2017年09月14日

iPhoneが全8モデルに!

昨日の発表で驚いたことの一つが、継続機種が多かったことです。事前の予想では、6s, 6s Plusは廃止、SEと7, 7 Plusは継続と考えていました。しかし、発表が進むにつれ、7, 7 Plus も廃止かもと思いました。8, 8 PlusがXの廉価版という面もあるので、廃止かもと。

ところが、ご承知の通りSE, 6s, 6s Plus, 7, 7 Plus, 8, 8 Plus, X と8モデルが並ぶことに。これは乱立といっても良いのでは?

3ba1673a6638a7d7ef4c11965f500424











4万円台〜14万円台のフルラインナップ! よりどりみどりとも言えますが、アップルらしいシンプルさを損なっていると思います。

継続機種の特徴を見てみましょう。

7, 7 Plus は256GBが廃止になっています。REDも廃止。32GBのジェットブラックは従来ありませんでしたが、今回追加されています。ジェットブラックは新機種には採用されず、普通のカラーになったということでしょうか。8との目立った差と言えば、ワイヤレス充電非対応な点ですね。もちろん安くなっています。

6s, 6s Plusは特に変更なく、安くなっています。7との目立った差は、防水防塵非対応、Felica非対応ですね。メリットとしては、ヘッドフォンジャックがある点でしょうか。また5インチ以上のモデルとしては、米国版は唯一技適付きとなりそうです。

SEは特に変更なく、安くなっています。4インチ=小さいという特徴を持つだけに、継続は納得です。Vintage Computerでは今も根強い人気なので、安くなって人気が続きそうです。

こうなったからには、ぜひ最適なモデルを選んでください。シャッター音が消音できる米国モデルも新価格で販売中です。

iPhone 8, iPhone 8 Plus
iPhone 7, iPhone 7 Plus
iPhone 6s, iPhone 6s Plus
iPhone SE



vintagecomp at 09:10|PermalinkComments(0)iPhone 

2017年09月13日

iPhone 8, 8 Plus の予約受付開始、継続機種は値下げ!

iPhone 8, 8 Plus の予約受付開始しました。

iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 各種

iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE の継続機種が値下げとなりました。6s, 6s Plusが残るとは予想外でした。7, 7 Plusはこれまでなかった32GB ジェットブラックが追加されています。

iPhone Xは発売がしばらく先なので、予約受付は10月中頃からの予定です。



vintagecomp at 14:55|PermalinkComments(4)iPhone 

iPhone 8, 8 Plus, X 発表でまずはわかったこと

本日のApple Special Event、皆さん生で見ましたか? 私は、しっかりとライブ中継を見ておりました。iPhone 8, 8 Plus, Xが登場しました。Apple Watch Series 3とApple TV 4Kも登場しました。

iPhoneX






いろんなサイトで紹介されていますので、詳細についてはここでは触れません。概ねリーク情報どおりでしたが、意外だった点をあげてみたいと思います。

・噂の512GBはなし。8, 8Plus, X ともに、64GBと256GBの二本立てでした。
・新色のゴールド、名称はゴールド、8, 8Plusのみ。ブラッシュゴールド、カッパーゴールドの噂がありましたが、単にゴールドでした。Xはシルバーとスペースグレイの2色のみです。
・iPhone 8, 8 Plusの発売は9/22。iPhone Xの発売は11/3。Xの発売が遅れるのは残念!

ある程度、バリエーションが絞られたのは良かったと思います。

さて、ここから先は、スペック表などをもとに、Vintage Computer 的な深読みをしてみます。
まず、注目していたのが、Felicaが海外版も対応になるか。期待薄とは思っていいたのですが、こちらに対応表がすでに出ています。

02




対応機種は、
iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、
日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus

7と7 Plusの「日本国内で販売された」の但し書きがありません。海外版含め全モデルFelica対応です。これだけだと、Appleの書き忘れ?とも思えますが、現地で西田さん(ご無沙汰しております)が広報担当者に確認をとっており、間違い無いそうです。
となると、不評だった「総務省指定」の文字が海外版にもプリントされるのでしょうか?いやいや、それはないでしょう。おそらく、画面表示でOKになったのではないかと推察します。

