2021年09月10日

バックプレーンボード各種販売中!

Mac Pro Mid 2010/2012用のバックプレーンボード、ほぼ常時販売中です。Mojave対応ファームアップ済みなのが嬉しいですね。
今回、ちょっと違うバックプレーンボード2種も販売中です。まずは、Early 2009用。これもMac Pro Mid 2010相当にファームアップ済みで更にMojave対応ファームアップ済です。
そして、Mac Pro Server Mid 2010用のバックプレーンボードを特価販売中!

661-5706












Mac Pro Early 2009用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Server Mid 2010用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Mid 2010/2012用 バックプレーンボード Mojave対応 15,800円

Early 2009でうまくMid 2010相当にファームアップできない方もいるようですが、これに換えればファームアップ済です。
Mac Pro Server Mid 2010用と普通のMac Pro Mid 2010用の違いは何か。何も違いません。ただ一点、「このMacについて」の表示が「Mac Pro Server Mid 2010」となります。この表示が気にならなければ、単純にお買い得です!

vintagecomp at 13:00|PermalinkComments(0)Products | Mac

2021年09月09日

9/14 Apple Special Event

9/14 米西海岸時間10時より、恒例のApple Special Eventが開催されます。今回もオンラインイベントです。

毎年この時期は、New iPhone, Apple Watchが発表されるのが恒例となっています。今年もiPhone 13シリーズ(仮称)、Apple Watch Series 7が登場するのは確実です。 
iPhone 13 無印は、プロセッサはA15 Bionicがバイオニックとなり、例によって速くなってカメラ性能が上がるものの、 大きな変更はなさそう。
iPhone 13 Proは、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzから120Hzにアップする模様。 また、自国の常時表示が可能になりそうです。動画撮影も大幅に強化され、ストレージはついに1TBが用意されるか? すごい価格になりそう。
Apple Watch Series 7は、サイズが変更され41mmおよび45mmと従来より1mmずつアップしそうです。
他にもiPad mini 6th Gen, iPad 9th Genの発表も期待されます。 

毎回注目されるのが、招待状の画像です。

Event 
これは何でしょうね。この画像以上にわかりやすいのがこちら。 New iPhoneにVR, AR機能が搭載されるということでしょうね。VRゴーグルのようなデバイスも期待されていますが、それはまだ先だと思います。

さて、 Vintage ComputerでiPhoneと言えば、米国版iPhoneの購入代行が好評です。毎年、発売直後に多くのご依頼をいただきますが、徐々に減って夏にはほぼなくなります。しかし、この時期少しだけ復活します。
一つには、新型モデルは不具合が出やすいのでモデル末期の安定した製品を希望される方がいらっしゃるということです。しかし、旧モデルは安くなって継続販売となることも多く、悩みどころです。
今のラインナップを見ると、iPhone 11は継続モデルですが、iPhone 11 Pro はラインナップされていません。ハイエンドモデルは、性能的には十分なのでこれが安くなれば新型が売れにくいという判断でしょうか。そんなわけで、iPhone 12 Proを入手できる最後のチャンスかもしれません。iPhone 12も今回の変更は大きくないようですから、果たして継続モデルで残るのか? (あくまで推測ですので、判断はご自身でお願いします。)

iPhone 12 Pro 購入代行
iPhone 12 Pro Max 購入代行

vintagecomp at 08:59|PermalinkComments(0)Apple Rumors 

2021年09月08日

PATA/IDE SSDがモデルチェンジ

PowerBookのような旧マシンの復活に便利なのが、PATA/IDE SSD。この頃のマシンは、HDDが寿命となり、久々に電源を入れてみたら立ち上がらない、なんてことも多いものです。HDDさえ交換すれば復活しますが、PATA/IDE HDDはもはや入手困難。そんな時に助かるのが、PATA/IDE SSD。新品が入手できるし、物理的可動部分がないので、故障の可能性もグッと低くなります。
そんなわけで、渋い人気のPATA/IDE SSDなのですが、モデルチェンジされました。何が変わったかというと・・・ 色。
PATASSD3















Fashion Sprout 128GB SSD 2.5インチ PATA/IDE 9,800円

白から黒への変更ですが、ずいぶんかっこよくなったように思います。性能的には全く同じなので、気分の問題ですが気分も大事ですよね。
デスクトップの3.5インチ PATA SSDも取り扱っています。

vintagecomp at 11:10|PermalinkComments(0)Mac改造 

2021年09月07日

プロセッサーボード祭り!

