2018年11月08日

Mac mini 2018用メモリ取り扱い開始!

11月7日(当地)です! 11月7日と言えば、先日発表のあった新型MacBook Air, Mac mini, iPad Proの発売日です。日本ではもう11/8になっているので、すでに手にれている方もいらっしゃると思います。

最近のApple製品はなかなか内部に手を入れられないようになっていますが、Mac mini 2018には、メモリスロットが2基ついていおり、交換・増設が可能です。早速取り扱いを開始します。もちろん、Mac mini 2018で動作確認済みです。
 DDR4SO-2














32GBキット(16GBx2)DDR4 2666MHz PC4-21300 SODIMM 41,800円

16GBキット(8GBx2)DDR4 2666MHz PC4-21300 SODIMM 18,980円

Appleのオプションは、32GBで66,000円(税別)、16GBで22,000円(税別)ですので、ぜひご検討ください。
64GBキットはどうした!と言われそうですね。32GBメモリは現時点ではまだ入手困難ですので、もうしばらくお待ちください。

メモリの交換ですが、超簡単ではありません。 

macminimemory
















この画像からは、裏蓋を開ければいけそうにも見えますが、 この画像と違いメタルカバーが被さっておりロジックボードの取り外しが必要となります。Appleのイジワル!中級程度の技量が必要となります。



vintagecomp at 05:13|PermalinkComments(1)Mac | Products

2018年11月07日

Mac Pro Early 2009 Dual CPUモデルの最高峰CPUを再販売!

Mac Pro Early 2009のDual CPUモデルは、CPUの取り付け方法がMid 2010, Mid 2012と少々異なっています。Early 2009は、ヒートスプレッダーなしのCPUを使い、コアが直接ヒートシンクに接する形になります。Mid 2010, Mid 2012は、ヒートスプレッダー付きのCPUを使い、ヒートスプレッダーを介してヒートシンクに接する形になります。

CPU単体では通常 ヒートスプレッダー付きで提供されているため、Early 2009のCPUを用意する場合、現実的にはヒートスプレッダーを取り外すことになります。結構大変な作業ですので、どうしてもMid 2010, Mid 2012よりも価格は高めになってしまいます。

Mac Pro Early 2009, Mid 2010, Mid 2012の最高峰のCPUと言えば、X5690 12 Core (6 Core x2) 3.46GHzになります。 Mid 2010, Mid 2012用には、CPUアップグレードキットを取り扱い以来、ずっとラインナップしています。Early 2009用にも以前X5690 3.46GHzをラインナップしていたのですが、価格が高くなってしまうため、なかなか売れませんでした。それよりもコストパフォーマンスの高いX5675 3.06GHzやX5680 3.33GHzが人気だったため、X5690 3.46GHzは取り扱いを終了しておりました。

ここにきて、X5690 3.46GHzの価格もこなれてきたため再販売します。

X5680kit-2009











3.46GHz 12 Core X5690 CPUアップグレードキット for Mac Pro Early 2009 59,800円

コストパフォーマンスの良いX5680 3.33GHzも、少々値下げして販売中です。

3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレードキット for Mac Pro Early 2009 49,800円 48,000円

 

vintagecomp at 05:58|PermalinkComments(2)Mac 

2018年11月06日

New iPad Pro 購入代行受付開始!

先日発表されたiPad Pro 11インチ/12.9インチ、今週の11月7日に発売予定です。米国版の購入代行受付を開始しました。日本仕様と違い、シャッター音の消音が可能です。

iPadPro11
















iPad 11 inch 米国版SIM フリー購入代行
iPad 12.9 inch 米国版SIM フリー購入代行

今回は、最上位モデルで29万円とかなりの高額となりました。米Appleの表示価格の他に、9.5%のSales Taxとリサイクルフィーもかかるため、仕入れ価格も表示価格以上に高くなります。
高い印象があるかもしれませんが、従来のモデルよりも手数料率を下げておりますので、ご容赦ください。

このところのiPadは日米共通モデルで技適も付いておりましたが、 今回は日米別モデルとなっております。技適が付くかどうかが気になりますが、最近のAppleの傾向からすると付かないことが予想されます。発売後に確認しますが、現時点では技適がなくても問題のない方のみご注文ください。 

vintagecomp at 06:18|PermalinkComments(0)iPad 

2018年11月03日

Vintage Computer チャンネル第196回〜Radeon RX 580でMojaveをインストール〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第196回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Mac Pro Mid 2010-Mid 2012は、Metal対応グラフィックボードがインストールされている条件付きで、macOS Mojaveをインストール可能です。新品で入手可能なMetal対応のMac版グラフィックボードと言えば、事実上Radeon HD 7950のみとなります。安心して使えますが、お値段高めなのが気になるところです。
その他の選択肢として、Appleも認めているのが、Radeon RX 580などのMac用のFirmwareを持たないカードです。この種のカードは、ドライバーが読み込まれた後は正常に表示されますが、
ドライバーが読み込まれる前は全く表示がされません。起動時にしばらく表示されませんが、普段は実用上の問題はありません。ただし、option起動、AHT、OSインストール一部の画面が表示されないと言った不便さがあります。では、OSインストールは、このRadeon RX 580で問題なくできるのかという不安があると思いますので、実際にやってみました。