ということは、日本版と米国版などの一部モデルが共通になったのではないかと期待されますが・・・
結論は、7, 7 Plus同様日本版は、独自モデルになっています。

こちらで、8と8 Plusのモデルと周波数対応が確認できます。Xは表示されていませんが、8と8 Plusと同様です。

これにより、以下のモデルに分かれていることがわかります。

米国Verizon, Sprint等 CDMA対応
iPhone 8 A1863 (CDMA)
iPhone 8 Plus A1864 (CDMA)
iPhone X A1865 (CDMA)

香港 GSM版
iPhone 8 A1863 (GSM)
iPhone 8 Plus A1864 (GSM)
iPhone X A1865 (GSM)

米国AT&T, T-Mobile, 欧州等 GSM
iPhone 8 A1905
iPhone 8 Plus A1897
iPhone X A1901

日本版 CDMA対応
iPhone 8 A1906
iPhone 8 Plus A1898
iPhone X A1902

日本版と米国Verizon, Sprint等モデルで、一体何が違うのか。先に述べたように、Felicaは全モデル対応です。よく見ると、日本版だけLTE チャンネル11/21/42に対応しています。これらは、iPhone 6sでは日本版も対応していない周波数で、決定的な違いとは言えなそうです。(10/30 訂正:一部日対応周波数を見逃していました)

こうなると、技適がつくのは7, 7 Plus同様技適がつくのは日本版だけとなりそうです。しかし、Felicaが全モデル対応になったのは、東京オリンピックを控え旅行者にもSuica等を使えるように日本からの強力なプッシュがあった結果と思われます。90日以内の滞在の旅行者ならば、技適なしでも日本で利用可能ですので関係ないかもですが、留学生、長期滞在者、移住者などのために技適をつけてくれないものか。Felicaでも日本からのプッシュがあったのなら、技適も対応してくれるのではないかと多少は期待できるのではないかと思います。
過去、日本と共通でないモデルで技適がついたのは、一つだけ前例があります。6s, 6s Plusの北米AT&Tモデルです。
これについては実機確認しかなさそうですので、発売後に調査します。



vintagecomp at 08:55|PermalinkComments(13)iPhone 

2017年09月12日

いよいよ明日、Apple Special Event!

Apple Special Eventが、いよいよ明日に迫りました。
いろんな噂が出てくるなか、謎な部分もたくさんありました。そんな中、その謎を解明する情報が出てきてしまいました。

iOS 11のゴールデンマスターが流出したということで、中身を解析することで新製品情報が明らかになったと9to5Macが伝えています。Apple社員の不満分子が、意図的にリークしたものと伝えられています。

iPhone 8, iPhone 8 Edition, iPhone Edition, iPhone X と様々な情報が乱れ飛んだ新モデルの名称ですが、iPhone X で決まりだそうです。予想外れた!
それから、従来モデルと外観がほぼ同じなニューモデルは、sを飛ばしてiPhone 8, 8 Plusとなるそうです。
十周年記念モデルということでXなのでしょうね。しかし、8s, 9, 9s の次はどうするのでしょう?

9to5Macによると、iPhone Xの主要スペックは以下の通り。

5.8型 OLED 2436×1125ドット (True Toneディスプレイ)
CPU A11 6コア
メモリー 3GB (iPhone 8=2GB、iPhone 8 Plus=3GB)
背面カメラ 1200万画素
前面カメラ 700万画素
動画 4K 60fps、1080p 240fps
ホームボタンなし
電源ボタンはサイドボタンに
Face ID(3D顔認証)
ワイヤレス給電
ポートレートモード新機能 光コントロール

その他、LTE対応のApple Watch、Apple TV 4K、マイナーアップデート版AirPodsもiOS 11 ゴールデンマスターから確認できるそうです。

さて、明日はこの情報そのままで出てくるのでしょうか。Power Mac  G4 Digital Audio の頃、上位モデルにATIとnVIDIAの新型ビデオカード採用が決まっていましたが、発表会直前にATIがその情報をリークしてしまう事件がありました。カンカンに怒ったジョブズは、キーノートの内容を変更、なんとATIの採用を取りやめたということがありました。
今頃ティム・クックも怒っているでしょうが、発表内容の差し替えはあるのか? ないだろうな。


vintagecomp at 05:38|PermalinkComments(0)Apple Rumors 

2017年09月09日

初代 iPhone 入荷

日本未発売の初代 iPhone です。

iPhone1st5-1












iPhone 8GB 初代米国AT&T仕様 純正箱入り 29,800円

世界を変えた歴史に残るデバイスですね。
アメリカではヒット商品でしたので、今でもそれなりに入手可能です。
しかし!
傷の少ないものを入手するのはかなり難しいです。ほとんど、深い傷や凹みがあります。というのも、今のようにiPhone ケースが普及していなかったためだと思います。発売時には、ケース製品はほぼ皆無でしたし、その後登場して来ましたが今ほど一般的でなかったですね。こんなに傷つきやすいとは思わなかったというのもあるでしょう。

