2012年10月

2012年10月31日

Sonnet CPUカード最終セール!

数年前まで、CPUアップグレードカードは、Vintage Computer で一番の主力製品でした。古いMacが異次元の速度に性能アップするので、実用的にも優れていますし、何より改造心を満足させてくれる製品でした。
G5以降 CPU交換が難しくなったため、徐々に製品が少なくなっていったのは残念です。

Vintage Computer では、各社のCPUカードを取り扱い、当時はおそらくCPUカードなら世界一の品揃えでした。そんな中でも、CPUカードのトップメーカーと言えば、Sonnet社です。各機種用を取り揃え、また最後までCPUカードを販売していました。
最近は、ストレージ系をメインとするようになり、CPUカードの販売は終了していたのですが、何と今でもある程度在庫を持っていました。今回Sonnet社より声をかけていただき、残った在庫を一括してVintage Computer で買い取ることになりました。

G4用カードだけでなく、懐かしのNubus Power Mac用やG2 PCI Mac用、PowerBook G3 Wallstreet 用まで、久々に各機種用のカードが揃いました。

SonnetST17

Sonnet G4 カード Power Mac G4 AGP-Quicksilver用 1.2GHz-1.8GHz 各種
 9,800円より

MDXG4

Sonnet G4 カード Power Mac G4 MDD用 1.6GHz Dual
 14,800円

SonnetST

Sonnet G4 カード Power Mac G4 Cube用 1.8GHz
 24,800円

SonnetZif1GHz

Sonnet G4 カード Power Mac G3用 700MHz-1GHz
 1,980円より

SonnetPCI1GHz

Sonnet G3/G4カード G2 PCI Power Mac用 500MHz-1GHz 1,980円より

SonnetL2

Sonnet G3カード Alchemy/Gazelle用 500MHz
 1,980円

SonnetNubus

Sonnet G3カード Nubus Power Mac用 400/500MHz 1,980円より

SonnetWS

Sonnet G3/G4カード PowerBook G3 Wallstreet用 500MHz 1,980円より

今回のメーカー在庫一掃に当たり、全てメーカーでのテスト後に出荷されています。全て新品、パッケージ入りです。
ただし、サポート終了品に当たりますので、保証は初期2週間のみとなります。
もちろん在庫限りの限定数です。懐かしのMacを今一度パワーアップする最後のチャンスです。


2012年10月30日

Apple Mini DisplayPort − Dual-Link DVI アダプタにご注意

Appleの現行機種のモニタポートは、Thudebolt/Mini DisplayPort が主流になっています。シングルリンクのDVIモニタを使用する際は、こちらのアダプタを使用します。

miniDP_DVIAP

Apple 純正 Mini DisplayPort to DVI アダプタ 1,980円

しかし、Dual Linkの30インチのApple Cinema HD Displayの場合は、このアダプタでは対応できません。Dual-Link用のアダプタが必要です。

40 PM

アップルストアのレビューを見ていただくと、画像が乱れるといった芳しくないレビューが載っています。実は、これは初期の製品に共通していた不具合。現在は、既に解消していますので、その心配はありません。(アップルも、この辺りの情報をもっと公開して欲しいものです。)私も、30インチのApple Cinema HD Displayをこのアダプタで使用しています。
大分古くなったとは言え、高額だった30インチ Cinemaですのでまだまだ働いてもらわないといけません。ところが、いつの頃からか、ブラウザなどで真っ黒な背景で、赤や黄色のノイズが乗るようになりました。ダークな色くらいでは出ませんが、真っ黒だと必ず出ます。かなり目立つし、よろしくない不具合です。おそらく、30インチ Cinemaが古くなり劣化したための不具合だと思いました。真っ黒な背景のWEBサイトもそう多くは無いので、これまで我慢して使用していました。

