2011年02月

2011年02月26日

Thunderbolt メジャー規格になれるか

新型MacBook Proに搭載されたThunderbolt。Appleのサイトでも、大変大きな取り上げ方をしています。そんなにすごいのか?

thunderbolt


この技術は、以前からIntelがLight Peakの名で開発を進めていることを発表していたものです。今回新たな名前が付いたことで、最初は、Light Peakの技術を使ったApple 独自仕様かと思いましたが、Light Peakは開発コード、製品正式名称がThunderboltと言うことのようです。今後、他社にも同じThunderboltの名前で搭載することになるようです。

最初見た感想は、あれ?mini Displayportの進化形?
次に情報を軽く読んで、最大10Gbpsの高速I/Oインターフェース、ハイエンドのビデオ編集などの用途向け?
更に情報を読んでみると、あらゆるI/Oに対応できる規格のようです。USBやFireWire機器も、アダプタを介して接続できるとのこと。この汎用性の高さは魅力ですね。

11 PM)


昨今5GbpsのUSB 3.0対応製品が出てきており、今後より普及していくことが予想されます。新型MacBook ProにはUSB 3.0は採用されておらず、また13/15インチではExpressCardスロットも無いため増設も不可能、と思いましたがアダプタで対応可能なんですね。これなら、ExpressCardスロット無しも大きなデメリットになりません。既にMacBook Pro 15インチをオーダーしただけに、これは嬉しい!

Appleは独自規格やマイナー規格を採用しては、孤立して盛り上がらないという歴史を繰り返してきました。最初Thunderbolt登場のニュースを見た時には、また同じ事が起きるのではと危惧していましたが、なかなか有望な新規格のようです。これからは、Thunderboltの時代か?

ただ、ちょっと気がかりなのが、他社への搭載は2012年早期になりそうなこと。この間、最新のThunderboltを使えるのは、Macユーザーの特権と言えますが、対応周辺機器の普及が遅くなったりコストダウンが進まない要因となりそうです。
ちなみに、昨日某周辺機器メーカーの人と話しましたが、早速Thunderbolt対応機器を計画中とのこと。はやく対応機器が出てきてほしいですね。


vintagecomp at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)テクニカル 

2011年02月25日

ニュー MacBook Pro 発表!

3/1と噂されていましたが、本日ニュー MacBook Pro シリーズが発表されました。今朝は、不意打ちを食らった感じでした。iPadの発表が3/2ですので、程よい間隔が空きましたね。


MBP2011

筐体が一新されるという噂もありましたが、外観の変更は無しです。

・MacBook Pro (17-inch Early 2011)/Core i7/2.2GHz (Quad Core)/4GB/750GBHD/AMD Radeon HD 6750M GDDR5 1GB 214,800円
・MacBook Pro (15-inch Early 2011)/Core i7/2.2GHz (Quad Core)/4GB/750GBHD/AMD Radeon HD 6750M GDDR5 1GB 189,800円
・MacBook Pro (15-inch Early 2011)/Core i7/2.0GHz (Quad Core)/4GB/500GBHD/AMD Radeon HD 6490M GDDR5 256MB 158,800円
・MacBook Pro (13-inch Early 2011)/Core i5/2.7GHz (Dual Core)/4GB/500GBHD/Intel HD Graphics 3000 134,800円
・MacBook Pro (13-inch Early 2011)/Core i5/2.3GHz (Dual Core)/4GB/320GBHD/Intel HD Graphics 3000 108,800円

注目どころは、15インチ以上がCore i7 Quad Coreを搭載、Thunderbolt I/Oインターフェイステクノロジー、FaceTime HDカメラといったところですね。
噂された15インチのExpressCardの復活や、システム起動専用の小容量SSDの搭載はありませんでした。

Thunderboltは見た目はmini Displayportと同じですが、I/O両方に対応しているのが新しいところです。Outputは、mini Displayportとして動作するようです。Inputは、Thunderbolt対応機器に接続して、10G/bpsの超高速転送が可能になるとのこと。対応機器が出ていない状況では、今一つイメージが掴めませんが、HD動画のリアルタイム編集などを想定しているようです。最大6台のデバイスを搭載可能です。

ちょっと残念なのが、予想通りではありますがUSB 3.0が搭載されなかった点。5Gbpsとかなり高速ですし、対応機器も出回ってきているのでちょっと残念。
Appleの場合、ほぼ必ずUSBより高性能な拡張ポートを用意してきますが、今回もUSB 3.0搭載前に先手を打ってきた感じですね。
Thunderboltの対応機器が豊富且つ安価に提供されれば、USB 3.0が不要ともなるわけですが、今後どう展開していくでしょうか。

私はと言えば、もちろん購入します。15インチの上位モデルにするか下位モデルにするか悩み中です。


vintagecomp at 09:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Apple Topics 

2011年02月24日

VC Podcast News 2/23 収録分配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、2/23(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、ジョブズに関する衝撃の雑誌記事と、3/2のApple Special Eventの話題を中心にお送りします。?
注目の新製品情報もお聴きのがしなく!

