2015年12月

2015年12月25日

今年のご愛顧、誠にありがとうございました。

本日、今年最後の発送作業を終了いたしました。
2015年中のご利用、誠にありがとうございました。

2016年は、当地1月4日(月)から発送業務開始となります。
つい先ほど、「本年中に間に合いますでしょうか?」とのコメント付きのご注文をいただきましたが、残念ながら年明けの発送となります。
12/24の発送は終了。12/25は米国では、1年で最も重要な休日の一つで、どこもお休みとなります。
12/26、12/27は土日で、米国日通はお休み。12/28に発送したとしても、税関がストップしてしまい、1/4まで空港で足止めとなってしまいます。
そのため、12/25〜1/3までお休みをいただいております。

お休み中のご注文は、1/4以降の発送となります。
お問い合わせに関しては、休み中もお受けしますが、通常よりも回答までの期間がかかる場合があります。
iTunes カード(コードのみ)については、休み中もコードをおしらせしますが、通常よりも時間がかかる場合があります。(いずれも最大3日)

2016年も、よろしくお願いいたします。



vintagecomp at 06:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)一般 

2015年12月24日

Vintage Computer チャンネル第84回〜2015年 Vintage Computerの重大ニュース〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第84回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

2015年最後のVintage Computer チャンネルです。
そこで、2015年 Vintage Computerの重大ニュースをランキング形式で発表します。


2015年の発送も、最後になります。日本時間の12/24中にご注文・お支払いいただくと、在庫のある商品は当地の12/24に発送いたします。



重大ニュースは、もちろんほとんどアップル絡みなわけですが、一般的なアップルの重大ニュースとはかなり違いますね。


2015年12月23日

新型NVMe SSDの登場が近い!?

当ブログの読者り・おんもーど様より、情報をいただきました。MacBook Air 11インチ Early 2015のSSDが不調となり、アップルに修理を依頼したところ「APPLE SSD AP0256H」に交換されていたというとです。(クリックで拡大)

screenshot_01











元のSSDは、Samsung製なら「APPLE SSD SM0256F」だったはずです。AP0256Hの最初のAPでアップル製ということになります。また、項目が従来はSATA/SATA Express だったのが、NVMExpress の表示になっています。
実はこの表示、初めてのことではありません。MacBook Early 2015も256GB搭載モデルは、全く同じ表示になっています。MacBook Early 2015のSSDはロジックボード直付けですが、同等品をPCIe SSDモジュールにしたものと思われます。
違いをまとめてみましょう。

        元のSSD   交換品
SSD型式    SM0256F   AP0256H
メーカー    Samsung   Apple
リンク幅    PCIe 2.0 x2  PCIe 2.0 x4
インターフェース AHCI     NVMe

NVMeはSSDの速さをフルに発揮するために登場した規格ですから、AHCIよりも速度面では期待できます。ところが、MacBook Early 2015では今ひとつの速度しか出ていませんでした。実際の性能ですが、り・おんもーど様に計測いただいております。

screenshot_02



















Read 1GB/sec越えで速い!とも思えますが、Write 509MB/secと伸び悩んでいます。元のSamsung 製は過去の計測では、Read 720MB/sec、Write 680MB/sec程度出ています。
MacBook Air 11インチ Early 2015は、x2接続のSM0256Fが使用されていますが、13インチ Early 2015は、x4接続のSM0256Gが使用されています。この高速版SSDをMacBook Air 11インチ Mid 2013に装着した場合、Read 1350MB/sec、Write 910MB/sec程度出ています。
新しい「APPLE SSD AP0256H」ですが、速度的には13インチ 2015モデルに採用されている「APPLE SSD SM0256G」に大きく遅れをとっています。現行高速版PCIe SSDに性能面では分がありますね。

このSSDに関しては、Macお宝鑑定団Blogでも取り上げられています。推測となりますが、今回修理に使用されていたSSDは、次期モデルで採用されることが濃厚だと思います。アップルとしては内製化を進める目的もあるかもしれませんが、現行のSSDに速度面では大きく劣っていますので、そこはなんとかして欲しいところですね。
(しかし、内製化優先で性能の劣るパーツを採用するとしたら、下町ロケットみたいですね。)


vintagecomp at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テクニカル 

2015年12月22日

OWC Thunderbolt Dual Drive Dock 限定特価!

