2011年11月

2011年11月30日

最強 Apple TV, iPad 2, iCould の組み合わせ

Apple TVをお持ちの皆様、活躍していますか?
私の場合、今まであまり使っていなかったんですが、最近急に使用頻度が上がっています。

AppleTV


その第一の理由が、AirPlayの充実。iPadやiPhone上の動画を、ワイヤレスでTV上に映すことができます。iOS 4時代もAirPlayはありましたが、対応フォーマットは限られており、再生してもTVからは音しか出ないことがしばしば。実際あまり使えませんでした。
ところが、iOS 5になってから、iPadやiPhone上で再生できる動画なら、全てワイヤレスで再生可能に。さらに、iPad 2やiPhone 4Sなら、デスクトップ含め画面をそのままワイヤレスでミラーリング可能です。
また、Flash非対応と言うことで見られない動画も多かったですが、Ustreamも専用アプリを介してみられるようになりましたし、サイト上に埋め込んであるYouTube動画もSafari上で再生可能と不便を感じることがなくなってきました。

それから、iCloudのフォトストリームもApple TVとの連携がバッチリですね。フォトストリームの写真をTV上で再生するのはもちろん、スクリーンセーバでフォトストリームを再生できます。AirPlayで動画を見た後、フォトストリームのスクリーンセーバが再生されると、最近撮った写真が再生され「ここ、行ったよね〜」って感じで、とても楽しく思い出されます。
これが、写真を撮っただけで、後は何もせず、(写真の取り込みやApple TVの操作)見ようとすら思わないで実現されてしまうのですから、たまりませんね。

そんなわけで、購入直後はあまり使い道がないな〜と思っていたApple TV、今じゃ大活躍です。


2011年11月29日

クレージーなブラックフライデー

感謝祭の四連休が終わりました。この間も多くのご注文をいただき、ありがとうございました。本日11/28(月)には、連休中のご注文の発送作業を行いましたが、一部のご注文に関しては、発送が間に合いませんでした。お待たせして申し訳ございません。在庫のあるご注文に関しては、明日までには発送いたしますので、もう少しお待ちください。

米国では、感謝祭連休中の金曜日はブラックフライデーと呼ばれ、各お店が一斉に大セールを行います。日本で言えば、新春初売りのような雰囲気です。
以前から、当日は早朝より営業していましたが、ここ数年は午前0時からの開店が当たり前のようになってきていました。今年は、木曜の夜10時頃に開店する店もあったようで、年々早まるばかりです。

ロサンゼルス郊外のウォルマートでは、開店と同時に目当てのXboxに猛ダッシュ、そしてライバル達にペッパースプレー(催涙ガス)をまいた人がいるというのが大きなニュースになっていました。騒動の中、その人はXboxをゲットし無事支払いも済ませて立ち去ったそうです。さすがに、数日後に警察に捕まっていました。そこまでしてXboxが欲しいのか?

Apple Storeでは、以前はほとんど値引きはなく、抽選でMacが当たったり小物プレゼントという程度だったのですが、今年はブラックフライデー一日限りの値引きを行っていました。Macが$101引き、iPad 2が約$50引きでした。おかげで、オンラインショップは反応が悪くなっていました。

毎年エスカレートするブラックフライデー、ちょっと考え直した方が良いような気がします。




vintagecomp at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月24日

11/24~11/27はお休みをいただきます

米国は、11/24(木)よりThanks Givingの連休に入ります。多くの会社が11/27(日)までの四連休となり、運送会社もお休みです。Vintage Computerもお休みをいただきます。

この間、ご注文はお受けしますが、発送はお休みとなります。

商品をお待ちの方は、お待たせして申し訳ございませんが、しばらくお待ちください。


vintagecomp at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

VC Podcast News 第304回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、11/23(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、SIM ロックフリーiPad 2を日本で使った体験談を中心にお送りします。
お待ちかねの、
SIM ロックフリー製品情報もお聴きのがしなく!

