2018年04月14日

本日よりiPhone 8 RED が発売!

本日より、iPhone 8 RED が発売されました。近隣のApple Storeにも入荷を確認しました。
ベゼルが黒になってぐっとしまった感じ。個人的には、iPhone 7 REDの白いベゼルよりも好みです。カメラシャッター音が消せるiPhone 8の購入代行は、今でも根強くご依頼をいただいております。従来価格と同価格でお受けしています。

 iPhone8PlusRD



















iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 256GB  142,800円
iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 64GB  119,800円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 256GB  128,000円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 64GB  104,800円 

発送は、週明けの4/16(月)からとなります。

vintagecomp at 06:08|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年04月13日

MacBook Pro 2016 が死んだ!?

私のメインマシンMacBook Pro 15" 2016に大トラブル発生です。昨日、オフィスで仕事を終えた時点までは何も問題ありませんでした。リッドを閉じてスリープ状態でカバンの中に。退社後は所用があり夜遅くに自宅に戻りリッドを開いても、画面が明るくなりません。こういう時は、慌てずパワースイッチを長押しして、再度パワースイッチを押します。しかし、全く反応なし。何の反応もなく、全く電源が入りません。

こうなるとやれることは、SMCのリセットくらいしかありません。やってみても効果なし。色々いじっても、ウンともスンとも言いません。こうなると、しばらく放置でしょうか。とりあえずは寝て、翌朝パワーオン。
「昨夜のことは夢であってくれ!」
願いも虚しく無反応。その後もいじくってみるものの効果なし。結局ジーニアスバーに予約を入れましたが、空いているのは4日後の月曜日。単純な故障ではなさそうなので、さらに時間がかかりそうです。
しかし、少し前のマシンならメモリを外したりSSDを挿し直してみたり色々やれましたが、今時のマシンはやれることはあまりなく、また起動音やメカ動作音もないのでやりにくいですね。

なんとか、予備マシンとしてMacBook Pro Mid 2012をセットアップしましたが、色々と不便な状態で業務にも支障が出ております。

早く解決してほしい! 

4/17追記:ジーニアスバーに持ち込みました。当日修理にわずかな望みをかけていましたが、やはり修理センター送りとなりました。見積もりはフラットレーとの$795。痛いですが、やむを得ないです。
それより、1日も早く元気になって戻ってきてほしい!
 

vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(6)Mac 

2018年04月12日

USB 3.0 外付けHDDの不具合

このところ、何度かMac Pro用のUSB 3.0カードについて取り上げました。

InaUSB3-4










Inateck 4 Port USB 3.0 PCI Express カード 5,980円

それに伴って、本カードをご利用の複数のお客様から外付けUSB 3.0 HDDが正常に使用できていないとのご指摘をいただきました。内容は、以下の通りです。

 ・複数の外付けHDDを使用しているが、使えるものと使えないものがある。
・本体のUSB 2.0に接続すれば、全く問題なし。
・ マウントされるが、動作が非常に遅く強制排出されてしまう。

う〜〜む、これはこのカード特有の問題でしょうか。 実は、この問題は広く発生しております。例えばこちら

内容をまとめると、以下の通りです。

・OS X 10.11 El Capitan 以降発生しており、最新OSでも発生。
・本体標準のUSB 3.0ポート、 拡張カードのUSB 3.0ポート、いずれでも発生している。
・発生しているのは、JMicron のチップセットを使用したやや古めの 外付けUSB 3.0 HDD。

このような症状が発生する場合、 チップセットを確認してください。おそらく、JMicronのはずです。JMicron チップセットでも最近の製品(2年以内くらい)は大丈夫のようです。
対策として、まず確実なのは上記に該当する外付けケースは使用しないことです。また、性能は落ちてしまいますが、USB 2.0でのみ使うことも一案です。
あとはFirmwareのアップデートがあれば良いのですが、 JMicronとしては提供していないようです。外付けHDDメーカーで用意している場合もありますので、確認してみると良いと思います。