ドライブの差し替えが簡単にできるDrive Dockは、外付けドライブとして使い勝手が良く、ドライブをたくさん保有している改造派にはうってつけです。ドライブドックのインターフェースとしては、USB 3.0やFireWireが多いわけですが、これだとSATA 3 SSDの速度をフルに発揮することはできません。eSATA 6Gbps なら大丈夫ですが、MacにはeSATAが標準ではないため、使える環境は限られてしまいます。
そこで、性能重視で新し目のMacならどれでも使えるとなれば、Thuderboltしかありません。Dockを2基搭載した、 Thunderbolt Dual Drive Dock を限定数の特価販売中です。

OWCTB2DriveDock
























OWC Thunderbolt 2/USB 3.0 Dual Drive Dock
 38,000円 29,800円


大きな特徴としては、Thunderbolt ポートが2基ついている点です。類似製品の多くは、1基のみ。これは大きいです。1基だとMacBook Airや非RetinaのMacBook Proでは、Drive Dockを付けたらおしまい。外付けモニタも利用できません。これは嬉しいですね。

また、各Dockは2.5インチ/3.5インチドライブいずれも装着可能で、電源もそれぞれ独立してON/OFFが可能です。
Thunderbolt 2接続となりますが、SATA 3ドライブ利用となるため本体がThunderbolt 1でも性能上の差はありません。Thunderbolt 搭載のMacでしたら、フルに性能を発揮します。
もちろん、OS Xの起動にも対応します。OS X El Capitanを使いたいけれどもアプリが対応していなくてアップグレードできないというケースは少なくないですね。こんな時に、このDockからYosemiteで起動すれば、あまり性能ダウンすることなく利用可能です。

外付けから起動したり、ビデオファイルの保存場所を外付けにしたり、多数のドライブを使い分けたりする場合に最適です。限定数特価ですので、お早めに!


vintagecomp at 12:40|PermalinkComments(3)TrackBack(0)Products 

2015年12月19日

Mac Pro用 8GBメモリに続き4GBメモリが超特価

12/12のエントリーでもご紹介した、Mac Pro 2009-2012用のメモリ(32GB 8GBx4, 24GB 8GBx3)が大好評です。ちょっと古いマシンとはいえ、CPU性能は今でもかなり高速ですので、メモリを増強すれば最新マシンにも負けません。かなりお勧めなアップグレードです。

とは言え24GBキット22,800円32GBキット29,800円。ちょっと旧型となってしまったメモリに2~3万円の投資は厳しいと考える方もいらっしゃるでしょう。
それならば、4GBメモリでとなるわけですが、16GBキット(4GBx4)はこれまで21,800円でした。24GBキットとわずか1,000円差。
Micron純正 8GBメモリがこの価格というのは、正直かなりの出血大サービスです。このため、4GBのお得感が全くなくなってしまいました。
というわけで、4GBメモリの出血大サービスです。

DDR3ECC4-SM









16GBキット 4GBx4 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC Registered Samsung 純正 12,800円
12GBキット 4GBx3 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC Registered Samsung 純正 9,800円


これなら、かなり気軽に増設できるのではないでしょうか。純正標準の1GBx3または2GBx3で利用されている方には特にお勧めですね。
もちろん、ヘビーに使われる方には8GBメモリまたは16GBメモリをお勧めします。



vintagecomp at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年12月18日

Vintage Computer チャンネル第83回〜Mac Pro 2009-2012 4/6 Coreモデルの最大メモリ〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第83回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Mac Pro
Early 2009-Mid 2012 の4/6 Core モデルの最大メモリの検証を行います。Early 2009の公称最大メモリはたったの16GB。Mid 2010, Mid 2012 で32GBです。
しかし、実際には16GBメモリを3枚使用可能です。長年、48GBが最大と考えられていたのですが、実は・・・



Mac Pro 2009-2012用のメモリ、絶賛販売中です。品質の確かなメモリを、他所よりもかなりお買い得な価格でお取り扱いしております。最後の大幅拡張可能なMacですので、ぜひしっかりアップグレードしてください。

2015年12月17日

iPhone 米国版SIMフリーのサポート事例

iPhone 6s Verizon SIMフリーをご購入いただいたお客様よりサポート依頼をいただきました。

APN 設定画面が表示されず、APNの設定ができません。私の知る限り、SIMフリーのiPhoneでは、APNの設定画面が表示されるはずです。
また、通信はできていますが、テザリングができません。テザリングが可能なSIMのはずですが、インターネット共有を利用しようとするとキャリアに問い合わせろという内容のメッセージが表示されます。
米国版SIMフリーだからなのでしょうか?


