパッチが必須となるわけです。ところが、最新のSonnetの製品では、7455の1~1.4GHzのカードでもマニュアルにおいてFirmware アップデート(パッチ)を当てるよう指示されています。これは一体どういう事か?
私自身疑問に思っていたので、Sonnetに尋ねてみました。その結果、次のことがわかりました。
従来パッチ自体が付属していなかったころは、当然パッチは当てずにOS XではSonnetCacheというソフトをインストールしていました。SonnetCacheには、その名の通りCacheを認識させる機能と、システムプロファイラでクロックを正しく認識させる機能があります。G4用のカードにおいては、これがなくてもCacheは正しく認識しますので、主な役目はシステムプロファイラの表示修正と言うことになります。そして、Sonnetの最新のFirmware アップデート(パッチ)には、このSonnetCacheの機能が入っていると言うことでした。
つまり、Firmware アップデート(パッチ)を行うと、SonnetCacheが不用になるわけです。SonnetCacheはkextファイルなので、OSのバージョンアップによって正常に動作しなくなる場合があります。そのため、Tiger 用のバージョンがリリースされたりしています。Firmwareだと、OSバージョンは関係ないわけですね。
Sonnetとしては、OSバージョンによって機能の一部が働かなくなることを回避し、CPUの種類によってセットアップの方法が変わるという煩雑さを無くす狙いのようです。
そんなわけで、マニュアル通りFirmwareパッチを当てていただいても良いわけですが、この辺の事情をご理解いただいてパッチを当てないという手もありです。7455 CPUではパッチを当てなくても問題なく起動します。そして、
システムプロファイラの表示がおかしくなければパッチは不用と言うことになります。
もちろん、7447 CPUの場合、パッチを当てないと全く起動すらしませんので、お気をつけください。


livedoor プロフィール
Archives