2012年12月

2012年12月27日

VC Podcast News 第359回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、12/26(米国時間)収録分を配信中です。

今年最後のPodcast Newsです。2012年を振り返ります。

今年最後のお買い得情報もお聴き逃しなく!
来週のPodcast Newsはお休みです。ブログも、1/3までお休みとなります。良いお年をお迎えください。

iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。


vintagecomp at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年12月22日

iPhone 5 のSIM抜きツール

GSM/CDMA 両対応SIMフリーで大人気のiPhone 5 Verizon版ですが、SIM抜きツールに関して、お問い合わせをいただいております。

これまで、歴代iPhoneには、ゴージャスなSIM抜きツールが付属しておりました。

Unknown

何でも、このSIM抜きツールはリキッドメタルが使用されている高級品だそうです。
ところが、北米版のiPhone 5にはSIM抜きツールは付属しておりません。iPhone 5から廃止になったのかと思いましたが、開封の儀の動画を見てみると、北米版には付属していませんが、日本版には付属しています。どうも、最初からSIMが装着されているiPhone 5には付属せず、装着されていないiPhone 5には付属しているようです。

御質問には、上記のようなお答えをするわけですが、
「ではどこでSIM抜きツールを入手したら良いですか?」
という御質問もいただきました。わざわざ、購入する必要はありません。

IMG_1852


写真のように、クリップを伸ばせば、SIM抜きツールのできあがり。これで簡単にSIM抜きができます。

古くからのMacユーザーだと、フロッピードライブや光学ドライブの挿入口の脇に必ず、ディスク抜きの穴が開いていました。ディスクが出てこなくなった場合、ここにクリップを挿して取り出すというのは、お約束でした。

しかし、最近のMacにはフロッピードライブは付いていないし、光学ドライブからこの穴が廃止されてずいぶん経ちます。最近の方には、あまり馴染みの無い方法なのかもしれません。


vintagecomp at 06:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)iPhone 

2012年12月21日

VC Podcast News 第358回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、12/20(米国時間)収録分を配信中です。

通常より一日遅れのPodcastです。今年いっぱいがお買い得なその訳は?

Vintage Computerでは12/21まで年末感謝祭セールを開催中です。超お買い得情報を聴き逃しなく!

iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。


vintagecomp at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年12月20日

iPhone 5 Verizon 16GB/32GBの取り扱いを開始

本日はPodcastの日ですが、都合により明日に延期します。

iPhone 5 のVerizon版が大変人気です。GSM/CDMA両対応で、ほとんど全てのキャリアに対応できる歴代最強のSIMフリー端末となっているのが人気の秘密です。これまで、入荷が限られていたため、64GBに絞ってご提供してきました。ここにきて、やや入手しやすくなってきましたので、16GB/32GBの取り扱いを開始しました。

iPhone5VzWh

iPhone 5 32GB ブラック Verizon版 ¥99,800 ¥89,820
iPhone 5 32GB ホワイト Verizon版 ¥99,800 ¥89,820

iPhone 5 16GB ブラック Verizon版 ¥88,800 ¥79,920
iPhone 5 16GB ホワイト Verizon版 ¥88,800 ¥79,920


左は表示価格、右は12/21までの年末セール10%引き後の価格です。
SIMフリー端末はほしいけど、大容量は必要ない方には最適のiPhoneですね。



vintagecomp at 07:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)iPhone 

2012年12月19日

iMac 27インチのバラシ画像公開

MacRumorsで発売されたばかりの、iMac 27インチモデルのバラシ画像が公開されています。

iMac27barashi1

分解方法は、21.5インチと同じく、液晶パネルと筐体を固定している両面テープをヒートガンなどを使って剥がすことで内部へアクセスできます。難易度はかなり高いです。
内部の様子は、21.5インチとはかなり異なっています。21.5インチは、2.5インチドライブ+RetinaタイプのSSDスロットでした。27インチでは、35インチドライブ+RetinaタイプのSSDスロットとなっています。

iMac27Barashi2

21.5インチでは、下位モデルにはRetinaタイプのSSDスロットは付いていませんでしたが、27インチでは下位モデルにもスロットが付いています。21.5インチの下位モデルはFusion Driveが選べませんが、27インチでは下位モデルでもFusion Driveが選べますので、予想通りです。
このRetinaタイプのSSDスロットに512GBや768GBのSSDを装着して、激速のSSDを利用するのも良いと思います。

