2020年09月02日

MacBook Pro 13” Function Keys 2016/2017用SSD

MacBook Pro 2016モデル以降は、内蔵SSDがロジックボード直付けとなっており交換ができません。ただし、その例外が13インチのFunction Keys モデルです。Touch Barの付いていないエントリーモデルです。当時鳴り物入りで発表されたTouch Barですが、個人的にはあまり便利な機能とは思えません。
Touch Bar付きモデルと比較すると、CPUクロックがやや低いですが、決定的な差ではないですね。Thunderbolt 3ポートが2つしかないのも、無線派だったらあまり気にならないと思います。
ストレージが256GB標準で最大1TBまで選べましたが、256GBでは足りない方も多いでしょうし、1TBでも不足する方もいると思います。そうなると、SSD交換可能な構造は大きなメリットですね。
Vintage Computerでも以前純正1TBを取り扱ったことがありますが、いかんせん高価で、なかなか売れなかった経緯があります。今回、リーズナブルな価格の1TB, 2TB SSDを発売しました。
MBP2016SRSSD1











Sabrent 2TB SSD for MacBook Pro 13 inch Function Keys 49,800円
Sabrent 1TB SSD for MacBook Pro 13 inch Function Keys 29,800円
Sabrent 512MB SSD for MacBook Pro 13 inch Function Keys 16,500円

SSDは特殊形状ですので、SabrentのM.2 SSDにアダプタを組み合わせています。速度も、MacBook Proでの実測でRead 2.0GB/sec, Write 1.8GB/secと純正と同等です。銅製ヒートプレート、熱伝導パッド付きで発熱対策も万全です。
取り付けも、決して難しくはなく、1番のハードルは裏蓋の取り外しですね。 裏蓋を外したら、作業は8割がた終わったようなものです。
MacBook Pro 13” Function Keys 2016/2017ユーザーの方で、ストレージが不足している方は、ぜひご検討ください。 


vintagecomp at 08:35|PermalinkComments(0)Mac 

2020年09月01日

9月といえば新型iPhoneだが

9月になりました。例年9月といえば、新型iPhoneの発表・発売の時期になります。色々と騒がしくなる時期ですが、今年は例年とは様子が異なります。言うまでもなく、新型コロナの影響で、発売が遅れる見込みです。これは噂情報ではなく、第3四半期決算の際に「数週間遅れるだろう」と異例の発表をしています。
9月末に発表で、10月前半にiPhone 12、10月後半に iPhone 12 Pro という噂があるものの、発表は10月、 iPhone 12 Pro の発売は11月にずれ込むという噂もあります。

iPhone 12は5.4インチ、6.1インチ、 iPhone 12 Pro は6.1インチ、6.7インチの4機種になるという噂は一致しており、ほぼ間違い無いでしょう。目新しくて注目なのがiPhone 12 5.4インチですね。iPhone SE 2 4.7インチよりも筐体は小さくなるはずです。これは小さくて高性能スマホを望んでいる方には待望の機種になるかもしれません。反面、まだ新型とも言って良いiPhone SE 2 は、安いだけが取り柄になってしまいそう。ちょっとラインナップとしてアンバランスな気がします。

もちろん5G対応で、これも遅れの原因になるようですね。私は、過去全機種発売直後に購入してきましたが、昨年のiPhone 11で初めてスキップしましたが、今年はもちろんiPhone 12 Proを購入するつもりです。

米国版購入代行をご提供してきたVintage Computerとして気になるのが、Apple Store実店舗の状況です。現在、近隣のApple Storeは軒並み閉店中。10月になれば開店するかもしれませんが、この調子だとピックアップのみとなるのではないかと思われます。例年、Apple Store実店舗を梯子して調達しますが、iPhone SE 2 同様オンラインのみの調達となりそうな気配です。オンラインの場合、多数の端末を手に入れるのは難しいので、販売方法も例年とは変更することになるかもしれません。

vintagecomp at 11:11|PermalinkComments(0)iPhone 

2020年08月29日

ロサンゼルス、新型コロナ下の営業状況

現在でもロサンゼルスは、新型コロナによる多くの営業制限が課されています。

食料品など生活必需品を販売するスーパーの営業は許可されていますが、 他業種は様々な制限があります。
レストランは、持ち帰りかテラス席など屋外の飲食のみ許可されています。
生活必需品以外の販売店は、通販は許可されていますが、店内営業は商品のピックアップのみ許可されています。Vintage Computerは通販として、絶賛営業中です。
また、ショッピングモールは営業禁止となっており、そのためほとんどのApple Storeは閉店となっています。9月から新製品が多数発表される見込みですが、閉店状態が続くのでしょうか。

感染状況もやや好転してきたので、来週から制限が一部緩和されるとの予測もあります。美容院や理髪店が、これまで店内営業が禁止されていました。屋外の営業は許可されていましたが、これはなかなか対応できる店も少なく、対応してもこの夏の暑さではなかなか利用しづらいものがありました。来週から、店内営業が解禁となる見込みです。私もそろそろ髪が伸びてきたので、美容院の再開は歓迎です。
ショッピングモールも、人数制限をして営業許可になるとの予測も出ていますが、その場合はApple Storeはおそらく商品の引き取りのみとなるでしょう。
早く感染が収まって、正常に戻ってほしいものです。



vintagecomp at 09:28|PermalinkComments(0)USA 

2020年08月28日

Apple Watchで国立公園チャレンジ

Apple Watchのアクティビティで、8月30日(日)に「国立公園チャレンジ」が実施されるそうです。
達成すると専用のバッジと、iMessageで使えるステッカーがもらえるそうなのですが。何を達成するのでしょう?