APNの設定画面は、日本版や米国版に関係なく必ず表示されるとは限りません。むしろ、現在では表示される方が稀です。アップル公式キャリアの場合、キャリアで使用しているプロファイルの設定により表示されるかどうかが決まります。そして、多くのキャリアの場合APNがプリセットされているので、APNの設定画面は表示されません。何も設定せずにそのまま使える仕組みになっています。
アップル公式キャリアでない場合は、APNの設定画面が表示されて手入力による設定が可能です。
では、MVNOの場合はどうでしょうか。元回線がアップル公式キャリアの場合は、そのキャリアのプロファイルが適用されます。そのため、APNの設定画面は表示されません。この場合、MVNO独自の設定を行わないと、一部の機能が使えなくなったりしますので注意が必要です。今回は、まさにそのケースでした。

現在日本の3キャリアはいずれもアップル公式キャリアですし、MVNOもそれらのキャリアの回線を利用しているので、どのSIMを挿してもAPNの設定画面は表示されないことになります。
iPhone 5までは、docomoはアップル公式キャリアではありませんでした。そのため、docomoやdocomo系MVNOのSIMを挿した場合、APNの設定画面が表示されました。これは機種に依存しており、iPhone 5に最新のiOS 9を使用している場合でも同じです。
今回のお客様は、iPhone 5以前の経験からAPNの設定画面は表示されるはずと考えられたわけです。

今回のお客様は、IIJmioのSIMをご利用でした。docomo系のMVNOです。docomoのプロファイルがそのまま適用されているため、通信はできるもののテザリングが利用できなくなっていました。
この不都合を解消するため、IIJmioからプロファイルが提供されています。
こちらを利用されることで、APNが適切に設定され、無事テザリングが利用できるようになりました。
もちろん、IIJmio以外のMVNOでもiOSの利用をしっかりサポートしている場合は、同様にプロファイルを提供されているはずですので、確認してみてください。

無事テザリングも利用できるようになり、サポート冥利につきました。
サポート事例はここまでですが、購入を検討されているお客様からご質問をいただきました。

今注文したら、いつ頃発送可能ですか?

これは気になりますね。もう、1ヶ月ほど前から、ほぼ全機種アップルストアに在庫がある状況になっています。

33 AM






全機種、在庫ありの表示がされています。ご注文、お支払い、確認完了後、早ければ翌営業日に発送可能となります。遅くても、通常二営業後には発送可能です。(万一の品切れ等の場合は、ご容赦ください。)

昨年は、年内いっぱいかなり品薄で非常に苦労しましたが、今年は早々に入手しやすくなりました。これは、しっかりと供給しているからか、それともあまり売れていないからなのか? 両方の要因があると思いますが、後者の影響の方が大きいのではないでしょうか。





vintagecomp at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)iPhone 

2015年12月16日

年末・年始のお知らせ

2015年もいよいよ終わりに近づいてきました。年末・年始がらみのお知らせです。

例年12月は、全品10%引きセールなどを行っております。そろそろ来るはずと、お待ちのお客様もいらっしゃるかもしれません。今年は、諸事情によりこの種のセールは実施しませんので、お待ちだったお客様にはごめんなさいですm(_ _)m。

トップページでもお知らせしておりますように、12/25(金)〜1/3(日)は、年末年始のお休みをいただきます。お休み期間中のご注文は、1/4(月)以降の発送となります。

最終日の12/24(木)発送分は、順調であれば年内にお届けできる予定です(バッテリを含む製品は除く)。12/24発送分は、フライトの遅れや、年末年始の物流の混雑で、年内お届けができない場合もありますので、あらかじめご容赦ください。

また、バッテリを含む製品(iPhoneやバッテリ製品等)は危険物扱いとなり、年内のお届けが確実なのは、eペリカン便で12/18(金)まで、メールプラス便は12/23(水)発送分までとなります。通常は、eペリカン便の方が早く到着しますが、危険物は逆転する場合がありますので、この時期はメールプラス便をお勧めします。

