2015年05月

2015年05月30日

月末スペシャル特価品、6/1まで!

6/1までの、短期集中月末スペシャル特価品をご提供します。
円安の進行で厳しい状況ではございますが、それをふっとばす特価品の数々です。

RetinaMSATASSD













Samsung 840 EVO 1TB SSD, MBP Retina 15用 ¥59,800 ¥54,800
Samsung 840 EVO 1TB SSD, MBP Retina 13用 ¥59,800 ¥54,800
Sapphire Radeon HD 7950 3GB Mac Edition ¥74,800 ¥69,800
OWC Thunderbolt 2 12 ポート Dock ¥32,000 ¥28,800
AKiTiO Thunder2 Quad Mini ¥39,800 ¥34,800
NuMac Blu-Ray Drive for Mac Pro ¥12,800 ¥9,990
Logitech Ultrathin Keyboard Cover for iPad 2/3/4 ¥2,980 ¥1,980


月末スペシャルなのに、6/1までって? と突っ込みが入りそうですね。週末は見られないお客様もいらっしゃること、それから時差の関係で日本時間の夕方までこちらは5/31と二つの理由から日本時間6/1いっぱいとさせていただきました。
限定数ですので、欲しいアイテムは今すぐご注文ください。



vintagecomp at 05:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年05月29日

Fusion Drive のTips

PCIe SSD の品揃えが充実しているVintage Computerですが、128GB のPCIe SSDもご用意しております。

PCIeSSD-SD














Apple純正 SanDisk 128GB SSD for MBA/MBPR 2013-2014 24,800円


MacBook AirやMacBook Pro Retinaのアップグレードパーツとしては、あまり旨みの無いスペックです。むしろ、iMac Late 2013 以降や, Mac mini Late 2014 のFusion Drive用としていかがでしょうか。

大容量のHDDと組み合わせて、速さと大容量を両立する仕組みです。もちろん、SSD単体と比べると速さは落ちますが、コストパフォーマンスは優れています。

Fusion Drive が登場したのは、OS X Lion時代。この時は、Fusion Drive構築にTerminalでの操作が必要で一苦労でした。OS X 10.8以降では、Fusion Drive 対応機種なら簡単にセットアップできます。
大 容量HDDとSSDを搭載した状態で、外部ディスクまたはインターネットリカバリから起動します。そして、ディスクユーテリティを起動すると、 Fusion Driveの作成を促されるので、それに従って初期化するのみです。もちろん、ディスク上のデーターは消去されるので、事前のバックアップは必須です。

逆 に、別々のドライブとして使用したい時はどうすれば良いのか。上記の状態だと、1台ずつ初期化する操作方法はありません。例えばHDDをこれまで使用して いて、128GB SSDを増設したとしましょう。この場合、HDDから普通に起動してしまえば良いのです。起動したHDDからは自分自身を初期化することは当然できませ ん。そこで、増設したSSD単体を普通に初期化でき、それぞれ単独利用が可能になります。

iMacの場合、分解がちょっと大変ですね。ディスプレイ用のテープ(21.5インチ用27インチ用)やSSDの固定ネジを忘れずにご用意ください。
Mac mini Late 2014の場合、HDDのみのモデルの場合は、PCIe SSD 増設キットが必要です。


vintagecomp at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2015年05月28日

Vintage Computer チャンネル第56回〜 New Retinaに採用の高速SSDを旧モデルに〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第56回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

MacBook Pro Retina のニューモデルに新しく採用されたのが、倍速くなったと言われる高速版のSSD。果たして、Late 2013,  Mid 2014の旧モデルで利用できるのか? その性能は?



というわけで、1TBの高速版SSD、早速新発売です。

5/29追記:番組中2015用の高速版 256GB/512GBは幅広のため、MacBook Airでは使用できないとコメントしましたが、勘違いによる誤りでした。お詫びして訂正いたします。


2015年05月27日

ニューモデルに採用の高速版SSDが入荷!