これまで使用していたPodcastJuiceのサービス終了に伴い、ケロログを利用することにしました。
PodcastJuice登録ユーザーの皆様は、ぜひケロログへの登録変更をお願いいたします。

ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2011年11月23日

G4用パーツを大放出

改造マシンとして一世を風靡したPower Mac G4。改造メニュー、パーツの豊富さでは、G5やMac Proも及びませんでした。これらのパーツを格安大放出です。もうメインマシンを退いたというケースが多いかと思いますが、だからこそ、思い切りいじれてパーツも格安。この際、改造の楽しさを満喫してみませんか。CPUカードロジックボードビデオカードが格安です。

MDDユーザーに注目いただきたいのが、これです。

MDD142CPU

Apple 純正 1.42GHz Dual MDD用CPUカード  ¥9,800

FW800の最上位マシン、1.42GHz Dual CPUです。MDDモデル、FW800モデルの167MHzバスモデルに換装可能です。もう少し詳しく言うと、1.0GHz デュアル、1.25GHz シングル、1.25GHz デュアル、1.42GHz デュアルに対応します。867MHz デュアルと1.0GHzシングルには非対応です。非対応マシンでも、格安の対応ロジックボードに換装すれば、搭載可能です。
L3 キャッシュ2MB付きですので、サードパーティーから出ていた1.8GHz デュアルに匹敵する性能になります。
元の1.42GHz DualはOS 9非対応ですが、OS 9対応マシンに組み込めば、OS 9起動も可能です。ただし、OS 9で起動すると、CPU温度が高めとなるのでこの組み合わせは注意が必要です。

このCPUに、高性能ビデオカード、2GBメモリ、OS X 10.5 と組み合わせると、今でも結構使えるマシンに蘇ります。お蔵入りしたマシン、もう一花咲かせてみませんか。



vintagecomp at 09:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Products 

2011年11月22日

OWC Mercury On-The-Go USB 3.0/2.0 SSDケース for MacBok Air

MacBook Air Late 2010/Mid 2011 用SSDが好評です。
そして、お客様からご要望が多かったのが、取り外した純正SSDを利用するための外付けケースは無いかという物でした。これまでずっと、無いとお答えするしかなかったのですが、遂に登場しました。

OWCon-the-go-MBA

OWC Mercury On-The-Go USB 3.0/2.0  SSDケース for MBA  ¥6,800


これまでは、データーを直接移すことができなかったので、一度他の外付けドライブ等にバックアップを行って、交換、OS インストール、データー移行という手順を踏む必要がありました。また、うっかりいきなり交換してしまうと、データー移行ができず、再度交換、また交換という大変なことになってしまいました。これで、かなりスムースに移行作業を進められると思います。
もちろん、OS Xの起動も可能。純正SSDを入れて、そのままUSBから起動することも可能です。

また、USB 3.0カードと併用すれば、SSDの速度を活かした高速外付けドライブとして使用可能です。
待ちに待った製品ですが、初回入荷は限定数です。早く手に入れたい方は、お早めに。


vintagecomp at 07:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)Products 

2011年11月19日

1本2役、Newer Technology NuScribe 2-in-1 スタイラスペン

最近では色んなiPhone, iPad用スタイラスがありますが、なぜか今までほとんどなかったのが、普通のペンと合体しているタイプ。 NuScribe 2-in-1 スタイラスペンは、ボールペンとスタイラスが合体。1本2役でとても便利です。

 nuscribe_slv_hero

Newer Technology NuScribe 2-in-1 スタイラスペン, シルバー 1280円

 ボールペン先は、ツイストして出し入れするタイプ。
 スタイラスペン先は、ソフトラバーで書き味も抜群です。

ジョブズも言っていたように、 iPhone, iPadは指で操作するのが本来だと思います。しかし、手袋をしていると反応しないとか、爪が伸びているとやりにくいとか、画面を汚したくない時とかちょっと不便な面もあります。また、フリーハンドで字や絵を描く場合は、スタイラスの方が、綺麗に書けます。
 そんなわけで、スタイラスは指が不便な場合に補助的に使用するケースが多いのではないかと思います。そんな補助的ツールを常に持ち歩くというのも、何だかな〜という感じ。ボールペンを常にポケットに挿している方も多いと思いますが、NuScribeを挿していれば、普段も、そしてちょっと指じゃ不便という時にとても便利に使えると思います。当たり前のようなアイディアですが、なんで今まで無かったんでしょう?
胸ポケットに1本、いかがでしょうか。