しかし、このスロットに128GB SSDを装着して、自前でFusion Driveを構築するのも面白そうです。Fusion Driveは、大容量ハードドライブと128GBのSSDを一つのボリュームとして利用し、速さと大容量を実現しています。ハードドライブとSSDの容量は、iMacでは1TB HDD+128GB SSD または3TB HDD+128GB SSD となっていますが、実はそれぞれ任意の容量で構築可能です。ただし、製品設定から見ても、大容量HDD+128GB SSDあたりが最もおいしい利用法なのでしょう。

ただし、その構築はディスクユーテリティなどでGUIでセットアップできるわけではなく、ターミナルを駆使してCoreStorage logical volume groupをセットアップする必要があります。改造派には、なかなかやり甲斐がありそうです。

となると、128GBのRetinaタイプのSSDが必要になります。Vintage Computer では、現在手配中で、近日入荷見込みです。

MBPRSSD_SM

Apple純正 Samsung 768GB SSD for MacBook Pro Retina 在庫僅少
Apple純正 Samsung 512GB SSD for MacBook Pro Retina 近日入荷予定
Apple純正 Samsung 128GB SSD for MacBook Pro Retina 近日入荷予定





vintagecomp at 08:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)テクニカル | Products

2012年12月18日

年末感謝祭第二弾!12/21まで

年末感謝祭第一弾は12/17で終了しましたが、更にパワーアップして第二弾をお届けします。

期間(日本時間)
12月18日(火)〜12月21日(金)終日

全品表示価格より 10%引きとなります。

割引額と合計額は、お会計最終画面で表示されます。今回は、金額制限がありません。全てのご注文が、10%引きです。
今回が、年末感謝祭最終企画となる予定です(多分)。この機会にぜひご利用ください。


vintagecomp at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月15日

Macの起動音が、米国登録商標に

米特許商標庁による承認がおりて、米国登録商標になったそうです。

では、Old Macの起動音、Sad Macのチャイムをお楽しみください。



機種によって、微妙に違うんですね。微妙な違いとも言えない物も多いです。
この中で、もっとも印象的な起動音はどれでしょう。
Performa 6300の起動音は、かなり重厚ですね。入門機の割に、上位機種よりも存在感が高いです。私の初Macは、Performa 6210でしたが、この起動音だったと思います。

実際に生で聴いて一番印象的だったのが、この動画にも収録されているスパルタカスこと20周年記念Macです。この動画ではそれほど感じませんが、Boseのウーハーにより、低音の響きがすごく、この音響はただ者ではない、と思わせたものです。もっとも、スパルタカスは外観と音質こそ素晴らしかったのですが、性能は入門機なみ、価格は超ハイエンド、ってことで当時のAppleを象徴するような製品でした。


2012年12月14日

iPhone 用 Google Maps リリース

iOS 5まで標準の地図AppだったGoogleのMapが帰ってきました。App Store でフリーでダウンロード可能です。

11 PM

インターフェースは変わっていますが、やはり見慣れた地図は安心感がありますね。
その直前に、オーストラリアで標準マップの間違いによる生命の危機、というニュースが流れていました。もしかして、これでリリースが早まったって事もあるんでしょうか?
いずれにしても、地図問題もこれでひとまず落着。アップルとしても腰を落ち着けて純正地図を改良できるんじゃないでしょうか。

今のところ、リリースされたのはiPhone用のみでiPad用はまだです。iPhone用も一応iPadでも使用できますが、ぜひともiPad用を早くリリースして欲しいですね。すぐに出てくるんでしょうか?



vintagecomp at 09:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年12月13日

VC Podcast News 第357回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、12/12(米国時間)収録分を配信中です。

Vintage ComputerがムックのMac Audio 2013に紹介されました。オーディオ専門店でない、
Vintage Computerがなぜ?
Vintage Computerでは12/17まで年末感謝祭セールを開催中です。超お買い得情報を聴き逃しなく!

iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。


vintagecomp at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年12月12日

年末年始の営業日について

Vintage Computer では、年末年始は以下が発送業務がお休みとなります。

12/22(土)〜12/25(火)土日とクリスマス、イブ
12/27(木)〜1/2(水) 年末年始のお休み

クリスマスイブは、カレンダーとしてはお休みではないのですが、米国日通さんがお休みとなりますので、発送業務はお休みさせていただきます。
12/21(金)が年内到着の最終出荷日となります。12月26日が年内最終出荷日となります。運が良ければ、年内到着する可能性もありますが、順当にいくと年明けの到着となります。

