2021年09月

2021年09月30日

Vintage Computer チャンネル第239回〜iPhone 13 Pro 最大の変更点 !?〜

Vintage Computer チャンネル今回は第239回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

ついに発売されたiPhone 13 Pro。巷ではカメラがすごい!というのが話題です。確かに映画も撮れるレベルですごいことになっています。しかし、12 Pro でも通常使いには十分すぎる性能。今回の変更点の中で、意外な点に注目してみました。スペシャルイベントでも、高らかに発表されていました。

   

iPhone 13 ProiPhone 13 Pro MaxiPhone 13 mini 米国版の購入代行、受付中です。 


vintagecomp at 13:46|PermalinkComments(2)YouTube チャンネル 

2021年09月29日

iPhone 13シリーズの納期

iPhone 13シリーズの納期が近年では最長となっていると報道されています。

Vintage Computer では購入代行分の約半数を既に入手しました。これは近年の出足としては良い方で、今回は順調に入手できるのではないかという印象を持ちました。ただ、初期出荷分は比較的順調に入手できたものの、その後が長納期となってしまっています。 ProとPro Maxに関しては、報道の通り4週間から最長6週間ほどにもなっています。無印13, 13 miniについては仕様にもよりますが、 比較的早期に入手可能です。
報道では、強い需要とサプライチェーン(供給網)の遅れが要因となっていますが、 実際は需要はほどほどだがサプライチェーン(供給網)の遅れで供給不足に陥っているのではないでしょうか。初回出荷分に関しては、需要はほどほどで例年ほどの争奪戦にはならなかったのではないでしょうか。初回出荷分以降の供給が例年よりも遅れているのではないかと思います。コロナと半導体不足が原因か?

明日も数台の発送を行いますが、これが終わるとしばらく間が空きそうです。未出荷分に関しては、明日個別に入荷予定時期をご連絡させていただきます。
お待たせして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。 

vintagecomp at 12:44|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年09月28日

GT 120を半額以下のスペシャル特価で!

Mac Pro Early 2009の標準ビデオカードが、nVIDIA Geforce GT 120 512MBです。Mac Pro Early 2008やMid 2010, Mid 2012でも問題なく使用できます。
性能的にはほどほどですが、外部電源が不要でPCIeスロットに刺すだけなのが嬉しいところ。2枚目、3枚目のカードにも最適です。その使いやすいカードが、なんと半額以下の超特価!

GT120













nVIDIA Geforce GT 120 512MB 9,800円 4,800円

全スロットにこれを刺しても面白いかも。え?何のために?うーん、モニター8枚繋ぐか😅

vintagecomp at 14:23|PermalinkComments(0)Mac 

2021年09月25日

iPhone 13 発売日

昨日のトピック、その後も多数のお客様からiOS 15で問題なくシャッター音の消音ができているという報告をいただきました。ありがとうございました。

本日は、iPhone 13 の発売日。以前は、開店前に長い長い行列で、私を含めたスタッフも朝から長時間並んでいました。今では、オンラインで予約した上での店頭受け取りのみが可能で、以前のような長い行列はなくなりました。初日の今日は店頭には並ばず、配達での受け取りとなりました。こちらのエリアでは、配達時間は午後の遅い時間なので、同日発送は無理で、週明けの発送となります。

ご依頼分の半分以上は、週明けに発送できる見込みです。 残りについては、多くが10月の後半入手見込みとなっています。仕様によっては、今からオーダーすると11月になってしまうものも多いです。しかし、店頭在庫情報を確認すると、例年よりも余裕がある感じです。点灯が早ければ、そちらに巻き替えていきますので、予定よりも早く発送できる可能性は十分あります。
今しばらく、お待ちください。 

vintagecomp at 12:17|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年09月24日

iOS 15では海外版iPhoneでもシャッター消音不可?

