2020年06月24日

macOS 11 Big Sur

WWDCの新OSの発表で、やはり際立っていたのがmacOS Big Surですね。Apple Siliconに対応する初めてのOSになります。もちろん、Mid 2013以降のIntel Macにも対応します。従って、インストーラーはIntel用とApple Silicon用のハイブリッドになるはずです。当然ながら開発用のマシンでは既に動作しています。

BigSur











A12Z Bionic ですね。発表会で披露された開発用のMac miniですね。ちなみに、この開発用のMac mini、$500で購入できるそうです。欲しい!ただし、審査に通ったディベロッパーのみに販売とのことです。
注目すべきなのが、OSのバージョン。Version 11.0になっています。OS Xから始まったVersion 10がついに終焉を迎えるわけです。OS Xのパブリックベーターがリリースされたのが2000年9月。ちょうど20年の歴史になります。
OS 9からOS Xでインターフェースはかなり変わりましたが、macOS Version 10から11では、インターフェースの違いはあまりありません。Apple Silicon対応が大きな節目ということですね。

vintagecomp at 09:31|PermalinkComments(2)Mac 

2020年06月23日

Apple Silicon への移行は今年末から

WWDC 2020が開幕、西海岸時間の午前10時からKeynoteが開催されました。私は、もちろんライブストリーミングで視聴しました。

今回の発表は、ほぼ全てNew OS関連でした。 これは珍しいことではないのですが、事前の噂では色々とハードの発表が予想されていました。しかし、WWDCのハードの発表といえば、昨年のMac Proのような大きなモデルチェンジに限られます。事前の噂は、そのような製品はなく、やはり空振りでしたね。ただし、今後発表、発売される製品も出てくると思います。

さて、今回の目玉といえば、やはり噂通りMacのARMプロセッサへの移行でした。iPhone, iPadと同種のSoC (System on a Chip)への移行で、発表ではApple Siliconと呼んでいました。噂では来年からということでしたが、来年も年明け早々ではないとみていました。しかし、何と今年末から移行が開始されるということです。移行は2年かけて行うとのことです。今後のNew MacはApple Silicon?って思いますが、まだ新しいIntel Macの発表も予定しているとのことでした。
Apple SiliconのMacでは、iOSのAppがエミュレーションではなくネイティブにそのまま動作するとのこと。
反対にIntel Macのアプリはどうなるかというと、当然ネイティブには動作しません。そこは、PowerPCからIntelに移行した際のように、Rosetta 2で動作するとのことです。

68K、PowerPC、Intel と来て、Apple Siliconは4つ目のSoC、3回目の移行となるわけです。68K Macの登場が1984年、PPC Macの登場が1994年、Intel Macの登場が2006年ですから、考えてみるとIntelの時代は1番長かったわけですね。意外な気もします。

発表会では、ディベロッパー向けの開発マシンとして、 Apple Silicon, Big Sur搭載のMac miniが発表されていました。これが、唯一のハードウェアの発表でした。
さて、年末に発売と宣言された最初の Apple Silicon Macはなんでしょうね。開発マシンにもなったMac mini? iMac? あるいは、MacBookの復活でしょうか?
しかし、2019年末に大作のMac Proを出したわけですが、発表の通りなら2022年末までには新型に置き換わるわけですね。Mac Proとしては異例の短命マシンとなりそうです。 

vintagecomp at 12:21|PermalinkComments(15)

2020年06月20日

WWDC 2020は来週!

WWDC 2020は、6/22に開幕します。今年は異例のオンラインでの開催となります。とはいえ、一般ユーザーはキーノートをストリーミングで見るだけなので、あまり変わりないですね。参加を予定していたディベロッパーにとっては大違いでしょうが、これまで参加希望者が多くて抽選となったり、ホテル代が高騰したりと大変でしたが、今回はそういう心配がなく参加できます。この方が嬉しいディベロッパーも多いのではないでしょうか。

注目のキーノートは6/22。例年、新OSを中心に新製品が発表されます。今回噂が当たっているのは以下のような内容です。

・MacのARMプロセッサへの移行 
・iMac 23"(21.5"のリプレイス)
・AirTag(Tileのような紛失防止タグ)
・AirPods Studio (オーバーイヤーヘッドフォン)
・AirPower

MacのARM移行は、一般ユーザーにとっても影響大ですね。以前のPowerPCからIntel CPU移行のような大変革です。実際の製品は、来年以降になると噂されていrます。
iMac 4Kには23インチが最適ということでしょうか。
なんで今更AirTag?って気もしますが、「探す」Appでなんでも探しちゃおうということでしょうね。
AirPodsはかなりのヒット商品になっていますので、この勢いでプロユーザーにもという狙いでしょう。
AirPower 、発売中止が発表されましたが、Appleとしてもリベンジしたいということでしょうか。