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。


vintagecomp at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2011年02月23日

マジカルなThe Mgic Chargerの取り扱いを開始!

Apple 純正のMagic Mouseは、ワイヤレスでマジカルな使い心地に満足されている方も多いと思います。しかし、ワイヤレスマウスの宿命なのが、電池交換の煩わしさ。電池切れで、電池交換が必要なのは面倒ですし、エコじゃないですね。
そこで、充電式乾電池を使用している方も多いと思います。Appleも純正のバッテリーチャージャーを出した位ですからね。しかし、これも電池の残量を気にしないといけないし、電池交換が煩わしいことに変わりはありません。そこで、ワイヤレスでMagic Mouseの充電が可能なThe Magic Charger です。

MagicCharger

















The Magic Charger ワイヤレスチャージャー for Magic Mouse 4,980円

ベースステーションにMagic Mouseを乗せておくだけで、充電が完了します。Macを使わないときは、常にベースステーション上に置いておくようにすれば、事実上バッテリ切れの心配はなくなるわけです。これはなかなか素晴らしいアイディアですね。しかも、アルカリ電池より軽くなり、マウス操作も軽快になります。
Mac界の大御所、松田純一さんもいち早く入手され、レビュー記事を書かれています。松田さんも気に入っておられるようです。
これで、Magic Mouse がますます便利になりますね。

// -->

vintagecomp at 14:04|PermalinkProducts 

2011年02月19日

iPadのデジタイザーとLCDが入荷

iPadは画面が大きいだけに、落としたりバッグ内で異常な力が加わったりで、スクリーンが割れてしまうことがあります。iPadはまだ発売後1年以内なので、他の故障なら保証が聞きますが、スクリーン割れとなるとまず保証対象外となります。そうなると、高額な修理代が・・・

そこで、腕に覚えがある方なら、パーツさえ手に入ればDIY修理を行って、格安で復活させることができます。

iPadScreen
iPad 用デジタイザー, ツールキット付き ¥9,800

ipadlcd
iPad 用LCD ¥8,800


Wi-Fiモデル、3Gモデル共通です。これで、悲劇の際も立ち直れますね。



vintagecomp at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)iPad | Products

2011年02月18日

ジョブズの余命6週間!? 但しつっこみどころ満載

ジョブズが末期癌を患っており、Samuel Jacobson医師によると余命は6週間、というが報道されています。

こういう場合、元ネタを吟味する必要がありますね。
元ネタは、こちらでした。

NATIONAL ENQUIRER という有名人のゴシップ情報雑誌です。媒体の性格からして、信憑性は? しかし、内容が内容だけに気になります。

記事によると、Gizmodo にも掲載された雑誌の写真は、ジョブズが夫人と共にStanford 癌センターに向かう前に朝食を取った際に撮影された物。Samuel Jacobson医師の写真による分析は以下の通り。

丸印で囲まれている手の部分の筋肉がすっかりそげ落ちている。ここは、末期状態まで筋肉が残る部分。写真の状態から判断して、ジョブズは末期状態。おそらくは末期癌。余命は6週間程度と思われる。

ショッキングな内容ですが、つっこみどころ満載です。写真でもジョブズは自力で歩行しています。余命6週間の人間が、通院前に外食で朝食を取るものでしょうか。
また、Samuel Jacobson医師の見立ても、限られた写真を見ただけ。それで、こんなに具体的で決定的な見立てができるんですかね?というか、パッと見には、まるで診断した医師の見解のように見えます。なんとも、あざといゴシップ誌ならではの手法です。

仮に写真や記事の客観的内容に間違いがないとしても、治療中でやつれた姿のジョブズを、うさんくさい医師が飛んでもない悲観的な見立てをしたというところかと。
こんな調子なので、記事全体の信憑性もかなり低いんじゃないかと思います。
部数を伸ばすための、トンデモ記事じゃないかな。そういう私も、初めてこの雑誌を買いますので、まんまと乗せられちゃっているわけで。

一噂情報として、冷静に受け止めるべきでしょうね。


vintagecomp at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Rumors 

2011年02月17日

VC Podcast News 2/16 収録分配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、2/16(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、Vintage Computerの新人Emiがスペシャルゲストで登場します。彼女が一番得意な言語とは?
お買い得品情報もお聴きのがしなく!