さて、ある日ちょっと気になって、DVI端子があるMacBook Pro Early 2008モデルに繋いでみました。すると、真っ黒な背景のWEBサイトでも全く問題なく表示されます。30インチ Cinemaの問題ではありませんでした。となると、本体かアダプタ、アダプタへの疑いが強まります。
そこで、アダプタのケーブルを30インチ CinemaのACケーブルからできるだけ離して取り回すと・・・ノイズが出ません。厳密には、たまに僅かに発生しますが、気にならないレベルになりました。

どうも、Apple Mini DisplayPort − Dual-Link DVI アダプタは、ノイズを拾いやすいようです。ノイズが気になっている方は、ケーブルの取り回しをチェックしてみてください。


vintagecomp at 09:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)テクニカル 

2012年10月27日

新型Mac miniの性能はMac Proに匹敵?

という記事が掲載されています。Mac Proは今年2012年モデルが出たとは言え、2010年モデルから大きな変更は無し。Mac miniは2011モデルでSandyBridge、2012モデルでIvyBridgeを搭載しており、地味ながら着実に進化しています。その進化の差で、性能が追いついてしまったわけです。
とは言え、Mac Proはメモリを最大48GB/96GBまで拡張できるわけで、動画編集など、ハイエンドな作業だったらやはりMac Proに軍配が上がります。
しかしながら、一般的な作業なら、ハイエンドモデルにローエンドモデルの性能が匹敵というのは、なかなか痛快です。

さて、更にMac Proの性能をぶっちきぎれるのが、ドライブの性能です。Mac mini 2011/2012はSATA 3対応、Mac Pro 2012はSATA 2 対応。SATA 3対応SSDを装着すれば、

そして、Mac miniには2台目の2.5インチSSDを装着可能です。Mid 2011で大好評のHDD/SSD増設キットが、そのままLate 2012モデルにも使用可能です。

miniSSDkit2011

Mac Mini 2011/2012用 HDD/SSD増設キット
 6,800円


これで、Mac miniにSATA 3のSSDを2台装着してRAIDを組めば、もうブッチギリ異次元の性能です。もちろん、起動ドライブはSSD、そしてデーター用に大容量のHDDというのも良い組み合わせですね。



vintagecomp at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2012年10月26日

MacBook Pro Retina 13インチのSSDは15インチと共通

早速発売されたMacBook Pro Retina 13インチですが、早くもiFixitでバラシが公開されております。気になるSSDですが、こちらです。

03 PM

品番は、MZ-DPC2560となっており、予想通りMacBook Pro Retina 15インチと全く同じ物が使用されています。13インチと15インチのSSD仕様は共通でした。

Vintage Computer では、この512GBと768GB SSDを好評販売中です。

MBPRSSD_SM

Apple純正 Samsung 768GB SSD for MacBook Pro Retina 13/15, ツール付き 79,800円
Apple純正 Samsung 512GB SSD for MacBook Pro Retina 13/15, ツール付き 48,000円


とはいえ、13インチモデルは発売されたばかり。最初から大容量が必要なら、最初からオプションで選択すれば良いと思いがちですが、必ずしもそうではありません。

ベースモデルの128GB SSDを768GBにアップグレードするとプラス114,400円、512GBにアップグレードするとプラス68,000円です。後から交換した方がずっとお買い得であることがわかります。
また、交換に必要なツールも付属しますし、交換は比較的簡単です。
しかも、後から交換すれば128GB SSDが手元に残ります。これも、ケースに入れて有効活用が可能です。現在、MacBook Pro Retina用のSSDケースは販売しておりませんが、来月には取り扱い開始の予定です。
というわけで、これからMacBook Pro Retinaをご購入の際は、どの組み合わせがベストか、しっかりご検討の上購入されることをお勧めします。


vintagecomp at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2012年10月25日

VC Podcast News 第351回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、10/24(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、もちろん昨日のApple スペシャルイベントで発表されたiPad miniやNew iMacの話題を中心にお送りします。
新製品カレン商品情報もお聴き逃しなく。


iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年10月24日

iPad mini, ニューiMac,MacBook Pro Retina 13インチ登場

本日は、Apple スペシャルイベントがありました。私の予想では、iPad miniとMacBook Pro Retina 13インチがイベントで発表され、iMacとMac miniはひっそり地味にアップデートではないかと思っていました。実際には、iMacとMac miniも発表されました。

