2017年02月02日

Apple 第一四半期、過去最高売り上げ、iPhone販売台数も過去最高

Apple の第一四半期(10月〜12月)決算が発表されています。iPhone 7は期待されたフルチェンジではなく、売り上げは低迷という噂も出ていました。しかし、Vintage Computerでは特にiPhone 7 Plusが品薄で、なかなか入手できなかったり、予約していても店内に行列といった経験をしており、iPhone 7の販売不調というのには疑問を持っていました。

蓋を開けてみれば、過去最高売り上げで、iPhone、サービス、Mac、Apple Watchの売り上げが過去最高とのことです。噂は大外れ!

iPhone 7については、期待通りまたはそれ以上の人気製品だったのかというと、ちょっと疑問もあります。
もちろん、日本ではFelica対応もあり、人気製品となった面はあるでしょう。日本以外では、6sからあまり代わり映えがしなかったことも確か。それで、iPhone 7 販売不調の噂が出ていただのだと思います。私の体感としては、iPhone 6の人気がすごかった。それから2年が経過し、買い替え需要が高かったことが要因ではなかったかと思います。次の8が更に人気を獲得できるかですね。

Macについては、長らくお待たせしたMacBook Proのモデルチェンジだったので、過去最高は当然でしょうね。私の周りのApple ファンも、大半の方が購入しています。今年は、デスクトップの刷新を期待したいところです。

Apple Watchは、初代については人気は微妙だったと思います。ストアで購入している人もあまり多くないように思いました。ところが、Apple Watch Series 2が出てからというもの、本当に購入している人を多数見かけます。

Vintage Computerでは、時期によってはアップルストアに毎日のように通っていますので、人気の度合いも肌で感じることができます。噂よりも、体感の方が正確でしたね。



vintagecomp at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2017年02月01日

LG UltraFine 5Kで超便利!のはずが

MacBook Pro 15" Late 2016にLG UltraFine 5Kを組み合わせて使っています。5K Retina 表示は美しく広くて快適です。表示に関しては、文句なしです。

Unknown









それと、もう一つこのモニターの特筆すべき点は、ケーブル一本接続すると電源供給もされ、背面のUSB-Cポートを利用できる点です。ポートは移行期なのので何かとグチャグチャしがちですが、USB機器を使う限り、モニター側につなげばケーブル一本接続するだけで、モニター、電源、周辺機器と接続完了。私は、毎日オフィスと自宅間でマシンを移動しているので、これは快感です。

モニターの背面には、Apple純正のUSB-C to USB アダプター、4ポート USB 3.0 HUBを介して、キーボード、マウス、USB HDDを接続しています。

ところが、ケーブルを接続しても、モニターが表示されないことがあります。こうなると、マシンを再起動するしかなくなります。挙動を観察していると、スリープ復帰前に接続すると表示されない場合があることがわかりました。本体のリッドを開き、本体側のモニターが表示されたのを確認後にケーブルを接続すると必ず表示されます。ちょっと気を使わないといけませんが、面倒なわけでもないので良しとしましょう。

そうやって接続しても、周辺機器が認識されないことがあります。モニター背面のコネクターを抜き差しすれば認識されますが、背面だけにこれは面倒。最初はたまにだったのが、ほぼ認識されないようになってきました。間にHUBを介しているのがいけないのかとも思いましたが、HUBなしで、キーボード、マウスのみを接続しても、やはり認識されません。
色々試しても解消しないので、不本意ながら今は周辺機器は本体に接続しています。もちろん、これなら問題なし。しかし、ケーブル一本接続の快感が・・・

同様の環境で使用されている皆様の状況はいかがでしょうか。情報、お願いします。


vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(9)TrackBack(0)Mac 

2017年01月31日

iPhone 6s 128GB SIMフリー 開封品がお買い得

iPhone 7が出たものの米国版には技適がつかなかったため、今でもiPhone 6sのご注文を結構いただきます。そんなiPhone 6s 米国公式SIMフリー版の開封品がお買い得です。

iphone6sGD

















iPhone 6s 128GB A1633 ゴールド SIMフリー 開封品 技適付き 84,800円
(未開封品 100,800円)
2/2  89,800円から更に5千円値下げしました。