いきなり飛び込んできた、Twitterの情報
日本版iPhoneを持って海外滞在中の方。iOS 15にしたらシャッター音が消音できたとのことです。私も情報はつかんでいましたが、当ブログのコメント欄にも本件の質問がありました。

これが何を意味するのか? GPSで日本国外であると判断されたらシャッター消音が可能となる、という可能性が考えられます。もしそうだとしたら、海外版iPhoneもiOS 15では日本にある時には、シャッター消音ができなくなるのでは? そんな考察もされています。確かにその方が、合理的な気もしますね。

考えていても分かりませんので、実態調査が肝心です。昨年iPhone 12 Proを購入いただいたお客様数名に、確認のお願いをさせていただきました。既に、iOS 15にアップデート済みの方も多いと思いますので、確認いただきました。

まだ、それほど時間は経っていないのですが、既に4台分のご報告をいただきました。いずれも、

iOS 15 日本国内で、シャッター消音は可能 とのことです。

しかし、最初の情報はどういうことでしょうね。日本版のユーザーも、海外では静かな観光地などでは消音してもらって快適に使ってもらおうということでしょうか。
あるいは単なるバグも考えられます。過去にも、アップデート時に、特定の条件で日本版もシャッター消音が可能となったことがありました。バグだったようで、その後のマイナーアップデート時には消音できなくなりました。

いずれにしろ、米国版iPhone 13を購入される方は気になるニュースだったと思いますが、大丈夫、一安心です。

vintagecomp at 13:48|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年09月23日

iOS 15他がリリース!

iPhone 13, iPad mini 6, iPad 9thの発売を目前に控えて、本日iOS 15, iPadOS 15, watchOS 8, tvOS 15がリリースされました。私も、各デバイスを一斉にアップデートしました。まずは、iPadOSのwidgetsが目新しいですね。macOSのwidgetsが戻ってきた感じです。
例年ですと、macOSも同時にアップデートされるのですが、今回は見送られたようです。昨日Beta 7がリリースされていますので、正式版はまだもう少し先なようです。おそらく、来月Apple SiliconeのMacの発表が予想されていますので、それに合わせてということでしょうか。
となると、iOS 15等の連携が心配されますが、9/13にBigSur 11.6がリリースされていますので、これで互換性は確保されているのかもしれませんね。

iPhone 13等の発売の準備は、完了といったところですね。 

vintagecomp at 11:20|PermalinkComments(3)Apple Topics 

2021年09月22日

PCR検査行ってきました

先週半ばに風邪を引いてしまいました。37.5度の発熱、咳、喉の痛みといった典型的な風邪の症状。味覚、臭覚は正常ですが、このご時世だけにもしかしてアレかも?と不安になります。そう言えば、その前の週末に人の集まるところに行ったし。
心配しているのも精神衛生上悪いので、 PCR検査に行ってきました。行きつけの病院が、ドライブスルーのPCR検査を提供しています。早速ネットで予約してすぐに行ってきました。
大駐車場に迷路が作ってあって、ずいぶんと走らされます。おそらく、最盛期にはここにズラッと並んでいたんでしょうね。ざっと10台ほどしかいませんので、待ち時間もほとんどありません。

pcr















順番が来たら、鼻マスクにして窓の外から綿棒を突っ込んでもらって検体採取完了。超簡単に終わりました。結果は翌日、WEBサイトにログインして確認できました。

陰性

ホッとしました。最近は、夜肌寒くなってきたのに、薄い布団で窓開けっ放しで寝てしまったので、 風邪を引いたのだと思います。皆様もお気をつけください。

vintagecomp at 13:50|PermalinkComments(0)USA 

2021年09月21日

iPhone 13 シリーズ 日米の対応周波数

iPhone 13シリーズの対応周波数については、こちらで確認できます。
まず、Proと無印ではなんら変わらず差はありません。 米国は専用モデルとなっており、日本とは別モデルになっているため、残念ながら米国版には技適はつきません。そして、周波数上の日米の違いを見てみると、実は単純な違いです。
米国版はn258, n260, n261の5Gミリ波に対応していますが、日本版は対応していません。それ以外は全く同じです。
従って、米国版が日本版に対して周波数上不利になることは全くありません。もちろん、 5G ミリ波は日本では提供されていないため、日本で有利になることもありません。しかし、米国では最大4Gbpsの異次元の5Gスピードを体験することが可能です。

