2019年05月24日

OWC Envoy Pro PCIe SSD USB 3.0 ケースを値下げ!

PCIe ブレードタイプの純正SSDを内蔵できるのがこのUSB 3.0ケース。類似品はいくらでもありそうな気がしますが、実際のところはほぼこの製品しかありません。

EnvoyPCIe













OWC Envoy Pro PCIe SSD USB 3.0 ケース 14,800円  12,800円

他の規格の外付けケースがずっと安価ですから、これまで高すぎるという声も多かったのですが、専用品でほぼ唯一の製品ということもあり長らく 14,800円で販売してきました。それでも人気商品でしたが、ご要望にお応えして少々ですが値下げしました。
OSの起動にも対応していますので、OSのインストール、データー移行、取り外したSSDの有効活用に便利です。また、壊れた本体からのデーター救出にも役立ちます。SSDのアップグレードやトラブル時にぜひ欲しい逸品です。

vintagecomp at 03:00|PermalinkComments(0)Mac 

2019年05月23日

iMac 4K 2019もメモリアップグレード64GBが可能!

iMac 5K 2019は、最大で128GB(32GBx4)までのメモリアップグレードが可能です。ではiMac 4K 21.5" 2019はどうでしょう。アップル公表の仕様では、5Kは「ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4」となっていますが、4Kは「オプション:16GBまたは32GBに変更可能」としか書かれていません。
アップル的にはユーザーアップグレードはできず、 購入時に8GB, 16GB, 32GBを選んでくださいということになっています。最近お得意の、メモリチップ直付けになっているのでしょうか?
2017モデルでは21.5”にもメモリスロットが2つあり、全バラシを行えばアップグレード可能となっています。 それなら2019モデルも同様ではないかと思いますが、安易に断定はできません。21.5" 2015モデルはメモリチップ直付けになっており、2017モデルで復活していますので、油断はできません。実機確認が必要です。

iMac4K2019 

はい、メモリスロットありです。2017モデルとほぼ同じですが、Mac mini 2018同様にメモリーケージが追加されています。ここまで全バラシすれば、メモリーケージの取り外しは屁でもないですね。もちろん64GB(32GBx2)にも対応しています。

64GBキット(32GBx2)DDR4 2666MHz SODIMM 78,000円
32GBキット(16GBx2)DDR4 2666MHz SODIMM 28,000円
16GBキット(8GBx2)DDR4 2666MHz SODIMM 14,800円

なお、全バラシが必要になりますがので、腕に自信のある上級者の方かプロに作業をお願いする方しかお勧めしません。分解方法は、2017モデルとほぼ同じでかなり大変です。また、ディスプレイ用の両面テープもお忘れなく。

vintagecomp at 04:18|PermalinkComments(0)Mac 

2019年05月22日

MacBook Pro 2019モデル発売!

ひっそりと?新発売になっています。普通ニューモデルはトップページに表示されるものですが、全くトップページには表示されていないですね。主な違いは、CPUのアップグレードくらいです。15インチの8 Core が新しいですね。

てんこ盛りにすると13インチでは、4 Core Intel Core i7/2.8GHz、16GBメモリ、2TB SSDが選べます。15インチでは、8 Core Intel Core i9/2.4GHz、32GBメモリ、Radeon Pro Vega 20、4TB SSD  が選べます。
15インチ全部盛りで、715,300円!

昨日話題にした副社長のマシンは、2013モデルですから、そろそろ買い替えを考えても良いかもしれませんが、決定打がないんですよね。
私はMacBook Pro 15" 2016モデルで、メモリ16GBに限界を感じています。メモリ32GB、SSD 2TBが条件となるので最低でも$3,999。う〜〜ん、$4,000の魅力はちょっと感じられないんですね。13インチでメモリ32GBが選べたら行くんですけどね。

買い替えは次期モデル以降にお預けとなりそうです。つくづく思うのは、少し厚くなっても良いのでメモリスロットとSSDスロットがあればな〜ってことです。望み薄ではありますが、2012モデルでは薄いRetinaと厚くてスロット付きの非Retina モデルをラインナップしていたので、そういうのが理想なんですけどね。


vintagecomp at 06:54|PermalinkComments(1)Mac 

2019年05月21日

断捨離かアップグレードか?

Vintage Computerの副社長のマシンは、MacBook Pro Retina 13” Late 2013 Core i5 2.6GHz 16GBメモリ 512GB SSDです。もう5年半も使っているマシンですが、それほど高度な作業をするわけでもないので、今でも性能的に不満を感じていません。
ただ、ちょっと困っているのがSSDの容量。ここ1、2年 30〜50GB程度の空き容量で使っています。SSDなら売るほどあるので(笑)、1TB SSDへのアップグレードを強く勧めているのですが、最近コンマリに凝っていて、置き場を増やすのではなく断捨離をすると言って頑なにアップグレードを拒否しています。
しっかり断捨離して空き容量を増やしてくれれば文句はないのですが、いよいよ空きがなくなる度に必要な分だけ捨てるということを繰り返しています。そのため、動画編集を依頼してもまずは容量確保からとなって、すぐには着手できないといった問題も。