いずれにしましても、この時期は税関も物流も混み合っており予定通りにいかないことがあります。お買い物は、ぜひお早めに。


vintagecomp at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 

2015年12月15日

Mac Pro 2009-2012 RAID カード用交換バッテリ、久々入荷

しばらく在庫切れとなっていた純正パーツのRAID カード用交換バッテリが入荷しました。

922-8964











Mac Pro 2009-2012 RAID カード用交換バッテリ 14,800円

タワー型のMac Proには、純正オプションで RAID カードを選ぶことができました。このRAID カードには、バックアップキャッシュ用にバッテリが搭載されています。バッテリが劣化してしまうと、
バックアップキャッシュが機能しなくなり、また警告メッセージも出るようになります。この場合は、バッテリの交換が必要です。

初代〜Early 2008用の交換バッテリは入手困難ですが、Vintage Computerでは在庫を確保しております。

Mac Pro 初代-Early 2008用 RAID カード用交換バッテリ 18,000円

警告メッセージが出たら、パーツが入手できるうちに交換しましょう。

vintagecomp at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年12月12日

Mac Pro 2009-2012用8GBメモリ、再び超特価!

11月に「Mac Pro 2009-2012用8GBメモリ 3枚/4枚セットが超特価!」のお知らせで、8GB 4枚セットが29,800円、3枚セットが22,800円と超特価セールをさせていただきました。大好評で、半月余りで完売となりました。
再び、同価格での超特価セールです。しかも、前回はKingstoneメモリでしたが、今回品はMicron 純正です。

DDR3ECC4-MC








32GB キット 8GBx4 1333MHz Registered Micron純正 ¥29,800
24GB キット 8GBx3 1333MHz Registered Micron純正 ¥22,800


3大DRAMメモリメーカーの一角のMicronですから、前回よりも更にお買い得と言って良いと思います。

今回も、在庫限りの限定数超特価です。お早めに!



vintagecomp at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac | Products

2015年12月11日

Vintage Computer チャンネル第82回〜OWC Dual Drive Dockの速度をチェック〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第82回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

今回は、OWC Thunderbolt 2/USB 3.0 Dual Drive Dock のご紹介です。SATA 3 SSDの高速性を損なうことなく、その性能を外付けドックで遺憾なく発揮します。
Thunderbolt 端子が2基付いているのが、嬉しいですね。また、
Thunderbolt ケーブル付きも嬉しい点です。



2台のSSDでRAIDを組めばと思うところですが、仕様上RAIDの速度アップは望めませんでした。それでも、SATA 3 SSDの速度を外付けでフルに発揮できます。

2015年12月10日

iMac Late 2015用メモリサポート事例

少し前に、こちらのメモリに関してお客様よりお問い合わせをいただきました。

DDR3SODIMMx2















16GBキット(8GBx2)DDR3L 1866MHz PC3-14900 SODIMM 18,000円


iMac 27" Late 2015用のメモリです。質問内容は、以下の通りです。

他店で、同種のメモリを購入しましたが、iMac 27" Late 2015で認識されず返品しました。そちらのメモリは、iMac 27" Late 2015で本当に動作するのでしょうか。iMacでのテストはされていますか? また、すでに販売実績はあるのでしょうか?


最初の購入で失敗してしまったので、かなり慎重になられている様子です。メモリメーカーの協力を得て、iMac 27" Late 2015での実機テストを行っておりますし、既にかなりの数を販売しており不具合は1件も発生していません。その旨お伝えしたところ、ありがたいことにご購入いただきました。
数日後、お客様からご連絡がありました。

早速装着しましたが、このメモリを装着すると起動すらしません。1枚、2枚装着した場合も同じです。前回と全く同じ状況です。こういうことを避けるために、わざわざ事前に連絡したのにどういうことでしょうか。返品をお願いします。

お怒りの様子ですが、これはおかしいです。間違いなく対応していますし、万一の初期不良の可能性はあるにしても、前回と同じ現象。他に原因があると考えるのが妥当です。実は、このようなケースは時折あるのです。

