2017年11月17日

Mac Pro 2009-2012 用超高速NVMe SSD

MacBook AirやMacBook Pro Retina 用の超高速NVMe SSDを発売し、大変大きな反響をいただいております。こうなると、当然のように出てくるのが、タワー型Mac Pro Early 2009-2012用はどうした!?という声です。タワー型Mac Proは改造御用達マシンで、Vintage Computerのお客様も大変多いので、たくさんのご要望をいただきました。満を持して発売です。

960PCIe














Samsung 960 EVO 1TB NVME SSD for Mac Pro 2009-2012
 76,800円
Samsung 960 Pro 2TB NVME SSD for Mac Pro 2009-2012 199,800円

画像では放熱板なしですが、実際には装着しています。
このSSDは、これだけの性能を発揮しますので、発熱もそれなりに大きくなっています。放熱板無しで、大丈夫かと不安になりますが、壊れることはありません。温度が上がってくると性能を抑えて上がりすぎない仕組みが備わっているためです。ノート用なら発熱による性能低下を我慢するしかないわけですが、Mac Pro用なら放熱板をつけて性能低下を防止するのが賢い使い方になります。

ノート用も含め、500GBも近日発売予定です。



vintagecomp at 10:11|PermalinkComments(8)Products 

2017年11月16日

Vintage Computer チャンネル第167回〜iPhone X, 7 Plus, 6s Plus カメラ対決〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第167回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

ロサンゼルスも朝焼けが綺麗な季節になってきました。
今朝もとても綺麗な朝焼け。思わず、iPhone Xで撮影しました。iPhoneのカメラは優秀ですが、朝焼けのような撮影は実は苦手。肉眼のように綺麗には映らないのです。ところが、今回かなり綺麗に写っています。そこで、旧型iPhoneでも撮影して、比較してみました。



iPhone X やはりかなり進化したデバイスで、満足感が高いです。


vintagecomp at 10:35|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2017年11月15日

iPhone X を1週間使って

iPhone Xを使い出して1週間あまり。使用開始直後のレビューより、色々と違うように感じることも出てきました。

iPhoneX






Face ID
これはもう、文句ありません。通常の姿勢なら百発百中、しかも速いです。寝転がっていると認識されない問題がありましたが、学習が進んだのか大分認識されるよになりました。また、認識されやすい角度や距離など、人間側の学習も進んだので、ほぼ問題なくなりました。
当初は、顔認識させるぞと意気込んで画面を覗き込み、そしてスワイプと二段階の操作が少々煩わしく感じました。従来も、指紋認証とホームボタン押しの2つの操作でしたが、これは連続した一つの動作とも言えるので、この方が速い気がしました。
しかしよく考えると、デバイスを使う際は元々顔の前に持ってきて見るわけです。つまり、顔認証させようと動く必要は何もないのです。ただ普通に取り出してスワイプでOK。意識しなければ、こっちの方がより簡単な操作です。

筐体の大きさ
これは小さくなってかなり快適。私はベルトクリップ付きのホルスターケースで持ち運ぶのですが、Plusは少々大きすぎてしゃがんだりするとボディが足に当たってベルトから外れそうになることがありました。実は一度そのせいで海岸に落としたまま帰宅してしまったことがあります。その際は、「iPhoneを探す」で場所を特定し無事に回収できたのですが、危機一髪でした。
iPhone Xの大きさなら足に当たることもなく、安心感が大きいです。もちろん、手にも馴染みます。

ホームボタンレス
この操作は、最初から戸惑うことがなかったのですが、1週間経って完璧に馴染みました。むしろ旧デバイスを使った時に、うっかり下をスワイプしてしまうくらい。右上がコントロールセンター、左上が通知というのも、自然な感じでグッドです。
ホームボタンは素晴らしいUIと思っていましたが、実は不要だったのかな〜?