私はと言えば、iPhone 12 Pro MaxをT-Mobileで使っています。5Gは大抵のエリアでキャッチできるようになってきましたが、 T-Mobileはミリ波には対応していません。対応しているのはVerizonだけです。iPhone 12販売当初は、ミリ波に対応しているエリアは非常に限られており、ロサンゼルス界隈では全くサービスが提供されていませんでした。流石に最近では、ロサンゼルスエリアでもミリ波をキャッチできるそうです。友人のVerizonユーザーによると、2Gbpsを超える激速だったそうです。とは言え、まだまだごく限られたエリアでしかキャッチできないそうですが、今後対応エリアを増やしていくのでしょうね。

ちなみにiPad mini 6は、日本版も米国版も同じモデルで対応周波数は同じです。つまり、米国版もミリ波には対応していません。 

vintagecomp at 15:16|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年09月18日

決戦の結果は・・・

皆様は、iPhone 13シリーズのプレオーダー、つつがなく完了したでしょうか。私も、予約開始の朝5時前に起きてスタンバイしていました。例年通り、5時ぴったりに開始にはならずに、数分後に開始になるのが焦ったい時間でしたね。
以前は、5分過ぎただけで1ヶ月以上後になったりと壮絶な状況でしたが、今回はそこまではなかったですね。ある程度時間が立った後も初日の9/24だったり、そうでなくても10月上旬だったり、想定よりは良い状況だったと思います。タマが多かったのか、そこまで売れていないのか。

とりあえず、ご依頼いただいた分は全て手配完了しました。ただ、まだ確定的とは言えない部分があるのと、店頭販売が始まったらより早く手に入れることが可能な場合もありますので、発送時期は流動的です。確定できるまでは、発送時期のお知らせは控えさせていただきます。今しばらくお待ちください。

vintagecomp at 12:10|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年09月17日

決戦は金曜日!

明日 9/17はiPhone 13シリーズの予約開始日です。こちら米国西海岸時間の朝5時、日本時間午後9時ですね。日本の方は、対応しやすい時間かもしれません。

そう言えば、昨年はコロナ禍でApple Store実店舗は閉鎖されており、オンライン販売のみでした。そのため、例年通りの入手は不可能なため、売れ筋のスペックをできるだけ入手し、入手できた端末を販売するという方法を取りました。去年は入手にそれほど苦労しなかった気がしたのは、そのせいでした。すっかり忘れていた😅

今年は実店舗も一応開いていますが、どうなることやら。いずれにしろ、明日は早起きして決戦に備えます。

vintagecomp at 13:37|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年09月16日

iPad mini 6 人気殺到!?

昨日より、iPhone 13シリーズ、iPad mini 6 米国版の購入代行受付を開始しました。iPhone 13シリーズのプレオーダーは9/17からですが、iPad mini 6は既にプレオーダーが始まっています。
早速、ご依頼いただいた分の手配に入ったのですが、仕様によっては到着予定が10/14-10/28となっていました。人気で予約が殺到しているのか、それとも半導体不足でタマ数が十分でないのか。昨年は比較的順調に手配できたことから、手配までの期間を2週間とさせていただいていましたが、iPhoneも含め今年はもっと苦戦するかも。そんなわけで、手配までの期間を30日に変更させていただきました。30日以内に発送できない場合はキャンセル可能ですが、それ以前のキャンセルは不可となります。
発送前にキャンセルできないなんてそんな!という声もあるかと思いますが、発売直後は入手が難しい状況の中、やっとのことで入手しております。せっかく入手したところキャンセルとなるようでは、購入代行の継続も難しくなりますので、ご理解いただければと思います。

iPhone 13シリーズのプレオーダーは当地9/17朝5時から。気合を入れていきます。

vintagecomp at 11:06|PermalinkComments(0)iPhone | iPad

2021年09月15日

iPhone 13, iPad, iPad mini 6 が発表!