インストール完了の残り時間も表示されますので、大きな問題はないですね。OSインストールと、普段macOS上で使う分には実用上問題ないと言えるでしょう。

msi RADEON RX 580 8GB OC + Mac Pro用電源ケーブル 49,800円 


vintagecomp at 05:04|PermalinkComments(4)Mac | テクニカル

2018年11月02日

SSDスロット

MacBook Airは、Mid 2013より大きな変更がされておらず、ニューモデルを待ちわびていた人も多かったと思います。従来型の不満としては、Retina Displayではない、メモリが最大で8GB、SSDが最大で512GBといったところだと思います。
今回は、Retina Display、最大16GBメモリ、最大1.5TB SSDと見事に不満解消されています。ただ、Vintage Computer として残念なのが、SSDのソケットが廃止された点です。これは、Touch IDが発表された時点で、私は確信しました。Touch IDの指紋情報はストレージに保管されるため、ストレージが交換できる構造では問題があり、オンボードにするという考え方のようです。Touch BarのないMac Book Pro 13インチは、2016モデル以降もソケット式になっています。

従来型はSSDのソケットがあるため、アップグレードが可能です。サードパーティーのSSDを使えば、最新型の1.5TBを超える、2TBまでアップグレード可能ですから、やはりスロットがなくなるのは残念です。

その点、Mac miniではLate 2014で廃止されたメモリスロットが復活したのは嬉しい点です。最大64GBですが、このメモリはかなり高価になるので購入時においそれとは選べません。後々メモリが値下がりしてからとか、不足を感じてからアップグレードできるのは、大変嬉しい点だと思います。
先日も触れましたが、画像から判断がつきにくいのがSSD。直付けにも、スロットありにも見えます。

Macmini2018


















なんだか、このサイズに形状、先にも言及したTouch BarのないMac Book Pro 13インチ用のSSDにも似ている気がします。
 Touch BarのないMac Book Pro 13インチ用のSSDは、需要も限られているので取り扱っていませんが、もし共通品だったら取り扱い甲斐がありますね。
 先に述べたように、Touch Barの仕組み上、今後ノートブック SSDソケットは望めそうにないですが、せめてデスクトップには残してほしいです。

vintagecomp at 11:50|PermalinkComments(2)テクニカル | Mac

2018年11月01日

Mac Pro用パーツ各種入荷!

Mac Pro タワー用のパーツが各種入荷しています。

661-5708-1 Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core 32GB  58,000円

これがあれば、シングルプロセッサーモデルも3.46GHz 12Core3.33GHz 12Core128GBメモリ64GBメモリまでアップグレード可能です。

シングルプロセッサー、アップグレード済みも!
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 8GB   49,800円

人気商品ですが、 しばらく品切れだった電源も入荷しました。

661-5011 










Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 電源  22,800円

ビデオカードCPUアップグレードなど、各種充実していますので、ぜひMac Proユーザーの方はご確認ください。

vintagecomp at 05:14|PermalinkComments(0)Mac改造 

2018年10月31日

MacBook Air, Mac mini, iPad Pro が発表!

昨日も取り上げましたように、本日Apple スペシャルイベントが開催されました。いつもは西海岸時間の10時からですが、今回は東海岸時間の10時から。LAでは朝の7時で、自宅で観ていました。日本の皆様は、夜11時からでいつもよりは観やすかったのではないでしょうか。
ハードウェアの発表ラッシュで、MacBook Air, Mac mini, iPad Pro が発表されました。いずれも即日予約受付、11/7より発売となっています。

MacBook Airは、従来の外観イメージはそのままに、Retina Display、Intel 8th Gen Core プロセッサー、最大16GBメモリ、最大1.5TBのストレージ、と従来機種の不満点が一気に解消された感じです。価格は134,800円よりとそこそこに抑えられていますが、スペックを盛っていくと結構高くなるのが悩みどころかもしれないですね。Touch IDもついたことから、SSDは遂にロジックボード直付けになってしまいました。後で後悔しないよう購入時に、メモリとSSDは必要なスペックを買っておきましょう。

