2018年01月26日

Vintage Computer チャンネル第172回〜Lisa マウスの謎〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第172回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

2018年初のビンテージネタです。
Lisaに付属する標準マウスと言えば、Macinstosh用とは形が異なるLisa マウス。ビンテージ Apple通の方なら常識でしょうか?
実は、この常識に以前から疑問を持っていました。ある時期から、Mac用マウスが標準となったのではないかと。そのような情報も断片的には見つけていたり、Appleの画像からも伺えるのですが、なかなか決定打がありませんでした。今回、決定的証拠?を見つけました。



関連情報をお持ちの方、コメントをつけていただけると嬉しいです。


vintagecomp at 11:33|PermalinkComments(2)YouTube チャンネル 

2018年01月25日

HomePod 購入代行受付開始

昨日募集しましたHomePod 購入代行についてですが、記事をアップした途端にいくつものご要望をいただきました。そこで、早速受付を開始しました。

HomePod











Apple HomePod スペースグレイ 米国版 54,800円
Apple HomePod ホワイト 米国版 54,800円

HomePodの価格は$349ですが、別途カリフォルニアセールスタックス 9.5%が必要となっております。

当初は英語圏のみの発売のため、日本語非対応かもしれないというのが気になりますね。Siri自体は日本語も対応していますので、もしかすると、ホームキット対応デバイスのコントロールなどが日本語非対応なのかもしれません。この辺は、実際に発売されないとなんとも言えませんので、現時点では日本語非対応でも欲しいという方のみご注文ください。音質的にはかなり凝った設計となっていますので、その点は日本語対応の有無に関わらず魅力的ですね。
2台でのステレオ再生機能やAirPlay2 については、発売時には対応しておらず、今年中に機能追加されるそうです。言語に関しても、同様になるかもしれません。

2月9日米国発売ですが、気になるのは入手困難とならないかですね。$349はスマートスピーカーとしてはかなりの高価格なので、爆発的な売れ行きとはならないと思います。しかし、AirPodsが長期間入手難だったことをもあり、供給量次第となりそうです。入手状況については、発売後お知らせいたします。


vintagecomp at 06:23|PermalinkComments(0)Products 

2018年01月24日

HomePodが2月9日に発売

マートスピーカーが旬になってきておりますが、やっとというか、満を辞してAppleのスマートスピーカーが2月9日にHomePodがアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売されます。予約受付は1月26日から。すでにHomePod対応のiOS 11.2.5 等がリリースされています。

HomePod











フランスとドイツでも、今年の春に発売されるとのことですが、日本での発売はまだ発表されていません。

アップルの新製品が地域ごとに順次発売となる場合は、単純に供給能力が追いつかないためということが多いのですが、アメリカ、イギリス、オーストラリアでの発売ということは、当初は英語しか対応していないのかもしれません。続いてドイツ語、フランス語で、日本語はまだしばらく先ということでしょうか。

さて、日本よりも米国での発売が早いということで、購入代行を希望される方はいらっしゃいますかね。ただ、日本語対応がまだということになると、あまり需要がない気もしますが。
希望される方は、コメント欄またはメールにてご要望ください。

1/24 追記
早速、ご要望をいただきましたので、明日にでも販売ページを設定いたします。少々お待ちください。


vintagecomp at 08:32|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2018年01月23日

iPhone 8, 8 Plus, X を値下げ

iPhone 8, 8 Plus, Xの、弊社の購入代行価格を値下げです。最大1万2千円の値下げです。

iPhoneXSV















iPhone X 米国版SIMフリー 256GB 184,800円 172,800円
iPhone X 米国版SIMフリー 64GB 159,800円 149,800円

iPhone 8 Plus 米国版SIMフリー 256GB 148,000円 142,800円
iPhone 8 Plus 米国版SIMフリー64GB 129,800円 119,800円
iPhone 8 米国版SIMフリー 256GB 132,800円 128,000円
Phone 8 米国版SIMフリー 64GB 109,800円 104,800円