Apple Special Evemt が開催されました。
注目のハードの発表は、iPhone 13シリーズ(13, 13 mini, 13 Pro, 13 Pro Max)、無印iPad、iPad mini 6th Gen. Apple Watch Series 7 でした。 
iPhoneとiPadは 9/24発売、 Apple Watch Series 7 はこの秋後半と正確な時期は明示されていません。世界的な半導体不足で、iPhoneも発売時期が遅れるのではないかとの予測もありましたが、iPhoneとiPadは遅れることなく発売、Apple Watch Series 7 は10月下旬くらいになるのではないでしょうか。

詳しい新機能は他のサイトにお任せするとして、特徴的な変更点をあげてみたいと思います。
13シリーズは最大ストレージが512GB、13 Proシリーズは遂に1TBが登場です。 無印iPadは正常進化という感じですが、iPad mini 6th Gen.  は大幅に刷新されました。Touch IDが画面と同じ面から上面に移動、これによりほぼ全面ディスプレイとなり7.9インチから8.3インチに拡大しました。CPUはA15 Bionic、Apple Pencilも2nd Genが使用できるように。これはかなり理想のiPad miniではないでしょうか。価格は高くなりましたが、人気が出そうです。
あと全体的な傾向として、価格が上がっています。これは世界的な半導体不足の影響だと思います。継続機種も通常はどっと価格が下がりますが、少々の値下げに止まっています。iPhone SE 2はなんと値上げされていますし。

さて、毎回好評の米国版iPhone, iPadの購入代行。なんと言っても特徴は、カメラのシャッター音を消音、音量調整できることです。早速、受付開始しました。

iPhone13PM

















iPhone 13 Pro ¥157,000-¥229,800
iPhone 13 Pro Max ¥172,000-¥248,000
iPhone 13 ¥129,800-¥174,800
iPhone 13 mini ¥112,800-¥159,800
iPad mini 6 ¥79,800-¥124,800

9/24発売ですので、9/27以降順次発送の予定です。今回、どの程度の入手難となるかわかりませんので、2週間の猶予をお願いしております。もちろん、首尾よく入手できればすぐに発送させていただきます。

vintagecomp at 09:37|PermalinkComments(2)iPhone | iPad

2021年09月14日

Metal対応グラボを特価販売!

いよいよ明日は、Apple Special Event。でも、当ブログではMac Proネタです。

タワー型Mac Proで、Mojaveを使う時に必須なのがMetal 対応グラボ。ユーティリティツールを使うことで、それ以降のOSもインストール可能ですが、その際もMetal 対応グラボが必須です。
Mac版のMetal対応グラボは僅かに3種類のみなので、貴重価値は高いです。


PNYQuadroK5000mac














NVIDIA Quadro K5000 for Mac 4GB  78,000円 68,000円


GTX680













EVGA GeForce GTX 680 Mac Edition 2GB 58,000円 48,000円

入手困難なグラボです。お見逃しなく!

vintagecomp at 12:22|PermalinkComments(0)Mac 

2021年09月11日

Mac Pro 2009-2012電源を限定特化!

Vintage Computerでは、タワー型Mac Proのパーツの品揃えが豊富です。その中でも人気なのが、Early 2009〜Mid 2010用の電源です。パワフルで拡張性の高いマシンを支える電源ですので、故障も多いようです。その電源を、限定数大特価でご提供します。

 661-5011










Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 電源 19,800円 14,800円

Mac Proをバリバリ使っている方は、故障に備えて予備で持っておかれるのも良いと思います。限定数ですので、お早めに!

vintagecomp at 09:36|PermalinkComments(0)Mac 

2021年09月10日

バックプレーンボード各種販売中!

Mac Pro Mid 2010/2012用のバックプレーンボード、ほぼ常時販売中です。Mojave対応ファームアップ済みなのが嬉しいですね。
今回、ちょっと違うバックプレーンボード2種も販売中です。まずは、Early 2009用。これもMac Pro Mid 2010相当にファームアップ済みで更にMojave対応ファームアップ済です。
そして、Mac Pro Server Mid 2010用のバックプレーンボードを特価販売中!

