2018年10月25日

Adobe製品の必要メモリ

Adobeが、最新CC(Creative Cloud)2019の必要システム構成を公開しています。特に注目がメモリです。

最小 推奨
Photoshop CC   2GB 8GB
Illustrator CC 4GB         16GB
InDesign CC 4GB         16GB
Premire Pro CC     16GB  32GB
Prelude CC        16GB  32GB

遂に、推奨で32GBです! もちろん最小を満たしていれば動作するわけですが、レインボーマークが出たり、快適な作業はできなくなります。
しかも、これは アプリを単独で使用した場合です。こういったソフトは連携させて使用する場合が多いですから、推奨メモリを搭載していても不十分ということもあります。
などと考えると、やはりプロ用のクリエイティブなアプリを使うのでしたら、できるだけ多くのメモリを積むのがお勧めです。といっても、32GBやそれ以上のメモリを搭載できるMacは限られています。

そういう意味で、Mac Proはやはり頼りになりますね。Early 2009-Mid 2012のシングル CPUモデルで最大56GB、デュアル CPUモデルで最大128GB、Mac Pro Late 2013で最大128GBいけます。

メモリ不足に陥ってしまうと、少々のCPUスペック差など 関係ないほど大きくスローダウンしてしまいます。快適な作業環境には、十分なメモリから。

vintagecomp at 05:17|PermalinkComments(0)Mac | テクニカル

2018年10月24日

iPhone XRは売れているのか?

iPhone XRは、iPhone XSの下位モデルながら、性能的にはiPhone XSとあまり遜色がなく、コストパフォーマンス的には非常に良いと言ってよいでしょう。それだけに、かなり売れるとの予想もありました。
10/19(金)に予約販売が始まったわけですが、その売れ行きはどうでしょうか。

XR




iPhoneの新機種は、従来予約が始まると、当日届けは瞬殺でした。予約開始から数分内にオーダーを完了しないと発売日のお届けは無理で、さらにモタモタしているとすぐに2週間から1ヶ月待ちになってしまいました。iPhone XSではそれほどでもなく、米国アップルストアオンラインでは8時間後の翌朝でも多くのモデルで発売日のお届けが可能になっていました。それでも、それを過ぎると徐々に発売日のお届けはなくなっていきました。さすがに、高価格モデルだけあって瞬殺はなく、iPhone XR待ちの人も多いのではないかと思われました。

iPhone XRは、10/19(金)に予約販売が始まりましたが、10/21(日)でも全モデル発売日のお届けが可能になっていました。ところが10/22(月)、なんと全てのモデルが2〜3週間待ちに。現在も、全モデル一律2〜3週間待ちです。これは何とも不自然です。アップルが売れ行き不振を隠すために操作したのか? あるいは、オンラインの売れ行きが不振なため、店舗により多く供給するようにしたのか。

いずれにしても、従来のどの新型iPhoneよりも出足が悪いのは間違いないと思います。
ちなみに、Vintage Computerの購入代行ですが、元々iPhone XRのご依頼は少なめだろうと予想していました。数万円余分に出しても、シャッター消音が可能なモデルを選ぶわけですから、ハイエンドモデル狙いのお客様が多いのです。iPhone XSでは512GBのお客様がもっとも多く、64GBのお客様はわずか。これは、市場の一般的な傾向からはかけ離れており、iPhone XRのご依頼は少なめと考えていました。
ところが! 少なめの予想よりも、さらに少なめでした。これも、iPhone XR不人気の表れでしょうか。

ここに来て不人気と思われるiPhone XRですが、コストパフォーマンスは非常によい機種だと思います。ご依頼も少ないだけに、早めの入手が期待できます。検討中の方は、ぜひ!

iPhone XR 購入代行
iPhone XS 購入代行
iPhone XS Max 購入代行

vintagecomp at 06:07|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年10月23日

Mac Pro Early 2009の究極のアップグレードパーツ

Mac Pro Early 2009用の究極のアップグレードパーツが入荷しました。

661-5708-1
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.26GHz 8 Core 16GB(傷あり) 34,800円 

Mac Pro Early 2009の純正仕様最高峰は、2.93GHz  8 Coreですから、どこが究極?という声も上がりそうです。Mac Pro Early 2009のQuad Coreモデルにとっては、究極の拡張性が手に入るのです。

プロセッサーボードをサクッと入れ替えるだけで、Quad Coreが8 Coreに。メモリスロットも4基から8基になります。メモリ最大容量が56GBから128GBが可能になります。
また、CPUも3.33GHz 12 Coreや 3.46GHz 12 Coreへのアップグレードが可能になります。これは、究極ですね。CPUアップグレードキットを同時購入の場合、取り付け工賃無料となります。