さて、一番の目玉はiPad miniですが、これはTVや新聞などでも大きく取り上げられているので、詳細は省きますが、一点だけ指摘しておきたいと思います。
iPad mini Cellular版は、Wi-Fi版の発売日11/2から2週間後に米国で先行発売と発表されています。気の早いお客様からは、既に米国版のSIMロックフリーのiPad miniの販売をお願いしますとのご要望もいただいています。これまで、SIMロックフリーのiPadと言えば、AT&TキャリアのGSM版を扱ってきました。しかし、LTE対応になってその原則は崩れたようです。ハード的には、Model A1454(AT&T)とModel A1455(Verizon)がありますが、どちらもGSM 3Gには対応しております。肝心のLTEですが、日本のキャリアには、Model A1455、つまりVerizon版が対応することになります。

さて、今回のイベントでもっともサプライズが大きかったのはiMacではないでしょうか。
何と言っても、この薄さには驚かされます。そして、SSDとHDDを1ボリュームとして使用し、大容量かつ高速に利用するFusion Drive。興味津々です。

さて、内蔵のSSDですが、2.5インチ SSDではないようです。

24

クリックで拡大します。鮮明ではありませんが、どうもMacBook Pro Retina 15インチ用と同じもののように思えます。

それからMacBook Pro Retina 13インチの内部写真。

25

クリックで拡大します。これもMacBook Pro Retina 15インチ用と同じもののように思えます。私の掴んでいる情報からしても、多分こちらは間違いないんじゃないかと思います。

これから情報も増えてくると思いますので、更にウォッチしていきたいと思います。


vintagecomp at 09:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Apple Topics 

2012年10月23日

いよいよ明日、Apple スペシャルイベント

いよいよ明日に迫ったApple スペシャルイベント。
iPad miniの登場は確定的ですが、MacBook Pro Retina 13インチ、iMac、Mac miniも登場しそうですね。

少し前の噂では、iPad miniは8GBモデルが$249からと言われていましたが、最新の噂では16GBからで$329からとか。以前の噂と比較しても16GBの価格としては、むしろ安いくらいですが、やっぱりNexusよりも高くなっちゃったという印象が強くなりそうです。
LTE対応版も出てきそうですね。

それから、従来型のiPadもLightning コネクタ仕様にマイナーチェンジされるという噂も。そういえば、ずっと待っていたLightning USBケーブルも本日やっと届きました。ケーブルやアダプタがこれだけ品薄な時期に、コネクタのみのマイナーチェンジはしなくて良いと思うんですけど。

これらはいずれも噂なわけですが、最近は噂的中が多いので、その通りになってしまうのか? やっぱり、何かサプライズが欲しいところです。

iPadは、もう少し小さければと思っている人も多いので、いずれにしてもiPad miniはかなり売れそうです。明日が楽しみですね。



vintagecomp at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Rumors 

2012年10月20日

純正パーツオール10%引きセールは10/22(月)まで

この機会にぜひご利用ください。
先日もご紹介しましたように、電源、冷却ファン、ノート用キーボード、iMac, Cinema Display ガラスカバーが売れ筋商品です。

もちろん、これ以外にも膨大な数の純正パーツがあります。主立った物は、WEBサイトに掲載しておりますが、掲載しきれていないパーツもありますので、リストにない場合はぜひご要望ください。
液晶スクリーン、ロジックボード以外、ほとんどのパーツは取り寄せ可能です。ちなみに液晶スクリーン、ロジックボードは8万円から10万円以上と、本体を買い換えた方が良い価格ですので、取り扱っておりません。