vintagecomp at 06:19|PermalinkComments(2)テクニカル 

2018年04月11日

極上のLisa 2/10が入荷

久々にLisaが入荷です。今回は、極上品です。
 
Lisa6-1















Lisa 2/10 with X/Profile 280,000円

 筐体の日焼けも非常に少なく、30年以上前のビンテージ物としては極上と言って良いと思います。
  X/Profileにより、Lisa OS 3.1, Lisa OS 2.0, Mac OS 6.0.2 が動作します。実は、このLisaは入手した際には、内蔵HDDから起動可能でした。このまま販売するべきかとも考えましたが、整備、テストを重ねて行くうちに起動しなくなってしまいました(涙)。やはり早晩こうなってしまうので、 X/ProfileでCFカードが使えるようにしておくのが良いですね。これにより、電源の負担もずっと楽になります。

本品のマウスはMac用です。Lisa マウスでないとがっかりされる方も多いのですが、実はLisa 2にはMac用マウスの方が標準的です。
まず、Lisa本体にはマウスはバンドルされておらず、別売りで購入する必要がありました。Lisa 1の頃は、 Lisa マウス以外の選択肢はありませんでした。Lisa 2の時代になると、Lisa マウス、Macマウスどちらも購入可能になります。それぞれのマウス端子はこうなっています。

Mouse
Lisa マウスは、挿入すると樹脂の突起でロックされます。Mac用はネジで固定します。Lisa 2/10のマウス端子は、Macと同じネジ式です。 Lisa マウスも挿入すれば使えますが、ロックはされず引っ張ると抜けてしまいます。どう考えても、 Mac用マウスを使用するのが標準的ですね。

Apple II Plusも新入荷です。

Apple II Plus RFI 64KB with Disk II Drive  45,800円 

vintagecomp at 08:05|PermalinkComments(0)往年の名機/パーツ 

2018年04月10日

iPhone 8 RED 4/13発売

iPhone 8が発売になった際、REDが設定されていなくてがっかりした方もいたと思います。iPhone 7 REDは昨年3月に追加されましたので、このまま設定されないのかと思ったら発表されました。価格や容量は既存モデルと同じで、 色だけがスペシャルです。
4/13(金)の店頭発売です。

iPhone 7 とiPhone 8の外観上の違いというと、背面パネルの表面がガラスになっているかどうかですが、これはぱっと見や画像ではわかりにくいですね。REDは、これ以外にも外観上の大きな違いがあります。
 iPhone 7 REDのベゼルは白でしたが、iPhone 8のベゼルは黒。ぐっとしまった感じがしますね。早速、購入代行の受付を開始しました。

 iPhone8PlusRD



















iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 256GB  142,800円
iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 64GB  119,800円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 256GB  128,000円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 64GB  104,800円 

代行価格も従来と同じです。やっぱりREDは 断然目立ちますね。発送は、週明けの4/16(月)からとなります。

vintagecomp at 07:45|PermalinkComments(0)iPhone 

2018年04月07日

Vintage Computer チャンネル第176回〜君はApple II Europlus を知っているか?〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第176回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

レアなApple II Plusですが、Vintage Computerではちょこちょこと販売しております。今回超レアなApple II Plusが入荷しました。欧州向けのApple II 
Europlus です。
通常のApple II Plusとどこが違うのか、じっくり見てみましょう。



Apple II Europlus 販売中です。

Apple II Europlus 64KB with Disk II Drive  109,800円 

vintagecomp at 03:52|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2018年04月06日

Apple II Plus with Disk II Drive が入荷!

Apple II Plusを年に何台も販売しているショップは、世界でもVintage Computer くらいではないでしょうか。Apple IIは超レアで、Vintage Computerでも数える程しか扱っていませんが、Apple II Plusの方はこの1年で10台以上販売しています。IIシリーズではIIe, IIc, IIgsなどの方が入手も容易なわけですが、II Plusの方をより多く扱っています。理由としては、以下があります。

1. 販売期間が長く、超入手困難ではない。
2. それでも入手困難なだけに、入手できる機会があればすかさず入手している。
3. 多くは動作不良、不動品だが、整備、修理のノウハウを持っている。