661-5706












Mac Pro Early 2009用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Server Mid 2010用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Mid 2010/2012用 バックプレーンボード Mojave対応 15,800円

Early 2009でうまくMid 2010相当にファームアップできない方もいるようですが、これに換えればファームアップ済です。
Mac Pro Server Mid 2010用と普通のMac Pro Mid 2010用の違いは何か。何も違いません。ただ一点、「このMacについて」の表示が「Mac Pro Server Mid 2010」となります。この表示が気にならなければ、単純にお買い得です!

vintagecomp at 13:00|PermalinkComments(0)Products | Mac

2021年09月09日

9/14 Apple Special Event

9/14 米西海岸時間10時より、恒例のApple Special Eventが開催されます。今回もオンラインイベントです。

毎年この時期は、New iPhone, Apple Watchが発表されるのが恒例となっています。今年もiPhone 13シリーズ(仮称)、Apple Watch Series 7が登場するのは確実です。 
iPhone 13 無印は、プロセッサはA15 Bionicがバイオニックとなり、例によって速くなってカメラ性能が上がるものの、 大きな変更はなさそう。
iPhone 13 Proは、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzから120Hzにアップする模様。 また、自国の常時表示が可能になりそうです。動画撮影も大幅に強化され、ストレージはついに1TBが用意されるか? すごい価格になりそう。
Apple Watch Series 7は、サイズが変更され41mmおよび45mmと従来より1mmずつアップしそうです。
他にもiPad mini 6th Gen, iPad 9th Genの発表も期待されます。 

毎回注目されるのが、招待状の画像です。

Event 
これは何でしょうね。この画像以上にわかりやすいのがこちら。 New iPhoneにVR, AR機能が搭載されるということでしょうね。VRゴーグルのようなデバイスも期待されていますが、それはまだ先だと思います。

さて、 Vintage ComputerでiPhoneと言えば、米国版iPhoneの購入代行が好評です。毎年、発売直後に多くのご依頼をいただきますが、徐々に減って夏にはほぼなくなります。しかし、この時期少しだけ復活します。
一つには、新型モデルは不具合が出やすいのでモデル末期の安定した製品を希望される方がいらっしゃるということです。しかし、旧モデルは安くなって継続販売となることも多く、悩みどころです。
今のラインナップを見ると、iPhone 11は継続モデルですが、iPhone 11 Pro はラインナップされていません。ハイエンドモデルは、性能的には十分なのでこれが安くなれば新型が売れにくいという判断でしょうか。そんなわけで、iPhone 12 Proを入手できる最後のチャンスかもしれません。iPhone 12も今回の変更は大きくないようですから、果たして継続モデルで残るのか? (あくまで推測ですので、判断はご自身でお願いします。)

iPhone 12 Pro 購入代行
iPhone 12 Pro Max 購入代行

vintagecomp at 08:59|PermalinkComments(0)Apple Rumors 

2021年09月08日

PATA/IDE SSDがモデルチェンジ

PowerBookのような旧マシンの復活に便利なのが、PATA/IDE SSD。この頃のマシンは、HDDが寿命となり、久々に電源を入れてみたら立ち上がらない、なんてことも多いものです。HDDさえ交換すれば復活しますが、PATA/IDE HDDはもはや入手困難。そんな時に助かるのが、PATA/IDE SSD。新品が入手できるし、物理的可動部分がないので、故障の可能性もグッと低くなります。
そんなわけで、渋い人気のPATA/IDE SSDなのですが、モデルチェンジされました。何が変わったかというと・・・ 色。
PATASSD3















Fashion Sprout 128GB SSD 2.5インチ PATA/IDE 9,800円

白から黒への変更ですが、ずいぶんかっこよくなったように思います。性能的には全く同じなので、気分の問題ですが気分も大事ですよね。
デスクトップの3.5インチ PATA SSDも取り扱っています。

vintagecomp at 11:10|PermalinkComments(0)Mac改造 

2021年09月07日

プロセッサーボード祭り!