そこで、今一度メモリを意識してしっかりと奥まで強めに差し込んでいただくようにお願いしました。標準のメモリでは同じようにやって問題なく認識されているので、問題ないはずと思われるお客様も多いのですが、標準メモリと同じようにというのは必ずしも正解ではありません。メモリの大容量化に伴い、標準のメモリよりもしっかりと差し込まないと認識しないケースがあるのです。
翌日、以下のご返信を頂きました。

アドバイスいただいた通り挿し直しを行ったら、無事認識されました。これで快適に使えます。感謝しております。


いやー、良かったです。お客様にも喜ばれて、嬉しい限りです。

おそらくですが、他店で購入されたメモリも実は問題なかったのではないかと思います。商品を販売し、返品の要望があったので、ご希望通り返品を受けたということになるわけですが、これでは誰もハッピーになれませんね。
やはり状況を確認し、しっかりとサポートを行うことが大切と改めて感じました。

ちなみに、アップルの最大メモリを超えるこちらは更に心配かもしれませんが、実機確認済みで購入いただいたお客様からも動作報告を頂いております。

64GBキット(16GBx4)DDR3L 1866MHz PC3-14900 SODIMM 142,800円
32GBキット(16GBx2)DDR3L 1866MHz PC3-14900 SODIMM 72,800円



vintagecomp at 10:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)テクニカル 

2015年12月09日

Mac Pro Eary 2009-Mid 2012 4/6 Core モデルの最大メモリ

Mac Pro Eary 2009-Mid 2012モデルの最大メモリは、8/12 Coreモデル(メモリスロット8基のモデル)は、OS X 10.9以降では128GB(16GB 8枚)です。これは、すごいですね。最新のMac Proも最大128GBですから、歴代Mac最高容量です。
OS X 10.8以前では、最大96GB(16GB 6枚)でした。10.9以降16GB 8枚挿しが可能になったのは嬉しいところですね。

4/6 Coreモデル(メモリスロット4基のモデル)の場合、OS X 10.8以前では、最大48GB(16GB 3枚)でした。10.9で同様に4枚で64GBが可能ではないかと期待されましたが、やはり駄目。64GB搭載すると起動できません。残念!

これは、チップセットの問題で搭載メモリが64GBに達すると、問題が発生してしまうようです。ならば、64GB未満48GB超ならどうか?実は、以前お客様からもご指摘頂いていたのですが、なかなかテストできずにおりましたが、今回テストしました。

16GB 3枚と8GB 1枚、合計56GBにチャレンジです。

16


















無事、56GB認識しています。しかし、このようにトリッキーな条件の場合、認識だけはするもののエラーが発生してしまうような場合もあります。そこで、Geekbenchとメモリテストを実施してみました。いずれも、問題なく完了できました。どうやら、56GBは問題なく利用できると考えて良いようです。

また、48GBの場合はトリプルチャンネルが効いてパフォーマンス上は最強です。容量が8GB多い56GBとどちらが良いのか、悩ましいところです。そこで、Geekbenchのメモリテスト部分を比較してみます。

56GB
40




















64GB(トリプルチャンネル)
43




















確かに、トリプルチャンネルの64GBの方が、数値的には良いのですがわずかの差ですね。これなら、容量重視で56GBにしてしまうのも手だと思います。ベンチテストは、特定の条件でのテストですので、条件によっては異なる結果になる場合があることをご留意ください。

56GB化には、以下メモリ

DDR3ECC3








48GBキット 16GBx3 DDR3 PC3-14900 1866MHz ECC Registered
 72,800円

そして、追加の8GB(限定特価品)。

8GB DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC Registered DIMM 7,800円


これで、56GB化が可能です。ともに、Registered メモリが必要になりますので、お気をつけください。


vintagecomp at 09:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Mac | テクニカル

2015年12月08日

MacBook Pro Retina 13/15用ゴム足 取り扱い開始!