ディスプレイ
有機ELディスプレイは発色が綺麗で、ディスプレイを見ているというよりは、紙の上に描かれたものを見ているような気がします。実際はどうかわかりませんが、目の疲れが少ない気も。
また、画面サイズが大きくなっている点は、Plus比でいうとあまり恩恵を感じません。横幅はPlusよりもわずかに小さく、縦は明らかに大きくなっているのですが、縦についてもあまり長くなったような気がしません。スワイプのラインがあって、少し余白を開けているせいでしょうか。

ワイヤレス充電
ワイヤレス充電器はまだ買っていません。ストアに置いてある充電器を試してみましたが、置くだけで充電というのは確かに便利そう。しかし、きっちりと真ん中に置かねばならず、無造作に置くと充電失敗の原因にもなりそうです。やはり、ある程度雑に置いても許容してくれそうな、AirPower待ちかなと思っています。

最初に感じた違和感もほぼ払拭され、かなり満足度が高いです。8とXとどちらにしようと思っていた方も、Xで後悔することはないと思います。
iPhone X 購入代行、好評受付中です。現在やはり入手難ですが、T-Mobile版は販売方法の影響で割と入手しやすいです。Verizon版はかなり入手困難で、しばらく時間がかかりそうです。


vintagecomp at 05:55|PermalinkComments(3)iPhone 

2017年11月14日

NVMe SSDがHigh Sierra 限定な訳

超高速のNVMe SSD。ただし、対応するのはmacOS High Sierra 必須で、しかも一度標準のドライブでHigh Sierraをインストールする必要があります。なぜそうなっちゃうのかという点を、今回は解説したいと思います。

NVMe SSDはHigh Sierra必須と言っても、薄型MacBookなど新しい機種ではmacOS Sierra やそれ以前でも純正のNVMe SSDが使用されているモデルがあります。なので、Mac上でNVMe SSDが使用できるのはmacOS High Sierra 必須というのは、厳密には正しくありません。
NVMe SSDが起動ドライブとして使用可能になるためには、二つの条件をクリアする必要があります。

1. EFI(Firmware)がNVMeをサポートしていること
2. macOSにドライバーがインストールされていること

EFIがサポートしているというのは、どうやら2015モデル以降に限られているようです。それ以前の機種では、サポートしていません。そこで、macOS High Sierraインストール時にEFIのアップデートを行い、NVMe対応としています。

一部の機種で純正NVMe SSDが採用されたことから、macOS Sierraには純正NVMe SSDのドライバーがインストールされています。従って、純正NVMe SSDを例えばPCie アダプターを使ってMac Pro Mid 2010に装着すれば認識されストレージとしては使用可能です。しかし、EFIのサポートがないので起動ドライブには使えませんでした。
また、macOS Sierraのドライバーはあくまで純正NVMe SSD用なので、サードパーティーのSSDは全く認識されませんでした。

そんなわけで、macOS High Sierraインストール時にEFIがNVMe対応となり、High Sierraにはサードパーティーも含めNVMe SSDのドライバーがインストールされているため、起動ディスクとして使用可能になったわけです。そのため、High Sierraがインストールされていない本体に、High Sierraインストール済みのドライブを装着しても、全く認識されません。

超高性能を発揮するNVMe SSD、絶賛販売中です。


960EVOadap












Samsung 960 EVO 1TB NVME PCIe SSD for MacBook Air 他 74,800円
Samsung 960 Pro 2TB NVME PCIe SSD for MacBook Air 他 198,000円
Samsung 960 EVO 1TB NVME PCIe SSD for Mac Pro 2013 76,500円
Samsung 960 Pro 2TB NVME PCIe SSD for Mac Pro 2013 199,500円


vintagecomp at 06:33|PermalinkComments(10)テクニカル 

2017年11月10日

iPhone X 64GB シルバー Verizon SIMフリー 即納!

たくさんのご依頼をいただいている米国版のiPhone X、発売以来ストアに出向いて確保に努めております。それなりに確保できておりますが、やはり入手難で多くのお客様にお待ちいただいております。
そんな中、在庫品1台を確保しました。

iPhoneXSV



















iPhone X A1865 64GB シルバー Verizon SIMフリー 在庫品即納 159,800円

ハイエンド端末になりますので、人気は256GBに集中しております。64GBのご依頼はかなり少ないです。本日も、できれば256GBを確保したかったのですが、確保できたのは64GBのみ。本日確保分で、64GBのご依頼分は全て入手できました。そんなわけで、1台在庫品ができました。やはり64GBもまだまだ入手難ですので、シャッター音が消せる米国版iPhone X をすぐに欲しい方は、お急ぎください。
なお、11/10(金)は米国祝日のため、発送は11/13(月)以降となります。