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。


vintagecomp at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2011年02月16日

新型MacBook ProはSandy Bridgeを搭載して3月に登場!

新型MacBook Proを始め、今後のニューモデルにはSandy Bridge(第2世代Intel Core)が搭載されるのは確実視されています。
CPUコア、チップセット機能、GPUが統合されたIntelの最新CPUです。内蔵GPUの性能の向上が顕著なので、MacBook、MacBook Pro 13インチ、MacBook Air、Mac miniと言ったエントリーモデルの恩恵が大きそうです。ProモデルやiMacでは独立GPUのモデルが多いことが予想されますが、それでもアーキテクチャ改良による性能向上が見込まれます。

Sandy Bridge搭載の最初の機種になると予想されているのが、MacBook Pro。昨年辺りは2月中旬の発売という噂も聞こえていましたが、2月中旬となった今も未発売。実は、Sandy Bridgeにはチップセットエラーによる製品出荷の遅れが発生しており、他メーカーのニューモデルも軒並み出荷が遅れています。
元々Appleはニューモデルに関しては秘密主義なので、公式には遅れも何もないのですが、1ヶ月以上の遅れが懸念されていました。しかし、ここにきて3月始めという噂が出てきています。

これが本当なら、遅れは最小限で済みそうですね。個人的な事情ですが、3月中旬までにぜひともニューモデルを手に入れたいので、本当であって欲しいです。出荷されたら、即入手する予定です。
まず無いとは思いますが、15インチモデルでのExpressCardスロット復活を希望します。


2011年02月15日

Dr. Bott Mini DisplayPort to Dual-Link DVI アダプタの取り扱いを開始

新しめのMacのモニタポートは、Mini DisplayPortです。しかしモニタ側のポートは、DVIが主流。そこで、普通は以下のようなアダプタを使用します。

miniDP_DVIAP

Apple 純正 Mini DisplayPort to DVI アダプタ 1,980円

ただし、これで30インチシネマディスプレイに出力しようとするとボケボケの悲惨な画面になります。これは、このアダプタがSingle-Linkにしか対応していないためで、最大解像度は1920x1200 です。

そこで、Dual-Link DVI のモニタを使用するには、Dual-Link対応のアダプタが必要になります。

1381-DPDL

Dr. Bott Mini DisplayPort to Dual-Link DVI アダプタ 7,980円

これで、2560x1600の鮮明な画面を表示可能になります。Apple純正品もありますが、純正品よりもお得な価格設定となっておりますので、30インチモニタをお持ちの方はぜひご検討ください。
私も30インチシネマディスプレイを愛用していますので、利用しています。


vintagecomp at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月12日

L5 Remote 好評販売中

iPhoneなどのiOSデバイスをリモコンに変えてしまう、L5 Remoteが大人気です。
L5remote

L5 Remote for iPhone/iPad/iPod touch 4,980円

あらゆる赤外線リモコンを、iPhone上で再現できます。テレビやDVDはもちろん、エアコンやセキュリティシステムなどにも使用できます。これで、多くのリモコンを使い分けるリモコン地獄が解消です。

preview1
ベーシックなリモコンなら、60秒で完成。更に凝ったカスタムデザインも可能。

preview2


ドラッグドロップで配置、サイズやアレンジも思いのまま。ボタンは10万個まで作成可能。
preview3


元のリモコンから、赤外線を送るだけで、ボタンを学習させることができます。一連のボタン操作を一つのボタンにまとめることも可能。
preview4
また、L5 Cloudを利用して、作成したリモコンのバックアップを取ったり、他のiOSデバイスを共有することが可能。

また、旧世代のiPhoneやiPod touchをリモコン専用にしてしまうのも良いですね。初代iPhoneやiPod touchでも使えますので、旧機種の有効利用も図れます。


vintagecomp at 10:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)iPhone 

2011年02月11日

Fling Game Controller for iPad を発売

iPadは画面が大きいだけに、ゲームマシンとしてもかなり楽しめます。しかし、そのコントロール性に難有りと思っておられる方も多いのではないでしょうか。
ゲーム機と同じジョイスティック型のコントローラーを使用しているゲームも多いですが、画面タッチの場合、手応えがないし、場所がずれやすいし、速い動作に追従しにくかったり。思い通りにコントロールできず、フラストレーションが溜まってしまいます。
そこで、このFling Game Controller for iPadです。

pd_fling_white_front
Fling Game Controller for iPad Ice
Fling Game Controller for iPad Ninja
Fling Game Controller for iPad Ultraviolet