もちろん、年々状況は厳しくなるわけでいつまでも販売が続けられるわけではありませんので、Old Apple ファンの方、ぜひ今の内にと思います。

Apple2P11-1












Apple II Plus RFI 64KB with Disk II Drive  44,800円

ガレージカンパニー時代を別とすれば、AppleはApple IIから始まりました。II Plusの方も、外観やハードはオリジナルのApple IIとほとんど変わりません。
また、Integer Basic ROM Card を使えば、動作の方もオリジナルのApple II並みになります。

Integer Basic ROM Card for Apple II plus, IIe  19,800円

vintagecomp at 05:25|PermalinkComments(0)往年の名機/パーツ 

2018年04月05日

MacBook Pro 13" 2011モデルのHDDケーブル

MacBook Pro 13" Early/Late 2011 モデルは、15"/17"のようなGPU問題もなく、今でも使っている方は多いのではないでしょうか。16GBメモリにアップグレード可能ですし、SSDに換装すれば性能は今でも不足を感じません。SATA 3にも対応しているので、SSDの性能は500MB/sec以上も可能です。

しかし、せっかくSSDに換装したのに、今ひとつ速くないという方もいらっしゃるかもしれません。実は13” Early 2011, Early 2012のHDDケーブルには少々問題があって、高速SATA 3 SSDを装着してもSATA 2と認識されてしまい十分な性能が出ない場合があるのです。
純正のHDDでしたら問題は出ないですし、純正のSSDオプションもSATA 2 SSDだったので、純正構成では特に問題は出ません。SATA 3 SSDに換装した場合のみ問題が出てしまいます。

その対策パーツがこちらです。

923-0104












HDDブラケット, IR/スリープ/HDDケーブル MacBook Pro 13インチ 2011-2012用 4,980円
IR/スリープ/HDDケーブル MacBook Pro 13" 2011-2012用 3,800円

Mid 2012用の純正パーツです。2012モデルと規格やコネクタ位置は変わっておらず、互換性があります。外観上も、2011モデルのケーブルよりもぐっと幅広くなっています。
ブラケット付きと無しがあります。ブラケットとIRケーブルは、元のパーツから移植しても良いのですがかなり細かい作業になりますので、ブラケット付きがお勧めです。

2011モデルで既にSATA 3に換装しているのにSATA 2の性能しか出ていなくても、HDDよりはずっと速いので、気がつかない場合もあるかもしれません。速度をチェックして性能が出ていなければ、ぜひ交換をお勧めします。





vintagecomp at 07:08|PermalinkComments(0)テクニカル 

2018年04月04日

USBカードの秘密

先日も取り上げたMac Pro用のUSBカードです。


InaUSB3-4










Inateck 4 Port USB 3.0 PCI Express カード 5,980円

OS X 10.8.5〜10.13.x でOSの標準ドライバーで動作します。ドライバーインストールなしで、ほぼどのOSでも動作するのは嬉しいですね。その秘密はchipsetにあります。本カードにはFL1100というchipsetが搭載されており、これがmacOSでは標準的にサポートされています。
InateckのWEBサイトを確認すると、本カードは「Mac OS 10.8.2〜Mac OS 10.9.5」で使用可能となっています。弊社の商品説明で10.8.5〜としているのは、それ以前の標準ドライバーよりも熟成されており、あえて10.8.2〜10.8.4で使う理由はあまりないためです。ではメーカーサイトで10.9.5までとなっているのに、10.10以降で本当に使えるのでしょうか?