2020年8月30日(日)に、ハイキング、ウォーキング、ランニング、ロール(車椅子)のワークアウトを1.6km(1マイル)以上行う 

国立公園に行かないといけないのかと思いましたが、どこでも良いから1.6km以上 歩いたり走ったりすれば良いようですね。iOS 13以降のiPhoneと、watchOS 6以降のApple Watchが必要です。

私は、最近ハイキングが趣味で、毎週のように10km~20km程度のハイキングに出かけています、なので、1.6km歩くのは朝飯前。バッジとステッカーもらえても、正直嬉しいかな〜って気もしますが、せっかくなんでゲットしておこうと思います。
これ、2017年から、毎年企画されているんですね。知らなかった。

02D30B1E-236D-4AC7-82E2-4C6ED886817D copy 


vintagecomp at 13:01|PermalinkComments(0)Apple Watch 

2020年08月27日

Mac Pro Late 2013が起動しない!

一昨日、Mac Pro Late 2013のサポート事例、「Mac Pro Late 2013のCPUが取り外せない!」をお届けしました。その続編です。
CPU取り付けネジのヘッドが平に見えるということでしたが、実はいじり防止用のステッカーが貼ってあるだけということで、T10ドライバーを差し込んでいただくことで、無事外れました。
組み付けも終わり、いざ起動したところ問題が。

大きなアップルマークが出てバーが1/4ぐらい伸びたところで停止してしまいます。SMCリセット、PRAMクリア、セーフモード等試してみても変わりません。再度分解してもコネクターの外れ等目視での不具合も見つかりません。

こういう場合コネクタの接触不良、CPUの取り付けネジの締め付け不均一等が原因となっていることが多いです。コネクタは目視で問題なくても、再度脱着すると、正常になる場合があります。
といった辺りをご連絡しようと考えていたところ、お客様から続報が。

モニターディスプレイのHDMIコネクタの抜き差しを行ったところ無事起動しました。

良かったです。 しかし、本当にHDMIのコネクタが原因だったのか、ちょっと疑問ですね。いずれにしろ、こういうことはアップグレード作業にはつきものですから、いろいろ試してみるのが良いと思います。

E5-2697kit2















2.7GHz 12 Core E5-2697 v2 CPUアップグレードキット for Mac Pro Late 2013 54,800円

最速CPUにアップグレードすれば、まだまだ戦闘力は高いです。

vintagecomp at 09:19|PermalinkComments(0)サポート事例 

2020年08月26日

在庫限りの特価品!

vintagecomp at 08:22|PermalinkComments(0)Products 

2020年08月25日

Mac Pro Late 2013のCPUが取り外せない!

最近、よく売れているのがMac Pro Late 2013用のアップグレードキットです。

E5-2697kit2















2.7GHz 12 Core E5-2697 v2 CPUアップグレードキット for Mac Pro Late 2013 54,800円

Mac Pro Late 2013のどのモデルでも使用できます。 12 Coreは発売時にBTOの追加価格だけで36万円とかなりの高額でしたから、今ならかなりお買い得と言っても良いでしょう。

 先日、ご購入いただいたお客様からサポート依頼が。交換作業を初めてCPU取り外しまでもう少しのところで問題発生。

Image2013
























内側のネジ4本を緩めていよいよCPUが取り外せるのですが、ネジの頭がT10のはずがまっ平。これでは緩めることもできず、どうしよう〜〜〜、というわけです。

実はここは落とし穴なので、添付のマニュアルでも説明しているのですが、お客様は読まれていなかったようです。これはT10のネジの頭の上に、いじり防止用のステッカーが貼ってあるのです。確かにステッカーには見えず、平なヘッドに見えますね。
 これ、2015年の途中あたりからいじり防止用のステッカーが追加されているので、発売直後のバラシ記事などには記載されていないんですね。

このように、マニュアルには注意点を記載しているので、ぜひ読んで作業に取りかかってください。

vintagecomp at 11:37|PermalinkComments(0)サポート事例 

2020年08月21日

Radeon PULSE RX 580 8GB Liteを取り扱い開始!