年内は入手困難だったiPhone Xも、年が明けていつでも在庫あり、入手が容易になりました。年内、特に発売から1ヶ月くらいは入手に大変で並大抵の苦労ではありませんでした。そういう点での価格設定の面もあったわけですので、値下げさせていただきました。8、8 Plusの値下げ幅が小さいのは、すでに一度価格調整をしているためです。

シャッター消音可能、CDMA/GSM両対応の米国SIMフリー iPhone。価格の高さから様子見だった方も、そろそろではないでしょうか。


vintagecomp at 13:35|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年01月20日

究極のアップグレードパーツ!?

Mac Pro 2010/2012用のプロセッサーボードが入荷しています。

661-5708F













Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core  38,000円

これ、考えようによっては究極のアップグレードパーツですね。このプロセッサーボードは、Mac Pro Mid 2010, Mid 2012のどのモデルにも使用可能です。分解作業に自信のない方でも、簡単にサクッと入れ替え可能です。シングルプロセッサの4 Coreや6 Coreも簡単にデュアルプロセッサの8 Coreになります。

また、シングルプロセッサならメモリスロットは4基で最大56GBですが、メモリスロット8基で最大128GBまで拡張可能になります。
CPUも3.46GHz 12 Core3.33GHz 12 Coreにアップグレード可能です。

CPUアップグレードキットは、装着にはそれなりの技量が必要ですが、同時ご注文いただければ取り付け費無料でお届けします。

サクッとプロセッサーボードを入れ替えるだけで、3.46GHz 12 Core CPU128GB メモリまでアップグレード可能というのは、究極のアップグレードパーツと言っても良いのではないでしょうか。

Mac Pro 2010/2012のシングル CPUモデルの最強化に、ぜひご検討ください。


vintagecomp at 06:29|PermalinkComments(0)Mac 

2018年01月19日

Vintage Computer チャンネル第171回〜最新Macノートブック用アダプター〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第171回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

超旧型Macから最新Macまで。Vintage Computer ではあらゆるMac用のパーツ、アクセサリを取り扱っております。今回は、最新Macノートブック用の製品を取り上げます。
これらの
最新Macノートブックで、必需品とも言えるのが、マルチポートのアダプター。2製品をご紹介します。



今回の方をを機会に、この2製品を限定超特価で販売します。お見逃しなく!

6-Port Dual USB-C/Thunderbolt Card Reader & HUB  4,980円 3,980円
Ekano 6-Port Single USB-C Card Reader & HUB 3,980円 2,980円

vintagecomp at 07:54|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2018年01月18日

Radeon 5770 HD 1GB が入荷

しばらく在庫切れになっていたRadeon 5770 HD 1GB が入荷しました。

radeon5770HD
















ATI Radeon HD 5770 1GB for Mac Pro 28,000円

Mac Pro Mid 2010, Mid 2012の純正の標準のビデオカードです。特に高性能というわけではありませんが、性能が低いわけでもなく、バランスの良いカードだと思います。

また、ビデオメモリが1GBで4K @ 30Hzに対応しているのも、ポイントが高いですね。

タワー型Mac Proは、2006-2007モデルとEarly 2008以降で使用できるビデオカードが異なるのですが、本カードはタワー型Mac Pro全てのモデルで動作します。2006-2009モデルでは、性能的にも大きく向上します。


ビデオカードの故障による交換、2006-2009モデルのアップグレードに最適です。



vintagecomp at 08:39|PermalinkComments(0)Mac | Products

2018年01月17日

Face ID, Touch ID どちらが良い?

