2019年03月26日

アップルスペシャルイベントでApple TV+他を発表

本日、アップルスペシャルイベントが開催されました。冒頭から、クックが今日はサービスにフォーカスすると表明。全て、サービス系の発表でした。

Apple News+
Apple Card
Apple Arcade
Apple TV+

4つのサービスが発表されました。

Apple News+は雑誌や新聞等が読めるサブスクリプション。月$9.99で300誌以上の雑誌が読める。アメリカ、カナダで本日よりサービス開始。

Apple Cardは、iPhoneをクレジットカードにするサービス。チタンの物理カードも発行。カード番号もなく、セキュリティーが高いのが特徴。Apple Storeでは3%、他は2%、物理カードでは1%のDaily Cash。夏からアメリカでサービス開始。年末までに40カ国以上で開始とのことですから、日本でもサービスが始まると思います。

 Apple Arcadeはサブスクリプションのゲームサービス。150カ国以上で秋に開始ということですから、日本でも開始されるでしょう。

Apple TV+は、新しいApple TVアプリケーションで、Mac, iPhone, iPad, Apple TV やスマートTV向けに提供。 アプリは5月から、ビデオサブスクリプションサービスは秋より100か国以上で開始。当然日本も含まれます。
この発表には、最も力を入れており、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、オプラ・ウィンフリーといったスーパースター達が登壇しました。
そう言えば、ロサンゼルス近郊のカルバーシティにキャンパスを設立するのが話題になっていましたが、地理的にApple TV+がメイン業務となるのかもしれません。
気になるのは、月額料金ですね。$9.99だったら文句ないんですけどね。

サービス系の発表というと、日本は当面蚊帳の外というのが多いのですが、今回は Apple News+以外は日本でも早々に開始されるようで、期待が高まりますね。

vintagecomp at 09:08|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2019年03月23日

iMac 27" 2012-2017 HDD故障、アップグレードの強い味方

お客様から以下の問い合わせをいただきました。

iMac 27" Late 2013ですが、3TB HDDが故障しアップルに修理依頼したところ78,000円かかるとのことでした。なんとか、安く済ませる方法はないでしょうか。

HDD交換で、 78,000円とは驚きですね。しかし、このタイプのiMacのHDDは温度センサ出力が出ている独自仕様で入手困難です。完全に元どおりにしようと思ったら、アップルに修理に出す以外現実的にはありません。
しかし、安心してください。方法はあります!

普通のHDDに交換すると動作自体はするのですが、温度センサ出力が出ていないため、動作中にファンが高速回転してしまいます。そこで、HDD上に温度センサをつけてしまえばよいわけです。

DIDIMACHDD12












iMac 27インチ Late 2012-2017用HDD センサケーブル 5,980円
iMac 27インチ Late 2012-2017用HDD センサケーブルツール付き 7,980円

3TB HDDは1万円以下で購入できますし、パーツ代は2万円以下ですね。自分で交換してしまえば、6万円ほどの節約になります。接着されているディスプレイを取り外すことになるので、上級者向けの作業になります。それは無理という方は、協力店等に依頼いただいてもアップルの修理よりは割安に修理可能です。
また、この際に大容量HDDに交換しても良いと思います。アップルの修理の際は、この際大容量にとはできないので、それもメリットですね。


vintagecomp at 03:14|PermalinkComments(0)Mac改造 

2019年03月22日

iPad mini 5, iPad Airの購入代行を開始

iPad mini 5, iPad Air 3rd Gen.の購入代行を開始しました。日本版と違って、シャッター音の消音、音量調整が可能です。

iPadmini5

















iPad mini 5 Cellular 256GB 米国版 SIMフリー 106,000円
iPad mini 5 Cellular 64GB 米国版 SIMフリー 82,800円 
iPad mini 5 Wi-Fi 256GB 米国版 SIMフリー 85,800円
iPad mini 5 Wi-Fi 64GB 米国版 SIMフリー 62,800円  

iPadAir3 
iPad Air Cellular 256GB 米国版 SIMフリー 122,000円
iPad Air Cellular 64GB 米国版 SIMフリー 98,000円
iPad Air Wi-Fi 256GB 米国版 SIMフリー 102,000円
iPad Air Wi-Fi 64GB 米国版 SIMフリー 78,000円

ロサンゼルス近郊のApple Storeで入手しますが、どうやら入荷してくるのは4月になりそうな感じです。最近iPadは発売直後も人気殺到というわけでもないのですが、ストアへの入荷がなかったり遅れたりで、発売直後は意外に入手に苦労します。
もちろん、できるだけ早く入手できるよう努力しますが、すぐには入手できない場合がありますので、ご了承ください。

vintagecomp at 08:09|PermalinkComments(0)iPod 

2019年03月21日

3日連続!AirPods 2nd Gen 発売!