vintagecomp at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2011年11月18日

海外在住の方必見、日本でiPadを3Gで使う

海外在住の方は、日本に一時帰国する際は通信手段の確保が大変です。
割と一般的なのが、空港などで借りられるレンタル携帯。通話はこれで万全ですが、費用もそれなりにかかるし、メール、SNS、WEBも出先でチェックしたいもの。私の備忘録も兼ねて、先月一時帰国の際、iPadを活用した事例をご紹介します。

出先で使う携帯機器と言えば、iPhoneかiPadです。ただし、iPhoneはUnlocked版を購入していない場合は、脱獄しない限り、他のキャリアはローミング以外使えません。先日も、知り合いの方が、ローミングでメールチェックしてたら、2千ドル以上かかってしまったと言ってました。帰国時は、設定でローミングをオフにしておくのが必須です。

iPadは日本版以外は、ほとんどがSIMロックフリーになっています。そこで、今回は出先の通信手段は、iPad 2 3Gに日本通信のSIMを入れて活用することにしました。
使用したのは、b-micro SIM U300です。30日、6ヶ月、1年間使い放題の製品が用意されています。30日 2980円ですので、短期の一時帰国や出張には最適ですね。
続きを読む

vintagecomp at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月17日

VC Podcast News 第303回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、11/16(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、注目の新製品、twelvesouth PlugBug のご紹介です。
待望の新着商品情報もお聴きのがしなく。


これまで使用していたPodcastJuiceのサービス終了に伴い、ケロログを利用することにしました。
PodcastJuice登録ユーザーの皆様は、ぜひケロログへの登録変更をお願いいたします。

ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2011年11月16日

大好評の純正パーツ

Mac用の純正パーツが好評です。修理と言えば大体そうですが、高額なのはパーツ代そのものより工賃。腕に自信のある方なら、格安修理やオプションパーツの追加も可能です。

かなり古い物は別として、ほとんどの純正パーツは取り寄せ可能です。売れ筋パーツに関しては、こちらに登録されていますが、なにしろ膨大なパーツ数ですので、登録されていないものに関しては、個別にお問い合わせください。

さて、お問い合わせの中で多いのが、ロジックボードとノート用のディスプレイ。高額パーツの代表ですが、これらのパーツに関しては正直お勧めしません。これらの新品パーツは、機種にもよりますが、概ね10万円前後と大変高額です。これだけの額であれば、中古の本体が買えてしまう場合がほとんどですし、もしかすると修理の方が安いかもしれません。
Appleの修理代は、保証が切れた後でも、通常使用で高額パーツが壊れた場合、割安な修理代金となります。この場合は、高額パーツ代金より修理代の方が安くなります。
ただし、落としたり分解して壊してしまった場合は、正規の修理代になってしまい、高額なパーツ代に工賃が加算されて請求されます。

そんなわけで、ロジックボードやノート用のディスプレイに関しては、Vintage Computerにお問い合わせいただくよりも、中古パーツ、中古本体、修理を検討されることをお勧めします。


vintagecomp at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2011年11月15日

米国でUnlocked iPhone 4S が発売

11/11に、米国でUnlocked iPhone 4S(SIMロックフリー)が発売されました。

iphone4S

価格は、16GBが$649、32GBが$749、64GBが$849となっています。2年契約付きのiPhone 4Sと比べ、激高にも思えますが、実際は端末価格としては同一で、Unlocked版が高いと言うことはありません。2年契約付きの場合は、あくまで初期費用が安いだけで、2年かけて通信費の他に端末代を割賦で払うことになります。

初期費用が高いのはちょっと大変ですが、Unlocked版は対応するGSMのSIMが利用可能ですので、日本でドコモのネットワークを利用することも可能になりますし、海外で現地SIMを購入すれば、ローミングを使用せずに現地で電話/ネットを利用可能になります。

