2020年04月14日

Apple Watch ECG有効化の条件が変わった!

先月末にwatchOS 6.2がリリースされました。現時点での最新版は6.2.1です。
これまでECGを使っていたお客様は、 watchOS 6.2にアップしても問題なく使えているとのご報告をいただいています。しかし、新規にECGを有効化したい場合、これまでの方法は通用しません。これを受けて、Apple Watchの購入代行を一時停止しております。

watchOS 6.2.xで、iMazingや脱獄する方法を使ってもECGは有効化されないのです。watchOS 6.1.3なら今でも従来の方法が使えます。今現在新品のApple WatchのOSバージョンは多くの場合6.1.3なので、アップデートをせずにECGを有効化する必要があります。

既に watchOS 6.2になっていたら? 一応方法はあります。

1. 対象国に持ち込んでペアリング。
今は海外出張も旅行もないでしょうし、困難ですね。
2. Apple Watchで使用するApple IDで、他のApple WatchとiPhoneで現地でECGを有効化する。一度iOS 13.4.xとwatchOS 6.2.xの組み合わせでECGが有効化されたアカウントを使えば、他のApple Watchを非対象国でECGを有効化できます。

2の方法の元ネタは、こちらです。既に、Vintage Computerでもお客様の協力を得て、検証し成功しています。このサイトではバグだろうと予想していますが、 6.2.1でも通用するということは仕様かもしれません。
一時的にせよApple IDとパスワード等、重要情報を渡す必要があるため、十分に信頼のおける相手に依頼するのが良いと思います。

なお、従来からECGを利用されている方は、先にも書いた通り 引き続きECGが使えます。しかし、UnpairしてしまうとECGは無効となってしまい上記方法が必要になるようです。お気をつけください。

しかし、去年も3月末のOSアップデートで、 ECG有効化の条件が変わりました。この時期が鬼門ですね。

vintagecomp at 13:14|PermalinkComments(0)Apple Watch 

2020年04月11日

孔雀が!

新型コロナウィルスで、世界中の人が外出を控えるようになり、野生動物が街に出てきたことがニュースになっています。ロサンゼルス近郊の当地でも、本日珍しいものを見かけました。

kujaku1


















kujaku2












この辺りは孔雀の生息地で、実は孔雀を見かける事はとても希少なことではありません。とは言え、私の生活では年に1回見るかどうかという感じでしたし、こんな風に堂々と車道に出てくるのも珍しいと思います。やはり、人通り、車通りが少ないためではないかと思います。
ロサンゼルスでは、見晴らしの良いところでは空の低い部分にスモッグが見られますが、最近それも消えています。悪いことばかりじゃないですね。

vintagecomp at 07:54|PermalinkComments(0)USA 

2020年04月10日

ロサンゼルスでマスク着用義務に!

ロサンゼルス市は、4/10より日常生活に不可欠な外出の際のマスクの着用義務づけを発表しました。現在マスクは大変入手困難ですが、マスクである必要はなく、鼻と口を覆える大きめの布等での代用が可能とされています。罰則はないようですが、マスクをしていない場合、入店拒否やサービス拒否が可能としています。
それから、最近の変化としてトートバッグ(マイバッグ)の使用が問題視されています。環境問題の配慮からレジ袋が有料(10セント)になり、 トートバッグの使用が推奨されていました。しかし、これがコロナ感染の原因となりうるということで、多くのストアでは使用禁止になり、レジ袋が無料で復活しています。この辺の柔軟な対応は良いですね。

マスクといえば日本では当たり前ですが、こちらではほとんどしている人はいませんでした。 マスクをするのは医療関係者か、強盗か、よほど危ない感染症にかかっている、と言ったイメージでした。最近になってやっとマスクやフェイスカバーをする人が増えてきて、マスクをしても変な目で見られる事はなくなりました。それでもまだ半分以下だと思いますが、ついに義務付けです。コロナ収束後も、市民権を得られるでしょうか?

ロサンゼルスでは、今週末あたりが感染拡大のピークと言われており、できる限りの外出自粛が叫ばれています。日本もアメリカも、早く収束してほしいですね。

vintagecomp at 05:40|PermalinkComments(0)USA 

2020年04月09日

Vintage Computer チャンネル第226回〜Mac Pro Early 2009 Firmwareアップデート〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第226回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Mac Pro Early 2009は、Mid 2010/2012とハード的にはかなり近いのですが、OSがEl Capitanまでだったり、Westmere CPUが使えなかったりの制限があります。その制限を解放するのが、Mid 2010相当にFirmwareをアップデートすることです。今回は、そのやり方を実演します。



必要なソフト、参照先を
Mac Pro EFI ファームウェア・アップデート 1.5
Mac Pro 2009-2010 Firmware Tool(最初のポストにダウンロードリンクあり)
System Integrity Protection(SIP) の無効化


vintagecomp at 08:00|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2020年04月08日

Mac Pro 2009の究極のパーツ入荷!