今回品も、少々のすり傷はありますが、目立つものはなく程度は良い方だと思います。
これまで、本体のみで19,800円、完全セットで59,800円といった価格で販売してきましたが、箱入りアクセサリー付き、ドキュメント無しでこの価格はお買い得だと思います。
本品は、iOS 2.1というのも珍しいです。通常、最終の3.1.3になっています。

日本でもアメリカでも2Gは停波していますので、通話やデーター通信はできませんが、それは別として今でもちゃんと使えるのでしょうか。今ではiPhone単体でも使えますが、当時はiTunesと連携しないと使えませんでした。最新の環境でも、連携できるのでしょうか。macOS Sierra iTunes 12.6に繋いでみました。

iPhoneiCon






ちゃんと、初代のアイコンが表示されます。もちろん、同期やソフトウェアアップデートも可能です。

39







10年経ってもサポートしてくれるのは嬉しいですね。


vintagecomp at 04:33|PermalinkComments(0)往年の名機/パーツ | iPhone

2017年09月08日

ビンテージ品、大放出!

Vintage Computerでしか入手できないビンテージ品、大放出です。まずは、新着商品。

Apple2P7-1











Apple II Plus Rev. 7 64KB with Disk II Drive 58,000円

毎回、売れ行きの早いApple II Plusです。今回の個体は、ロジックボードがRev. 7、シリアルナンバーが8万4千台とかなり初期のモデルです。Apple II Plusのロジックボードの多くは、後に出たRFI版。Rev. 7の前のRev. 4もありますが、これはかなり少ないです。また、最終シリアルナンバーは54万台以降と言われており、8万台は初期の方になります。
という初期モデルですが、動作良好、またキーボードが怪しくなっている個体が多いのですが、本品はキータッチも良好です。

他のビンテージ品も、各種値下げのお買い得価格でご提供します。

Lisa 2/5 with X/ProFile 228,000円 198,000円
Canon Cat Work Processor 129,800円 99,800円
Apple II Plus 48KB 元箱入り 79,800円 69,800円
Apple IIc Plus 128KB 69,800円 59,800円
Apple IIc 純正箱入り128KB 49,800円 39,800円
Macintosh 128K 512KB/400KB 59,800円 49,800円
Apple Monitor II 14,800円 9,800円

初代iPhoneも!
iPhone 8GB 初代米国AT&T仕様 純正箱入り 29,800円

ビンテージファンの方、チャンスです。また、この機会にAppleのコレクションを始めてはいかがでしょうか。



vintagecomp at 07:30|PermalinkComments(0)往年の名機/パーツ 

2017年09月07日

Vintage Computer チャンネル第157回〜iMac 2017モデルのVHBテープ〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第157回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

今回は、iMac 2017モデルのVHBテープについて取り上げます。
Late 2012モデル以来、分解には両面テープで接着されているディスプレイを専用ツールで外さないといけません。これ、大変そうですが慣れると意外と大変ではありません。そして、組み付け時に必ず必要となるのが、新しい両面テープ(VHB テープ)。
以前のモデルと共通かと期待しましたが、21.5インチ用27インチ用共に変更されていました。



変更箇所はわずかのようにも思えますが、きちんと専用品を使用しましょう。


vintagecomp at 13:03|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2017年09月06日

AUGM LA 2017を10/21(土)に開催

日本の皆様にはお馴染みのAUGM、ロサンゼルスでも2015年より開催しております。今回で、第三回となります。今年は、10/21(土)に開催します。

21151456_527062717633461_3671648442638469942_n







AUGM LA 2017 Facebook イベントページ
虫喰いリンゴの会WEB サイト

Facebookイベントページより登録いただくか、mushikuiringonokai@gmail.com までメールをお送りください。

私が所属しております、虫喰いリンゴの会の主催となります。昨年私は、Lisaのデモを担当させていただきました。本家の日本のAUGMでもLisaのデモをやったことはなかったのでは? 今回もビンテージネタをやる予定ですが、何が出てくるか。お楽しみに。