そんなわけで、発売前からたくさんのお問い合わせをいただいておりましたが、発売されないことには詳細不明ですので、これまでは発売後に状況が判明してからとお答えしておりました。

そこで、現時点まででわかったことです。

・注文後、発送まで1-2週間(到着まで1.5-2.5週間)かかる見込み
・一人2台までの制限付き
・カリフォルニアの場合、上記価格の他、10%弱のセールスタックスが必要。

発送まで1-2週間の予定が出ておりますが、経験上遅れることがあり、場合によっては大幅に遅れたこともあります。
また、一人2台までの制限付きですので、単純に大量発注してということはできません。これを解決するためには、ある程度経費がかかってしまうことになります。

現時点では、費用、入荷時期、入荷数ともに流動的な面がありますので具体的なお知らせはできない状況です。
弊社の方針として、見込みのみでのお知らせや予約受付はしないことにしております。入荷が確定した段階で、トップページやブログでお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


vintagecomp at 06:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月11日

iOS 5.0.1がリリース

iOS 5.0.1がリリースされました。
今回より、母艦無しでのアップデートが可能になっています。
設定/一般/ソフトウェアアップデート と選択すると、次の画面が出てきます。

IOS501

今回の注目はなんといっても、バッテリー問題の修正。iPhone 4Sの問題のように報じられていますが、iPad 2やiPhone 4とiOS 5の組み合わせでもやはり同様の問題が報告されていますので、OSの問題だと思います。問題というか、iCloudにより同期の頻度が多くなって、バッテリを消費しているようです。修正版は無駄な同期を省いたりしていると思われます。
これで、スカッと解決してほしいですね。

同時に注目なのが、ネット経由で母艦いらずのアップデートです。母艦経由のiOS 5リリースの際も、アクセスが集中してエラーが多発していましたので、今回は更なるトラブルも出そうな気がしていました。
これまで報告されている限りは、問題無くあっけなく終わるようです。ネット経由と言っても、アップデートはWi-Fi必須です。トラブルを避けるためにも、なるべく速い環境でアップデートしたいですね。

さて、明日(米国時間11/11)は、米国祝日のため発送業務はお休みとさせていただきます。次の発送は週明けとなります。お待たせして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。


vintagecomp at 07:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)iPhone | iPad

2011年11月10日

VC Podcast News 第302回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、11/9(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、Walter Isaacson著公式伝記「スティーブ・ジョブズ」の話題を中心にお届けします。

メモリ・SSDのお買い得品情報もお聴きのがしなく。


これまで使用していたPodcastJuiceのサービス終了に伴い、ケロログを利用することにしました。
PodcastJuice登録ユーザーの皆様は、ぜひケロログへの登録変更をお願いいたします。

ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2011年11月09日

今がSSDの買い時!?

タイの洪水の影響で、ハードドライブが極端な品不足になっています。そのため、ハードディスクの価格はうなぎ登り、少し前までの倍以上の価格となっています。
さて、Vintage Computerでは、ハードドライブの品揃えが良くありません。あるのは、手に入りにくくなった旧型のドライブくらいです。
多くのパソコンショップのメイン商材なのに、なぜ?と不思議に思われる方も多いでしょう。

Vintage Computerでは、アメリカに所在するショップならではの品揃えとしております。日本で入手困難な商品、日本よりも安くご提供できる商品、日本よりもいち早く入手できる商品、こういった商品を中心にご提供しております。多くのパーツが、日本で入手するよりも有利な面があるのですが、ことハードドライブに関しては、なぜか日本が有利なのです。おそらく市場価格は世界一安いのではないかと思います。

こんな状況ですので、このハードドライブ不足の折りに、在庫を確保して皆様にご提供することはできませんでした。
今後、すぐにハードドライブが必要な方は、価格が高くても在庫を見つけたら確保するしかないと思います。しかし、今すぐに必要でない場合は、タイの工場の復旧と共に価格が戻るのは間違いないので、しばらく待つのもありだと思います。

