2006年06月03日

BLOGの不調2

昨日のBLOGはお休みとなりました。見に来ていただいた方、ごめんなさい。
それというのも、livedoor BLOGのシステム障害で、更新ができなかったためです。障害は、24時間ほど続いたようです。閲覧の方も、アクセスできなかったり、5/31と6/1分のエントリーが消えていたりとちょっと焦りましたが、本日は復旧していました。
このようなシステム障害が稀に発生することは、ある程度やむを得ないことではありますが、色々と騒々しいlivedoor だけにドキッとしてしまいますね。それなら乗り換えればいい話なのですが、過去のエントリーは簡単には移行できないので、躊躇しちゃいますね。


vintagecomp at 03:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 

2006年06月01日

MacBook Pro でモバイル(日本滞在)

MacBook Proは、会社と自宅を車で持ち運びすることはありますが、これはあまりモバイルという感じではありません。今回の一時帰国にMacBook Pro を持って行きましたので、その時気付いたことを。
今回、いっしょに持って行ったのは、ACアダプタはもちろんとして、AirPort Express、Apple Remote、DVI Video アダプタ。
AirPort ExpressAirPort Expressはちょっと荷物にはなりましたが、持って行って大正解でした。年寄りばかりの実家ではありますが、いまやブロードバンド環境が完備しています。しかし、たまにしかコンピューターを使わないので、唯一のデスクトップコンピューターにラインが来ているだけ。そう言えば、前回帰省したときは、ラインが来ている部屋にPowerBookを持ち込んでメールチェックをしては、リビングでメールを確認、返事を書いてまた部屋に・・・ と不便きわまりなかったです。おかげてリビングにいながらにしてネットが使えて、快適でした。ホテルでも快適でしたよ。惜しむらくは、AirPort ExpressにはLANポートが付いていないこと。おかげで、家の人がコンピューターを使う際には繋ぎ変えとちょっと面倒でした。これを解決するにはAirPort Extreme を持って行けばいいわけですが、さすがにかさばるのでAirTunesはいらないからLANポートが欲しいところです。
Apple DVI to Video Adapter帰省前にアメリカの生活の様子を見せるために、DVDを作成していきました。今時DVD Playerなんてどこにでもありそうなものですが、そこは年寄りの家、無いんですね。そこでMacBook Proを使って、テレビに繋げばいいわけです。PowerBook G4 15インチならS-VHS端子付きだったのですが、MacBook Proは廃止されているので、DVI-Video アダプタが必要です。これちょっと盲点だったので、出発当日慌てて買いに行きました。忘れなくて良かった! Apple Remote のおかげもあって、DVD上映会は大成功でした。
そんなわけで、今回初の本格的モバイルとなったわけですが、周辺機器のおかげもあって、かなり快適に利用できました。最大の欠点と言えば、重くてでかいこと。これは購入時に織り込み済みですが、今回の用途ならMacBookで十分なわけで・・・ と考えると、MacBookが欲しくなってきますね。


vintagecomp at 04:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年05月31日

Mac Fan 編集部(日本でお会いした方-3)

Mac Fan 編集部東京滞在中の次なる訪問先は、毎日コミュニケーションズ社のMac Fan 編集部。これまで多くのお仕事をさせていただきました。ところが、Macworld SFで何人かの編集部の方とはお会いしたことはあるのですが、編集部にお邪魔するのは初めてです。皇居の真ん前の毎日新聞社ビルの6階で、非常によい環境でお仕事をされていました。
Mac Fanの発売日が5/29、お邪魔したのは5/23ですから、普通ならとっくに校了している時期で、一番余裕がある時期にお邪魔したはずでした。ところが・・・ 発売されたばかりのMacBook関係の記事がまだ完了しておらず、編集部は修羅場の真っ最中でした。
そんなわけで、いつもお世話になっている方々には、ご挨拶をしただけ。お忙しい中、お邪魔しました。
副編集長の上条さんが、担当分は完了していると言うことで、ランチをご一緒させていただきました。そこで、最近のコンピューター出版界の内情などが話題に上りました。
Windowsメインの雑誌は数多くある物の、最近ネタがなくマンネリ気味とか。そこに降って湧いたのがMacのIntel化とBoot Camp。Windowsメインの雑誌にとっても格好のネタで、Macが取り上げられる機会が非常に多いそうです。
それから最近の出版不況もあって、多くのコンピューター雑誌が部数はジリ貧状態。ところが、Mac Fan誌はこのところ確実に部数が増えているのだそうです。毎日コミュニケーションズ社では、多数のコンピューター雑誌を出版していますが、社内での部数は現在2位。しかも、最近の傾向により、そろそろ1位を奪取しそうな勢いなのだとか。圧倒的にシェアの大きなWindowsよりも、雑誌の世界ではMacが1位というのは、痛快ですね。頑張れ!Mac Fan