この商品の経緯について説明しておきましょう。
お客様より
iPhone 6sのご注文をいただいたのですが、間違った仕様をお送りしてしまいました。お客様は、開封し電源を入れたところで仕様違いに気がつきご連絡いただきました。お客様のご要望で、正しい仕様への交換とさせていただきました。
開封品とは言え、付属品は未使用、本体の保護フィルムも再貼付し、使用痕もありません。外箱のビニールも開封済みですが、残っております。実質的には新品です。アップルストアでの購入日は今年の1/9です。

これまで本当に多くのiPhoneを販売致しましたが、今まで仕様違いをお送りしたことは一度もありませんでした。とうとうやってしまった、痛恨のミスでした。

技適付き、シャッター音消音可能な4.7 " iPhoneとしては、最強スペックとなります。もちろん1台限りです。



vintagecomp at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)iPhone 

2017年01月28日

2016年の人気商品〜2

2016年の人気商品、第2回です。
2番手の人気商品は、1.5GB/sec 超速のPCIe SSDです。

PCIeSSD2015-1TB













Apple純正 Samsung 1TB PCIe SSD 119,800円
Apple純正 Samsung 512GB PCIe SSD 64,800円
Apple純正 Samsung 256GB PCIe SSD 39,800円
Apple純正 Samsung 128GB PCIe SSD 25,800円

これだけ、人気になった一番の理由はもちろん1.5GB/secの超高速性能。実はこのSSD、本当はもっと高速で1.8GB/sec以上の速度を持っています。ただし、これが発揮できるのはPCI Express 3.0対応のMacBook Pro 15" Mid 2015のみ。他の機種ではPCI Express 2.0のため、1.5GB/sec あたりで頭打ちしてしまいます。それでも、2013/2014モデルのSSDの約倍の速度ですから、凄い性能アップです。
もちろん、容量アップ目的の方も多かったと思います。

また、対応機種の多さも特筆ものです。2013~2015モデルのMacBook Air, MacBook Pro Retina、iMac, Mac mini, Mac Proに対応。それだけでなく、PCI Express アダプターの使用で、Mac Pro Early 2008-Mid 2012まで使えてしまう汎用性の高さ。しかも、タワー型Mac Proでも1.5GB/sec の超高速をしっかりと発揮してくれるのが、嬉しいところです。

現在、512GBが売り切れ中と相変わらずの人気です。近日入荷予定ですので、少々お待ちください。
売り切れと再入荷を繰り返していますので、在庫のある時がチャンスです。



vintagecomp at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2017年01月27日

2016年の人気商品〜1

これから、何度か2016年の人気商品にスポットを当ててみたいと思います。第一回目は、文句なく一番人気だった商品です。
それは、Mac Pro Early 2009~Mid 2012用の8GBメモリです。これをフルに刺すと、シングルCPUのモデルで32GB、デュアルCPUのモデルで64GBまで拡張できます。これだけあれば、十分な方が多いと思います。

DDR3ECCx4-HY








64GB キット 8GBx8 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC Registered Hynix/Nanya純正 38,000円
32GB キット 8GBx4 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC Registered Hynix/Nanya純正 19,800円
24GB キット 8GBx3 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC Registered Hynix/Nanya純正 15,800円

人気の秘密は、メーカー純正の信頼性の高さと価格の安さ。これだけお得な価格でご提供しているのは、当店だけではないかと思います。
実は、仕入れ価格が上がってきており、この価格でのご提供も厳しくなってきました。何とか据え置きたいと思っておりますが、いつまで可能かわかりませんので、お急ぎください。

最近、Early 2009ユーザーのお客様から、8 Coreモデルでアップルの公式スペックでは1枚あたり4GBが最大となっているが、本当に使えるのか?とのお問い合わせをいただきました。
もちろん、使えます。それどころが、16GBメモリさえもまったく問題なく使用可能です。

タワー型Mac Proは拡張性が魅力ですが、未だに純正の6GB (2GBx3)、12GB (2GBx6) で使用されている方も多いようです。正直これはかなり勿体無い。今でも強力なCPUですので、メモリを増強すれば最新マシンにも負けません。標準メモリのままの方は、ぜひ増設をお勧めします。



vintagecomp at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2017年01月26日

Vintage Computer チャンネル第127回〜バッテリーの脱着方法〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第127回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