Vintage Computerの隠れた人気商品が、ノートブックMac用のゴム足です。なにしろ、アップルの修理ではゴム足単体の供給がなく、ボトムケース一体での交換となります。たとえ、保証期間内でも保証対象となりにくいですし、有償修理の場合はかなりの金額になってしまいます。

これまで、MacBook Pro用、MacBook Air用を取り扱ってきました。
BBSでもご要望のあったMacBook Retina用のゴム足の取り扱いを、ついに開始しました。

MBPRetinafeet2










MacBook Pro Retina 2012-2015用ゴム足 2個セット 980円
MacBook Pro Retina 2012-2015用ゴム足 4個セット 1,800円


13インチ、15インチ共用で、すべてのMacBook Pro Retinaに対応します。MacBook ProやAir用も取り扱い中です。

MacBook Pro Unibody用ゴム足 2個セット 980円
MacBook Pro Unibody用ゴム足 4個セット 1,800円

MacBook Air 2010-2015用ゴム足 2個セット 980円
MacBook Air 2010-2015用ゴム足 4個セット 1,800円


vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mac | Products

2015年12月05日

Mac改造、Mac Pro Early 2008

各モデルの特徴、お薦め改造、メインテナンスのツボを紹介するMac 改造の連載 第4回目です。第3回から、久々となってしまいました。今回は、Mac Pro Early 2008 モデルです。

MacPro















概要
 かなり古いモデルですが、Xeon プロセッサは現在でも高い性能を発揮します。初代Mac Proが32bit EFIの悲しさで早々とOS X 10.7.5で打ち切りとなったのとは対照的に、
Early 2008 モデルは64bit EFIのお陰で、最新の(2015/12現在)OS X 10.11 El Capitanにも対応しています。
拡張の注意点としては、PCI Express スロットが、1(ビデオカード用)と2がPCIe 2.0、3と4が
PCIe 1.1となっているため、性能上有利になるよう選択する必要があります。

主要スペック
販売期間 2008/1~2009/3
機種ID:MacPro3,1
製品番号:MA970LL/A
CPU: 2.8GHz Xeon E5462, 2.8GHz E5462x2, 3.0GHz
E5472x2, 3.2GHz E5482x2
メモリ:標準 2GB DDR2 800MHz FBDIMM
ストレージ:320GB/7200 rpm 3.5インチ SATA HDD
光学ドライブ:8X DL SuperDrive
グラフィックス:Radeon HD 2600 XT
Wi-Fi: 802.11n (オプション)
Bluetooth 2.0+EDR(オプション)
発売時のOS バージョン:OS X 10.5.1
最終OS:最新の10.11 El Capitanに対応(2015/12現在)


お薦め改造(難易度は1〜5、5が最難関)

メモリ
  アップルの公式スペックでは、最大メモリは4GBメモリ8枚で32GBですが、実際には8GB 8枚で64GBまで拡張可能です。ただし、8GBメモリは一般的とは言いがたく、価格も8枚で20万円超で今となってはあまり現実的とは言えないと思います。公式スペック通り、
4GBメモリ8枚で32GBがお薦めです。

難易度 1
8GBキット(4GBx2) DDR2 FB-DIMM PC2-6400 800MHz ECC
16GBキット(8GBx2) DDR2 FB-DIMM PC2-6400 800MHz ECC

グラフィックス
64bit EFI, PCI Express 2.0とEarly 2009-Mid 2012と同スペックのため、
Early 2009-Mid 2012用のビデオカードも利用可能です。Early 2009-Mid 2012用でEarly 2008は対応機種に入っていないことも多いのですが、実際には使用可能です。

難易度 1
Sapphire Radeon HD 7950 3GB Mac Edition
ATI Radeon HD 5870 1GB Graphics Card for Mac Pro

SATA 3 SSD
3.5 インチ HDDのインターフェースはSATA 2(300MB/sec)対応。3.5インチ-2.5インチアダプタの使用で、2.5インチSSDを装着可能ですが、SATA 3の速度は発揮できずSATA 2相当の速度となってしまいます。
SATA 3の速度をフルに発揮させるために、PCI Expessカードを販売中です。

難易度 1〜2
APRICORN Velocity Solo x2 - Extreme Upgrade
APRICORN Velocity Duo - Dual SSD RAID Upgrade Kit for Mac Pro

これらのカードは、PCI Express 2.0 x2 対応。フルに速度を発揮させるためには、2番スロットに装着する必要があります。ただし、PCI Express 1.1 x2でも、理論値で500MB/secあるので他のカードとの兼ね合いによっては3番、4番スロットもありと考えらえれます。

PCIe SSD
最新のMacBook Pro Retina等で使用されている、超高速のPCIe SSDをアダプタを介して利用できます。1.5GB/sec級の超高速ストレージ環境を実現できます。これも、
フルに速度を発揮させるためには、2番スロットに装着する必要があります。3番、4番スロットに装着した場合は、速度が半減でします。