ストアでの買い付け事情を少々。
オンラインでの購入はキャリア契約が必要なため、店頭で購入するしかありません。そこで、ストアの在庫状況をチェックし、在庫のある店に急ぎ確保を目指すことになります。
iPhone 6までは、とにかく店頭で早く購入した者勝ちでした。店頭に着く頃にはなくなっていることも多く、無駄足も多かったです。
iPhone 6s、7 では、ストア予約システムが導入されました。朝の8時に、ストアの在庫分の予約受付がネット上で開始されるようになりました。これにより、朝一番で予約さえ取れれば確実に確保できることになり、かなり楽になりました。
iPhone 8ではあまり争奪戦もなく、予約システムはなかったのですが、スムースに確保できました。

そしてiPhone X。今回から予約システムが刷新されました。朝の6時に当日のストア在庫が更新されます。従来のストア予約とは異なり、通常のオーダー手順で当日在庫のある店で受け取りを選ぶことができるようになりました。ところが、この方法で注文できるのはキャリア契約がある場合のみ。キャリア契約ありの場合、オンライン予約はできず開店の10時に店頭に出向くしかありません。キャリア契約ありの人とは4時間の時間差があり、圧倒的に不利。実際、人気の仕様は開店時間の10時を前に、売り切れとなってしまいます。
以前は、ストア営業時間中に入荷があった場合、すぐに在庫に反映され、それをすかさず確保できる場合がありました。しかし、今回の入荷状況を見ると、ストア営業時間中に入荷した場合、翌朝6時に在庫のアップデートを行っているように思えます。厳しい!

こうなると絶望的な気分ですが、そうでもないかもという感触もあります。朝6時にストアの在庫チェック。過去3日間全く入荷がありませんでしたが、今朝は各店色んな仕様が入荷しています。瞬殺かと思いましたが、8時になっても意外と残っています。9時になると、256GBが売り切れに、しかし64GBはまだ在庫あり。開店の10時前に店頭に並び64GBを無事入手できました。しかし、購入が完了した頃には、64GBも含め他店も売り切れとなりました。
というわけで、厳しい状況ではあるのですが、今までだと発売から1週間のこの時期、予約開始から瞬殺でした。それが3、4時間は残っているということは、競争率はそれほど高くないのではという気がしています。もう少し供給状況が改善すれば、入手も難しくなくなるのではないかと期待しています。


vintagecomp at 07:22|PermalinkComments(0)

2017年11月09日

Vintage Computer チャンネル第166回〜iPhone X ファーストインプレッション〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第166回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

iPhone X 発売直後に入手された方は、すでに使い始めていると思います。私も、使い始めましたのでファーストインプレッションをお届けします。
すでにブログ記事にもしていますが、それから2日ほど経ってちょっと印象が変わったりしている部分もあります。

Face IDについて、収録の時点では寝転がったり、テーブルにiPhone Xを置いたりすると、ほとんど認識されないと言っていますが、その後学習が進んだのか、認識されるようになってきました。



紙製モックもご紹介しましたが、映像を見るとなんとなく本物も紙っぽく見えます。


vintagecomp at 05:24|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2017年11月08日

PCIe SSD、どれを選ぶべき?

MacBook Air, MacBook Pro Retina 等Mid 2013以降の多くのモデルで使用できるSamsung 960 EVO 1TB NVME PCIe SSD、注目を集めております。

960EVOadap












Samsung 960 EVO 1TB NVME PCIe SSD for MacBook Air 他 74,800円

以前は、純正しか選択肢がなく、ましてや1TB級のサードパーティー製は存在しなかったのですが、ここにきて選択肢が増えてきています。どれを選ぶべきか、比較してみましょう。

Transcend JetDrive820 960GB PCIe SSD

今年発売された新製品です。
PCIe 3.0対応で速そうなイメージですが、x2なのが惜しいところ。MacBook Air, MacBook Pro Retina 13"、MacBook Pro Retina 15" Late 2013-Mid 2014など、多くの機種がPCIe 2.0 x4です。このため、x2接続では、性能が伸び悩みます。

MacBook Air などPCIe 2.0x4の機種
JetDrive820 Read 700MB/sec, Write 650MB/sec
960 EVO        Read 1.5GB/sec, Write 1.3GB/sec

MacBook Pro Retina 15 Mid 2015 PCIe 3.0 x4
JetDrive820 Read 950MB/sec, Write 950MB/sec
960 EVO        Read 2.5GB/sec, Write 1.5GB/sec

ほとんどダブルスコア以上で960 EVOの圧勝です。価格は、JetDrive820 の方が若干高いようです。
JetDrive820は、AHCIなのでOSを選ばないのがメリットですね。