先日より、純正バッテリーの取り扱いを拡大。お陰様で大好評です。
以前のノート用バッテリーといえば、分解せずに脱着可能でしたが、昨今のマシーンでは要分解です。それはちょっと大変、と思う方もいらっしゃると思いますが、これを見れば簡単です。



私も、MacBook Pro 15" Early 2011を長年使いましたが、4年ほどでバッテリが寿命に。そこで、サードパーティー製に交換したのですが、なんと1年で使えなくなってしまいました。そんな経験からも、純正バッテリー一推しです。


2017年01月25日

mac OS Sierra 10.12.3 で不具合解消

発売直後から使っているMacBook Pro 15" Late 2016ですが、いくつかの問題がありました。MacBook Proの問題なのか、Sierraの問題なのか、以下の内容です。

1. SafariのURL ウィンドーに日本語を入力すると即座に落ちる。
2. スリープから復帰時に、FirefoxやAcrobat Readerが落ちることが多い。
3. バッテリーの減りが早い、
4. メモで、テキストの置き換えをしたい場合、該当箇所を選んで他のテキストをペーストすると、レインボーマークが出て復帰しない。

1については、対策として、検索の時には一旦Googleにアクセスして検索するようにしましたが、面倒臭い。同様の不具合が無いか探しましたが、見つかりません。私だけ?
2も困りましたので、スリープしない設定に変えていました。

1と2が一番の問題でしたが、10.12.3 アップデートで解消です。良かった。
3は、バッテリーで駆動することが滅多になかったので、あんまり困ってなかったのですが、たまたまバッテリー駆動で使った時には4時間ほどでゼロ近くに。
まだ試せていませんが、バッテリーの駆動時間が安定しないのはSafariに原因があるとして、アップデートでで解消するというニュースがあったので、解消が期待できます。

相変わらずなのが、4のメモの問題。置き換えるテキストをDeleteしてペーストすれば大丈夫なのでそうしていますが、その一手間が煩わしい。皆様の環境ではいかがでしょうか。

普通、この種のアップデートは、評判を見て慎重にやるのですが、不具合に悩まされていたので今回は速攻アップデートしました。吉と出て良かったです。



vintagecomp at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 

2017年01月24日

Verizonのプリペイド SIMにご用心

Vintage Computerでは、SIMフリーのiPhoneやiPad各種を販売しており好評です。SIMフリーなら、日本はもちろん、米国他海外でも使えるわけで、旅行や出張時の利用も便利です。
旅行や出張時であれば、プリペイドのSIMが便利です。米国では、各種のプリペイド SIMがキャリアショップや量販店でも販売されていますので、便利です。

しかし、大手キャリアのVerizonのプリペイド SIMには注意が必要です。

先日、iPhone SE Sprint SIM フリーをしばらく前にご購入いただいたお客様から以下のようなご連絡をいただきました。

米国一時滞在中で、Verizonのプリペイド SIMを購入しましたが使えません。Verizonショップで散々見てもらいましたが、結論は、「SIM ロックされており使えない。」でした。
やむなく、iPhone SE 公式SIM フリーを購入しました。ブログには、iPhone SE Sprintは米国内もアンロックと書かれています。
一体どういうことでしょうか?


お困りと同時に、お怒りの様子です。しかし、原因はピンときました。

Verizonのプリペイド SIMは、最新のiPhoneには対応していないのです。こちらのCompatibilityの欄で対応機種が確認できます。Appleを選ぶとiPhoneやiPadの各モデルが表示されますが、iPhone 7, iPhone SE, iPad Pro, iPad mini 4といった最新機種には非対応なのです。
「最新機種でVerizonを使いたければ、Verizon 端末も買ってください。」ということだと思います。旧機種を使い続ける人にのみ、プリペイド SIMを提供しているわけです。
実は、Verizonは長らくプリペイド SIMを販売していませんでした。旧機種向けでもiPhoneでプリペイド SIMが使えるようになったのも、2015年からです。それまでは、「Verizonを使いたければ、Verizon 端末を買ってください。」ということだったんですね。

AT&TやT-mobile, 他の大半のMVNOなら、問題なく使用できますのでそちらのご利用をお勧めしました。しかし、買ってしまったiPhone SE 公式SIM フリーはどうする? ご心配なく。米国では開封済み、アクティベーション済みでも、2週間以内なら返品可能ですので、返品をお勧めしました。