これだけ膨大な量の純正パーツですから、人気パーツ以外は在庫はなく、受注後の取り寄せとなります。以下、納期の目安です。

1. 在庫を確保と書いてある純正パーツ
通常、在庫を用意しておりますので、1営業日以内の発送が可能です。ただし、在庫数は限られますので、取り寄せが必要な場合もあります。

2. 電源、ノート用冷却ファン、ガラスカバー
多くの場合、受注後取り寄せですが、1〜2営業日の短期間で入荷します。

3. 1、2に当てはまらないパーツ
受注後取り寄せとなり、入荷に1週間程度かかります。

上記あくまで目安ですが、参考にしてください。そして、純正パーツセール10/22(月)終了を、お忘れなく!




vintagecomp at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2012年10月19日

初代Mac 128Kの秘密

初代Mac 128Kには、外観上2タイプあるのをご存知でしょうか。正面から見ると同じですが、背面のエンブレムに違いがあります。

こちらが前期型のモデル。

128Kearly

Macintoshとだけ表示されています。
そして、下が後期型。128K と併記されています。

128Klate

そして、二代目Macの512Kがこちら。

512Kback

この中でどれがもっとも稀少かというと、圧倒的に128K 後期型です。おそらく、128Kと512Kが併売されていた期間のみ、この表示がされていたのではないかと思います。データー上は、併売期間は、1985年の9月10日から10月1日まで。ごく短期間のみ併売されていたことになります。

そんなわけで、Vintage Computerでもかつては前期型128Kは多数販売していましたし、個人コレクションもしっかり揃っています。しかし、後期型は、超レア物として販売後、ずっと手に入ることなく10年近く経過してしまいました。コレクションも残しておらず、販売してしまったのを悔やんだり。
ところが、この度なんとこの超レアな後期型128Kを2台も手に入れてしまいました。やっと、コレクションの欠けたピースが揃いました。そこで、もう一台は、販売いたします。

しかも、なんとピカソボックス入り! 年代を考えると、極上動作品です。

128KPicaso9

128K 後期型 512KB/400KB 純正ピカソボックス入り付属品付き 128,000円

キーボード、マウス、電源ケーブルまで、ピカソボックス入り。私の知る限り、付属品は全て揃っています。これだけ程度の良い、後期型128Kというのはまず出てこないので、お値段も張りますがその価値はあると思います。

Macの歴史的1台は欲しいけど、さすがに手が出ないという方は、こんな物はいかがでしょうか。

128Kback

128K リヤ側筐体 開発者サイン入り 9,800円

初代Mac 128K, 512K, Plus には、開発者のサインが刻印されています。もちろん、スティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックのサインも刻まれています。

128KbackExp


クリックすると拡大します。赤線の上がジョブズ、下がウォッズです。これだとお手頃ですし、ジョブズやウォッズのサインも分解せずに拝むことができます。


2012年10月18日

VC Podcast News 第350回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、10/17(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、記念すべき?第350回です。
いよいよ10/23に迫った、iPad mini 発表会の話題を中心にお送りします。
純正パーツ10%引きセールを10/22まで開催中、お聴き逃しなく。

iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年10月17日

純正パーツオール10%引きセール開催!

10/22(月)まで、純正パーツがオール10%引きです。
ショッピングカートに入れた時点で、表示価格より10%引きで表示されます。

メーカー保証が切れると、修理代は高くなりがちですが、Vintage Computer が強力サポートします。期間中、純正パーツがオール10%オフ。自己修理で格安で済ませましょう。以下が、人気の純正パーツです。

電源
MacProPS

Macがウンともスンとも言わなくなった場合、電源トラブルの可能性が高いです。機種にもよりますが、電源交換は比較的簡単な場合が多いです。

冷却ファン
661_4951

数年経つと、ノートの冷却ファンがうるさくなっている場合が多いです。うるさいだけなので、我慢すれば・・・ というのは危険です。うるさくなっているのは故障の前兆。その内、ファンが止まってしまい、オーバーヒートでロジックボード死亡なんて言う大事にもなりかねません。うるさくなってきたら交換しましょう。