MacBook Pro Retina 13インチのEarly 2015が3月に、15インチ Mid 2015がつい先日登場しました。発表会では、2倍高速なSSDを搭載していると紹介されました。
ここで断然注目なのが、この高速版SSDがLate 2013~Mid 2014モデルとも互換性があるのかです。そして、遂にその1TB SSDを入手しました。

上が2015モデル採用品、下が2014までのモデル採用品です。(クリックで拡大。)

PCIeSSD13-15














当然品番が違っています。2015用はMZ-KPV1T00、2013-2014用はMZ-KPU1T00 です。UとVの違い、これはSamsungの品番です。アップル品番は、655-1860と655-1810の違いがあります。

裏側です。(クリックで拡大。)

PCIeSSD13-15-2














チップ配置もかなり違います。しかし、端子やカードサイズは全く同じようです。そして、MacBook Pro Retina 13インチ Late 2013に装着してみました。
全く問題なく装着でき、問題無く認識されます。互換性に問題は無いようです。System Reportではメディア名は、SM1024Gと表示されます。旧型は、SM1024Fでした。

PCIeSSD15-SR




気になるのは、どれだけの性能を発揮するのか。Disk Speed Test で計測します。

PCIeSSD15-Bench


















2013モデルでも Read 1500MB/sec,Write 1437MB/sec 出ました!
1.5GB/sec級の性能です。これはすごい!
1GB/sec級と言われる2013-2014用は、以前の計測で Read 875MB/sec,Write 961MB/sec でしたので、50%以上高速ですね。
これじゃ、倍じゃないと言われるかもしれませんが、標準モデルは256GBや512GB。2013-2014モデル用の256GB/512GBは、2レーンで700MB/sec台でした。それと比較すると文字通り倍の速度です。2015用の256GB/512GBも、高速化しているようです。

さて、新 256GB/512GBはまだ入手の目処が立っていませんが、早速1TBは販売開始しました。

PCIeSSD2015-1TB













Samsung 1TB PCie SSD for Retina Late 2013-Mid 2015(1.5GB/s 高速版)
 139,800円

お値段もかなりの物ですが、従来高速SSD 4台のRAIDでやっと届くレベルの性能が得られます。信頼性や扱いやすさは、RAIDよりもずっと上ですね。
2013/2014モデルで、大容量かつ超高速性能を満喫してみませんか。


vintagecomp at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル | Products

2015年05月23日

MacBook Air 2008/2009 ドライブ用のUSBケース

旧知の方より、MacBook Air Mid 2009 の本体がご臨終となってしまったが、どうすればデーターを救えるかとのご相談をいただきました。こういう場合は、やはりドライブを取りだしてUSBケースに入れて、救出するのが一番でしょう。しかし、MacBook Air Late 2008/Mid 2009 のドライブは他のMacでは採用されていない専用品です。そのため、USBケースも入手困難。
そこで、このタイプのUSBケースの取り扱いを再開しました。

Air08case
















USB 2.0 ケース for SATA LIF HDD, MacBook Air Late 2008/Mid 2009 3,700円


上記は、純正ドライブ用です。この機種には、OWCのアップグレードSSDを利用されている方も多いのではないかと思います。しかし、OWCのSSDはドライブの端子が異なり上のケースは利用できません。
そんな方にはこちら。

sat1810u2












OWC Mercury Aura Pro SSD for MacBook Air 2008/2009用 USB 2.0 ケース
 3,480円


もちろん、OWCのアップグレードSSDに換装する際のデーター移行用にも便利です。いずれも、いつまで販売できるかわかりませんので、お持ちの方は今のうちに確保しておくと良いかも知れません。


vintagecomp at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products | Mac

2015年05月22日

Mac Pro Late 2013用SSDには放熱板付きを

1TB PCIe SSDは、MacBook Pro Retina(Late 2013/Mid 2014)用もMac Pro Late 2013用もSSD本体は共通です。しかし、Retina用は放熱板無し、Mac Pro用は放熱板付きの違いがあります。