Mac Pro シングルCPUモデル用の究極のアップグレードパーツと言えば、このブログでも何度か取り上げていますが、デュアルCPUのプロセッサーボードです。
何が究極かと言えば、メモリは元の倍以上の128GBまでアップグレード可能になるし、 CPUは最大3.46GHz 12 Coreまでアップグレード可能になるからです。
Vintage Computerではよく取り扱っていますが、その多くはMid 2010/2012 用です。Early 2009はたまにしか取り扱っていません。Early 2009の方がスペックは低いので、究極度はより高いと言っても良いでしょう。そのEarly 2009用のデュアルCPUのプロセッサーボードが入荷しました。

661-5708-1










Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.26GHz 8 Core 39,800円 35,820円

メモリ128GB64GB、CPU 3.46GHz 12 Core、 3.33GHz 12 Coreが利用可能です。Mid 2010/2012 用も販売中!

Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core 49,800円 44,820円

対コロナ支援セールで、10%引きです!

vintagecomp at 15:53|PermalinkComments(0)Mac 

2020年04月07日

日本もついに緊急事態宣言、そんな時は

日本もついに緊急事態宣言が出されました。ロックダウンではないということですが、外出はできる限り自粛ということになると思います。こちら米国でもロックダウンと言いながら、生活必需品の買い物や散歩などの外出はOK。現実的には、ほぼ同じ感じではないかと思います。
Stay at home 命令が出てから、2週間半ほど経ちました。基本自宅で過ごしていますので、やはりストレスは溜まりますが、 そこまで酷いものでもないというのが率直な感想です。先日、友人とZoomを利用したカラオケをやってみましたが、結構楽しめました。ただ、参加者によって音質が良かったり、悪かったりと様々。おそらく、ネット環境の差ではないかと思います。

また、先日MacBook Proに大きなトラブルが出て、復旧にかなりの時間を使いました。先週水曜の夜にトラブルが出て、完全復旧には木曜いっぱいかかりました。しかし、この新コロナ対応で木曜日の発送はお休みとしていたので、仕事にはほぼ影響が出ませんでした。ちょうど懸案のOSアップデートもできて、良かったです。

こんな時は、IT環境の整備改善にちょうど良い機会ではないかと思います。

Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード 12,800円 9,800円
Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード 9,800円
MacBook Pro Retina 13/15 Mid 2012-Early 2013 アップグレード用 802.11ac/Bluetooth 4.0カード 4,980円
iMac Late 2012 アップグレード用 802.11ac/Bluetooth 4.0カード  6,800円

対新型コロナウイルス 支援セールで、1万円以上お買い上げで10%引きです。 

vintagecomp at 08:53|PermalinkComments(0)Products 

2020年04月04日

廉価版新iPhoneは、iPhone SE?

米Appleのサイトに、BelkinのiPhone 8/7用スクリーンプロテクター
「Belkin InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone SE / 8 / 7」
の名称で掲載されていたとMacお宝鑑定団Blogが報じています。 現在は、元の
「Belkin InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone 8 / 7」
に戻っています。

近々、iPhone 8の筐体を使用し 、A13 Bionicチップを搭載している新型iPhoneが発表されると噂されています。名称はiPhone SE 2またはiPhone 9と噂されていましたが、iPhone SEとなるということでしょうか。 iPhone SE (2nd Gen) というふうになるんでしょうね。

工場や、サードパーティーから新名称が漏れてしまうことは時々ありますが、お膝元の米Appleから漏れるというのは珍しいですね。それだけに、信憑星が高いかもしれません。
しかし、なぜこのタイミングでこの情報が出てしまったのでしょう。おそらくは、新型コロナ対策で発表、発売が延期されたために、元々準備していた情報が出てしまったのではないかと思います。
また、この遅れが製造の遅れに起因するのか、マーケティング上のものかが気になるところですね。 製造の遅れだったら、中国の製造は正常化しつつありますので、準備出来次第発売となるのでしょう。
あるいは、 新型コロナの影響でせっかくのニューモデルが注目されないということから、落ち着くまで見送りになった可能性もあると思います。この場合は、延期が長引く可能性もありそうです。

先だって、iPad Pro、MadBook Airのニューモデルが出ましたが、初速はどうだったのでしょうか。やはり、だいぶ落ち込んでいるのではないでしょうか。 


vintagecomp at 07:19|PermalinkComments(0)iPhone 

2020年04月03日

Macの起動音を復活!

昨日、MacBook Proの久々の大トラブルについて取り上げました。かなり長時間かけて復活できましたが、その際には再起動させたり、電源を強制オフにして起動したりということが何回も。また、NVRAMクリアも何度も実行しました。その際、起動音がしないことが何とも不便でした。電源を強制オフにして起動というような際には、電源スイッチの押すタイミングによって起動していないのに、起動音が鳴らないのでわからないということが何度も起きました。NVRAMクリアの際は、タイミングが分からないので、長めに押し続けないといけなかったり。なぜ、Appleは起動音を廃止したのでしょう。

 最初の起動音が鳴らないMacBook Pro 2016が発売された直後に、起動音を復活させる情報が出回りましたが、実際にはガセで復活できませんでした。今年になってから、改めて起動音を復活させる情報が出回っていましたが、あまり気にしていませんでした。今回のトラブルで、改めてやってみました。

方法は簡単。ターミナルで以下を実行するのみ。

「sudo nvram StartupMute=%00」

戻すのも 以下を実行するのみ。

「sudo nvram StartupMute=%01」

 無事に起動音が復活しました。これで、トラブルも怖くない!?


vintagecomp at 09:28|PermalinkComments(0)Mac 

2020年04月02日

遂にメインマシンをCatalinaに!