日本でも大人気のジャンケン大会、もちろんLAでもやります。毎回、大興奮ですね。

新型iPhoneネタも毎回やりますが、昨年はiPhone 7が防水仕様になったということで、水槽に水没させる潜水デモをやりました。今年は、New iPhoneがAUGMに間に合うかという一抹の不安はありますが、ぜひ手にいれてお披露目したいと思います。

基本的には、ロサンゼルス近郊に在住の日本人(日本語のわかる方)向けのイベントとなりますが、もちろん日本からの参加も大歓迎です。特に今回は、LA開催のAdobe Max 開催直後となりますので、参加される方はぜひ延泊してAUGM LAにも参加ください。

協賛企業も、絶賛募集中です。
よろしくお願いいたします。



vintagecomp at 05:58|PermalinkComments(0)USA 

2017年09月02日

実体験で超お薦めのRing

本日は、私自身が最近購入して超便利に使っている商品のご紹介です。

ring












Ring Wi-Fi Enabled ビデオ・ドアベル 22,800円

スマホと連動できるドアベル、ビデオフォンです。玄関や門に設置します。モーションセンサーに反応があると、スマホやパソコンに音声で知らせてくれます。そして、ビデオ撮影が始まり、外出先でもネットを通じてリアルタイムで動画を確認できます。さらに、訪問者と会話も可能です。

不在時に配達の人が来ていたら、その時にどうするか指示できます。工事を頼んだ業者さんへの指示なんかも可能ですね。
また、不審者が来ていたら、「何しているんですか?」なんて話しかければ退散することでしょう。

iPhone, Android, Mac, Windows デバイスで利用可能です。最大10台まで登録可能なので、家族全員で利用できます。

Ringとの接続はWi-Fi。玄関だったら、だいたい大丈夫でしょうが、門だと電波が厳しい場合もあるでしょうね。私の場合も門につけていますので、ちょっと厳しい。そこで、中継するベースステーションを1台増やしました。

40






















2.4GHzなので、古いベースステーションを引っ張り出してくるのも手です。もう2ヶ月ほど使っていますが、動作も確実で大変便利です。防犯上も、かなり効果があると思います。
日本メーカーの類似製品もあるようですが、かなりお高いようです。上位機種もありますが、このベーシックモデルで全然不満はないですね。実体験でお薦めの製品です。


vintagecomp at 12:44|PermalinkComments(2)Products 

2017年09月01日

Apple Special Event 9/12 正式発表

一昨日も取り上げましたが、AppleからSpecial Event の日程が正式発表されました。予想通り9月12日(水)10時(日本時間9/13 午前2時)からです。

02
















毎回この画像とテキストには、ヒントが隠されています。テキストの方は日程以外に以下が記されています。

the first-ever event at the Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズシアターで史上初のイベント)

噂通り、Appleの新本社のシアターでの初イベントとなります。8月中旬現在まだ工事中ということでしたけど、間に合ったようです。もしかして、ただいま突貫工事中?
史上初は、もちろん直接的にはスティーブ・ジョブズシアター初イベントということですが、これまでにない史上初の内容のイベントという意味も込めているのではないでしょうか。

画像の方は、3色に塗り分けられたアップルロゴとなっています。右側のベージュっぽい色は見覚えがあります。

DHCnhecWAAEOQIi-e1502608255678












噂されている新色のブラッシュゴールド、またの名をカッパーゴールドにそっくりじゃないですか。これはiPhoneの新色を表していそうです。
ということは、レッドとブルー新型iPhoneも出る? レッドは今でもありますし、パープルなんて噂もありました。しかし、さすがにそれはないのでは。こちらはApple Watchのベルト色かもしれません。

また、3色というのは3つの製品を暗示しているのかも。iPhone, Apple Watch, Apple TVの登場が予想されていますので、この3製品か。あるいは、iPhoneが3つのラインになるということか。
また、3色が混じり合っているのは、それぞれが融合してさらなる力を発揮することを示している気がします。となると、3色は前者でしょうか。

今や多くの噂情報がiPhone 7s, 7s Plus, 8 としていますが、私はやっぱりこのネーミングは疑問ですね。iPhone 8, 8 Plus, 8 Edition 説を取りたいと思います。
待ち遠しい!


vintagecomp at 05:31|PermalinkComments(2)Apple Topics 
livedoor プロフィール
Archives