年末年始は、物流が混み合いますので、通常よりも時間がかかる場合があります。お早めにご注文ください。 特に信越、北陸方面はトンネル事故の影響も出るかもしれません。

もちろんお休みの間も、ご注文はお受けいたします。お休み中も、メールによるお問い合わせはお受けしますが、回答まで通常より時間がかかる場合があります。

1月3日から、新年の業務開始です。



vintagecomp at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月11日

年末感謝祭セール実施中!

今年一年の御愛顧を感謝して、年末感謝祭セールを開催いたします。

期間(日本時間)
12月11日(火) 10:00 AM〜12月17日(月)終日
ご注文商品合計金額 1万円以上で、全品表示価格より 10%引きとなります。割引額と合計額は、お会計最終画面で表示されます。

大人気のSIMフリー iPad mini, iPhone 5 Verizon版も対象となります。
SIMフリー iPad mini 64GBが6万円台(69,120円)、iPhone 5 64GB Verizon版が9万円台(98,820円)ととてもお買い得です。

この機会にぜひご利用ください。


vintagecomp at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月08日

iMac 21.5インチのSSDスロット

KODAWARISANiFixitで新型iMac 21.5インチの バラシが行われています。
中でも注目なのが、SSD用と思われるスロット。
メインのドライブは、2.5インチ。更に謎の空きスロットがあります。

imacssd

大きさ、形状、ネジ位置から判断して、どうやらRetina用SSDと共通と考えて間違いなさそうです。
ここに、128GBのSSDを装着して、Fusion Driveとして活用しているようです。

iMac 21.5インチには2.7GHzの下位モデルと2.9GHzの上位モデルがありますが、2.7GHzの下位モデルには、オプションでFusion Driveを選べません。

KODAWARISANは上位モデルをばらしましたが、iFixitでは下位モデル。なんと下位モデルには、このSSDスロットのランドとネジ受けはある物の、コネクタは付いていません。これは残念。
また、上位モデルは1TBのFusion Driveを選べる物の、SSDの追加を選ぶことはできません。Fusion Driveも面白いですが、上位モデルならHDD+SSDやSSD 2台選択ということも可能だと思われます。
また、27インチはまだ発売されていませんが、こちらは下位モデルにもFusion Driveが選べますので、おそらく全マシンにRetina用SSDスロットが付いているのではないかと予想されます。

と、色んな可能性が見えるNew iMacですが、残念なのが分解がかなり難しくなっていること。液晶パネルが接着されており、分解にはホットガンで加熱して取り外す必要があり、かなり難易度が高そうです。ここさえクリアできれば、面白そうなんですけどね。


vintagecomp at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2012年12月07日

Mac Audio 2013に紹介されました

音楽出版社(CDジャーナル)のMac Audio 2013に、Vintage Computerが紹介されました。

_SL500_AA300_

高性能オーディオ用USBケーブルが付録っていうのが、すごいですね。2000円って安くはないですが、付録を考えるとお買い得かもしれません。
Vintage Computer が紹介されているのは、163ページまるまる1ページ。まるで、記事広告のような扱いですが、これは編集者の方からの取材を受けての、れっきとした記事です。しかし、オーディオ関係とはあまり縁が深く無いVintage Computer、なぜここに?って感じはしますね。

編集部から連絡があったのは、実は152ページの20周年記念Macの記事に関してでした。高解像度の画像が欲しいと言うことで、依頼がありました。編集部の方でマスクしてもらえればと思って、背景はあまり気にせずに撮ったのですが、そのまま使用されていました。
この依頼を受けた関係で、編集者の方にVintage Computerに興味を持っていただき、誌面で紹介したいということになりました。