Mac Pro 2009-2012用のプロセッサボード各種、特価販売です! 色んなスペックを各種取り揃えています。 プロセッサボードをサクッと入れ替えるだけで、アップグレード完了! 取り付け作業が不要です。

661-5708F












Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 12 Core 8GB 79,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 12 Core 8GB 69,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 8GB 24,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 8GB 19,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.2GHz 4 Core 8GB  9,800円

Early 2009用
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 8GB 19,800円
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.66GHz 4 Core 8GB 9,800円

Early 2009用のデュアルプロセッサーボードもあったのですが、ご紹介する前に売れてしまいました。Mid 2010/2012用とEarly 2009用では互換性がありませんので、ご注意ください。
お早めにどうぞ!


vintagecomp at 13:13|PermalinkComments(0)Mac改造 

2021年09月04日

Mac Pro 2013用純正SSD 新品が入荷!

Vintage Computerでは純正PCIe SSD各種を取り扱っております。以前は、新品を取り扱っていましたが、最近では新品入手が困難となり程度の良いRefurbished品を取り扱っています。
純正SSDは、旧OSでも利用可能で、やはり純正ならではの信頼感が魅力です。久々に Mac Pro 2013用の新品純正PCIe 1TB SSDが入荷しました。

PCIeSSD1TBHS1















Apple純正 Samsung 1TB PCie SSD for Mac Pro 2013 純正放熱板付き新品 39,800円

2018年末以降製造の未使用品です。Mac Pro Late 2018はもちろん、Mac mini Late 2014やMac Pro 2008-2012のタワー型でも使用可能です。Mac Pro タワーで使用するには、こちらのアダプタが必要です。
限定数で、次回入荷があるかどうかは未定です。 

9/6(月)は米国祝日のため、お休みをいただきます。

vintagecomp at 08:06|PermalinkComments(2)Products 

2021年09月03日

iOSのWalletで運転免許証携帯が可能に

Appleが発表しています。
iOS 15からiPhoneとApple WatchのWalletに運転免許証やState IDを入れて携帯、提示が可能になります。これはかなり便利です。最初に可能になるのは、アメリカの以下の州です。

Connecticut, Iowa, Kentucky, Maryland, Oklahoma, Utah

残念ながら、私の住むカリフォルニアはまだお預けです。Appleのお膝元でもあり、テック企業の総本山でもあるだけに、このニュースを見た時にはきっとカリフォルニアも、と思ったのですが最初の週からは漏れてしまいました。関係あるかどうかは分かりませんが、共和党が強い州から始まっているようにも見えます。
とは言え、実際に動き出せば他州にも早晩広がるのではないかと思います。日本は?? 役所の認可が必要な事案では、日本はかなり時間がかかるので、当面先ではないかと思います。

アメリカでは、運転免許証がIDとして絶大なポジションを得ています。ほぼ 身分証明書=運転免許証 という感じです(もちろん例外あり)。そのため、アメリカで生活するにはまずは運転免許証の取得が第一。もちろん、国内線飛行機に登場する際も、通常運転免許証を提示します。ところが、運転免許証の取得の際に提示するIDがあまり厳格でなかったこともあり、アメリカの国内線飛行機の搭乗の際にはReal IDの提示が必要となりました。Real IDは厳格なID提示により発行された新たな免許証の他、パスポートやグリーンカードなどが該当します。私もつい先日Real IDの運転免許証への書き換えを行いました。
ID確認の厳格化が目的ですから、iPhoneやApple Watchに表示された免許証で有効になるのか?と思いましたが、Appleの発表を見る限り対応するようです。この辺りは、Appleの政治的な突破力は見事だと思います。
カリフォルニアでの早期の対応を期待したいです。そして、日本も。 いずれは、パスポートも対応するようになるかもしれませんね。

vintagecomp at 14:16|PermalinkComments(0)Apple Topics | USA
プロフィール

Harry

Archives