ノート用キーボード
MacBookAirKB

機能しないキーがでたら致命的。それ以前に、キーボード交換で、日本語キーボードから英語キーボードに交換することも可能です。ローマ字変換なら、こちらが便利という方も多いです。Unibodyだとトップケース一体で少々高いです。

iMac, Cinema Display ガラスカバー
922_9147

倒したり、ぶつけたりすると、やはり割れてしまうのがガラスカバー。交換は、吸盤で吸い付けて脱着するだけと実は簡単です。27インチよりも21.5インチの方が高いのが、何とも不思議です。(仕入れが高いのです。)

この他、内部ケーブルやボードなども揃います。登録されていないパーツもよほど古い機種以外は取り寄せ可能ですので、ご要望ください。ただし、液晶スクリーン、ロジックボードは、原則お取り扱いしておりません。これらは、補修パーツ価格が、8万円位またはそれ以上するため、現実的ではないためです。

腕に覚えのある方なら、iFixit などを参考に自己修理すれば、格安修理も可能です。また、修理に出すとなれば通常、個人情報の固まりのマシンを預けることになるので、手元で完結するのもメリットが大きいですね。

自己修理はとても無理!という方も、提携ショップspirica で割引価格で交換サービスが受けられます。



vintagecomp at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月16日

激レア!スケルトン Duo

Vintage Computerの名前の由来は、1999年の創業時に、Vintage Macをメインの商品にしていたためです。その後、徐々にアップグレードパーツなどがメインになっていき、Vintage Macの取り扱いはわずかになってしまいましたが、先日も、Lisa 2/10, Portable, PowerCD などを販売し、完売御礼となりました。
これからも、レアなVintage Mac、Vintage Apple を再び取り扱っていきたいと思います。目標、平日1日1台!

さて、今回もまた超レアな逸品です。

DuoSkeleton

PowerBook Duo 280c スケルトン 40/500/内蔵モデム
 58,000円


ちゃんと起動もする動作品です。Duo位だと動いて当然な気もしますが、280cの発売から早18年。動作品の確保も難しくなってきました。トップカーバーとトラックボールが透明です。特にトラックボールが面白い。

DuoTB1

普段は、透明なトラックボールですが・・・

DuoTB

HDDのアクセス時にアクセスランプ(ブルーLED)の光が透けて見えるのです。
メモリも40MBと最大、HDDも500MBと当時としてはかなりの大容量のフルスペックのDuo 280cです。

これからも、レアなビンテージ品をご提供していく予定ですので、ご注目ください。



2012年10月13日

OS X 10.8.2 追加アップデートで文字化けとメモリ問題が解決

OS X 10.8.2は9月20日にリリースされましたが、いくつか問題がありました。特にメールの文字化けは、我々日本人にとってかなり致命的な問題でした。
解決は10.8.3まで待ちか?、とも思いましたが、10月4日にOS X Mountain Lion 10.8.2 Supplemental Update がリリースされて解決されています。

mountain-lion-cjr-1329423808

解説を読むと、日本語のメールの文字化けについて言及されています。他の2バイト文字も影響があるのかと思ったら、日本語特有の現象だったんですね。

さて、他にも興味深い対策内容が書かれています。

64GBを超えるメモリを搭載した場合の、起動時の問題を解決。

最大64GBを超えるメモリというのは、現時点ではAppleの公式スペックにはありません。しかし、Mac Pro Early 2009 - Mid 2012の8/12 Core モデルは、実際には16GB 6枚で96GBまで使用可能です。
つまり、最初の10.8.2では96GB搭載していると、正常に起動できなかったんですね。今回の追加アップデートで解決しています。非公式スペックでの不具合ながら、対策してくれて良かった!
これについては、あまり知られていないようですので、もし前バージョンに戻してしまった方は、今なら大丈夫です。
これでもしや128GB搭載できないという問題も解決かと思いましたが、こちらでテストしたところ、やはり従来通り96GBまででした。

対策してくれたのは良いのですが、iOSのマップと言い、最近不具合が多いと思います。ジョブズ不在で、緩みが出ているんでしょうか。


vintagecomp at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2012年10月12日

SSD大特価、しかも送料フリー!