やはり、ストレージの空き容量が確保されている方が性能的にも有利ですし、動画などの大きなファイルをインポートする際もすぐに対応できます。空き容量が少ない場合は、SSD交換が可能な機種であればアップグレードをお勧めします。



 660PADPHS















Intel 660P 2TB SSD for MacBook Air 2013-2017, Retina 49,800円
Intel 660P 1TB SSD for MacBook Air 2013-2017, Retina 24,800円

Intel 660P 2TB SSD for Mac Pro 2013, Mac mini 2014 49,800円
Intel 660P 1TB SSD for Mac Pro 2013, Mac mini 2014 24,800円

Intel 660P 2TB SSD for Mac Pro 2009-2012 49,800円
Intel 660P 1TB SSD for Mac Pro 2009-2012 24,800円

Apple 純正 Samsung 1TB PCie SSD  69,800円

副社長のSSDは、隙を見てこっそりと交換しておこうかと思います(笑)。

vintagecomp at 08:13|PermalinkComments(0)Mac 

2019年05月18日

MacBook Pro Retina, iMac 2012-Early 2013用 2TB SSD

PCIe SSDは、MacBook Air 2013-2017等に採用されており、高速かつ2TBまでの大容量化も可能で大変好評です。その波にちょっと乗り遅れているのが以下の機種です。

MacBook Pro Retina 13" Late 2012, Early 2013
MacBook Pro Retina 15" Mid 2012, Early 2013
iMac 21.5"/27" Late 2012

これらの機種は、Late 2013 以降の機種と外観は同じなのですが、SSDの規格については一世代前の専用ブレードタイプのSATA 3です。
純正SSDは最大768GB ですが、サードパーティー製で1TBのものも販売されています。しかし、もっと大容量ならまだまだいけるのにという要望もあると思います。他社ではほとんど販売されておりませんが、Vintage Computerでは2TBのSSDを販売中です。これまで98,000円で販売しておりましたが、さすがにこの価格では限られた数のみの販売となっていました。少々特殊なものだけに、どうしても高くなってしまうのですが、今回値下げしました。

RetinaMSATASSD2












Samsung 2TB SSD, MBPR 13/15, iMac 2012~Early 2013用 98,000円 79,800円
Samsung 1TB SSD, MBPR 13/15, iMac 2012~Early 2013用 29,800円
Samsung 500GB SSD, MBPR 13/15, iMac 2012~Early 2013用 16,500円

値下げ後も安いとは言えませんが、不可能を可能にするSSDです。コスパの良い1TB, 500GBもあります。

vintagecomp at 05:18|PermalinkComments(0)Mac 

2019年05月17日

心電図機能 iOS 12.3, watchOS 5.2.1も問題なし

Apple Watchの購入代行は好評をいただいておりましたが、プリインストールOSがwatchOS 5.2だと日本でセットアップできないという情報により、5/12を持って終了させていただきました。
これまで、すべて watchOS 5.1.3までで、この情報がわかって以来開封ペアリングし、バージョンを確認後に発送していました。その間の分もすべて watchOS 5.1.3までで、これはもしやまだ当分プリインストールがwatchOS 5.2にならないのではないかと思いましたが、5/12の最後のご注文分でとうとう当たりが出てしまいました。これまでは情報をいただいていただけでしたが、やはりwatchOS 5.2ではiOS 12.1.1-12.1.4とペアリングしようとすると、iOSを最新にすることが求められてセットアップできないことが確認できました。
結果的に、5/12を持って終了というのは、ベストなタイミングだったのかもしれません。

これまでのお客様には、全てiOS 12.1.1-12.1.4でセットアップいただき問題なく心電図機能をご利用いただいております。その後、iOS 12.2とwatchOS 5.2にアップデートしても問題はありません。そんな状況で、iOS 12.3とwatchOS 5.2.1が先日リリースされました。これまでの状況より大丈夫ではないかと思いますが、やはり確実な情報がないと心配です。
コメント欄に、iOS 12.3とwatchOS 5.2.1にアップデートしても引き続き問題なく心電図機能が利用できたという情報をいただきました。情報ありがとうございました。
これまで2件の情報をいただいていますので、大丈夫でしょう。
 

vintagecomp at 02:26|PermalinkComments(15)Apple Watch 

2019年05月16日

サイトダウン中

ただいま(日本時間11:45 AM現在)、Vintage Computerのサイトがダウン中です。すでにダウン後5時間ほど経過しました。

ホスティング先で、すでに原因は判明したそうで対処中とのことです。待つしかないのですが、早く復旧してくれると良いのですが。

本日(当地5/15)の発送は完了し、トラッキングのお知らせも完了しております。

ご不便をおかけして、申し訳ございません。今しばらく、お待ちください。

5/16 15:30追記
サイト復旧しました。ご迷惑をおかけしました。 

vintagecomp at 11:50|PermalinkComments(0)一般 

2019年05月15日

起動対応のMac Pro 2009-2012用NVMe SSD

先週、「コスパ最高の660P NVMe SSDの取り扱い開始」のお知らせをしました。お陰様で好評です。
今回は、その中のMac Pro Early 2009〜Mid 2012用について解説します。 
商品は、こちらです。