Mac Pro Late 2013用の放熱板付きSSDはこんな感じです。
PCIeSSDMacPro









エッジが立ったフラットな放熱板が付いています。しかし、この放熱板付きのSSDまたは放熱板単体の入手は非常に困難なのです。
熱的に厳しそうなノートマシンでも放熱板無しなんだから、Mac Proでも無しで良いんじゃないの? との考えもあるでしょう。
実は、Retinaでは右側ファンのすぐ隣でエアの通り道なため、強制空冷状態にあります。(5/22修正)

さて、Mac Pro用SSDの放熱板を剥がすとこんな感じ。

MacProSSDplate1TB













接しているのは、熱伝導テープの部分のみです。ここは、メモリチップとコントローラーチップの
部分です。というわけで、Mac Pro Late 2013用にこの部分にフィン付きの放熱板が付いた仕様を用意しました。

PCIeSSD1TBwHS













Apple純正 Samsung 1TB SSD PCIe 4x for Mac Pro Late 2013 放熱板付き 112,800円


純正の放熱板の方が広いわけですが、フィン付きな分効率も良く、十分な放熱性があります。
後、懸念されるのが、フィン付きなだけに厚くなってしまう点。筐体に干渉してしまうのでは? 私もこの点が一番心配でした。しかし、実機を確認してみると、ギリギリどころか十分な余裕でした。

Mac Pro Late 2013を256GBや512GBで購入されて、容量が足りなかった!と後悔されている方は結構いらっしゃるのではないかと思います。たりない方は、ぜひ容量アップを!


vintagecomp at 11:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年05月21日

Vintage Computer チャンネル第55回〜 Retina 15インチのSSD交換とベンチテスト〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第55回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

メインマシンの不調で、急遽メインマシンの役目が回ってきたMacBook Pro 15インチ Retina Early 2013。標準のSSD 256GBでは容量不足なため1TBにアップグレードします。性能がどうなるかも、計測します。



Late 2013移行のSSDの新情報について、来週はお伝えできそうです。お楽しみに。
今回、本編のBGMをやめてみました。この方が聞きやすいかな? ご意見お待ちしております。


2015年05月20日

移行アシスタントの落とし穴

昨日のエントリーにも追記しましたが、移行アシスタントで「コンピュータとネットワーク設定」のチェックを外して移行したところ、無事データー移行は終了しました。
プリンター設定をやり直す必要がありましたが、それ以外特に問題無し。ググってみると、同様の現象に悩む方は多いようです。結局手動で移行した方も結構いらっしゃるようですね。
また、読者の方からご親切にもメールを頂きました。その方は、「コンピュータとネットワーク設定の中」の「コンピューター」(100kb程度)を転送しなければうまくいったそうです。これは、覚えておいた方が良さそうです。
いや、しかし作業中はどうにもうまくいかず、何度も同じことを繰り返して疲れますね。

IMG_6936











さて、MacBook Pro 15inch Early 2011ですが、ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラムの対象機種です。データー移行したマシンも対象機種のMacBook Pro 15インチ Retina Early 2013というのが、何とも不安ではありますね。
本日は、MacBook Pro 15インチ Retina Mid 2015も発売されました。もしや、そろそろ新製品を買えという天の声?


vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac 

2015年05月19日

環境移行苦戦中

メインマシンとして使用しているMacBook Pro 15インチ Early 2015が突如勝手に再起動を始めました。この機種は、GPU問題による無償修理対象の機種です。これまで、全く兆候がなかったので、不具合は出ないんじゃないかと思っていましたが、来るべきものが来たようです。
数日前まで全く元気だったのに、Flashや動画のあるサイトを閲覧すると速攻で再起動。瀕死状態です。

無償修理対象なので修理に出せば良いわけですが、修理にはどうやら一週間ほどかかるようです。仕事マシンですから、環境の移行が必須です。とりあえず、検証マシンのMacBook Pro 15インチ  Early 2013を引っ張り出してきました。
移行アシスタントで、データーを順調に移行。しかし、残り1分で全く進みません。やむを得ず、強制電源オフして起動すると・・・ 起動しません(涙)。
やり直しても、全く同じ結果。本日は、諦めました。
明日は、TimeMachineから復元してみよう。


5/20 追記
結局、移行アシスタントで「コンピュータとネットワーク設定」のチェックを外して移行したところ、無事解決しました。

vintagecomp at 14:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Mac 

2015年05月16日

衝撃画像!