SSD各種大特価です。しかも、10/15(月)まで一万円以上お買い上げで、メールプラス便の送料が無料となります。大半は、送料無料の対象です。

記憶装置で重要なのは、やはり信頼性。純正品は、やはり信頼性で一歩勝ります。
純正のSATA 3対応2.5インチSSDが再入荷です。

Samsung51225

Apple純正 Samsung 2.5 SATA 3 SSD 512GB ¥49,800
Apple純正 Samsung 2.5 SATA 3 SSD 256GB ¥29,800


超高速 SOLIDATA SSDが大幅値下げ!

SOLIDATA25

SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 480GB ¥39,800 ¥29,800
SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 240GB ¥19,800 ¥18,000
SOLIDATA X8 2.5インチ SATA 3.0 SSD 120GB ¥10,800 ¥9,800


他ではなかなか手に入らない、Retina, MacBook Air 2012用SSDもお買い得です。

MBPRSSD_SM

Apple純正 Samsung 768GB SSD for MBP Retina ¥79,800
Apple/Samsung 512GB SSD for MBP Retina ¥49,800 ¥45,800
Apple/Samsung 512GB SSD for MacBook Air Mid 2012 ¥59,800

ハードドライブからSSDに交換すると、驚くほど性能アップします。超お勧めのアップグレードです。


vintagecomp at 09:57|PermalinkComments(6)TrackBack(0)Products 

2012年10月11日

VC Podcast News 第349回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、10/10(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、本当に使える?Nano/Micro Cutter の話題を中心にお送りします。
Nano/Micro CutterやBodyGuardz 保護プロテクタなど、iPhone 5用品の情報もお聴き逃しなく。

iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年10月10日

iPhone 5用、Nano/Micro SIM カッター遂に入荷

iPhone 5には、従来のMicro SIMより更に小型のNano SIMが使用されています。SIM ロックされた日本仕様のiPhone 5でも、同じキャリアのiPhone 4/4S用のSIMなら認識されるはずですし、海外キャリアのSIMなら利用可能です。
もちろん、SIM ロックフリーなら、日本通信から今後対応SIMも出てくるでしょう。
しかし、現在出回っているSIMは、Micro SIMまで。Nano SIM単体ではほとんど入手不可能です。

ならば、カッターでMicro SIMをNano SIMにカットしてしまいましょう。

NoosyNanoCutter


Noosy Nano/Micro SIM Cutter(アダプタ, オプション) 1,980円

3種類のアダプタのセットはオプション特価298円です。単体の場合は、480円です。

SIMadapter3

Noosy Nano SIM アダプタ3点セット 480円

何と、このカッター一台で、Micro SIMからNano SIMのカットだけでなく、標準サイズSIMからNano SIMのカットも可能です。従って、2回カットして、標準サイズSIMのNano SIM化も可能。こんなに小さくしちゃって、認識されるのか心配ですが、実際にはチャンと認識されます。標準サイズSIMって、どんだけ余白部分が多いんでしょうか!

iPhone 5の発売前後で、この種のカッターは使用できないのではないかという噂が広まりました。おそらく理由は、Nano SIMの方がMicro SIMより薄くなっているために出てきた噂だと思います。
Nano SIMの厚みは0.67mm, Micro SIMの厚みは0.76mmと、その差はわずかに0.09mm 。スロットは、プラマイ0.1mmの許容範囲がありますので、SIMの厚みが規格値通りであれば、そのまま使用可能です。規格値よりもやや厚めにできているSIMの場合、紙やすりで厚みを調整する必要があります。

結局、iPhone 5出荷後の検証で、カットしたSIMもiPhone 5で使用でき、ガセネタだったことが確認されました。

ちなみにこのカッター、出荷予定が一度遅れました。何でも、品質上の問題があったとのことで一度出荷ストップ。問題解消後、再出荷となり今回入荷しました。
ちょっと入荷が遅れてしまいましたが、品質問題の無いロットで結果的には良かったと思います。


vintagecomp at 09:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)iPhone 

2012年10月07日

一万円以上送料無料セールを開催!