せっかく、Audioの話題ですので、オーディオ製品をご紹介しておきましょう。

IML247

Altec Lansing Portable Orbit USB スピーカー 2,980円


Mac Audioで紹介されているスピーカーは、10万円以上もするハイエンド製品が目白押しです。本品とは価格帯が全く違いますね。とは言え、Altec Lansingといえば、老舗の米音響有名ブランド 。廉価版ですが、ブランドイメージでは負けていません。Macの内蔵スピーカーでは物足りない方にピッタリです。


vintagecomp at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2012年12月06日

VC Podcast News 第356回 配信中

d05c1894.gif週一回のVC Podcast News、12/5(米国時間)収録分を配信中です。

SIMフリーのiPad miniとiPhone 5 Verizon版が人気です。これらデバイスの、米国事情を中心にお送りします。
SIMフリーのiPad miniとiPhone 5 Verizon版の他、新規種用のBodyGuardzのお知らせもお聴き逃しなく!

iTunes上で購読(フリー)するには、ケロログから "RSS Podcast" のアイコンをiTunes上にドラッグドロップしてください。


vintagecomp at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Podcast 

2012年12月05日

北米版のiPad mini, iPhone 5は日本でAppleCareに加入できるか?

SIMフリーのiPad mini, iPhone 5 Verizon版が大人気です。そんな中多い御質問が、これら北米版のiPad mini, iPhone 5は、日本で延長保証のAppleCareに加入できるかと言うことです。質問と共に、既にご購入いただいたお客様からも、結果のご報告もいただいておりますので、実情がわかってきました。

過去(iPhone 4S等の時代)、輸入品は日本ではAppleCareに入れかったという情報が多数ありました。どうやら状況は変わっているようです。

結論的には、入れます
(2013/1/4 追記。その後の実体験報告では、店頭での加入は、入れる場合も入れない場合もあります。同じ日に同じ店舗で、入れた方も入れなかった方もいらっしゃいます。どちらが正規の対応かわかりませんが、アップルストアの対応は一定していません。確実に入れるのは、WEB経由のiPadの
Apple Protection Planのみのようです。)

つまり、日本でサービスを受けることが可能です。購入時に、米国でAppleCareを付けてもらえないかというご要望もありますが、日本国内で対応可能ですので、お客様ご自身での加入をお勧めします。

まずは、iPad miniから。
こちらのページからシリアルナンバーを入力します。

54 PM

続けるボタンを表示すると、以下のページが表示されます。(クリックで拡大)
minisupport1

ここで「保証期間の延長」ボタンを押すと、以下のページが表示されます。(クリックで拡大)
minisupport2

後は、Apple IDでログインして、7,800円でApple Protection Planに加入できます。ただ、注意が必要なのは、延長保証にはこのApple Protection PlanとAppleCare+が存在することです。
Apple Protection Planは、標準の1年保証を2年保証に延長する物です。AppleCare+は、これに加え、本来保証対象でない事故(落下、水没等)による故障も、4,400円で最大2回までサービスが受けられます。
Apple Protection Planは、WEBから購入可能ですが、AppleCare+は店頭または電話(0120-993-993)での加入が必要になります。
(12/12追記:電話で入れたという情報もありましたが、最近は軒並み断られているようです。そもそも、
AppleCare+は後から加入する場合は、店頭へ持ち込んで問題が無いことを確認してもらうことが条件になっています。店頭では、多数の加入例がありますが、渋谷店など一部では断られているようです。銀座店や心斎橋店では多数の加入例があります。)

尚、これらのサービスは購入から30日以内に加入する必要があると記載されています。となると、気になるのは、Vintage Computerの在庫品はいつ購入したかということだと思います。幸いこれら製品は人気ですので、発送日の数日前の購入ですが、実は気にする必要はありません。
Appleでは、実際には、購入日=アクティベーションを行った日として、処理を行っています。2番目の画像に表示されている有効期限も、購入日ではなく、アクティベーションの日を起点に表示されています。いずれにしましても、加入される場合は、お早めにお申し込みください。

次に、iPhone 5も同じように、こちらのページからシリアル番号を入力すると、以下のページが表示されます。(クリックで拡大)

iPhone5support

こちらには、iPadのような「保証期間の延長」ボタンは表示されません。
iPhone 5には、なぜかApple Protection Planはなく、AppleCare+のみ提供されているそうです。こちらも、店頭または電話(0120-993-993)での加入が必要になります。
(12/12追記:電話で入れたという情報もありましたが、最近は軒並み断られているようです。そもそも、AppleCare+は後から加入する場合は、店頭へ持ち込んで問題が無いことを確認してもらうことが条件になっています。店頭では、多数の加入例がありますが、渋谷店など一部では断られているようです。銀座店や心斎橋店では多数の加入例があります。)