iPhone Xに新採用されたFace ID。個人的には、失敗もほぼないですし、反応も早く気に入っています。Face IDに慣れてからは、断然Touch IDよりも良いと思っていましたが、しばらく使っていると弱点も見えてきました。
最大の弱点は、サングラスやマスクを使うと、認証できないこと。アメリカでは冬でもマスクをしている人はほぼいませんし、私もまず使うことはありません。車を運転する時は、時間帯によってサングラスをかけることもありますが、この状態でiPhoneを操作することも多くなく、それほど気になっていませんでした。
先日、スキーに行ってその際はずっとゴーグルをしていたわけですが、当然Face IDは認証されません。そこで、パスコードでとなるわけですが、Face ID 認証が失敗してからでないとパスコード入力ができません。短い時間ですが、結構イラッときますね。
最初の1回は、あーゴーグルのせいね、と思ってそれほど気にならないのですが、毎回こうだとストレスに感じます。車でサングラスを使って認証失敗した時も、同じ感じでそれほど気になっていませんでした。ところが、スキーで1日中Face IDが使えないとなると、結構不便さを感じてしまいます。
まー、スキーはたまにしか行かないので、それは許せるのですが、これが日常的に起きるとなると相当不便ですね。日本では冬場マスクをしている人が多いので、そういう人には大きな問題だと思います。

Face IDとTouch ID、それぞれの便利さのみで判断すると、現時点ではTouch IDの方が良いかもしれません。ただ、Face IDによって画面が大きくなっているわけで、そのメリットはかなり大。結局、マスクやサングラスなどでFace IDが使えない頻度が多い人にはTouch IDが便利、そういう頻度が低ければFace IDが便利と言えるんじゃないでしょうか。日本では、Touch IDが有利な気がしますね。

2018モデルは全てFace IDになるという噂情報もありますが、Appleとしては何らかの対策を打ってくるのか。まずは、既存のiPhone Xでも効果があるように、スムースにパスコード入力できる仕組みにしてほしいですね。ニューモデルでは、Face IDとTouch ID、両方搭載すれば解決ですが、それはない気がします。Appleらしいスマートな解決法を期待したいですね。


vintagecomp at 08:10|PermalinkComments(7)iPhone 

2018年01月13日

Toast 16 Titanium 特価販売中

以前はソフトウェアと言えば、パッケージ入りのディスクを買うものでしたが、今やダウンロード販売が主体。また、定番ソフトもぐっと数が減ったように思います。
そんな中、今でもディスク版を提供し続けているのが、Roxio Toastです。最新版のToast 16 Titaniumを超特価でご提供中です。

Toast16

Roxio Toast 16 Titanium, ディスクのみ 5,980円

また、光学ドライブのオプションとして4,980円で販売中です。

なぜ今でもディスク版として販売が続けられるのかと考えると、ディスクを焼くためのソフトですから、必ずユーザーはドライブがあるわけですね。今や光学ドライブのないマシンが主流ですから、この手のソフトでないとディスクでの供給は難しいかもしれません。
今回の新機能で注目なのが、MultiCam Capture。画面録画ソフトとして使用でき、複数のデバイスから同時に録画が可能。さらに簡単な編集、補正も可能です。YouTuberには嬉しい機能ではないでしょうか。



vintagecomp at 07:06|PermalinkComments(0)Products | Mac

2018年01月12日

Vintage Computer チャンネル第170回〜超高速NVMe SSDの問題を回避〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第170回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

2018年最初のVintage Computerチャンネルです。今年もよろしくお願いいたします。
2017年のヒット商品の一つが、NVMeの超高速SSD。MacBook Air Mid 2013以降や、MacBook Pro Retina Late 2013~Mid 2013, Mac Pro Late 2013 で超高速性能を発揮します。しかも、純正のSSDよりもかなりお買い得価格。MacBook Air はこれまで512GBが最大でしたが、1TB, 2TBも可能ってことで、大幅なアップグレードになります。
ところが、一部のお客様から長時間スリープ後の復帰に問題が、とのご指摘。その回避策について、解説します。



超高速NVMe SSDで、スピードと容量アップを実現しましょう。


vintagecomp at 10:26|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 
livedoor プロフィール
Archives