vintagecomp at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年05月30日

父がサッカー日本代表選手と接触

先週まで一時帰国で里帰りしてきましたが、父はその後ドイツ旅行に旅立ちました。その旅行から帰国して、先ほど電話をかけてきました。初めてのヨーロッパでとても楽しかったとのこと。何よりでした。
10万円以下の格安ツアーですが、最終日のホテルは何と五つ星。しかも、サッカー日本代表が宿泊しているホテルだったそうです。添乗員からその旨説明があったそうですが、もちろん簡単に接触できる訳はなく、また無理に接触を試みないようにとの注意があったそうです。
ホテルで父がエレベーターを使用した時のこと、一人のスポーツ選手風の日本人と乗り合わせたそうです。サッカーのことなどまるで疎い父ですが、先の説明があった後だけにピンと来たそうです。そして以下の会話。

父;あなたはサッカー日本代表選手ではありませんか?
?選手;はい。
父;ぜひ頑張ってください。
?選手;はい。

サッカーファンではない父だけに、?選手が誰だったかは尋ねずに終わってしまったそうです。もしかして、中田?それとも中村? 誰だったとしても、すごいことですね。同じツアーで同様の体験をした人はいなかったそうです。旅の良い思い出になったと思います。
そして、まずは一次リーグ突破を目指し、頑張れ!サッカー日本代表。


vintagecomp at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 

2006年05月27日

早川 厚志さん(日本でお会いした方-2)

早川さん日本でお会いした方の2番手は新しもの好きのダウンロードでお馴染みの、早川 厚志さん。「はじめてのMac OS X Tiger」も執筆され、ネットでも出版でも大活躍中です。かなり以前からVintage Computerのバナー広告を出させていただいており、長いお付き合いなのですが、今回初対面となりました。
待ち合わせのホテルに電車で来られるのかと思ったら、かっこいい愛車のボルボで登場。おかげで、食事とアップルストアGINZAに連れて行っていただきました。お食事は、写真の通りもんじゃ焼き。九州出身のため一度も食べたことが無く、一度食べてみたいと思っていたのですが、念願が叶いました。感想は、固まらないのが生焼けみたいな感じでしたが、味はなかなかでした。
まずは、Macな話題や出版業界の裏話に花が咲きました。早川さんはアメリカ移住の夢があると言うことで、一番盛り上がったのがアメリカの話でした。第一希望はハワイ。早川さんの場合、雑誌記事や書籍の執筆、新しもの好きのダウンロードのネット活動と、世界中どこにいてもできる仕事で活躍されています。また、メインのお仕事でも独立されているとのこと。もちろんビザなどややこしい話はありますが、普通の人よりかなり敷居は低いはず。その気になれば、必ず実現できるとお話ししてきました。近い将来、夢が叶うと良いですね。
さし当たって、来年のMacworld SFでの再開を誓ってお別れしました。


vintagecomp at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年05月26日

松田 純一さん(日本でお会いした方-1)

松田さん今回、1週間あまり日本に一時帰国しましたが、東京にも立ち寄って、Macな方々にお会いしてきました。これからしばらく、その模様をBlogでお届けしようと思います。
トップバッターは、Macテクノロジー研究所の松田純一さんです。
説明の必要もないと思いますが、松田さんと言えば、Mac界の重鎮中の重鎮。Macの創世記からユーザーとして、ライターとして、ディベロッパーとして、経営者として多方面からMacに深く関わっておられます。松田さんが経営していたコーシングラフィックシステムズ(2003年解散)は、Macのソフトハウスとして大変有名でした。Macテクノロジー研究所では、今回お会いした様子を一足早くご紹介いただいています。
初対面にもかかわらず、話が途切れることなくあっという間に2時間が過ぎてしまいました。「もう時効ですから話しますが」なんて切り出しも多く、昔話から最新の話題まで、盛りだくさんでした。
お互いMac関連の会社の経験があるだけに、経営論的な話題でも大いに盛り上がりました。
松田さんが残念がっていたのが、Macのソフトが大手メーカーの寡占状態となってしまって、中小のソフトハウスが活躍する余地が無くなってしまっていること。確かに、ハードメーカでは今なお中小メーカーも多く、おかげ様でVintage Computerでもこれらメーカーと協力することで、他にはないビジネスを展開することが可能になっています。ソフトにおいても、今一度中小ソフトハウスならではの面白い製品が出てきてほしいですね。
松田さん自身、まだまだ引退には早いと思うので、ぜひMacのソフトで一暴れしていただきたいと思います。