価格は、2,480円のところを
発売特価の1,980円でご提供中です。

仕組みですが、実は簡単です。真ん中の黒い部分の下は、指と同様にタッチパネルが反応します。そして、ゲームコントローラー部に、吸盤でFlingを貼り付けます。真ん中の部分は、外枠近くまで上下左右斜め自由に動きます。また、適度なバネが利いており、力を抜くとセンターに戻ります。つまり、本物のジョイスティックのように手応えがあって、コントローラー部をはみ出して操作することもなく、しっかり追従します。
ちょっとしたアイディアですが、実際にゲームで使ってみると、格段に操作しやすくなります。今までのハイスコア更新は、間違いなしです。




ゲーム好きな方は、ぜひ揃えておきたい一品です。2 Playerで楽しみたい方は、2個どうぞ。


vintagecomp at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)iPad 

2011年02月10日

VC Podcast News 2/9 収録分配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、2/9(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、Vintage Computerに新たに加わったフレッシュな新人情報をお届けします。また、フレッシュな新商品情報もお聴きのがしなく!

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。


vintagecomp at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2011年02月08日

OWC SSD 240GB for MBA 2008/2009 の取り付け方法

1/28のエントリーでもご紹介した、MacBook Air Late 2008/Mid 2009用のSSDが好評です。
aura-pro-mba18

OWC Mercury Aura Pro SSD 240GB for MacBook Air 2008/2009
58,000円

既に、ある程度の数を販売しましたが、2名のお客様より同様のサポート依頼をいただきました。

「ドライブが純正品より大きく、全く取り付けできません!」

これは、困りますね。ご指摘の通り、純正ドライブよりも大きいのです。実は、マウント方法を変更することによって、取り付くようになっています。百聞は一見にしかず、以下ビデオをご覧ください。



(2/9 マニュアルに関する記載を変更)
本品にはマニュアルが付属していませんので、上記ビデオをご覧の上取り付けされることをお勧めします。私もよくやってしまうのですが、上級ユーザーほど、
手順を見ずにうまく行かないということが起こりがちですね。


vintagecomp at 08:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)テクニカル 

2011年02月05日

OWC SSD 240GB for MBA 2010 を販売開始しましたがっ!

昨日、トラッキングを見て本日の入荷が確実な状況だったので、話題の本商品を販売開始しました。

OWCAuraMBA2010


OWC Mercury Aura Pro SSD 240GB for MacBook Air Late 2010 58,000円

ところがです、米国中部、東部の猛烈な寒波の影響で、到着が遅れてしまいました。到着は、月曜日になってしまう模様。早速ご注文いただいたお客様、出荷が遅れてしまい申し訳ございません。

しかも、予想以上の人気で、多めに手配していたにもかかわらず、初回入荷予定分が完売です。
人気の秘密は、特に11インチでは純正最大が128GBなのに、倍近い容量に増えることでしょう。これならメインマシンとしても使えそうな容量です。
13インチでは純正256GBも選べますが、純正SSDよりも約22%も高速です。クロックの割にSSDのおかげで動作が速いといわれるMacBook Air 2010 ですが、さらにキビキビとすることでしょう。

初回入荷分完売を受けて、早速追加発注しました。しかし、すぐに出荷できるのは半数弱とのこと。やっぱり品薄な状況です。これは、来週早々に到着する予定ですので、今度は到着を確認後、販売させていただきます。次回もすぐに売り切れ必至ですね。


vintagecomp at 10:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Products 

2011年02月04日

ZAGGmate が大注目

先日あるミーティングに出席し、iPadにZAGGmate with Keyboard をセットして持参しました。

ZAGGwkeyboard

ZAGGmate with keyboard for iPad 9,800円

このミーティングの出席者は、私より少々年輩の50代〜60代の日本人の方が主流です。ミーティングでメモを取ったり、WEBで調べ物をしたりしていたわけですが、皆さんに大注目となってしまいました。iPadを持っていくと、いつも結構な注目を集めるのですが、今回はむしろZAGGmateの方に注目が集まりました。
どうやら皆さん、iPadには興味津々のようなのですが、タッチ操作に馴染みがないだけに、自分にも使えるかどうか自信がないようなのです。皆さん、パソコンは普段から使用されているだけに、
「これなら自分にも使える。しかも、超コンパクトで持ち運びも楽々。」と思ったようです。