Mac Pro 2009-2012用のプロセッサボード各種、特価販売です! 色んなスペックを各種取り揃えています。 プロセッサボードをサクッと入れ替えるだけで、アップグレード完了! 取り付け作業が不要です。

661-5708F












Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 12 Core 8GB 79,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 12 Core 8GB 69,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 8GB 24,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 8GB 19,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.2GHz 4 Core 8GB  9,800円

Early 2009用
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 8GB 19,800円
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.66GHz 4 Core 8GB 9,800円

Early 2009用のデュアルプロセッサーボードもあったのですが、ご紹介する前に売れてしまいました。Mid 2010/2012用とEarly 2009用では互換性がありませんので、ご注意ください。
お早めにどうぞ!


vintagecomp at 13:13|PermalinkComments(0)Mac改造 

2021年09月04日

Mac Pro 2013用純正SSD 新品が入荷!

Vintage Computerでは純正PCIe SSD各種を取り扱っております。以前は、新品を取り扱っていましたが、最近では新品入手が困難となり程度の良いRefurbished品を取り扱っています。
純正SSDは、旧OSでも利用可能で、やはり純正ならではの信頼感が魅力です。久々に Mac Pro 2013用の新品純正PCIe 1TB SSDが入荷しました。

PCIeSSD1TBHS1















Apple純正 Samsung 1TB PCie SSD for Mac Pro 2013 純正放熱板付き新品 39,800円

2018年末以降製造の未使用品です。Mac Pro Late 2018はもちろん、Mac mini Late 2014やMac Pro 2008-2012のタワー型でも使用可能です。Mac Pro タワーで使用するには、こちらのアダプタが必要です。
限定数で、次回入荷があるかどうかは未定です。 

9/6(月)は米国祝日のため、お休みをいただきます。

vintagecomp at 08:06|PermalinkComments(2)Products 

2021年09月03日

iOSのWalletで運転免許証携帯が可能に

Appleが発表しています。
iOS 15からiPhoneとApple WatchのWalletに運転免許証やState IDを入れて携帯、提示が可能になります。これはかなり便利です。最初に可能になるのは、アメリカの以下の州です。

Connecticut, Iowa, Kentucky, Maryland, Oklahoma, Utah

残念ながら、私の住むカリフォルニアはまだお預けです。Appleのお膝元でもあり、テック企業の総本山でもあるだけに、このニュースを見た時にはきっとカリフォルニアも、と思ったのですが最初の週からは漏れてしまいました。関係あるかどうかは分かりませんが、共和党が強い州から始まっているようにも見えます。
とは言え、実際に動き出せば他州にも早晩広がるのではないかと思います。日本は?? 役所の認可が必要な事案では、日本はかなり時間がかかるので、当面先ではないかと思います。

アメリカでは、運転免許証がIDとして絶大なポジションを得ています。ほぼ 身分証明書=運転免許証 という感じです(もちろん例外あり)。そのため、アメリカで生活するにはまずは運転免許証の取得が第一。もちろん、国内線飛行機に登場する際も、通常運転免許証を提示します。ところが、運転免許証の取得の際に提示するIDがあまり厳格でなかったこともあり、アメリカの国内線飛行機の搭乗の際にはReal IDの提示が必要となりました。Real IDは厳格なID提示により発行された新たな免許証の他、パスポートやグリーンカードなどが該当します。私もつい先日Real IDの運転免許証への書き換えを行いました。
ID確認の厳格化が目的ですから、iPhoneやApple Watchに表示された免許証で有効になるのか?と思いましたが、Appleの発表を見る限り対応するようです。この辺りは、Appleの政治的な突破力は見事だと思います。
カリフォルニアでの早期の対応を期待したいです。そして、日本も。 いずれは、パスポートも対応するようになるかもしれませんね。