私のメインマシンMacBook Pro 15" 2016のOSは長らく、10.13.6 High Sierraで止まっていました。Mojaveにすると使えなくなってしまうソフトがあるのがいちばんの理由です。MS Office, Filemaker Pro, Dreamweaverなどがありますが、1番の問題はFireworks。このソフトは本当に使い込んでおり、私にとってはなかなか他ではだいたいし難いものでした。もちろん、Fireworks以上の機能を持つソフトもありますが、やはりFireworksのようにはスイスイと使えないのが難点です。ただ、メジャーアップデート2つもあったので、そろそろ移行しなくてはと準備は進めていました。使えなくなるソフトは、最新版をかったり、代替ソフトを用意したり、そしてFireworksの代替は、Affinity Photoと決めました。試用したところ、ほぼFireworks並みのことはできるとわかりました。ただ、何かやろうと思うと、いちいち調べないとわからない。そこで、準備はほぼ整ったものの、まだ踏み出せずにいました。

そんな時に出ていた 10.13.6 High Sierraのセキュリティアップデート。とりあえずアップデートしておくかと、実行したところ起動不能に。実は前にも経験あります。まず、High Sierraにアップデートした時に起動不能になってしまいました。その後、変な解決法がわかりましたが、マイナーアップデートの度に同じ現象が。ただ、解決法がわかっているために、なんとかなりました。そして、今回のセキュリティアップデートでも、同じ問題が!早速同じ解決法を試しましたが、今回は解決せず起動不能のまま。う〜〜む、マジで困った。それで、この際Catalinaにアップデートしようと思いました。

データー量も多いので、できれば上書きインストールしたいもの。まずは、MacBook Pro Late 2013にターゲットモードで接続し、2016のSSDから起動し、Catalinaインストール試みました。しかし、「Targetモード接続のドライブにはインストールできない」との表示が。知らなかった!
それなら、正攻法で起動可能なインストール用USBメモリを作成し、そこから上書きインストールすることにしました。しかし、インストール途中でエラー発生。再度インストールしようにも、もうインストール先に表示されなくなりました。
もはや、クリーンインストールしかありません。SSDを初期化して、クリーンインストール。これはすんなり行きました。そしてTime Machineからデーターを移行します。1.2TB使っていたので、そこそこ時間がかかります。また、メジャーアップデート2つ跨いでいること、大きいデーターをエラーなく移行できるかというのが心配でした。この時点で、深夜1時半。最近早寝の私には、かなり遅い時間です。寝る前に何としてもデーター移行を開始しておきたかったのです。朝起きると、まだデーター移行は続いていました。結局8時間ほどかかって、データー移行は完了。遂にCatalinaが立ちあがりました。

Catalina


 
メールを起動すると、メールの読み込みを開始しますが、途中で「読み込めませんでした」とエラー表示されてしまいます。何度やり直しても同じ。

スクリーンショット 2020-03-31 午前9.15.14














終了以外選べず、読み込み途中で無視して使うこともできません。困った。エラーメッセージから、類似症例を検索してみましたが、該当なし。それなら、英語の設定に変えて、英語のエラーメッセージから検索すれば、何か情報があるかもしれません。英語に変えて、再び読み込みを始めると・・・、何とすんなり読み込みが終了しました。

いや〜、色々と焦りました。しかし、この騒動のおかけでなかなか踏み出せなかったアップデートが完了。久々の最新macOSです。今のところは、快調です。

vintagecomp at 09:57|PermalinkComments(1)Mac | テクニカル

2020年04月01日

対新型コロナウイルス 支援セール、続けます!

3/14「対新型コロナウイルス 支援セール」を開始しました。この直前にロサンゼルスに外出自粛要請が出ましたので、それが終了予定の月末までということで開催しました。その後、3/19にはカリフォルニア州の自宅待機命令が発動され、先が見えない状況が続いています。日本でも、非常事態宣言間近とも言われています。

この状態で支援セール終了というのは、何とも間が悪いですね。そこで、カリフォルニア州の自宅待機命令の目処とされている4/19(日)まで延長します。

期間:日本時間 3/14(土) 〜4/19(日)まで
内容:商品総額1万円以上全品10%引き!

期間中のご注文のみが対象です。割引額は、お会計画面で表示されます。 

checkout


















ちなみに、エイプリルフールではありません。


vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(0)一般 
プロフィール

Harry

Archives