それから、標準の1年保証についてですが、iPadは従来より国内でも対応可能です。iPhoneはケースバイケースで、従来断られる場合も多かったようです。iPhone 5は、既に交換対応してもらった事例もあるようです。iPhone 5については、まだ事例が少ないので、要確認です。


vintagecomp at 07:56|PermalinkComments(8)TrackBack(1)iPad | iPhone

2012年12月04日

日本帰国で、iPhone 5 VerizonとSIMカットを試す

先月、日本に一時帰国してきました。
日本帰国でいつも困るのが、携帯電話。海外在住者の場合、日本のSIMの購入は結構大変です。それ以前に、これまで使っていたiPhoneはSIMロック版だったので、SIMを入手しても使えないし。空港でレンタルできる携帯電話が、現実的な方法でした。
レンタカー借りた時も、携帯電話欄に無しと書いたら、そんなわけないでしょうと言われたり。今や携帯電話無しというのは、何かと困る物です。

しかし、今回はSIMロックフリーになっているiPhone 5 Verizon版があります。
そして、こちら米国内で入手できるソフトバンクのSIMを用意しました。ところがこのSIMが標準サイズのSIMです。でかっ!。iPhone 5 はもちろんNano SIMですが、標準サイズのSIMもNano SIMサイズにカットして使用できると言われており、Vintage Computer でもSIMカッターを好評販売中です。
しかし、本当にこんなにサイズが違うSIMをカットして使えるのか・・・

日本に到着して、早速空港内でSIM交換。実は、カットも空港内で行いました。

IMG_1764

すっかり小さくなってしまったSIM。果たして大丈夫かと心配になりながら、iPhone 5に装着。電源を入れると、No Serviceの表示で、失敗か!?と焦りましたが、しばらくするとSoftBankとビンビンのシグナル表示に変わりました。早速通話に成功。
これで、iPhone 5 VerizonのSIMフリー とSIMカッターで使用できることを実証できました。これまで十分な実績があるので、今更ではありますが、やはり自分自身で確認できたのは良かったです。

というわけで、iPhone 5 Verizon版、日本でも海外でも使用できる最強SIMフリーiPhoneです。

iPhone5VzWh

iPhone 5 64GB ブラック Verizon版 ¥109,800
iPhone 5 64GB ホワイト Verizon版 ¥109,800 ¥104,800


ブラックの方が人気です。ホワイト、値下げしました。


vintagecomp at 12:19|PermalinkComments(8)TrackBack(0)iPhone 

2012年12月01日

新型iMac 21.5インチ、早くもバラシ!

バラシでお馴染みのKODAWARISANが、早くも新型iMac 21.5インチのバラシ画像を公開しています。

従来のiMacは吸盤でガラスパネルを外しましたが、極薄になった新型も同じなのか? 同じように、吸盤で外していますが、ガラスパネルと液晶が一体化しているようです。一体化で、薄型化しているのか? その通りなら、分解はむしろ簡単になったと思われます。(12/7 追記:液晶ユニットは接着されており、分解はホットガンによる加熱が必要。分解の難易度は上がっていました。)
(画像は、KODAWARISANより)

o0600045012309618311



液晶を外したところには、ファンの横にメインドライブの2.5インチドライブが見えます。従来は、3.5インチドライブでしたが、今回は薄型化のため2.5インチになっています。

そして、ロジックボードの背面側。
(画像は、KODAWARISANより)


o0600045012309608187

CPUはソケット式で、脱着が可能になっています。それから、メモリはSODIMMのスロットが2基付いているようです。
メモリについてはオンボードと予想していたので意外でした。なぜなら、アップルのスペック表では27インチには、「ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4」の表記がありましたが、21.5インチはこれに相当する表記がなかったためです。

実際は21.5インチにも、SODIMMのスロットが2基があります。ただし、27インチにはアクセスドアがあり簡単に交換できますが、21.5インチにはアクセスドアがなく、交換はバラシが必要となります。このため、一般ユーザーのアクセスは困難なため、この表記が無かったと考えられます。
分解が必要とは言え、ユーザーによるメモリアップグレードの余地が残ったのは嬉しいですね。もし、今後1枚で16GBのメモリが出てきたら、32GB化も可能になるかもしれません。そう言う期待も込めて、朗報だと思います。



vintagecomp at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Archives