vintagecomp at 14:16|PermalinkComments(0)Apple Topics | USA

2021年08月31日

久々ののコンピュータースワップミート

Vintage Computer 設立のきっかけとなったのが、ここカリフォルニアのコンピュータースワップミートです。当時 Old Mac, Old Appleの本体やパーツが多数格安で売られており、駐在員だった私は自分の趣味のために買い集めました。売るほどに積み上がってしまった本体やパーツをネット販売したら、意外に大きな反響。そこで、駐在員を辞めてVintage Computer を設立したのでした。

20年以上前は毎週のように開催されていたコンピュータースワップミートも、ネットオークションの普及でめっきり少なくなりましたが、まだ2つほどのコンピュータースワップミートは健在です。しかし、コロナ禍で1年半ほど休止となっていました。それが、先日の土曜日約1年半ぶりに開催されていました。早速、行ってきました。

swap












売り手も買い手も、従来の半分くらいしか集まっていませんでした。青空のもとの開催ですし、蜜でもなく、多くの方はマスクをしており(屋外小中規模イベントのマスク着用義務はありません)危ない感じはなかったですね。

この1年半で溜まった在庫が一気に放出されるのか、はたまたこの1年半ビジネス休止状態でめぼしいものはないのかどっちだろうと思いましたが、いつも通りの感じでした。
早速買い付けしましたので、近日放出します。

vintagecomp at 05:32|PermalinkComments(2)USA 

2021年08月28日

Vintage Computerのお支払いについて

Vintage Computerのお支払いは、クレジットカード、Paypal、銀行振込、代引きがお選びいただけます。一番多いのは、やはりクレジットカード。やはりWEB通販では、標準的なお支払い方法と言えると思います。
ところが、最近クレジットカードのお支払いが減っています。減っているというか、お支払いが通らずに、銀行振込等に変更しているケースが増えております。
カード番号やセキュリティコードの入力ミスなどは別として、有効なクレジットカードを使用しているのにお支払いが通らない場合があります。昨今はカード情報漏洩による不正利用も非常に増えており、カード会社が詐欺利用対策として、不自然と思われる利用を自動検出するプログラムを導入しています。普段利用しないジャンルの購入や、海外サイトでの高額利用など、引っかかりやすいようです。
もちろん、以前から時々おこっていましたが、最近特に増えています。カード会社も対策を強化しているのでしょう。 
そこで、お客様が取る方法は以下になります。

1. 銀行振込等他の決済方法に変更
2. カード会社に連絡して、再注文
3. 注文を諦める

弊社としましては、もちろん諦めないでいただきたいです。
1で問題なければ、弊社としても何ら問題はありません。しかし、本当はクレジットカードにしたいが、やむを得ず他の決済方法に変更する場合もあると思います。その場合は、ぜひカード裏面の電話番号に連絡いただき、カード会社にご本人の利用であることを説明いただければと思います。これで、カード決済が通るようになります。

アメリカでは、日本よりもカード詐欺等も多く発生しており、対策もより強化されています。例えば、モール内で連続して決済を行っただけで、決済が止まってしまうことがあります。また、旅行中に決済しようとすると、それだけで止まることも。こうなると、電話して復活してもらう必要があります。流石に不便なので、停止の際はテキストメッセージが来て、そのリンクから「正規利用」 のボタンを押すと復活することもあります。カード版2段階認証みたいなものですね。

上記をご参考に、ショッピングをお楽しみください。

vintagecomp at 13:22|PermalinkComments(0)一般 

2021年08月27日

Macのメモリはどれだけ必要?-2

昨日の続きです。Intel Macでは、MacをMacらしく使う(スマホではできないことをする)のであれば、たとえ初心者でも16GB以上がお勧め。これが私の意見です。
ところが、M1 Macが登場し、エントリーモデルのはずなのにその高性能ぶりがあちこちのレビュー記事で紹介されました。しかも、メモリ8GBであってもかなりの高性能であるとのこと。プロソフトを使っても、8K動画書き出しのようなよほどヘビーな作業をしない限り、高速動作するとのこと。
ユニファイドメモリによりメモリ管理が効率的になっているため、結構ヘビーな作業でも高速処理ができてしまうようです。
これなら、上級プロ以外は8GBでOKなのでは?