以前、Vintage Computer チャンネルで、トラックパッドの不調の原因がバッテリ膨張だったという内容をお送りしました。

今回、当ブログの読者様より衝撃の画像をお知らせいただきました。

IMG_4416

















うわぁぁぁ!
こちらの正体は、プレスボディのMacBook Pro用のバッテリです。5年間使用後交換。その後、単体で保管していたら、こうなっちゃったそうです。詳細は、こちらをご覧ください。(転載許可をいただいています。)

しかし、これはもはや膨張という言葉以上ですね。内蔵されたままこうなちゃったら、一体どうなるんでしょう。かなり危険ですね。
これを見ると、交換したバッテリは保管せずに早めにリサイクルに出した方が良さそうです。私も、リサイクルに出しました。




vintagecomp at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2015年05月15日

Vintage Computer チャンネル第54回〜 ワイヤレスカード各種をご紹介〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第54回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Vintage Computerで人気のワイヤレスカード、製品の種類も増えました。少々わかりにくいと思いますので、Mac Pro用カード各種について解説します。



ワイヤレススロットに挿すカード、PCIe スロットに挿すカード、802.11acの未対応のカード、Handoffにも対応するカードと各種揃っています。最適なカードをお選びください。


2015年05月14日

Apple Watch アクティビティレポート

Apple Watch の目玉機能の一つがアクティビティだと思います。ムーブ(赤)、エクササイズ(緑)、スタンド(ブルー)の3項目が目標に対してどれだけ達成できているかをビジュアルに表示してくれます。この目標は、体格や年齢に基づいて最初は設定されます。その後は、履歴に基づいて目標も変わるようです。

まずは、先週の土曜日。
IMG_6830




















この日は、テニスをしたのでエクササイズは1週と3/4くらい。しっかりと運動したってことですね。それに伴い、ムーブも一周半。これで、3つとも目標達成かと思ったら、スタンドが大幅未達。

日曜日
IMG_6887




















翌日曜日は、ハードな庭仕事をしました。これも、しっかりエクササイズと認識してもらえたようです。ムーブは前日より多い。実際、前日よりもかなり疲れましたので、実態と合っているかも。
スタンドは、惜しくも未達で初の三冠達成はなりませんでした。

月曜日
IMG_6892




















月曜日は、普通にお仕事です。特に運動もしていません。そしたら、本当にエクササイズはほぼゼロ。ムーブも半分以下。ただ、平日はいつもスタンドは達成するんですよね。オフィス内で、動いているだけなんですが。
実は、これは平日の典型的な活動量。ちょっと情けないですね。

火曜日
IMG_6896




















火曜日も普通にお仕事ですが、前日の反省から軽くウォーキングをしました。前日よりはかなりマシですね。しかし、相変わらずスタンドのみ目標達成。

というわけで、未だに一度も三冠達成はしておりません。平日はなかなか厳しそうですが、週末は何とかしたいです。こうやって、問題意識を持てるところが、Apple Watch の良いところでしょうか。


vintagecomp at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Watch 

2015年05月13日

Mac Pro用 Handoff 対応ワイヤレスカード、マイナーチェンジ

大好評のMac Pro用 Handoff 対応ワイヤレスカード。これまでワイヤレスカードスロット用と、PCIe スロット用がありました。
Early 2009~Mid 2012用ワイヤレスカードスロット用はこんな製品でした。