ヒートシンクに少々傷が入っているので、前回の39,800円よりも5千円安くしております。性能には関係しない部分ですから、お得だと思います。

なお、Mid 2010, Mid 2012モデルには使用できません。Mid 2010, Mid 2012用は現在品切れですが、近日入荷予定です。

Mac Pro Early 2009のQuad Coreモデルをお持ちの方には、お勧めです。

vintagecomp at 06:25|PermalinkComments(0)Mac | Mac改造

2018年10月20日

iPhone XS 256GB シルバー 米国版SIMフリー開封品が特価で!

iPhone XS 256GB シルバー 米国版SIMフリー開封品を特価販売中です。(10/21 売約済みとなりました。)

iPhoneXsSV

 iPhone XS 256GB シルバー 米国版SIMフリー(開封品)  179,800円 154,800円

9/25に米アップルストアで購入したものです。開封されており外側の透明フィルムはありませんが、本体の透明フィルムはそのままで剥がされておりません。もちろん、未使用、未アクティベーションです。

通常の購入代行よりも、25,000円もお得になります。もちろん、1台限り!シャッター音が消音できる米国版iPhone XSをご検討中の方、お見逃しなく!

vintagecomp at 04:26|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年10月19日

Vintage Computer チャンネル第194回〜iPhone XR 今夜予約受付開始〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第194回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

こちら米国西海岸では、いよいよ今夜(10/19 0:01)iPhone XRの予約受付が開始されます。ハイエンドのXRシリーズと廉価版のXSシリーズ、ん?この組み合わせはなんだか覚えがあります。当時と比較してみましょう。
果たして、iPhone XRはヒット商品になるのでしょうか? 



iPhone XR 米国版 購入代行受付中!
iPhone XS
iPhone XS Max 米国版販売中。


vintagecomp at 07:46|PermalinkComments(0)

2018年10月18日

Tesla Software Ver. 9 で大幅機能アップ

Teslaはソフトウェアアップデートで機能向上やバグフィックスが施されるのが、大きな特徴です。まるで、スマホですね。
先日、私にとっては初めてのメジャーアップデートVer. 9が提供されました。スマホやMacでは、リリース日が決まっていて、一斉にアップデートですが、Teslaの場合は車の個体によってランダムにアップデート時期が異なります。アップデート失敗、起動不能なんてあってはならないので、混雑防止のためでしょうね。早い人は2週間前にアップデート完了でしたが、私はつい先日、ようやくアップデートできました。
今回のアップデートは新機能満載ですごいです。特に気に入っているのがこちら。

traffic






















真ん中が自車のModel 3です。走行中の他車状況を画面に表示してくれます。従来も表示されていましたが、自車よりも前の車だけ。側方や後方は、障害物ありの表示のみで車の表示はされませんでした。
しかも、従来はすべての車がModel 3の形状で表示されていましたが、今回は乗用車、バン、バス、トラック、バイク、歩行者とそれぞれの形が表示されます。今までは、バイクも車として表示され、通れるはずのない隙間をすり抜けて行くような表示でしたが、ちゃんとバイクがすり抜けるようになりました。また、バイクと自転車の表示も別になっています。すごい!

サイドミラーの死角に入ってしまい、レーンチェンジの際にうっかりぶつかりそうになったというようなことは、ドライバーなら誰でも 経験したことがあると思います。これなら、そんな危険もなくなりますね。実際、この画面に表示されないくらい後方になると、しっかりとミラーにも写りますし、レーンチェンジしても安全な場所になっています。

話題になっていたATARIのゲームも追加されています。

atari



















他にも超便利な機能が満載! iPhoneやMacも、このくらい強力なアップデートを期待したいですね。

vintagecomp at 08:49|PermalinkComments(0)一般 

2018年10月17日

iPhone XR 米国版SIMフリーの購入代行受け付け開始!

10/19にAppleのWEB予約が開始され、10/26に発売のiPhone XR。もちろん、Vintage Computerではシャッター音が消音、調整できる米国版SIMフリーの購入代行を行います。本日より、受け付け開始しました。

XR












iPhone XR 米国版 SIMフリー 256GB 139,800円
iPhone XR 米国版 SIMフリー 128GB 125,800円
iPhone XR 米国版 SIMフリー 64GB 118,000円

iPhone XSでは発売当初から公式SIMフリーが販売されましたが、 iPhone XRでは当初公式SIMフリーは発売されず、4大キャリア版(Verizon, AT&T, T-Mobile, Sprint)のみです。4キャリア版およびいずれ発売される公式SIMフリー全てA1984の同一モデルで、GSM/CDMA両対応で、ハード上の違いはありません。キャリア版も、キャリア契約なしで一括購入すればSIMフリーとなりますので、お好みのキャリアをご利用いただけます。

今回は、Verizon, AT&T, T-Mobile いずれかのモデルを調達します。同一モデルなので、Sprintでも良いわけですが、過去SIMフリー関係で問題が発生したこともあるので今回は除外します。お好みのキャリアがあれば、お会計欄のコメント欄でご要望ください。ただし、キャリア指定があると当然入手が限られるため、入手が遅くなる場合があります。