本当に3日連続の新製品の発表となりました。AirPods 2nd Gen が発売です。
H1ヘッドフォンチップを採用し、Hey Siriに対応しています。デバイスの切り替えは最大2倍高速、 通話への接続は最大1.5倍高速、最大通話時間は2時間から3時間に。ゲームのレイテンシが最大30%低減されるとのことです。 

AirPods









一番目立つのは、噂通りワイヤレス充電に対応。ワイヤレス充電ケース付きが22,800円、 従来の有線充電ケース付きが17,800円。また、噂通り従来のAirPodsユーザーのために、Wireless Charging Caseが8,800円で販売されます。
有線充電ケース付きは1,000円値上がりですが、これは為替を反映させたもので、アメリカではお値段据え置きです。

これは、3/25まで連日発表があるかもしれないですね。多分週末はないと思いますが。明日は、いよいよAirPowerか? 

vintagecomp at 01:26|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2019年03月20日

意表をついてiMac 2019登場

昨日はNew iPadの登場でしたが、本日はなんと意表をついてのiMac 2019の登場でした。連日の新製品の発表はこれまで例がなかったと思います。
昨日のNew iPadの登場で、これで今期の新製品ハードの発表は終了?、それとも3/25のスペシャルイベントで発表?と二択と思いましたが、連日の発表は予想外でした。もしかすると、明日以降もハードの発表ラッシュになるかも。

iMac Retina 4K 21.5 inchとiMac Retina 5K 27 inch になりますが、第8世代/第9世代Intel Coreプロセッサ搭載。最大メモリが21.5" 32GB、27” 64GBは2017モデルと同じです。4KはRadeon Pro Vega 20を、5KはRadeon Pro Vega 48を選べるのが新しいところです。

メモリの規格は、DDR4 2666MHz SODIMM。27インチは簡単に交換できますが、21.5インチは全バラしが必要なのは、2017モデルと同じです。
DDR4 2666MHz SODIMMと言えば、Mac mini 2018のメモリと同じ規格です。ただいまMac mini用として以下のメモリを販売中です。

DDR4SO-1







64GBキット(32GBx2)DDR4 2666MHz PC4-21300 SODIMM 98,000円

32GBキット(16GBx2)DDR4 2666MHz PC4-21300 SODIMM 39,800円 32,800円

16GBキット(8GBx2)DDR4 2666MHz PC4-21300 SODIMM 15,800円


8GBメモリと16GBメモリはそのまま使用できると思いますが、確認後販売します。さて、Mac mini用の32GBメモリは果たしてiMac 2019で使用できるのでしょうか。もし使用できれば5Kモデルで128GB、4Kモデルで64GBが使用可能になります。私の予想では、使用可能ではないかと考えています。これも、確認できたら正式販売したいと思います。


vintagecomp at 06:54|PermalinkComments(2)Mac 

2019年03月19日

iPad Air, iPad mini が登場

3月25日アップルスペシャルイベント」の記事では、ハードが発表されなくても同時に新製品が発売されるかもしれないとお伝えしましたが、意表をついてiPad 2機種が発売されました。

iPad Airは、iPad Air 2以来の久々のiPad Airシリーズ。 A12 Bionicチップ、10.5インチRetinaディスプレイ、Apple Pencil (1st generation)とSmart Keyboard 対応です。
製品名は、iPad Airでサポート名称がiPad Air (3rd generation)です。

前モデルが iPad mini 4だったように、新製品はiPad mini 5かと思いましたが製品名としてはiPad miniになりました。サポート名称がiPad mini (5th Generation)になります。
A12 Bionicチップ、7.9インチRetinaディスプレイ搭載、Apple Pencil (1st generation)をサポートします。
iPad mini 4はA8チップですから、一気にCPU性能が上がりました。
私自身、 iPad mini 4を使用していましたが、やや非力さを感じていました。今回のスペックアップで、一般ユーザーが性能不足を感じることはまずないんじゃないでしょうか。