OWC Aura 1TB PCIe SSD

発売は昨年だったと思います。この製品も、AHCIでOSを選びません。

OWC Aura   Read 763MB/sec, Write 446MB/sec
960 EVO        Read 1.5GB/sec, Write 1.3GB/sec

速度的には、純正の初期バージョンよりも低速です。
MacBook Air Mid 2013では、起動時に?が表示される場合があるとなっています(再起動すればOK)。また、High Sierraで使用できない不具合も一部で発生しているようです。トラブルがちなのは気にかかります。米国価格$619.99とSamsung 960 EVO よりも若干安くなっています。
以前は、OWCのMacBook Air 2010/2011、2012用のSSDを取り扱っておりましたが、今はOWC SSDは取り扱っておりません。当時不具合が多発したためです。今の製品の信頼性は何ともいえませんが、再取り扱いは考えておりません。

OWC Aura Pro 1TB

本品は、発売になったばかり。Samsung 960 EVO と同じくNVMeのためHigh Sierra 限定です。

OWC Aura Pro Read 1.35GB/sec, Write 1.066GB/sec
960 EVO          Read 1.5GB/sec, Write 1.3GB/sec

かなり速いですが、960 EVOより落ちますね。また、MacBook Pro Retina 15 Mid 2015 でさらに速くなるとの記載はなく、PCIe 2.0 x4 ではないかと思います。
米国価格$649.99とSamsung 960 EVO とほぼ同じ価格帯です。


あと、気になる点といえば信頼性ですね。ストレージのトラブルはデーター消失にもつながりかねないだけに、特に重要です。Vintage Computerでは、過去ブレードタイプのSSDや2.5”など色んなブランド品を扱ってきました。しかし、今ではSamsung, SanDisk, Micron(Cruicial) といった純正採用もあるブランドに限っています。マイナーなブランドも、信頼性がひどいもの、まあまあなもの、色々です。しかし、上記のような純正採用もあるブランドとは、確実に差があります。お薦めできる物だけをお取り扱いしております。



vintagecomp at 12:09|PermalinkComments(0)Mac 

2017年11月07日

iPhone X まずは感じたこと

iPhone X もう手に入れた方もいらっしゃると思います。私も、早速使い始めました。すでにいろんなレビュー記事が出ていますが、まずは感じたことを。

1. 本体の大きさ
この画像は、iPhone 8 4.7"とiPhone X 5.8" の比較です。わずかにiPhone Xが大きいですが、ほぼ同じ大きさといっても良いくらい。Plusと比較するとグッと小さいです。この内容でこのコンパクトさは特筆ものです。

iPhoneX8


















2. 画面の大きさ
Plusと比較すると、本体はグッと小さいのに、画面サイズは大きいということで、この大画面には期待していました。これまで6 Plus, 6s Plus, 7 Plusと使ってきた身としては、画面の大きさは正義です。
ところが、iPhone Xを使っていると、画面の広さを感じません。むしろPlusよりも若干小さいような気すらします。こう感じるのは、幅がわずかながらPlusの方が大きいためでした。もっとも、Xの幅方向は1125px、Plusは1080px とXの方が情報量は多くなっています。老眼には、Plusの方が優しいかも。 縦がぐっと長くなっているので、Appでうまく有効利用してほしいところです。

iPhoneXP



















3. ホームボタンレス
ホームボタンがないことにより、操作方法が大きく変わります。これは、違和感はないのか?すぐに慣れるのか?
私としては、全く違和感なくすぐに馴染めました。操作は自然に感じられ、ホームボタンがあった所を思わず押してしまうことはありません。
では、超快適かというと、必ずしもそうでもありません。スリープからホーム画面に戻る場合、従来は指紋認証からホームボタンを押しました。これは、ほとんど一つの操作といっても良いくらい連続して行えました。Xでは顔認証からスワイプ。これは全く異なる二つの操作で、わずかながらストレスを感じます。
また、Appを終了するときは、従来はホームボタンをダブルクリック、そして終了するAppをスワイプしていました。2段階の操作になります。Xではまずスワイプして止める、これは違和感があるのではと思いましたが、問題なし。その後、長タップして終了ボタンをタップ。3段階の操作でちょっと面倒です。