11acMacPro2009













アンテナも内蔵アンテナを使用し、完全に内蔵してしまうのが魅力です。PCIe スロット用よりかなり高価でしたが、人気がありました。しかし、残念ながら販売を終了させていただきました。
Bluetooth延長ケーブルのアンテナ延長コネクタが、取り付け時に壊れやすいためです。その旨マニュアルでも注意を促しておりましたが、それでも一定数壊れてしまいました。これは大きな欠点ですので、販売終了の判断をいたしました。

そこで、お薦めしたいのがPCIe スロット用です。今回マイナーチェンジいたしました。

11acMacPro2009PCIe-2












Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード 9,800円

Bluetoothは、カード後端のMini USBポートとMac Pro本体背面のUSBポートをケーブルで接続することで機能します。ただ、このケーブルを通す穴がないので、隣のポート穴を利用しないといけません。

Photo08





















PCieカードを各種利用している方は、こんなんでスロットを占有されてはたまらないと思われるでしょう。そこで、こちらです。

11acMacPro2009PCIe-3















Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード(ケーブル用空きスロット不要) 12,800円

これなら、カードのプレート上の穴をケーブルが通っているので、余分にスロットを占有しません。これで、内蔵用と比べてのデメリットは、ほぼPCIeスロット 一基必要となることだけですね。全てスロットが埋まっている方は少数派と思われますので、PCIeカードのみとさせていただきました。

Early 2008用は、壊れやすい延長ケーブル無しで完全内蔵化できますので、販売は継続しています。


vintagecomp at 06:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年05月12日

PCIe SSDカードはMac Pro Early 2008でも激速!

お客様から、Mac Pro用のPCIe SSD カードについて、ご質問を受けました。

PCIeSSD1TB













Samsung 1TB SSD PCIe x4 Mac Pro 2008-2012
 ¥112,800
Samsung 512GB SSD PCIe x2 Mac Pro 2008-2012 ¥68,000
Samsung 256GB SSD PCIe x2 Mac Pro 2008-2012 ¥42,800

ご質問
Mac Pro Early 2008の上側の2つのPCIeスロットに装着しようと考えています。このスロットは、Early 2009~Mid 2012のPCI Express 2.0ではなく、PCI Express 1.1です。この場合、正しく認識し、起動も可能でしょうか。また、性能が落ちるのはやむを得ませんが、どの位になるでしょうか。


Early 2008は、下二つのスロットがPCI Express 2.0 x16、上二つが PCI Express 1.1  x4 という変則な仕様です。PCI Express 1.1に挿しても大丈夫かというご質問ですね。ではやってみましょう。

認識と起動の確認は、念のための再確認ですが、問題無いです。x4で接続されています。
Early 2009では、以前の計測ではDiskSpeed TestではRead 894MB/sec、Write 1004MB/sec の結果でした。

Early 2008ではどうか?

SSDE2008



















Read 700MB/sec Write 583MB/sec に落ちてしまいました。落ちたといっても、激速ですね。もちろん、ビデオカード隣のPCI Express 2.0に挿せば、最大性能を発揮します。

Early 2008の上側スロットはPCI Express 1.1のx4ですから、最大転送速度は1GB/sec。これなら、性能にはあまり影響がないかもと思いましたが、結構影響するんですね。

そう言えば、ブレードタイプPCIe SSDはx4仕様が1TB/sec近い速度をたたき出すのに対し、x2 仕様は700MB/sec台の速度です。PCI Express 2.0のx2の最大転送速度は1TB/secですから、この速度差はインターフェースの差よりもメモリの応答速度の差ではないかという気もしていました。
しかし、今回の結果から見るに、インターフェースの差によるものという可能性が高いかもしれません。


vintagecomp at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2015年05月09日

Thunderbolt 製品一気に取り扱い

Thunderbolt 2の製品を一挙に取り扱い回しています。まずはDock。

TB2DOCK12P










OWC Thunderbolt 2 12 ポート Dock
 32,000円

AkitioThunder2Dock



















Akitio Thunder2 Dock 29,800円

OWCの製品は12ポートもあり、eSATA以外必要となりそうなポートは全て揃っています。eSATAが必要なければ、Dockの決定版ですね。
逆にeSATAが欲しければAkitio Thunder2 Dock でしょう。