10月15日(月)まで、一万円以上お買い上げで、送料無料となるセールを開催中です。

期間中、商品総額一万円以上の場合、日本向けメールプラス(6-9日)の送料が無料となります。
eペリカン便(3-5日)へのアップグレードをご希望の場合、1000円でアップグレードできます。こちらをご購入ください。
代引きは、eペリカン便(3-5日)のみですので、必ずこちらをご購入ください。


vintagecomp at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2012年10月06日

ジョブズ一周忌

朝起きると、iPadかMacBook Airでネットチェックをするのが日課です。注文状況やニュースサイトなどを確認したりしますが、巡回先の一つがApple USのサイト。思いがけず製品アップデートの発表などがあったりしますので、チェックは欠かせません。

今朝も、いつものようにApple USのサイトに行ってみると・・・

jobs1year

そうか〜、今日はジョブズの一周忌でした。もちろん前日も「明日はジョブズの一周忌」と思っていましたが、寝起きですっかり忘れていました。
生前のジョブズのビデオのバックに流れるのは、おそらく、ジョブズと親交のあったヨーヨーマによるバイオリンチェロの音色。何だか、感傷的な気分になってしまいます。

いつまで、掲載されるかわかりませんが、おそらくは西海岸時間の10/5いっぱいではないかと思います。日本との時差は16時間。まだ見ていない方は、今の内にご覧ください。

ジョブズ亡き後も、Appleは依然として絶好調ですが、私の目には綻びが見え始めている気がします。やはり、ジョブズがいたらどうだったかと思わずにいられないのが、後継CEO クックの辛いところでしょうか。ここ、1、2年が重要ですね。


vintagecomp at 06:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年10月05日

光学ドライブの選び方-2

光学ドライブの選び方の続編です。
前回は、最新モデルからちょっと古いモデルまで。今回は、それよりも古い機種編です。

非UnibodyのMacBook, MacBook Pro 13/15インチ用は、IDEの9.5mmドライブが必要です。

GSA_S10N
MacBook (Pro) 用 DL対応 8x SuperDrive Apple純正品 新品 GSA-S10N 9,800円

ただし、これには例外が・・・
Unibody登場後も、しばらく非UnibodyのMacBookシロ(Early 2009/Mid 2009)が販売されていました。こちらは、SATA 9.5mmドライブです。しかも、前回ご紹介したUnibody用とは違い、挿入口にネジ穴の無いタイプ。この辺りは間違いやすいので、要注意です。

UJ867A2009
MacBook シロ Early 2009/Mid 2009用 SuperDrive UJ-867A 9,800円

同じ非UnibodyでもMacBook Pro 17インチだけは12.7mm厚のIDE。

AD7640A
IDE 12.7mm DL対応 8x SuperDrive SONY AD-7640A Refurbished品 5,800円

光学ドライブは極力新品を扱うようにしていますが、こちらは製造終了後かなり経ってしまったので、Refurbished品を取り扱っております。

さて、未だにファンが多いG4 Cube。光学ドライブは特殊なサイズでした。上のAD-7640AドライブにCubeに適合させるブラケットを装着して販売しております。

CubeSD2


Cube 用 DL対応 8x SuperDrive AD-7640+BKT-C 10,800円

Cube用の光学ドライブを販売しているのは、今ではVintage Computer 位ではないかと思います。








vintagecomp at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月04日

VC Podcast News 第348回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、10/4(米国時間)収録分を配信中です。