3. 顔認証
普通の姿勢でアンロックすると、認識率はほぼ100%で素早く全く問題なしです。ただし、カウチに寝そべったり、iPhone Xをテーブルの上に置いたりすると、認識率が格段に落ちます。認識率が悪くなるというより、たまにしか認識できません。これは何故なんでしょうね。姿勢によって顔の形が変わってしまうからなのか、光の当たり具合のせいなのか。
顔認証は、学習により認識率が上がっていくということですから、今後にも注目したいところです。
噂では、顔認証と指紋認証の併用を考えていたものの断念したと言われていますが、アップルはこれを否定しています。真相はわかりませんが、色々併用するよりも一本化して、まだまだな部分は今後改良していく方が良いと思います。

と、まずは感じたことを書き留めてみました。大きな違和感、問題はなし。かといって手放しで絶賛もできない。しかし、全面ディスプレイの姿は、やはり未来を感じさせてくれます。


vintagecomp at 12:01|PermalinkComments(5)iPhone 

2017年11月04日

iPhone X 発売初日

いざ決戦の日。
某アップルストアに決めて、朝の6時前に到着するように行きました。モールのため、並ぶのが許されるのは6時からという情報。これなら、先頭近くをゲット!と思ったら甘くありませんでした。5時45分で既に100名ちょっとの行列。私の後ろの人は、4:45着だったのですが、6時からだから帰れと言われたそうです。そのため6時前に来たのに、とぼやいていました。以前、6時というのを厳しく守ったところ、駐車場オープンと共に、ストア前駐車場まで大爆走、大混乱で逮捕者まで出る騒ぎとなったので、ある程度早く並ばせたのだそうです。それでも100名ほどなので、そこまで待たなくて良いかなという感じでした。
甘かった!

cerritos













なんだか客さばきが悪く、全然進みません。一時は、アクティベーション作業が止まってしまい、進行していないという話も。結局、買えたのは並んでから7時間後でした。疲れた!
しかも、ご依頼が多く狙っていたVerizonは途中で売り切れてしまいました。残念!

こんだけ進行が遅いからには、列がさらに伸びているだろうと思ったら、以外にもかなり列は短くなっていました。一つには、段々と売り切れのスペックが増えていたので、断念して帰る人が多かったのかと思います。とは言え、まだ完全売り切れではないのに行列が伸びていないのも不思議。もしかして、今回は熱狂的な人は早くから並んだものの、全体数としてはそれほどでもないのかも。

疲れ果てて1店舗で帰ろうかと思いましたが、気を取り直して2店舗目へ。さらに列が短い! こちらは客さばきが良い感じで、どんどん進みます。最初からこちらに来ていればよかったか!? こちらも残っている仕様は限られ、Verizonは売り切れ。しかし、短時間で買えました。

というわけで、初日は大変でしたが、例年初日は大混雑で大変なのが通例です。本当の勝負は二日目から。

Verizonを最強指定しており人気が集まっていますが、やはりVerizon指定だとやや時間がかかってしまいそうです。他のキャリアは最強ではありませんが、日本国内利用についてはVerizonと差がありません。キャリア不問を選んだお客様には、早くお届けできそうです。


vintagecomp at 11:54|PermalinkComments(10)iPhone 

2017年11月03日

いよいよ決戦の日!

iPhone X いよいよ明日11/3 発売日を迎えます(当地はまだ11/2)。日本では、前日から長蛇の列ができている様子が報じられています。

これは予想外。もちろん、ある程度の行列は予想していましたが、iPhone 8を買った人もいるわけですし、価格も高いので従来のiPhone行列よりは短いのではと予想しておりました。やはり、スペシャルなモデルだけに、徹夜で並んでもと言うことでしょうか。

あと一つの要因として考えられるのが、日本が11/3は祝日だと言うことですね。いつもはお仕事で参戦不可能という方も、せっかくのチャンスだからということで参戦される方も多いのかもしれません。
果たして、アメリカはどうでしょう。今のところ(11/2お昼頃)、目立った行列は報じられていないようなのですが。

ロサンゼルス界隈は、アップルストアも多いので、どの店舗にするかも考えどころです。最寄りのストアか、過去行列の進みが早かったストアか、あまり混んでなさそうなところか。う〜〜〜ん、まだ思案中です。

ここで一つ朗報。10/27にオンラインで予約した分ですが、割と早くオーダー完了したのに、お届けは2-3週間後となってしまいました。負けた〜!とガックリ。しかし、本日メールが来ているではないですか。

25 AM






11/3 配達予定になっています! やった!
ということは、10/27の時点よりも、供給状況が大幅に改善しているということではないでしょうか。この予想が当たって、比較的スムースに行けば良いのですが。



vintagecomp at 04:25|PermalinkComments(5)iPhone 
livedoor プロフィール
Archives