さて、ハードドライブ交換を考えておられた方は、このように悩ましい状況です。そこで、お勧めしたいのが、SSDへの交換。
タイでは世界中の半分以上のハードドライブを製造していますが、SSDはほとんど製造していないため、価格上昇はありません。むしろ普及に伴い、徐々に価格が下がっている状況です。
SSDによる性能向上は圧倒的ですが、問題は価格。まだまだ高いのが実情です。しかし、ハードドライブの高騰でその差は縮まり、いつハードドライブの価格が落ち着くか予断を許さない今、SSDは絶好の買い時と言えるのではないでしょうか。

人気のSOLIDATA SSDが再入荷しています。

SOLIDATA25

SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD480GB ¥72,800
SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 240GB ¥34,800


SSDに交換したら、その圧倒的な性能に大満足ですよ。



vintagecomp at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月08日

公式伝記「スティーブ・ジョブズ (2)」を読了

先日「公式伝記「スティーブ・ジョブズ (1)」を読了」のエントリーを書きましたが、(2)については、(1)と全く異なる感想となりました。まー、これは、(1)の読了時点で予想というか期待していたことではあるのですが。

jobs2-1

内容が新しくなればなるほど、その表舞台の記憶は鮮明なわけですが、その裏事情についてはまだあまり報じられていないわけです。その知られざる裏事情をかなり踏み込んで、明かしてくれました。
近年の開発事情、闘病生活、家族について、これまで謎に包まれていた部分の一級の資料となると思います。

さて、最近よく話題に上るのが、ジョブズ亡き後、アップルは今後も大丈夫かという点。その予測としてよく言われたのが、ジョブズも今後数年間のロードマップを残しているはずで、また社内に強力なチームを造り上げた、従って当面は盤石であるというもの。私も、願望も含めてこの意見には賛同していました。
しかし、この伝記を読んでみると、ジョブズは真に並の人では無いというのを改めて思い知らされました。まさに、不可能を可能にする男です。
既に開発がほぼ完了していると言われるiPhone 5までは良いとして、その後、たとえジョブズがロードマップを書いた製品であっても、これまでのように不可能を可能にしていけるのでしょうか。この伝記を読んだ後では、難しいと言わざるを得ません。

ともあれ、これまでアップル事情について詳しかった私にとって、(2)は(1)より格段に面白かったです。あなたがアップルフリークだったら、(2)だけ読んでも良いかも知れません。もっとも、アップルフリークだったら、(1)をスキップするはずも無いわけですが。



vintagecomp at 07:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年11月05日

SATA 3 対応SSDの威力とベンチソフトの落とし穴

今、Macの性能アップアイテムとして、一押しなのは間違いなくSSDと言って良いでしょう。装着前と後では、まるで別物のマシンの様にレスポンスが違います。

手っ取り早く性能アップを確認するのには、ベンチソフトが便利です。これまで、XbenchQuickBenchが定番でしたが、最近は表示の見やすさやディスク速度のみを表示するため、ドライブのベンチとしてはDisk Speed Testが人気のようです。

私も、しばらく前にMacBook Pro 15インチ Core i7 2.2GHz  Early 2011 のSSDを交換しましたので、ベンチテストを行ってみました。
交換前がRunCore 社の240GB SATA 2 SSD。交換後がSOLIDATA X8 SATA 3.0 480GB です。

ベンチソフトは、Disk Speed Test。最新版の2.1ではなく前のバージョンの2.0です。

交換前、RunCore SATA 2 (結果1)
RuncoreFW21

最大読み込み260MB/sec、最大書き込み248MB/sec。
これも、かなり高速でハードドライブから交換した際には感動したものです。

交換後、SOLIDATA X8 SATA 3.0 480GB (結果2)

SoliSATA3

最大読み込み506MB/sec、最大書き込み434MB/sec。
ハヤッ!ベンチが速いだけでなく、体感的にも、SATA 2 SSDより圧倒的にスピードアップ。言うことありません。

次はお客様から送っていただいたベンチ結果。
Mac mini Mid 2011にSOLIDATA X8 SATA 3.0 120GB (結果3)