Late 2014以来ついにモデルチェンジされたMac miniですが、随分とハイスペックで登場です。 Intel 8th Gen Core プロセッサーはもちろんですが、なんと最大6 Core。メモリ最大64GB、SSD最大2TBとMac miniとは思えないスペック。GPUこそチップセット内蔵ですが、これもeGPUによるアップグレードが可能。プロユーザーでもかなり使えるマシンになりそうです。内部画像がこちらです。

Macmini2018


















メモリは2スロットアプグレードが可能です。しかも、脱着は簡単そうです。ここは、最小の8GBを購入して、32GBや64GBにアップグレードするのがお勧めです。Vintage Computerでも近日対応メモリを発売予定です。
画像からはちょっとよくわからないのがSSD。オンボードのようにも見えますし、別体のようにも見えます。これは、もう少し情報が出てくるのを待つ必要がありそうです。今後に注目です。

iPad Proは、ホームボタン廃止、USB-Cポートの採用、New Apple Pencilあたりが注目ですね。Apple Pencilは磁石で本体に固定でき、そうすると充電されるというのがたまらなく便利。
シャッター音が消音できる米国版の iPad Proの購入代行も、近日受付開始予定です。

 

vintagecomp at 04:49|PermalinkComments(6)Mac | iPad

2018年10月30日

明日、Apple スペシャルイベント

当地の10月30日(火)、Apple スペシャルイベントが開催されます。New iPad Proの発表が確実視されていますが、他にも色々噂されています。

iPad Proは、iPhoneのようにホームボタンが廃止され、ほぼベゼルレスとなるようです。となると、Face IDに移行。また、LightningからUSB-Cへ変更されるという噂です。
また、iPad mini 5の噂もあり、特に日本では期待している人も多そうです。

そして噂が盛り沢山なのが、Mac。
MacBook Airを置き換える形になる、13インチのラップトップ。MacBook Airの名前を受け継ぐという噂とMacBook 13インチになるという噂。後者の方が優勢なようです。また、最低価格のラップトップモデルになるという噂と、12インチMacBookの値が下がって、新型はそれほど安くないという噂も。
iMacもアップデートされるようです。

待ちに待ったのがMac mini。今もLate 2014が販売中ですが、ついに新型が出るという噂。大幅に刷新されるのか、注目です。

あと期待したいのがMac Proです。幹部の言葉として、2018年のリリースはなく2019年に発売されると発表されていました。しかし、2019年ももうすぐ。今回はプレビューでも良いから発表して、2019年早々に発売、と期待したいところです。

明日が楽しみです!

vintagecomp at 05:48|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2018年10月27日

iPhone XR 発売日

10/24のエントリーでもiPhone XRの人気について取り上げました。「従来のどの新型iPhoneよりも出足が悪いのは間違いない」と推定しましたが、本日の発売日の状況はどうだったでしょうか。

まずは新装開店のApple Store 渋谷店の模様。なんと、700名の行列! 
蓋を開けて見ると、iPhone XR 大人気なんでしょうか。とは言え、渋谷店はリニューアルオープンの特別な日。 iPhone XR 人気だけではなく、オープン記念Tシャツ狙いの人も多いのかも?

続いて、お宝鑑定団より名古屋栄店の状況です。
なんと、iPhone XRの行列は5名? これはまた少ないですね。どっちが、本来の姿なのか。

そして、当地アメリカの状況。基幹店サンフランシスコ店のレポートです。
 これまた、5名くらい。当地LAも同様の状況です。

いや、あまり人気がないと予想していましたが、これほど人気がないとは。iPhone 8やiPhone SEの初日も行列は少なかったですが、iPhone XRよりもずっと多かったです。

基幹店サンフランシスコ店のレポートでは、行列が短いからと言って不人気というわけではない、とアナリストの声を紹介しています。新し物好きはハイエンド(XS)狙い、多くのお客さんは自分の都合の良い時にコスパの良いモデルを、という傾向は確かにあると思います。

とは言え、この行列の少なさは衝撃的! やっぱり、人気ないんじゃ? Vintage Computerでもご依頼は少なく、今からご依頼いただいていも、早めに入手できると思います。 

iPhone XR 購入代行
iPhone XS 購入代行
iPhone XS Max 購入代行

vintagecomp at 05:06|PermalinkComments(1)iPhone 

2018年10月26日

Vintage Computer チャンネル第195回〜Node ProにRX 580をインストール〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第195回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

従来Mac Pro以外、グラフィックのアップグレードが不可能でしたが、eGPUによってノートマシンでも簡単にグラフィックのアップグレードが簡単になってきました。
Vintage Computerお薦めのAkitio Node Proに、Radeon RX 580をインストールしてeGPUを利用して見ます。



超簡単ですね。
AKiTiO Node Pro (eGPU Box)  34,800円


vintagecomp at 06:15|PermalinkComments(0)
プロフィール

Harry

Archives