このような噂が流れていますが、あまり噂が聞こえてこないのがOS関係ですね。個人的には、メジャーアップデートは2年に1度くらいで良いので、完成度の高いものをリリースして欲しいです。
 

vintagecomp at 09:19|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2020年06月19日

Apple Store ついに開店

Apple Store の実店舗、3月中旬より新型コロナ対応で、ずっと閉店していました。開店状況は、アメリカ内でも地域により異なるのですが、お隣のオレンジカウンティでは、先週から開店していました。オレンジカウンティは、各店舗の解禁がロサンゼルスカウンティよりも早く、経済再開に積極的です。
対して、Vintage Computerの所在する ロサンゼルスカウンティは、経済再開に慎重で先週末の時点では1週間先まで閉店予定となっていました。ところが、今週(多分6/16から?)ついにロサンゼルスカウンティも再開しています。ただし、午前11時から午後7時までの時短営業です。また店舗内の人数制限、マスク着用、検温、ソーシャルディスタンシング、クリーニングが行われています。Apple Storeはいつも満員状態でしたから、もしかして入店の行列ができているのでしょうか?

Storeの体制はまだ整っていないようで、WEBで確認するとiPhoneなどの製品の受け取りはできないようになっています。新型のiPhone SEなどは、発売からずっとWEBのみの販売のみだったわけですが、中国からの配送で到着までかなり時間がかかっていました。ここに来て、ようやくカリフォルニアの配送センターに在庫ができたようで、1〜2営業日で到着するようになっています。これなら、実店舗よりもよっぽど良いかもしれませんね。 

vintagecomp at 13:36|PermalinkComments(0)Apple Topics | iPhone

2020年06月18日

発送方法をeペリカン便に一本化

日本への発送方法は、これまでメールプラス便とeペリカン便の二択でした。

メールプラス便(3〜6日) 1,200円〜
eペリカン便(2〜4日)   1,980円〜

メールプラス便は、日本国内ではゆうパックとして配送されます。eペリカン便は、日本国内ではエクスプレスハイスピードとして配送されます。
eペリカン便の方が早い分、料金がやや高めになっていました。そのため、メールプラス便を選ばれる方の方がずっと多くなっていました。今回、eペリカン便の価格をメールプラス便と同じにしました。そうなると、メールプラス便はあまり意味がなくなるのでメールプラス便に一本化しました。
今後は、お値打ちな料金で、従来より早くお届けできます。(料金表

なお、一部の離島、遠隔地はeペリカン便の対象外となります。この場合は、メールプラス便にてお送りさせていただきます。

vintagecomp at 14:44|PermalinkComments(0)一般 

2020年06月17日

Mac Pro 2010/2012のMojaveインストール

Mac Pro Mid 2010, Mid 2012は、macOS 10.14 Mojaveの正式対応機種になります。Metal対応のビデオカードを装着していること、が条件となります。この条件がついているのは、この機種だけ。これにより、Mojaveのインストールにちょっとした落とし穴が生じています。本ブログのコメント欄で話題になった件ですが、記事として上げておきます。Early 2009モデルでも、Firmwareを2010相当のMacPro5,1に上げていれば、同様です。

まず、Metal非対応のビデオカードを装着しているとどうなるか。以下のように表示され、インストールできません。

image















「このMacにmacOS Mojaveをインストールすることは、すべてのグラフィックカードがMetalに対応していて、FileVaultが無効になっている必要があります。このMacのインストール要件について詳しくは、https://support.apple.com/en-us/HT208898を参照してください。」

インストール条件を満たしていないので、これは仕方ないですね。当然の結果です。ところが、Metal対応のビデオカードを装着しているにもかかわらず、このアラートが出てしまうことがあるのです。 

macOSのインストール方法として、それまで使っていた旧OSに新OSをダウンロード、インストーラーを起動してインストールを行う方法と、USBメモリで起動用インストールメモリを作成しそこから起動してインストールする方法があります。上級者ほど、後者を好む傾向があるように思います。

USBメモリを使った方法でMac Pro Mid 2010, Mid 2012でMojaveインストールを開始すると、なんと上のアラートが表示されてインストールできません。一体なんで?
USBメモリで起動した際には、ビデオカードのドライバーも読み込まれませんので、Metalも機能しない状態で描画を行なっています。そのため、インストール可否判断をする時に、まずは機種の判定を行、MacPro5,1であれば、Metalが機能しているか確認するわけですが、機能していないため上のアラートが出る、ということのようです。他機種の場合は、Mojave対応機種であれば必ずMetal対応なので、機種判定のみで実際にMetalが機能しているかどうかの確認はされていないわけです。

というわけで、Mac Pro Mid 2010, Mid 2012の場合は、USBメモリを使ったインストールは行えず、High SierraからMojaveのインストーラーを起動してインストールを行う必要があります。これは、ちょっとした盲点ですね。 

vintagecomp at 09:27|PermalinkComments(1)テクニカル 

2020年06月16日

MacBook Pro Retina, iMac Mid 2012~Early 2013用SSD、限定大特価!