購入代行金額はそれなりのお値段になってしまい、高いと感じる方もいらっしゃると思います。Appleの定価の他に9.5%のTaxや諸費用がかかり、発売直後の混雑の中で入手し、継続的に実施するには、この程度の価格が必要なことをご理解いただければ幸いです。

iPhone XRは、今後もiPhone人気が続くかどうかの試金石となるのではないかと思います。

vintagecomp at 05:37|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年10月16日

10/17より送料値上げ

10/5のエントリーでも書きましたが、日通の日本向け送料値上げに伴い、10/17(日本時間)より送料を改定します。今回値上げの対象となるのは、5kgまでの荷物で5kgを超える場合は据え置きです。

10/16中でしたら、従来の値上げ前の送料となりますので、お買い物の予定のある方はぜひ本日10/16中にお申し込みください。 

vintagecomp at 07:32|PermalinkComments(0)一般 

2018年10月13日

macOS Mojave インストールに注意

先日、NVMe SSDをご購入いただいたお客様から、macOS Mojave インストール後、起動できなくなったとのサポート依頼をいただきました。
MacBook Air Mid 2013で、Mojave インストール中に不具合が生じ、その後再起動してもディスクを認識しないとのことでした。 リカバリーモードで起動しても認識しないとのことで、SSDの故障が疑われるとのことでした。

返送していただき、Vintage Computerでテストをいたしました。MacBook Air Mid 2013 に装着し、外部ディスクのmacOS High Sierraから起動したところ、あっけなくSSDが認識されました。ただし、起動ディスクはなく、macOS Mojave Install のボリュームだけが確認されました。インストール中の何らかの不具合で、インストールデーターが入っただけの状態で起動不能になったようです。

初期化してmacOS Mojave をインストールしてみると、問題なくインストール、起動できました。ユーテリティで確認しても、ディスクの問題は検出されず、ハード上の問題はないと判断しました。

ネット上を見ると、 macOS Mojave インストール時に不具合が発生し、復旧に大変苦労したという情報がいくつも見られます。メジャーアップデートにはつきものですので、インストールする場合は慎重に、そして然るべき環境、準備を整えた上で実行されることをお勧めします。私がお勧めするのは、以下2点です。

1. インストール直前の状態で、Time Machineのバックアップを取っておく。
2. 外部ディスクから macOS High Sierraが起動できるようにしておく。

Time Machineのバックアップがあれば、とにかく元の状態には戻れますので、これは必須です。それから、2も重要です。特にSSDのフォーマットがAPFSになったことから、macOS Sierra以前では APFSフォーマットのディスクを認識できませんので、ぜひともmacOS High Sierraが起動できる外部ディスクがあると便利です。
SSDをアップグレードしている場合は、以下のケースを使って純正のドライブを使って起動ディスクを用意するといいですね。

EnvoyPCIe











OWC Envoy Pro PCIe SSD USB 3.0 ケース 14,800円
OWC Envoy USB 3.0 外付けSSDケース for MacBook Air Mid 2012  3,980円
MacBook Pro Retina Mid 2012~Early 2013 SSD用 USB 3.0 外付けケース 5,800円

私の場合は、テストマシンにはmacOS Mojaveをインストールしていますが、仕事のメインマシンには慎重を期してしばらく様子見です。

vintagecomp at 05:04|PermalinkComments(0)サポート事例 

2018年10月12日

MacBook Pro, iMac Early 2013 で2TB SSD

MacBook Pro 13”/15"とiMac のMid 2012〜Early 2013モデルは、まだまだ使用されている方も多いと思います。 MacBook ProもiMacも筐体が一新されたモデルだけに、まだ古さを感じないですね。
とは言え、ブレードタイプ SSDはSATA規格で、同じ筐体デザインのLate 2013モデル以降はPCIe SSDが採用されており、性能差は大きいです。速度の差は如何ともし難いですが、最大容量の差はもっと痛いですね。

Late 2013モデル以降はNVMe SSDを使用して2TBも可能ですが、Mid 2012〜Early 2013は最大1TBまで・・・ でした。しかし〜2TBが可能になりました。

 RetinaMSATASSD2















Samsung 2TB SSD, MacBook Pro Retina 13/15, iMac 2012~Early 2013用 98,000円

Samsung 1TB SSD, MacBook Pro Retina 13/15, iMac 2012~Early 2013用 29,800円

Samsung 500GB SSD, MacBook Pro Retina 13/15, iMac 2012~Early 2013用 19,800円 

2TBは別格の価格で取り寄せですが、不可能が可能になるというのは素敵ですね。

また、1TBや500GBは値下げしてお求めやすくなっているので、こちらも狙い目です。 



vintagecomp at 07:53|PermalinkComments(0)Mac 
プロフィール

Harry

Archives