Mac Pro 2010/2012は、Metal対応のビデオカードを装着することで、macOS Mojaveをインストール、使用することが可能になります。Appleより、銘柄指定で対応が明記されているのが、以下の5つです。

MSI Gaming Radeon RX 560 128-bit 4GB GDRR5
SAPPHIRE Radeon PULSE RX 580 8GB GDDR5
SAPPHIRE Radeon HD 7950 Mac Edition
NVIDIA Quadro K5000 for Mac
NVIDIA GeForce GTX 680 Mac Edition

最初の2つはMac版ではないため、OS上以外の表示がされないというデメリットはありますが、Radeon PULSE RX 580 8GBは、この中でも性能的にはダントツです。
そんなわけで、Vintage Computerでも、必要な電源ケーブルとセットで販売してきました。

RX580P8GB-1













SAPPHIRE Radeon PULSE RX 580 8GB GDDR5 + Mac Pro用電源ケーブル 38,000円

しばらく前から、Radeon PULSE RX 580 8GB Lite Editionなるものが出回っていました。軽く調べても違いがよくわからず、やっぱり性能は高い方がと思い、それ以上追求していませんでした。今更ながらちゃんと調べてみたところ、以下の違いであることがわかりました。

最大GPU クロック DVI ポート
標準モデル  1366MHz あり
Lite Edition   1350MHz 無し

クロックが違うというのは予想通りですが、 その差はわずか。これって、誤差程度にしか思えません。実質上1番の違いは、DVI ポートのあり、無しですね。最近は、DisplayPortやHDMIのモニターが多いので、DVIは不要な方も多いのではないでしょうか。というわけで、Lite Editionも取り扱いします。

RX580PL8GB-1













SAPPHIRE Radeon PULSE RX 580 8GB OC Lite + Mac Pro用電源ケーブル 34,800円

早速手配したのですが、品薄で1つしか手に入りませんでした。次回入荷は、1ヶ月先の予定です。今回分は、早い者勝ちです!




vintagecomp at 10:32|PermalinkComments(0)Mac 

2020年08月20日

Bluetoothでキーボード、マウスを認識しない!

Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード」は、弊社のオリジナル商品の中でも、とても人気が高いです。

11acMacPro2009-3













Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 11ac BT 4.0 アップグレードカード 12,800円

Wi-Fi 802.11ac とBluetooth 4.0が使えるだけでなく、Handoff機能や、Apple Watchによるロック解除にも対応できるというとても美味しいアップグレードで好評です。

先日購入いただいたお客様から、サポート依頼をいただきました。

Bluetoothがキーボードとマウスを認識しません。どうすれば良いですか?

という内容でした。これ以上の情報はないので、ペアリングしようとしてキーボードとマウスは表示されるもののペアリング失敗となるのか、ペアリングしようとしてもキーボードとマウスが全く表示されないのか、その辺からお尋ねしました。

 Bluetoothのキーボードとマウスが接続されないので、ペアリングしようにも何の操作もできません。キーボードとマウスを使わずにペアリングする方法があるのですか?

いろんなパターンを想定していましたが、これは予想外でした。 Bluetoothのキーボードとマウスを使うには、必ず有線のキーボードとマウスを使ってペアリングを行うことが必要です。お客様としては、すでに標準のBluetoothでペアリング済みのため、そのまま使用できると思ったようです。Bluetoothは新たなものに交換されているので、有線のキーボードとマウスを使ってペアリングする必要があります。有線のキーボードとマウスを持っていなかったら? これは、一時的に借りるなどしてでも用意する必要があります。もう、有線のキーボードとマウスは使わないと決めている方も多いと思いますが、こういう時のためにも取っておく必要がありますね。
お客様には有線のキーボードとマウスを使ってペアリングしていただいた結果、無事使用できるようになりました。HandoffやAirDropが大変快適との感想もいただきました。

最近のiMac等には Bluetoothのキーボードとマウスが標準で付属しています。これは予めペアリング済みですので、最初からそのまま使用可能です。そのような体験をお持ちの方は、ペアリングなどしなくても、使えると思ってしまうかもしれませんね。しかし、標準品が故障等で使えなくなって買い替えたら、やはり有線のキーボードとマウスを使ってペアリングする必要があります。一家に一台必要ですね。

vintagecomp at 10:16|PermalinkComments(0)サポート事例 

2020年08月19日

久々入荷、Mac Pro 2009 究極のアップグレードパーツ

Mac Pro Early 2009用の究極のアップグレードパーツが久々の入荷です。

ボードをポンと入れ替えるだけで、シングル CPU 4 Coreのモデルが、Dual CPUの8 Coreになります。何が究極かというと、これでCPUはCPU 3.46GHz 12 Core、 3.33GHz 12 Core、メモリは128GBまでアップグレード可能になります。究極のMac Proに仕上げることが可能です。シングルCPUのMac Pro Early 2009をお持ちの方で、本格アップグレードを考えている方にお勧めです。

661-5708-1










Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.26GHz 8 Core 42,800円

CPUアップグレードキットを同時にご購入いただければ、無料で取り付けいたします。
CPUアップグレードキットは2010/2012モデルより高くなりますが、こちらのパーツは2010/2012用よりお安いので、かなり相殺できます。2010/2012モデルの究極仕様と同じレベルまでアップグレード可能です。



vintagecomp at 09:12|PermalinkComments(0)Mac改造 
プロフィール

Harry

Archives