今回は、噂のiPad miniの話題を中心にお送りします。

隠れた人気商品 elgato eyeTV HDや、最終入荷のLunaTik LINK のお買い得情報もお聴き逃し無く!


iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。



vintagecomp at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年10月03日

光学ドライブの選び方-1

Vintage Computer では、Macの内蔵用光学ドライブを各種取り揃えています。これだけ、取り揃えているショップも、まずないんじゃないでしょうか。しかも、多くは純正、新品ドライブ。互換性の問題もありません。
純正で無いドライブもありますが、もちろんVintage Computerで互換性の検証済みです。

Mac mini Early 2009~Mid 2010、iMac Early 2009~Mid 2011 では、12.7mm厚のSATAドライブを使用しています。このタイプの、純正ドライブが入荷しました。

AD-5670S

Mac mini, iMac Early 2009以降用 Apple純正 8x SuperDrive AD-5670S 5,800円

UnibodyのMacBook, MacBook Pro では、9.5mm厚のSATAドライブを使用しています。では、このタイプなら何でも良いかというと、そうはいきません。UnibodyのMacBook, MacBook Pro用の光学ドライブは、ディスク挿入口側に、固定用のネジ穴が2個あります。このネジ穴付きのドライブは、事実上、Apple専用品です。じゃー、ネジ穴付きなら大丈夫と思いがちですが、もう一つ落とし穴があります。
Late 2008-Early 2009と、Mid 2009以降では、このフロント側の2個の間隔が違うのです。従って、適合していないドライブを付けてしまうと、ネジが留められなくなってしまいます。

GS23N
Mid 2009以降用 8x SuperDrive GS23N ¥8,800

GS21N
Late 2008/Early 2009用 8x SuperDrive GS21N ¥9,800

ご自分の機種に適合する、正しいドライブを選んでください。

ご自身でドライブ交換される場合ですが、最近ではiFixitなどで、詳しい分解方法が紹介されていますので、昔に比べてずいぶん楽になりました。
ノートブックの光学ドライブ交換は、以前のモデルはかなり大変でしたが、最近のUnibody モデルは比較的簡単です。初中級級レベルで、問題無く交換できると思います。
非Unibody モデルは、上級レベルになりますので、事前によく手順を確認した上で、やった方が良いでしょう。

自分ではちょっと・・・ と言う方は、提携ショップspiricaのご利用をお勧めします。


vintagecomp at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products | テクニカル

2012年10月02日

iPad mini 発表会は今月中旬?

長らく噂に上っていた7インチ iPadですが、10月10日に発表イベントの招待状が送付されるとの報道がされています。
10月10日の招待状だと、発表会は1週間後の10月17日頃でしょうか。

これまで、タブレット市場で一人勝ち状態だったiPadですが、ここに来てGoogleのNexus 7の評判が高まっています。同じ、7インチタブレットと言うことで、iPad miniがどんな仕上がりになっているか、注目されますね。特に、Googleとの縁切りのため、Appleの自社マップ Appにしたところが大失敗。それだけに、ここでGoogleに負けるわけにはいかないでしょう。

注目は、スクリーンと価格。スクリーンはRetinaになるのか、もしそうなら価格的にはNexus 7より高いレンジの価格設定でしょう。
それよりも、iPad 2と同じ解像度で、Retinaではないものの、ほどほどに高解像度。そして、価格はNexus 7と真っ向勝負というのがインパクトがあると思います。

私個人としては、タブレットのベストサイズは今のiPadだと思っています。しかし、妻は現行iPadは普段持ち歩いているバッグには大きすぎるし、持っても重いとの不満を持っています。そう言う人には、7インチはベストサイズでしょうね。
どんな形で出てくるのか、注目ですね。

それはそうと、iMacはまだなんだろうか?


vintagecomp at 09:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)iPad 
livedoor プロフィール
Archives