これでiPad (6th Generation),  iPad mini (5th Generation), iPad Air (3rd generation) , iPad Pro 11インチ, iPad Pro 12.9インチ(2018) の5つのラインナップになりました。
iPad miniは、やはりあの小ささは大きな特徴で持ち運びには便利。待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。
しかし、iPad Air  は果たして必要なんでしょうかね。正直疑問が残るところです。

近日中に、米国版New iPadの購入代行を開始します。 

vintagecomp at 08:09|PermalinkComments(6)iPad 

2019年03月16日

Mac Pro 2009-2012の16GBメモリ、2013と共通化

Mac Pro Early 2009〜Mid 2012のメモリ規格は、4 Core/8 CoreがDDR3 1066MHz ECC、6 Core/12 CoreがDDR3 1333MHz ECCです。1333MHzメモリであればどちらにも使えるので、同じ1333MHzメモリを販売してきました。

Mac Pro Late 2013 のメモリ規格は、DDR3 1866MHz ECC。こちらもメモリクロック以外は同じです。となると、Mac Pro Late 2013用の1866MHzメモリをMac Pro Early 2009〜Mid 2012に使用するとどうなるでしょう。答えは、やはり問題なく使えます。もちろん、本体側のメモリクロックで動作します。
これまでは、16GBメモリの場合1866MHz メモリと1333MHzメモリには価格差があったので、それぞれ別のメモリを販売してきました。しかし、ここに来て価格差もほぼなくなってきたので、共通化することにしました。もし、 Early 2009〜Mid 2012からLate 2013に買い替えた場合も流用が効きますので、そういう点でもメリットがあると思います。

DDR4ECC4-SM







128GBキット 16GBx8 DDR3 PC3-14900 1866MHz ECC 114,800円
64GBキット 16GBx4 DDR3 PC3-14900 1866MHz ECC 58,000円
48GBキット 16GBx3 DDR3 PC3-14900 1866MHz ECC 44,800円 

あと、1866MHzメモリと1333MHzを混在させても大丈夫かという心配もあると思いますが、1333MHzの本体ならいずれも1333MHzの動作ですので、基本的に問題ありません。Registered メモリは容量の小さいメモリで多く使われるUnbufferedメモリとは混在して使えませんので、お気をつけください。


vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(0)Mac 

2019年03月15日

MacBook, MacBook Pro用の光学ドライブ

光学ドライブ付きのMacBook, MacBook Pro、光学ドライブが内蔵されないのが当たり前の今となっては、光学ディスクを使用している方にとってはある意味貴重なマシンになってきました。光学ドライブも、ある程度使い込むとどうしても故障が出てきてしまうので、交換も必要になってきます。

Vintage Computerでは、これらの機種用の新品光学ドライブをご提供してまいりましたが、さすがに新品ドライブの入手は困難になってきました。そこで、動作確認済みの新品の取り扱いに切り替えました。

UJ8A8











MacBook (Pro) Mid 2009-2012用 8x SuperDrive UJ8A8 中古品 2,980円
MacBook (Pro) Late 2008-Early 2009用 8x SuperDrive UJ898 中古品 3,800円 
Blu-ray 6x BD-RE UJ-267 内蔵ドライブ, Mid 2009以降用 19,800円 

価格も安くなるので、ある意味お求めやすくなったかもしれません。気をつけないといけないのが、Late 2008-Early 2009とMid 2009以降ではドライブ先端の取り付けネジ穴位置が異なることです。そのため、それぞれ専用のドライブが必要となります。この違いを区別して販売しているショップは、あまりないようなので注意が必要です。
また、交換が必要な際はBlu-rayドライブへのアップグレードもお勧めです。こちらは新品ですが、いつまで新品をご提供できるかわかりませんので、検討中の方はお早めに。


vintagecomp at 07:21|PermalinkComments(0)Mac 

2019年03月14日

3月25日アップルスペシャルイベント

正式に3月25日開催がアナウンスされています。

以前からこの日のイベントが予想されていましたが、ニューiPad, iPad mini 5, AirPower, AirPods 2, もしかするとiPhone SE2, ニューMacBook Proの発表が噂されていました。盛りだくさんですね。
しかし、最新の噂情報ではハードウェアの発表はないとも言われてます。 