vintagecomp at 06:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年05月25日

ロスに戻りました

先ほど、日本からロスに戻りました。
日本ではあまりお天気に恵まれませんでしたが、こちらロスではカリフォルニアらしいお天気。やっぱり食べ物は日本、気候は西海岸ですね。
日本では、帰省の後、Apple Store GINZAや秋葉原にも行ってきました。そして、Macな方々とお会いしてきました。
これらの体験談は、この後このBlogで紹介していきたいと思います。
今日のところは、到着したばかりで時差ボケ中なので、この辺で。しばらくお休みさせていただきましたが、明日からをお楽しみに。



vintagecomp at 06:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA 

2006年05月17日

iBook 改め、MacBook 登場4

MacBook昨日しばらくBlogをお休みすると言ったばかりですが、出発直前にMacBook が出ちゃったので、緊急エントリーです。
しかし、やっぱりAppleの新製品発表は火曜日なんですね。NYのFifth Avenue店の開店(5/19)に合わせてと言う噂もありましたが、その前の火曜日になりました。
まだ詳しく見てませんがひと言で言うと、こんなモバイルマシンが欲しかった、てところでしょうか。
白黒2色、13.3インチワイド液晶は事前の予測通りですが、CPUのスペックが1.83GHzまたは2GHzのCore Duoというのは予想以上のスペック。従来のMacBook Proと同じではないですか!MacBook の登場に合わせて、Proは2GHz/2.16GHz に変わっているようです。それにしても僅かな差。それでいて、800ドルも安いんですから、MacBook Proユーザーとしては複雑な心境ですね。

モバイルマシンとしては、それほど高性能は必要ない。
> やっぱり高性能が快適。
モバイルマシンとしては、それほど大画面は必要ない。
> やっぱり高解像度が快適。

こんな意見があったと思いますが、上のやっぱり派には最適なマシンじゃないでしょうか。最低価格が米国で$999から$1099になったのは、心理的には割高感がありますが、実質のお買い得感はかなり高いと思います。
最大の弱点は重さでしょうか。iBook 12インチ比300g 重くなってしまいました。これは、今後MacBook mini が出ることを期待しましょう。
それでは、本当に行ってきます。



vintagecomp at 00:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Apple Topics 

2006年05月16日

日本に一時帰国4

明日からお休みをいただいて、日本に一時帰国してきます。お仕事の復帰は、5/25(木)(日本時間では5/26)からとなります。この間、BLOG、VC Podcast News、メルマガはお休みさせていただきます。WEBショップの営業や、その他業務につきましては通常通りですので、よろしくお願いいたします。
2年ぶりの実家への帰省が主になりますが、東京へも立ち寄って仕事上お世話になっている方々へのご挨拶もしてくる予定です。時間に余裕があれば、アップルストアや秋葉原も寄ってみたいなと思っています。この間には、iBook後継のMacBook も出るかもしれませんね。
それでは、行って参ります。


vintagecomp at 06:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0)USA 

2006年05月13日

FastMac iMac Rev. A〜D用G4/466MHz CPUカード再入荷2

FastMac iMac G4初代iMac用のG4カードとして、人気の高いFastMac iMac Rev. A〜D用G4/466MHz CPUカードですが、しばらく取り扱い停止となっていました。メーカーの方で、CPUチップの入手が難しくなってきたためです。
この度、CPUが若干数手に入ったということで、来週再入荷の予定になりました。今後CPUチップが手にはいるかどうかは、わからない状況と言うことですので、今回が最後となってしまうかもしれません。
初代iMac用のG4カードは、フルラインナップを誇るSonnetでも扱っていませんので、貴重なカードですね。G4/466MHzで、メモリ512MBならPanther の利用には悪くないスペックです。iMac ファンの方、ぜひご検討ください。



vintagecomp at 09:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 
プロフィール

Harry

Archives