実は使えるカードと使えないカードがあるのです。当初本カードはFL1100が搭載されていましたが、その後FL1000が搭載されたカードに切り替えています。FL1000は10.8.2〜10.9.5まではOS標準ドライバーで動作していましたが、なぜか10.10以降サポートが外れてしまいました。その後しばらくしてFL1100に戻していますが、パッケージの表示などからは全く区別がつきません。
つまり同じ品番の製品ながら、10.9.5までしかサポートしていないカードと最新OSまでサポートしているカードが混在しているわけです。見分けられないため、メーカーサイトでは「Mac OS 10.8.2〜Mac OS 10.9.5」と表示しているものと考えられます。
他社品でも、同様に同じ品番して混在している製品がありますので、注意が必要です。もちろん、Vintage Computer では、FL1100 搭載を確認済みのカードのみを取り扱っています。

さてもう一つ、最近のUSBカードはUSB 3.1を謳うものが多くなっています。本カードはUSB 3.0。性能差があるのでしょうか?
実は、本カードもUSB 3.1 Gen 1です。5Gbpsの性能のUSB 3.0ですが、後に名称がUSB 3.1 Gen 1に変更されています。つまり

USB 3.0 = USB 3.1 Gen 1

です。では本品もUSB 3.1 Gen 1と表示した方がよさそうですが、パッケージがUSB 3.0のままですので、そのままにしています。倍速 10GbpsのUSB 3.1 Gen 2のカードもあります。

USBcAbl












Ableconn 2 Port USB-C USB 3.1 PCI Express カード 6,800円

こちらは、OS X 10.11 El Capitan に非対応なのが残念ですが、最新のUSB-C 3.1 Gen 2が使用可能です。

vintagecomp at 05:41|PermalinkComments(0)テクニカル 

2018年04月03日

High Sierra インストール問題が半年ぶりに解決!

Macのメインマシン(MacBook Pro 15 inch Core i7 2.7GHz 2016)は仕事で大活躍しているだけに、OSのメジャーアプデートは慎重になるのですが、High Sierraでは割と早めに9月末にトライしました。その結果は、起動しなくなってひどい目に。やむなく10.12 Sierraに戻しました。

問題は、インストール後以下の画面が点滅し、にっちもさっちもいかなくなります。

59770cee













リカバリーモードから再インストールも同じ、セーフブートも同じ現象になります。クリーンインストールはOKですが、そこからデーター移行すると同じ結果に。Time Machineからのデーター移行を諦めれば大丈夫そうですが、古いソフトのインストールが困難で最後の手段です。
10.3.4がリリースされたところで、そろそろバグも収まっているのではと考え、再度インストールしてみました。ところが結果は同じ!

前回は自力解決にこだわって10.12 Sierraに戻しましたが、今回も撤退となるといつできるかわかりません。SNSで情報を求めましたが、なかなかアドバイスがありません。やっと「セーフブートでCrash Reportを確認し、問題のカーネルイクステンションをDeleteすると良い」との経験談をいただきました。しかし、私の場合セーフブートもせず問題の画面になってしまうのでそのままの方法は取れません。
そこで、別のMacにターゲットモードで接続して、Crash Reportを確認することにしました。

MacBook Pro Mid 2012にターゲットモードで接続し、Mid 2012をパワーオンしたところ、なぜか2016モデルのドライブから起動が始まりました。アップルロゴが出てステータスバーが進みもう少しのところで、2度ほど点滅。これは同じか? いや、立ち上がりました!!!
早速Crash Reportを確認しましたが、該当時間のレポートがありません。この方法もダメか。やむなく、終了。2016モデルのみで再度立ち上げてみました。すると!
ステータスバーの下に、「インストール中 残り時間2分」の表示が?
どういうわけか、インストールプロセスが再開されました。実際に、2分ほどでインストール完了。そして、立ち上がった!!! 出たぞ、High Sierra のデスクトップ!!

半年ぶりに懸案解決です。さすがオレ! いや、原因全然わからないし、ただの結果オーライなんですが。インストール中一度はバーが最後まで行って、再起動。そして、この点滅となっていました。考えるに、実はインストールは終わっておらず、残りのインストールを進めようとはするものの、なんらかの問題でインストールが途中停止してしまっていたということではないでしょうか。

Dreamweaver CS4, Fireworks CS4, Office 2011, Filemaker 10 の動作もまずは問題ないです。

ネット上でもほとんど同様の不具合報告はないですが、もしも同じような状態になったら他のMacでターゲットモードで起動すると、解決につながるかもしれません。

vintagecomp at 06:50|PermalinkComments(5)テクニカル 
プロフィール

Harry

Archives