ただ、多くの方が使い出したことで、やはり8GBでの弱点も見えてきたようです。【M1 Mac】徐々にわかり始めたメモリ8GBの弱点 という記事が掲載されていました。この記事でも、やはり8GBでもかなり高速というのが読み取れるのですが、メモリ不足の警告が出て強制終了させられるという現象が複数のユーザーから報告されています。その原因というは明確にはなっていないのですが、どうもRosetta2 を使用している時に発生しているように思われます。

結論としては、超ヘビーな作業はしないし、Rosetta2も使用しない(Intel版のソフトは使用しない) のなら8GBでもいけそうです。
M1 Macは後からメモリの増設はできないので、
Rosetta2もバリバリ使うとか、ヘビーなソフトを複数同時使用するというような方は、やはり16GBが良いと思います。
ちなみに、Vintage ComputerではMacBook Pro 15" 2016 16GBとM1 MacBook Air 16GBを使用しています。前者は16GBでも時折メモリ不足を体験しますが、 
M1 MacBook Air 16GBではメモリ不足を経験したことはありません。保険の意味でも、やはり16GBがお勧めです。

vintagecomp at 11:41|PermalinkComments(0)Mac | テクニカル

2021年08月26日

Macのメモリはどれだけ必要?-1

Macのメモリはどれだけあれば十分か。これは使い方によるので、唯一の正解はありません。8GBで十分の人もいれば、64GBで全然足りない場合もあります。
そうは言っても、ある程度の指標があると助かりますよね。初心者ならこの程度、中級ならこれくらい、上級者ならこれ以上、といったことはよく言われます。
先日、初心者向けのMac系ブログで、Intel Macのメモリは8GBで十分と書かれていました。以下要約です。

Macのメモリは8GBもあれば十分、Adobeのソフトを駆使するようなプロなら別ですが、普通のユーザーなら8GBで十分です。「16GBをお勧め」なんて人は、メモリを買わせたいショップの回し者です。

私は常々、「8GBは最低限、初心者でも16GBはほしい」と言っています。まさに、ショップの回し者な訳ですが💦
確かに、メールとネットサーフィンを少々、くらいの使い方なら8GBで余裕です。とはいえ、これならスマホでもできてしまうことで、わざわざMacが必要ではありません。Macを使う以上は、それ以上のことがしたいじゃないですか。
わざわざプロ用のソフトを買わなくても、Macには本格的なApple純正ソフトがフリーで使えます。iMovie, GarageBand, iWork, Keynoteなどもなかなかメモリをたくさん使ってくれます。また、利用者が多いMS Officeもかなりメモリを使います。また、Safariも多数のウィンドーを開けばかなりのメモリを使います。これらのソフトを連携させて使うと、もう8GBではレインボーマークが出てしまい、作業性は極端に落ちてしまいます。このように、MS Officeと純正ソフトを使いこなすためにも16GBは必須と考えています。
いやいや初心者だからという方、上級者ならなぜ動作が遅くなったか理解してメモリ管理しながら使うこともできますが、初心者こそそんなことに気を使わずに作業したいもの。

メインマシンは別にあって、お出かけ専用のセカンドマシンなら8GBもアリかもしれません。しかし、メインマシンとしてしっかりと使うなら、やはり16GB以上がお勧めです。最近のMacは後からメモリ増設できない場合も多いので、購入時に十分なメモリを搭載しておくのが肝心ですね。

さて、以上はIntel Macのお話し。M1 Macになり、メモリ管理効率が上がったため8GBで十分という声もさらに多く聞かれるようになりました。 実際のところどうでしょう(続く)。

vintagecomp at 11:59|PermalinkComments(0)Mac | テクニカル
プロフィール

Harry

Archives