2019年04月23日

Apple Watch 心電図機能とiOS 12.2 続報2

Apple Watch Series 4の心電図機能は、iOS 12.1.1-12.1.4では米国版のApple Watchを用意すれば問題なく利用可能でした。ところが、iOS 12.2になってからは対象国外(日本等)では、ペアリング後の設定で「この地域では使用できません」と表示されてしまいます。
この状況は、こちらこちらで解説しています。 

弊社のiPhoneに日本のお客様のApple ID情報を登録し、設定後日本へお送りすれば、そのまま使用できるのではないかと考え、お客様に協力いただき検証して見ました。 残念ながら、ペアリング後の設定で「この地域では使用できません」と表示されてしまい駄目でした。
今回、そのApple WatchとiPhone(iOS 12.2)を両方米国にお送りいただいて検証してみました。

まず米国内であることの確認ですが、これまで携帯電波の位置情報でチェックしているというのが有力視されていました。それは、12.2ベーター時の以下の表示の穂情報が流れたためです。

ECG



















SIMが必要で、airplameモードでは駄目なことが表示されています。携帯電波が必須ということでしょう。しかし、これには疑問を持っていました。正式版では表示が変わったためです。

ECG3








正式版では SIMやairplameモードについては、表示されていません。何らかの変更があったのでしょう。

そこで、まずは日本から送ってもらったiPhoneにSIMを入れないままペアリング、設定を行ってみました。その結果、問題なく心電図機能が有効になりました。設定の際は、ネット環境が必要なため、Wi-Fiは使用しています。おそらく、位置情報サービスを利用していると思われます。位置情報サービスは、GPS と Bluetooth (いずれも利用可能な場合)、Wi-Fi ホットスポットと携帯基地局の位置情報のクラウドソーシングデータベースを利用して、デバイスのおおよその位置を割り出します。

このiPhoneとApple watchを再度日本のお客様に返送しました。今回は再ペアリングも必要ないわけですから、まず大丈夫と思われますが確認できるまで断定はできません。結果、無事日本でも心電図機能が利用可能でした。

iOS 12.2でも、一旦米国内で設定を済ませれば、引き続き心電図機能が使用できることがわかりました。ただし、別のiPhoneに替えてしまうと使用できなくなってしまいます。
現在も、Apple Watch Series 4の購入代行は好評ですが、心電図機能を利用するためには以下、いずれかの方法を取る必要があります。

1. iOS 12.1.1-12.1.4で設定を行う。設定後は、12.2にアップデートしても問題ない。
2. 米国内で、iPhoneとともに設定を行う。

iOS 12.2にしてしまった場合、米国内への持ち込みが必要になってしまいます。 なんとか日本でも使用できるようにするサービスを始めたいと思っていましたが、普段使用しているiPhoneを送っていただく必要があり、残念ながらハードルは高いですね。

vintagecomp at 08:55|PermalinkComments(9)Apple Watch 

2019年04月20日

旧モデル用のUSキーボードカバー

お客様から、以下のお問い合わせをいただきました。

MacBookPro Retina 13-inch early 2015のUS配列用のキーボードカバーの取り扱いはありますでしょうか。ネットでも見つけることができなくなり、なんともできない状況でございます。

以前は、USキーボードカバーの取り扱いもしていましたが、日本でも安価な製品が売られるようになりましたので、だいぶ前に取り扱いを終了しておりました。しかし、日本では早々と旧モデル用は販売されなくなってしまうのですね。そういうことなら、 地の利のあるVintage Computerの出番ですね。

KBcover08-15

MOSISO 薄型キーボードカバー 2008-2015 1,980円

商品名にもありますように、Late 2008からMid 2015の多くのモデルに対応します。

対応モデル
MacBook Air 13" Late 2010-2017
MacBook Pro 13" Mid 2009-Mid 2012
MacBook Pro 15" Late 2008-Mid 2012
MacBook Pro Retina 13" Late 2012-Early 2015
MacBook Pro Retina 15" Mid 2012-Mid 2015