MacBook Pro Retina 13"/15" Mid 2012〜Early 2013、iMac Late 2012用のSSDは、専用品で他の機種のSSDとは互換性がありません。純正品は入手困難ですので、信頼性に優れたSamsung SSD+アダプターを取り扱っています。500GBを限定大特価でお届けします。

RetinaMSATASSD2















Samsung 860 EVO 500GB SSD, MacBook Pro Retina 13/15, iMac 2012~Early 2013用 16,500円 12,800円

限定数ですので、お早めに! 


vintagecomp at 08:39|PermalinkComments(0)Mac 

2020年06月13日

外付けSSD 限界特価に挑戦!

6/9に「外付けSSD超特価」の記事をお届けしました。しかし、反響なし(ToT) そこで、限界特価に挑戦です。
最近のMacの内蔵SSDにも負けない高速大容量ドライブを外付けで増設できます。起動ドライブにもできますので、バージョンの異なるOSの運用に最適だと思います。
2GB/sec超の超高速Thunderbolt 3 SSDです。
EnvoyEX














OWC Envoy Pro EX + 2TB Thunderbolt 3 SSD 98,000円 49,800円
OWC Envoy Pro EX + 1TB Thunderbolt 3 SSD 59,800円 29,800円

お手軽なUSB-C接続のSSD。それでも900MB/secと侮れません。
JEYISSD-1


















JEYI 250GB USB-C/3.1 外付けSSD 10Gbps 12,000円 5,980円

限定数ですので、お早めに!

vintagecomp at 07:55|PermalinkComments(0)Products 

2020年06月12日

MacBook Pro Retina用純正1TB SSD値下げ!

Mac Pro Late 2013用の純正1TB SSD。2019年製の新品を販売中です。Mac Pro Late 2013だけでなく、Mac mini Late 2014やPCIeアダプターとともにタワー型Mac Proでも利用可能です。
MacBook Pro Retina Late 2013〜Mid 2015でも基本的に同じSSDが使用されています。これまでRefurbished品を59,800円で販売してきましたので、新品が49,800円なのはかなりお買い得です。

基本的に同じということなら、MacBook Pro RetinaにもMac Pro Late 2013用の純正1TB SSDが使えないか?と思われるかもしれません。SSD自体は同じなので、使えないことはありません。違いは、放熱板。Mac Pro Late 2013用には厚い放熱板が装着されているので、そのままでは使えません。ならば、放熱板を取り外せば使えるのか? その通りです。ただし、放熱板はかなり強力に接着されており、取り外すのはなかなか大変です。取り外す際に壊してしまうリスクもあり、Vintage Computerとしてはお勧めしません。
しかし、新品よりもRefurbished品が1万円も高いというのは、納得しにくいかもしれません。実際は、新品の方が特別にお安くなっているのですが。そんな声にお応えして、MacBook Pro Retina用を値下げします。
 
 PCIeSSD1TBHS1















Apple純正 Samsung 1TB PCie SSD for Mac Pro Late 2013 新品 49,800円
Apple純正 Samsung 1TB PCie SSD for MacBook Pro Retina 59,800円 49,800円

MacBook Pro Retina用は在庫僅少です。

vintagecomp at 13:45|PermalinkComments(0)Mac | Products

2020年06月11日

Aple Watch 日本のECG 解禁間近!?

Vintage Computerでは、ECGの有効化が可能な米国版Apple Watchの購入代行を行なってきました。しかし、昨年3月のwatch OSアップデートで、対象国で初期設定しないと有効化できなくなり一旦注視しました。その後、有効化の方法が判明し、購入代行を再開。しかし、また今年3月のwatch OSアップデートで、有効化が通用化しなくなりまたまた購入代行を中止しました。

こんな風に、日本でのECGの’有効化には困難が付き纏いますが、ついに日本の解禁も間近なようです。医薬品等外国製造業者の認定・登録番号に関して「認定・登録外国製造業者リスト」を6/1に更新し、その中にAppleが認定登録されていることが判明しています。登録日は、5/25となっています。これは、Apple WatchのECG機能のためであることは、まず間違いないでしょう。

これにより、近くECG機能が解禁されるのか、それとも秋のニューモデルから解禁になるのか。WWDC後のアップデートあたりで解禁になる可能性もありそうです。
 

vintagecomp at 13:18|PermalinkComments(1)Apple Watch 
プロフィール

Harry

Archives