そして、高速ストレージが必要ならこちら!

akitio_QuadMini









AKiTiO Thunder2 Quad Mini 39,800円


SSDを4台搭載して、最大1375MB/sec の速度をたたき出します。これは、目に見えて性能アップしますね。


akitio_PCIeBox












AKiTiO Thunder2 PCIe Box 29,800円


ビデオカード以外のPCI Expressカードが利用できます。搭載できるカードは1枚ながら3万円を切った価格が魅力ですね。私としては、こちらのカードとの併用をお薦めします。

PCIeSSDadapter














PCIe SSD to PCI Express x4 アダプタ 4,980円

最近のMacに搭載されているPCIe SSDをアップグレードした際に、余った純正SSDをこのアダプタに装着してPCIe Boxに入れれば、外付け高速ストレージのできあがりです。
最近のMacは拡張性に乏しいと言われますが、Thunderboltを上手に活用しましょう。


vintagecomp at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年05月08日

Vintage Computer チャンネル第53回〜 OWC Thunder 2 Dock 発売!〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第53回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

今回は、新製品のご紹介です。OWC Thunder 2 Dock の取り扱いを開始しました。



映像で見ると、大きさや雰囲気が実感しやすいんじゃないでしょうか。
12ポートもあって、とっても便利。Thunderboltの利点を最大限活用しましょう。


2015年05月07日

Apple Watchに欲しい機能

先日、iPhoneを自宅に忘れてしまいました。こうなると、Apple Watchはただの時計になってしまうし、電話は受けられないし、出先でWEBやメールを確認できないしと、不便なことこの上ありません。

そう言えば、iPhone忘れ防止のデバイスがありましたね。Bluetooth接続で、接続が切れるとアラームなどで知らせてくれる仕組みです。常時持ち歩きデバイスが増えるし充電が必要だったりで、アイディアは良いと思うのですが、それほど売れなかったようです。
Bluetooth接続していると言えば、Apple Watchがそうじゃないですか。接続が切れると、こんな風に赤く表示されます。

IMG_6816




















表示がされるわけですから、ここで振動と共に「iPhone忘れてますよ。」とか「iPhoneとの接続が切れました。」と表示してくれれば、強力な持ち忘れや置き忘れ防止になります。
これ、かなり良い機能だと思うし簡単に実現できると思うんですが、なぜないんでしょうね?

ずっと座りっぱなしだと、しょっちゅう「Stand up!」とか言われるのですが、そんなお節介よりもぜひ入れて欲しいですね。次回、ソフトウェアアップデートに期待します。


vintagecomp at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Watch 

2015年05月06日

お買い物に行ったら・・・

こちらは、ロサンゼルスの日系スーパー ニジヤさん。

nijiya











海外でも、日本食の食材が普通に手に入るのでとても助かります。いつものように、お買い物に行くと・・・

nijiya2









何と、Apple Pay 取扱店になっていました。他の日系スーパーのミツワやマルカイと比べ、何となく遅れている気がしましたが、いち早くApple Payに対応。快挙です。

TargetやWhole Foodsなど、大手でも使えるApple Payですが、まだまだどこでも使えるというにはほど遠いのが現状です。
しかし、ニジヤさんでも使えるようになったということで、一気に普及が進みそうな予感がします。


vintagecomp at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USA 

2015年05月05日

Evernote 会長 外村氏と会ってきました

週末に、Evernote Japan 会長 外村 仁氏と会ってきました。

Hokamura














写真は、逆光なのが失敗!