iPadはタッチ操作で直感的に操作できるのが売りなんで、ちょっと本末転倒な理解の気もしますが、面白い反応でした。

実際に使ってみると、思ったよりもタッチの必要が少なく、かなり快適に使えます。単なるスタンドとしても使えるわけで、他の人といっしょに画面を見るのにも役立ちます。ただ、寝転がって読書する場合は、単体使用になりますね。


vintagecomp at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)iPad 

2011年02月03日

VC Podcast News 2/2 収録分配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、2/2(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、Macworld 2011 レポートを中心にお送りします。値上がりが予想される商品情報もお聴きのがしなく!

ぜひiTunesに登録してください。登録の仕方は、以下のようになります。
1. iTunes を起ち上げる。
2. iTunesの左のメニューのPodcast を選ぶ。
3. このブログの右側の一番上にあるPodcasting のアイコンを iTunes にドラッグドロップする。

以上の簡単な操作で、今後週1回の放送が自動的にiTunesにダウンロードされ、iPodで持ち運ぶことが可能になります。


vintagecomp at 10:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Podcast 

2011年02月02日

「X てんまでとどけ」に当社が登場

Mac Fan 3月号が届きました。

201103

いつも最初にチェックするのは、マンガという方も多いのではないでしょうか。実は私もそうです。

鈴木みそさんの「X てんまでとどけ」は、Mac色が強くお気に入りのマンガです。今回は初代MacBook AirのSSD化のお話しでした。

詳細はMac Fanを読んでいただきたいのですが、なんとVintage Computer が登場しています。名前は出ていませんが、カリフォルニアのお店となっているので、ピンと来た方もいらっしゃったのではないでしょうか。

「なぜか店におれの素性がばれてるし」とありますが、実話です。

みそさんは今回、ドライブ用のフィルムケーブルを破損してしまったということですが、実はこのケーブル破損しやすいようで、割と良くご購入いただきます。

922_8320
MacBook Air ハードドライブ・フレキシブルケーブル 3,580円

交換の際は、細心の注意で作業を行いましょう。それでも失敗したら、上記パーツを用意しましょう。


vintagecomp at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics | Products

2011年02月01日

Macworld 2011に行ってきました

1/29に日帰りで行ってきました。飛行機が遅れたりして、会場滞在時間はわずか3時間しか取れなかったのですが・・・

以前は、会場のMoscone CenterのSouth Hall とNorth Hallを使って開催されていました。全盛期は、これに加え新設された小さめのWest Hallも使われたこともありました。
Appleの参加しなかった昨年は、South Hallのみ。今年は何と、小さめのWest Hallのみでした。

一目見た感想は、小さっ!
去年はApple不在の割に活気がある感じがしましたが、今年はずいぶんとこぢんまりしてしまった印象です。

目を引いたイベントは、有名なバラシサイトiFixitを運営しているKyle Wiens氏によるiPhoneのライブバラシ。

MW2011

いつもバラシになれているスタッフのはずですが、大勢の観客に緊張したのか、途中トラブルが。それでも、無事バラシは完了しました。これは面白い企画でした。

収穫としてはOWCのブースにいって、MacBook Air 2010用のSSDについて情報が得られたこと。11インチ用の純正SSDは片面実装、13インチ用の両面実装SSDは、11インチには厚すぎて装着できません。OWCも片面実装なのか?
実はOWCも両面実装でした。しかし、純正SSDより薄くなっており、11インチにも問題無く装着できるとのこと。実機も操作してみましたが、やはり速い!
本品は、今週中くらいには入荷予定ですので、ご期待ください。

展示ブースに関しては、iPadとiPhoneに関する製品が目立ちました。Mac関連の展示って、10%位でしょうか。一つや二つは、これはすごい!って展示があるものですが、今回は不発でした。
それでも気になる製品はいくつかありましたので、名刺交換をして、今後の相談をすることになりました。今後にうまく繋げたいと思います。

一応2012年のスケジュールも発表されていましたが、私の予想では開催されないんじゃないかと思います。それくらい、ちょっと寂しいMacworldでした。


vintagecomp at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 
livedoor プロフィール
Archives