難易度 1〜2
Apple純正 Samsung 128GB〜1TB PCie SSD f(1.5GB/s 高速版)


USB 3.0カードの追加
本機で足りないインターフェースといえば、何と言ってもUSB 3.0です。ドライバ不要のタイプのカードがお薦めです。この種のカードは、大抵PCIe 2.0 x1です。従って3、4スロットに装着してしまうと、最大250MB/secとフルに性能を発揮できません。他の高速カードを利用する際は、どのスロットにするのか悩ましいところです。

難易度 1〜2
ORICO 4 Port USB 3.0 PCI Express カード

メインテナンスのツボ
電源
本機で最大の弱点は、電源といってよいでしょう。Vintage Computerでも人気商品で、故障は多いようです。


Mac Pro Early 2008用 電源



vintagecomp at 08:00|PermalinkComments(8)Mac改造 

2015年12月04日

映画「Steve Jobs」を観た(ネタバレ注意)

しばらく前になりますが、マイケル・ファスベンダー主演の映画「Steve Jobs」を観てきました。

ジョブズの映画といえば、記憶に新しいのが2013年に公開されたアシュトン・カッチャー主演の「Jobs」。その時の感想がこちら

今回も感想ですが、日本では来年の2月公開だそうですので、ネタバレ注意をご承知の上でお進みください。

画像は映画館に貼ってあったポスター。多分、本物が届いていなくて、パソコンでプリントアウトした感じ。

Jobs続きを読む

vintagecomp at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

2015年12月03日

Vintage Computer チャンネル第81回〜Mac Proの電源交換〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第81回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Vintage Computerで人気商品の一つが、タワー型のMac Pro用の電源です。どうやら、電源はMac Proの弱点のようです。Mac Proの電源交換は、難しそうで案外簡単、簡単そうで少々コツが必要というレベル。電源の調子の悪い方は、ぜひ参考にしてください。



2015年も、あと1ヶ月足らず。ご注文は、お早めに。


2015年12月02日

Mac Pro 2009-2012用メモリ、再度超特価

11/14に「Mac Pro 2009-2012用8GBメモリ 3枚/4枚セットが超特価!」のお知らせをさせていただきました。8GB 4枚セットが29,800円、3枚セットが22,800円と大変お買い得だったのですが、遂に完売となりました。

続いてご提供させていただくのはこちらです。

DDR3ECC4-MC








32GB キット 8GBx4 1333MHz Registered Micron純正 ¥32,800
24GB キット 8GBx3 1333MHz Registered Micron純正 ¥24,800


前回の特価品はKingston製でしたが、今回はMicron純正です。3大DRAMメモリメーカーの一角のMicronですから、そのブランド力、信頼性を考えると、少し高くはなっておりますが更にお買い得と言っても良いのではないかと思います。

先月の超特価品を買い逃した方も、チャンスです。



vintagecomp at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Products 

2015年12月01日

iPad Pro Wi-Fi + Cellular 128GB 即納品

サンクスギビングの四連休が明けました。本日(米国時間11/30)より営業再開です。

iPad Proは、販売の絶対数は限られると思いますが、話題性はかなり高いようです。
発売から半月以上が経過しましたが、未だにかなり品薄です。特に、Wi-Fi + Cellularはj実ストアでもほとんど入荷がありません。入荷しても、即売り切れ状態となっております。iPhone 6sの発売直後よりも、むしろ入手難と思えます。

Vintage Computerでも、購入代行を承っておりますが、ご注文いただいたお客様にはお待ちいただいておりました。そこで、ストアでの確保だけでなくオンラインでの確保と両面で入手を試みておりました。本日、何とか長くお待ちいただいていたお客様への出荷を完了しました。 

ストアとオンラインの両面張りをした関係で、一台多めに入荷してしまいました。そこで、即納品として特価販売いたします。

iPadProSG

















iPad Pro Wi-Fi + Cellular 128GB 米国版 SIMフリー スペースグレイ 即納 178,000円
 169,800円

米国版ですので、シャッター音の消音と音量調整が可能です。また、Apple SIMが付属します。
Apple SIMで、即auで利用することも可能ですね。1台限りですので、ご希望の方はお早めにお願いします。


vintagecomp at 06:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)iPad 
livedoor プロフィール
Archives