2015モデルと言えば、まだまだ新しいと思いますが、 日本は製品の切り替えが早いですね。お困りの方は、ぜひ。

vintagecomp at 08:28|PermalinkComments(0)Mac 

2019年04月19日

ゴールデンウィークの営業予定

アメリカにはゴールデンウィークはありませんが、Vintage Computerもゴールデンウィーク対応のお休みを取らせていただきます。以前は、ゴー=るデンウィークも休まず営業しておりましたが、やはり日本からのご依頼も少なくなり暇になりますので、お休みを取らせていただいております。
この時期は気候も良く、アメリカの観光地も空いていますので、リフレッシュさせていただいております。

トップページでご案内しておりますように、4/29(月)〜5/3(金)に特別のお休みをいただきます。したがって、4/27(土)〜5/5(日)までお休みとなります。お休み中に、令和に改元となりますね。
当初5/3(金)は営業予定にしておりましたが、お休みさせていただくことに変更させていただきました。

1週間お休みとなりますので、お買い物はぜひ4/26(金)までに。お休み中の問い合わせについても、通常より遅くなる場合がありますので、ご容赦ください。

vintagecomp at 10:09|PermalinkComments(0)一般 

2019年04月18日

正しいオーブンでの焼き方

動かなくなったMacBook Airをオーブンで焼くと完全にぶっ壊れることが改めて証明される」という記事がGIGAZINEに掲載されていました。
MacBook Airを落としてしまい電源が入らなくなったため、奇跡の修理法として 紹介されているオーブンでMacBookのロジックボードを焼く方法をトライしてみたそうです。ところが、あえなく失敗したそうです。

しかし、内容を見るとツッコミどころ満載ですね。そもそもこの修理が有効なのは、熱害による故障です。高負荷でCPUやGPUが加熱すると半田が溶け気味になる場合があり、それが原因で接続不良になってしまうことがあります。その場合、オーブンでロジックボードを適切に焼けば再度半田付けされて修理できるわけです。今回は、落下による物理的な衝撃が原因ですから、この修理法が効くとは思えません。
また、オーブンに入れたロジックボードの向きがいけません。パーツ側を下に向けて置いているので、各パーツが浮いてしまい完全に壊れてしまいました。成功例ではやはりパーツ側を上にしています。この事例でも、パーツが浮いたり脱落したりしていますから、パーツを上側に向ければ再半田付けが可能だということはわかりますね。

というわけで、オーブンで焼くのは熱害による故障の場合、向きはパーツ側を上向きにやってみてください。もちろん、ダメ元の最後の手段としてやってください。
 

vintagecomp at 09:08|PermalinkComments(0)テクニカル 

2019年04月17日

HomePod 値下げしました

一向に日本で発売されないHomePod。販売国もじわじわと広がり、中国、香港でも発売されたというのに、どうしたことでしょうね。
こちらアメリカでも動きがありました。アメリカの販売価格が値下げされております。連動して、購入代行価格も値下げしました。

HomePod











Apple HomePod スペースグレイ 米国版 54,800円 48,000円
Apple HomePod ホワイト 米国版 54,800円 48,000円

スマートスピーカーとしての機能は今ひとつなものの、音は非常に良いというのが大方の評判のようです。Apple 製品で高音質で音楽を聴くには、やっぱりこれでしょうね。
アジアに進出ということで日本発売も期待されますが、中国、香港については、昨年末に今年前半の発売と予告されました。まだ予告がないということは、しばらく先かもしれません。

vintagecomp at 09:15|PermalinkComments(0)Products 

2019年04月16日

MacBook Air, MacBook Pro Retina用970 EVOが特価!

MacBook Air Mid 2013-2017, MacBook Pro Retina  Late 2013-Mid 2015で使える超高速SSD Samsung 970 EVOを限定数大特価で販売中です。

970EVOadap 
Samsung 970 EVO 2TB NVME PCIe SSD  88,000円 69,800円
Samsung 970 EVO 500GB NVME PCIe SSD  25,800円 19,800円

macOS 10.13以降対応、10.14以降推奨です。

実は先週末から特価販売を開始したのですが、告知もしていないのに目ざとい方も多いのですね。すでに1TBは売り切れ、500GBと2TBも残り僅少です。お急ぎください!

vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(4)Products 

2019年04月13日

Vintage Computer チャンネル第201回〜極上のApple IIGS キーボード〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第201回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

ビンテージなApple製キーボードでも最も人気の高いGSキーボードのご紹介です。しかも、日焼け極小、完全動作の極上品です。写真ではなかなか伝わりにくい程度の良さを、動画でお楽しみください。



フルレストア済みの日本製と台湾製を販売中です。

Apple II GSキーボード(英語)日本製 19,800円
Apple II GSキーボード(英語)台湾製 15,800円


vintagecomp at 06:01|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2019年04月12日

Mac mini 2018, iMac 5K 2019用32GBメモリ値下げ!

Mac mini 2018, iMac 5K 2019は、同じDDR4 2666MHz PC4-21300 SODIMMを使用しています。Mac miniは2スロット、iMac 5K は4スロットです。最高で32GBメモリが使用でき、最大メモリはそれぞれ64GB、128GBです。iMac 5KはAppleの公称スペックでは最大64GBですが、実際は128GB使用できます。
これだけ搭載すれば、かなりヘビーなプロフェッショナルなお仕事も可能になりますね。それだけに、32GBメモリはまだまだ高いのですが、値下げしました! DDR4SO-4















128GBキット(32GBx4)DDR4 2666MHz SODIMM 168,000円 149,800円

64GBキット(32GBx2)DDR4 2666MHz SODIMM 88,000円 78,000円


コスパの良い、16GBメモリ、8GBメモリもお買い得です。

64GBキット(16GBx4)DDR4 2666MHz SODIMM 54,800円

32GBキット(16GBx2)DDR4 2666MHz SODIMM 28,000円

 



vintagecomp at 07:47|PermalinkComments(0)Mac 

2019年04月11日

Apple IIGSキーボードの極上品!

Apple IIGSキーボードをご存知でしょうか。
その名の通り、 Apple IIGS用に設定されましたが、ADBを採用し当時のADB付きのMacintoshでも使用可能でした。フレーム枠が極限まで狭められており、現在のフレームレスデザインに通じる大変デザイン性の高いキーボードでした。Macで使えるADB純正キーボードとしては、もっともコンパクトなのも魅力でした。
そのGSキーボードの魅力は、今月のMac Fan 5月号 92ページ「Macintosh ビギンズ」の中でも取り上げられています。

30年ほども前の製品のため、今となっては日焼けがひどかったり、動作が不完全な物がほとんどですが、フルレストア済みの極上品を販売します。

GSKBJP-2












Apple II GSキーボード(英語)日本製 19,800円
Apple II GSキーボード(英語)台湾製 15,800円

日焼けも最小限で、目立つ傷もなく、キータッチも含め動作良好品です。オークションにも出品されていますが、日焼けがひどかったり、動作未確認ものが大半です。実際に動作確認してみると、全く動作しなかったり、一部のキーが反応しないといった個体がほとんどです。
今となっては、これほどの極上品を手に入れるのは非常に難しいと思います。 

vintagecomp at 07:37|PermalinkComments(0)往年の名機/パーツ | Mac

2019年04月10日

毎回好評の究極のアップグレードパーツが入荷

毎回好評の究極のアップグレードパーツが入荷しました。

661-5708-1








Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 32 Core 32GB 59,800円

Early 2009用 4 Coreプロセッサーボードもあります。

Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.66GHz 4 Core 4GB 14,800円

これまで、Dual CPUのプロセッサーボードも最低のメモリしか搭載していませんでしたが、今回は32GB積んでいますので、そのままでもかなり使えます。
2.4GHz 8 Core プロセッサーボードなら、CPUは3.46GHz 12 Coreまで、メモリは128GBまで搭載可能になるので、まさに究極。また、プロセッサーボードをサクッと入れ替えるだけでアップグレード完了するのが嬉しいですね。改造に自信のない方でも、超簡単に交換可能です。
Early 2009用4 Coreは、かなりお手頃なお値段なので、プロセッサーボード故障からの復活に最適だと思います。
 

vintagecomp at 07:44|PermalinkComments(2)Mac改造 
プロフィール

Harry

Archives