DiskSpeedTest 5GB OWC 6G Pro

最大読み込み490MB/sec、最大書き込み447MB/sec。
こちらも速いです。

これらのSSDは、現在一部品切れしておりますが、来週には入荷予定です。

ところが最近、お客様より書き込み速度が遅いとのご指摘をいただきました。
そこで、私のマシンを改めて計測してみました。
ベンチソフトはこれまでのDisk Speed Test 2.0ではなく、最新版の2.1です。

SOLIDATA X8 SATA 3.0 480GB (結果4)

SoliSATA3_21

最大読み込み498MB/sec、最大書き込み237MB/sec。
あれ!? 読み込みは遜色ないですが、書き込み速度はがた落ちです。

そこでXbenchを使って計測してみました。

01 PM

シーケンシャルの最大書き込み速度は、463MB/sec。SATA 3 SSDとしても優秀なスコアが出ています。

さて、Disk Speed Test の開発元Blackmagic Design Incによると、バージョン2.1の変更点が書かれています。それによると、SSDによっては圧縮機能を搭載している物があり、バージョン2.1より圧縮後のデーターサイズを計測するように変更し、これにより本当の転送速度を測れるようになったと言うことです。

上の実測値のデーターで当てはめると、
1秒間に、434MB(結果2より)の書き込みデーターを、237MB(結果4より)に圧縮して転送、書き込みしていることになります。
どっちで表示するのが正しいのか?
ベンチソフトというのは、あくまである一条件での性能表示に他なりませんので、どちらが正解と断定することはできません。
性能と言う観点で考えると、毎秒434MBのデーターを処理していることになるわけですから、性能の指標となるのはこちらの数字だと思います。

そもそも圧縮機能というのは、性能アップのために搭載されています。SOLIDATA X8 SSDにはSandforceコントローラーが搭載されていますが、圧縮機能をコントローラーに内蔵し性能を高めているのが売りの一つです。
データーの元のサイズで、1秒当たりどれだけの量送れるかというのがコンピューターとしての速度を表すので、圧縮前のサイズを表示するのが妥当では無いかと思います。
つまり、コンピューターとしての速度がどれだけ上がるかでは無く、技術的な意味でのディスク転送速度を表示しているわけです。

また、XbenchQuickBench、それからWindowsで標準的なATTO Benchでも、Disk Speed Test 2.0に近いスコアが出ますので、やはり圧縮前のサイズを表示しているものと思われます。横並びという意味でも、Disk Speed Test 2.1の表示は問題があると思います。


vintagecomp at 08:45|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2011年11月04日

Mac Fan 12月号に掲載されました

Mac Fan 12月号第二特集「Macの筋肉増強計画」にVintage Computerとパーツが紹介されました。

201112


「Macの筋肉増強計画」ってことで、パワーアップ・改造特集です。以前は、度々この種の特集がありましたが、最近はめっきり減りましたね。あっても、内容が浅かったりでしたが、今回はなかなか濃い内容だと思います。
パワーアップ・改造を強力にサポートするショップとして、Vintage Computerも紹介されました。他に、秋葉館さん、KITCUTさん、PLUS YUさん、Spiricaさんも紹介されておりました。これらショップの多くは、Vintage Computerとも協力体制にありますので、ともに改造派Macユーザーのお役に立てればと思います。

さて、今回はMac Fan掲載を記念して、紹介されたパーツを中心に期間限定セールを行います。

SSDキット各種
Mac Mini Mid 2011用 HDD/SSD増設キット ¥5,800 ¥4,980
iMac 27インチ Mid 2011用 内蔵SSD取り付けキット(座付き本体用) ¥9,800 ¥8,800
iMac 27インチ Mid 2011用 内蔵SSD取り付けキット(座無し本体用) ¥14,800 ¥12,800
iMac 21インチ 2011用 内蔵SSD取り付けキット ¥9,800 ¥8,800


メモリーも驚きの期間限定特価
8GBキット(4GBx2) DDR3 1333MHz SODIMM ¥5,990 ¥4,990
8GBキット(4GBx2) DDR3 1066MHz SODIMM ¥5,980 ¥4,980


日本時間の11/14(月)までです。この機会に、ぜひどうぞ。


vintagecomp at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月03日

VC Podcast News 第301回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、11/2(米国時間)収録分を配信中です。