今回のメインとなるのは、動画ストリーミングサービスの 発表。Netflixのような新サービスと見られています。今回の招待状がこちら。

showtime
















なるほど、動画ストリーミングサービスが発表のメインとなるのは間違いなさそうです。
我が家はNetflixに加入していますが、AppleのサービスならAppleTVとの連携も良いだろうし、興味津々です。

とは言え、やっぱりハードの発表がないのは残念ですね。ハードの発表がない時、残念との声も聞かれる中、「これこそがアップルの生命線。ハードの発表がないと残念がっている人はわかっていない。」と言った声も聞かれます。いやー、そういうことじゃないんですよね。やっぱり手に取って所有できるハードは、ソフトウェアやサービスとは異なる独特の興奮、高揚感があります。というのが、古い発想なのか?

もちろんあくまで噂情報で、ハードも併せて発表されると予想しているサイトもあります。イベントでの発表はなくても、いくつかのハードがサイト上で発表、発売されるのは間違いないでしょう。
さて、実際にどうなるか。そういう点からも楽しみです。

vintagecomp at 23:40|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2019年03月13日

Apple Watch 心電図機能に気になる変更か?

米国以外では医療機器として認可されていないApple Watchの心電図機能。米国版ならどこでも使用可能なため、Vintage Computerの購入代行も大変好評です。心電図機能目的で購入される方がこんなにもいるのかと、正直驚いております。

そんな米国版のApple Watch Series 4に、気になる変更の可能性のニュースが流れています。
9TO5Macが伝えるところによると、iOS 12.2ベーターでは心電図機能のセットアップの際に、携帯電波による位置確認が行われるそうです。

ECG


















下の方には以下の記載です。

During setup, your location will be used to make sure this feature is available in your region. (セットアップの際、本機能があなたの地域で利用可能であることを確認するために、あなたの現在地情報が使用されます。 )

アラートには以下の表示です。

Unable to confirm your location. Make sure your iPhone is not in airplane mode and has a working SIM card to proceed. (現在地を確認できません。airplaneモードになっていないこと、有効なSIMが装着されていることを確認ください。)

つまりセットアップの際には、米国の携帯電波による位置確認(米国に所在しているか)がチェックされる模様です。この表示を見る限り、このチェックが行われるのは初期セットアップのみのようにも思われますが、本記事によるとセットアップ時以外にもチェックされるかどうかはわからないとしています。

気になるのは、既にセットアップを終えたApple WatchでもiOSアップデート後この条件が必要となるかですね。米国在住で定期的に心電図を測る必要がある人が購入した場合、外国に一時滞在した場合に測れなくなるのは医療機器として問題だと思いますので、やはりセットアップ時のみではないかと思いますが、現時点ではなんとも言えません。

この情報はあくまでiOS 12.2ベーターからの情報で、正式版のiOS 12.2に実装されるかどうかはなんとも言えません。実際、iOS 12.1.1より米国版で心電図機能が利用できるようになりましたが、ベーター版からの情報から、他国版でも「言語と地域」を米国に設定すれば使えるという情報が出回っていました。しかし、正式版ではどう設定しても米国版以外では使えず、逆に米国版ではどの地域に設定しても使用可能でした。このように、ベーター版と正式版の仕様の違いは少なからずありますので、現時点ではなんとも言えないと思います。

もちろん、この制限が追加される可能性は十分ありますので、米国版Apple Watch Series 4をご利用の方は、情報が出回るまではiOS 12.2にアップデートせず様子見されることをお勧めします。
iOS 12.2は3/25に予定されているアップルスペシャルイベントのタイミングでリリースされると予想されますので、お気をつけください。

最悪の場合、iOS 12.2 へのアップデートにより、心電図機能が使用できなくなることも考えられるわけですが、可能な限りの情報提供やサポートを行いたいと考えております。購入代行の性格上、また商品説明にも返品不可であると説明させていただいており、返品はお受けできませんのでご容赦ください。

vintagecomp at 09:04|PermalinkComments(13)Apple Watch 
プロフィール

Harry

Archives