結果として、T-mobileのプリペイドSIMを購入いただき、もちろん使用できました。また、購入されたiPhone SE 公式SIM フリーも無事に返品できたとのことでした。

めでたし、めでたしではありますが、Verizon ショップの対応はもう少ししっかりして欲しいところです。


vintagecomp at 10:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)iPhone 

2017年01月21日

バッテリー交換に必要なツール

昨日、純正バッテリーの取り扱い拡大についてお知らせしました。以前のモデルはバッテリーの着脱ができましたが、ほとんどの2009年以降のモデルでは、裏蓋を開けての脱着が必要となります。脱着自体は、裏蓋を開けて、バッテリーコネクターを外し、バッテリーを固定している数本のネジを外すのみで、全く難しくはありません。初心者でもツールさえあれば十分可能です。機種によって、異なるツールが必要になりますので、それについて解説します。

1. ツール不要
MacBook(非Unibody), MacBook Late 2008(アルミ Unibody), MacBook Pro 15" Late 2008

バッテリーの脱着が可能で、ツール不要です。MacBook(非Unibody)では、ロックを外すのにコインを使うのが良いでしょう。

2. プラスドライバーとTri-Wing ドライバー
MacBook Pro 13” Mid 2009~Mid 2012
MacBook Pro 15” Mid 2010~Mid 2012
MacBook Pro 17” Early 2009~Late 2011
MacBook White Unibody Late 2009~Mid 2010

triwing
















これらの機種は、裏蓋を外すのにプラスドライバー、バッテリー固定ネジを外すのに、Tri-Wing ドライバーが必要です。Tri-WingはY字型の溝のあるネジです。
RetinaではないUnibody MacBook Proのほとんどがこれに該当しますが、一つだけ例外があります。

3. プラスドライバーとペンタローブ(P6)ドライバー
MacBook Pro 15” Mid 2009

P6






これだけ例外なのが不思議ですが、この機種だけちょっと違います。裏蓋を外すのにプラスドライバーが必要なのは同じですが、バッテリー固定ネジを外すためにペンタローブ(P6)ドライバーが必要です。

4. プラスドライバーのみ
MacBook Air Late 2008/Mid 2009

細いプラスドライバーのみでOKです。 バッテリー側のネジは、#000です。

3. トルクスT5とペンタローブ(P5)ドライバー
MacBook 11/13インチ 2010-2015

T5P5







裏蓋を外すのにペンタローブ(P5)ドライバー、バッテリー固定ネジを外すのに、トルクスT5 ドライバーが必要です。SSDの脱着にも同じツールが必要です。

オプションでツールの選択も可能になりましたので、必要な方は同時にお買い求めください。



vintagecomp at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2017年01月20日

純正バッテリの取り扱いを大幅拡充

一時ノート用バッテリの取り扱いをほぼ見合わせていた時期がありましたが、昨年末より純正バッテリの取り扱いを再開しております。それが予想以上に好評。取り寄せを基本としておりましたが、在庫を確保しての販売に切り替えました。

Retinaモデル以外、Late 2008以降のほとんどの機種用を取り揃えております。

661-5391











ノート用純正バッテリー各種 Late 2008以降 9,800円
(17" モデルは12,800円

懐かしいMacBook シロ用の純正バッテリーも確保しております。

A1185












純正バッテリ, MacBook シロ 13インチ 初代 - Mid 2009 9,800円


このように古い機種の純正バッテリーって、超古いデッドストックなんじゃないの?という疑問もあるかもしれません。販売終了後、基本5年でパーツが供給されなくなるので、供給終了から随分経つのでは? との疑問ももっともです。
UnibodyではないMacBookの最終モデルはなんとMid 2009です。2009年10月まで、しぶとく販売が続けられました。そして、当地カリフォルニアでは、他地域と違いパーツの供給期間は7年となっています。2016年10月まで、つまりつい最近まで供給が続けられていたことになります。その最終在庫品を確保したもので、まだまだ新しいものです。とはいえ、今後は入手が難しくなってくるので、必要な方は今のうちです。


vintagecomp at 08:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Products 
livedoor プロフィール
Archives