Mac Fan 12月号第二特集「Macの筋肉増強計画」にVintage Computerとパーツが紹介されました。今回はその話題を中心にお送りします。

掲載記念のお買い得品情報もお聴きのがしなく。


これまで使用していたPodcastJuiceのサービス終了に伴い、ケロログを利用することにしました。
PodcastJuice登録ユーザーの皆様は、ぜひケロログへの登録変更をお願いいたします。

ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月02日

楽しかった日本滞在

先週まで、お休みをいただいて日本に一時帰国しておりました。
最初に立ち寄ったのが東京。ここでは、Macお宝鑑定団のDANBOさん(写真中央)、バズタソこと中西りささん(左)、全てのMacを保有していることで有名な立野さん(左)とお会いしました。

otakara

DANBOさんとは、お宝関係で10年以上のお付き合いですが、お会いしたのはなんと初めて。
それから、AUGMで活躍中のバズタソは、12年前までロスに留学しておりその時の知り合いで、12年ぶりの再会となりました。立野さんとは、Macworldで何度かお会いして以来のお付き合いです。
この後、全員でアップルストア銀座まで行き、Appleトークに花を咲かせました。

私の故郷の熊本ではiPhone 女史さんにお会いしたのは、Podcastでもご紹介したとおりです。私の故郷なんですが、改めて美しいところだと再認識しました。

阿蘇山火口。風が強くて寒かった!
asokako

ホテルから見えた熊本城。
kumamotojo

充実した日本滞在でした。


vintagecomp at 09:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)一般 

2011年11月01日

公式伝記「スティーブ・ジョブズ (1)」を読了

ウォルター・アイザックソン著、翻訳井口耕二の「スティーブ・ジョブズ I」を読み終えました。日本滞在中に、いち早く電子版を発売したVoyagerBooksから購入しました。紙の本が好きという方も多いと思いますが、電子版をiPadで読むのがジョブズも一番喜ぶと思い、電子版にしました。

jobsdenki

さて、ネタバレしても良くないので、全体的な感想を。

この種の伝記的なジョブズの本は、これまでもいくつかありました。代表的なものに「iCon Steve Jobs」(スティーブ・ジョブズ 偶像復活)があります。それ以外にも、数々のジョブズ、アップル関連本を読んだ私としては、それらに触れられていない秘話が今回どれだけ出てくるかというのが、一つの注目点でした。

結論から言うと、これまで全く知らなかったような、あるいは全く違うように伝えられていた内容はほとんどなかったです。そんなことから、数年前に読んだ本を、もう一度読み返しているような気にもなりました。しかし、これらの本と決定的に違うのが、ジョブズに直接取材をしているかどうかという点。
「iCon Steve Jobs」などは、アップルストアの店頭に並んでいながら、後に撤去されるというようなこともありましたから、実はいい加減な内容だったのではという疑惑もありました。
結論としては、どちらの本も関係者にかなり綿密な取材をしているようで、細部はともかく、大きく食い違う部分はなかったと思います。ただし、今回の本は、ジョブズに直接取材している分、その価値が高まったと言えるでしょう。
また、ジョブズへの裏取りに関しては、肯定している部分、否定している部分、どちらとも言えない部分、様々です。否定している部分に関しても、筆者はその事実を否定するのではなく、ジョブズが自身の現実歪曲空間の影響を受けてしまったためではないか、と考察しているのも面白かったです。

そんなわけで、これまでのジョブズ像をよく知っている人にとっては、あまり驚きの内容は少ないと思いますが、よく知らなかった人にとっては驚きの内容の連続だと思います。しかも、I に関しては、読めば読むほど、ジョブズのことが嫌いになってしまうかもしれません。

I はジョブズの出生から、Apple追放を経てネクストでの様子、ピクサーの成功までを描いています。 I の内容は、多くの人が知っているわけでは無いが、既に裏話まで語られてきた事柄です。
II の内容は、多くの人が知っているが、裏話についてはまだあまり語られていない事柄についてと言って良いでしょう。
それだけに、II はI 以上に、驚きの内容が隠されているのではないかと期待します。



vintagecomp at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Archives