 PCIeMP













Intel 660P 2TB SSD for Mac Pro 2009-2012(起動対応) 49,800円
Intel 660P 1TB SSD for Mac Pro 2009-2012(起動対応) 24,800円

High SierraよりNVMe SSDの使用が可能になり、対応するほとんどの機種で起動も可能になりました。ところが、Mac Pro Mid 2010~Mid 2012に関しては、NVMe SSDの認識はしてストレージとして使用できるものの、macOSの起動には非対応でした(2009のFirmwareを5,1にアップデートした場合も同じ)。これはFirmwareが対応していないためで、如何ともしがたいものがありました。
Mojave 10.4になり他機種の起動時の問題のバグも解消したので、もしかするとMac Pro Mid 2010~Mid 2012でも対応したのではないかと期待しましたが、残念ながら非対応。メジャーアップデートでもダメだったということは、このまま起動対応については放置されるのではないかと思いました。ところが、macOS 10.14.1以降のフルインストーラーに含まれるFirmwareアップデートで、NVMe SSDの起動に対応しました。各OSのBoot ROMのバージョンを確認してみましょう。

macOS Boot ROM 動作状況
10.13.x MP51.008x.B00 NVMe 認識, 起動不可
10.14 138.0.0.0.0 NVMe 認識, 起動不可
10.14.1 140.0.0.0.0 NVMe 認識, 起動可
10.14.4 141.0.0.0.0 NVMe 認識, 起動可

Boot ROMバージョンが、140.0.0.0.0以上であれば起動にも対応します。なお、Firmwareがアップデートされれば、High Sierraでも起動は可能になります。
気をつけたいのは、Firmwareがアップデートされるのはフルインストーラーのみという点です。アップデーターではFirmwareはアップデートされません。例えば、10.14はフルインストーラーのみですので、インストール時に138.0.0.0となります。その後、毎回アップデートをかけていくと、最新の10.14.5でもBoot ROMは138.0.0.0.0のままです。フルインストーラーをダウンロードしてインストール必要があります。


vintagecomp at 08:26|PermalinkComments(7)テクニカル 

2019年05月14日

超レアな純正ビデオカード

ビデオカードセール開催中です。

セール中の一つに、かなりレアなカードがありますので、ご紹介しておきたいと思います。

FX5600















nVIDIA Quadro FX 5600 1.5GB for Mac 14,800円

「超レア? オークションなどで時々見かける」 という方もいらっしゃるかもしれません。確かに結構出ているのですが、その多くがPC用カードのROMの書き換え品です。
書き換え品は、リヤエンドにメタルプレートがついていたりしますが、純正品はそれはついておらず、可動する謎の押さえがついています。

End













本品は、Mac Pro Early 2008の純正最上級オプションでした。オプション価格は、なんと285,000円 Early 2008本体のベース価格が278,000円でしたから、本体より高い当時の超ハイエンドカードです。
これだけ高価なカードで、本体購入時のオプションでしか販売されなかったので、 かなりのレアカードです。
もちろん、性能的にも当時としては弩級。 ビデオカードは性能向上が著しく、少し古いハイエンドよりも2、3年新しいミドルレンジモデルの方が性能がよかったりしますが、さすがにMid 2010用のRadeon HD 5870を上回る性能を発揮します。ということは、中古品としてもかなりコスパの良いカードと言えるでしょう。
もちろん、1台のみですのでお早めに!

vintagecomp at 08:47|PermalinkComments(0)Mac 

2019年05月11日

Apple Watch 購入代行、明日で終了

5/8の記事でお知らせした通り、Apple Watch 購入代行は最終受付中で日本時間5/12(日)を持って終了します。
watchOS 5.2がプリインストールされていると、iOS 12.1.1-iOS 12.1.4であっても日本で心電図機能を有効化できないとの報告があったためです。
幸い今の所Vintage Computerで購入代行を行ったApple Watch は全てwatchOS 5.1.xでした。ちなみに、5/8の記事以降も数件のご依頼をいただきプリインストールOSの確認を行いましたが、大体5.1.3でなんと5.1.2のものもありました。ということは、まだしばらくは行けそうな気もしますが、既にwatchOS 5.2でf販売されていたという報告もありますので、切り替わるのは時間の問題です。5/12(日)をもって終了させていただきます。



 AWS4-WH

















Apple Watch Series 4 GPS 米国版(最終受付)  64,800円

開封してwatchOS バージョンを確認の上発送します。もしも、watchOS 5.2であればご注文はキャンセルとさせていただきます。 
日本時間5/12(日)まで、最後のチャンスです! 

vintagecomp at 10:15|PermalinkComments(13)Apple Watch 
プロフィール

Harry

Archives