安部首相がサンフランシスコとロサンゼルスに来訪したのに合わせて、ロサンゼルスに来訪されたので、この機会に会ってきました。
しかし、首相対応で飛び回るってとこが、もうVIP中のVIPですね。

なぜ、そんなVIPと会うことができたのか。実は、外村氏は私の中学、高校の一年後輩に当たるのです。高校の時には、ともにアマチュア無線部に所属していたという縁もありました。
そして、以前はアップルジャパンに所属していた外村氏。Macworld SFで会ったこともあるのです。外村氏は日本メディアサポート、私はMac Fan 誌記者という立場での再会でした。しかし、その時はお互いに気がつかず、何だか見たことある顔だな〜としか思わなかったのです。その後は、SNSでお互いを認識して繋がっています。

外村氏と一緒に来ていた新聞記者の方とランチをご一緒しました。その時の写真。

AW10













何と、男性四人全員Apple Watchでした!

今回、
外村氏とお会いしたのは、秋に計画している某イベントの件で。時期が来たら発表しますので、ロサンゼルスエリアの方はご期待ください。

vintagecomp at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 

2015年05月02日

Retina Mid 2012~Early 2013の1TB SSD 特価販売中!

MacBook Pro Retina Mid 2012〜Early 2013と言えば、現行マシンと同じ形状ですし、CPUスペックなどもあまり見劣りしません。まだまだ、メインマシンで使うぞ!という方も多いと思いますが、そこでネックとなるのがSSDだと思います。容量不足に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
SSDは、これらのモデルの専用品です。交換自体は簡単ですが、問題はSSDの入手。
純正品は、最大768GBまでありますが、これが数が少なく超入手困難。他の容量も入手困難です。
O社のサードパーティー製もありますが、これは過去の取り扱い経験より、お薦めできません。
Transcend社より 最大960MBのSSDも出ていますが、これが13インチ専用で15インチには非対応です。

そこで、お薦めなのがこちら。SSD本体は、信頼性の高いSamsung製です。これを限定数超特価で販売中です。

RetinaMSATASSD












Samsung 840 EVO 1TB SSD, MacBook Pro Retina 15 Mid 2012~Early 2013用 69800円 59,800円
Samsung 840 EVO 1TB SSD, MacBook Pro Retina 13 Mid 2012~Early 2013用 
69800円59,800円


スタイリッシュなUSB 3.0ケースも特価販売中。

RetinaSSDSabrent




















MacBok Pro Retina Mid 2012~Early 2013 SSD用2.5インチ SATA/USB 3.0 外付けケース 5,800円 4,980円


特価品は限定数ですので、お早めにどうぞ。




vintagecomp at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年05月01日

PCIe SSD to PCI Express x4 アダプタで余ったSSDを活用

PCIe SSDが好評です。Mid 2013以降のMacBook Air, MacBook Pro Retina, iMac, Mac mini, Mac Proで利用できます。SSDの容量が足りなくなったらお薦めです。

Retina2013SSD















Samsung 1TB SSD PCIe MBPR 2013/2014 ¥109,800
Samsung 512GB SSD PCIe for MBPR Late 2013/2014  ¥64,800
Samsung 256GB SSD PCIe 4x MBPR Late 2013/2014  ¥49,800
Samsung 256GB SSD PCIe 2x MBPR Late 2013/2014  ¥39,800


このタイプのSSDに関連して、時々同じご質問をいただきます。

取り外したSSDを使用するケースはありませんか?

USBケースをイメージされていると思いますが、残念ながらこのタイプのケースはまだ存在しておりません。ただし、全く方法がないわけではありません。こちらの商品を、新発売しました。

PCIeSSDadapter















PCIe SSD to PCI Express x4 アダプタ ¥4,980

取り外したSSDをこのアダプタに装着して、Mac Pro 2009-2012のPCI Expressスロットで利用できます。

それじゃ意味ない!

って声が聞こえてきそうです。このカードをThunderbolt PCIe 拡張ボックスに装着すれば、Thunderbolt経由でSSDが利用できます。Mercury HeliosSonnet Echo Express SE IIなどが使用できます。
拡張ボックスは高価ですので、SSDのためだけに購入するのはコスパが悪いですが、既に1スロット使用中だったり、他にもう一枚PCIeカードを使用したい場合はいいですね。


vintagecomp at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 
livedoor プロフィール
Archives