2021年10月

2021年10月30日

アップル第4四半期の決算発表

2021年の第4四半期の決算が発表されました。
前年同期比、売り上げはiPhoneが前年同期比47%増、iPadが21%増、ウェアラブル、アクセサリーが12%増、Macが1.6%増、サービスが25%と、いずれも増加。全体としては29%の増加とかなり好調と言って良いと思います。
テレワークと巣篭もり需要により好調だったと思われます。

ところが、上記数字はアナリストの予想を下回り、また今後の業績も下方修正されていることから、 株価は下落に転じています。

原因はもちろん半導体不足による製品供給の滞りです。iPhone 13 Proは現在も長納期が続いています。発売直後とはいえ、MacBook Proの納期が数週間かかっているのは異例だと思います。
少し前まで、Appleは
半導体不足の影響をほとんど受けないと言われていましたが、そうはいかなかったようですね。とは言え、他企業に比べ影響は限定的のようで、iPhone 13 Proの納期も若干ですが改善しているようです。

vintagecomp at 09:50|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2021年10月29日

なんとかとiPhoneは新しいのに限る!

妻は不動産関係の仕事をしております。現在、管理している物件の保険加入申し込みをしたところ、まずはインスペクション(住宅診断)が必要とのこと。これまでだと、インスペクターが現地に赴いて診断を行っていました。今回もそうかと思ったら、なんとリモートで行うとのこと。私も、助手(野次馬)として同行しました。
現地で約束の時間に待っていると、電話がかかってきました。そして、まずはAppをダウンロードせよとの指示。指定されたAppをダウンロード、先方が送ってくれたコードを入力すると、Appの動画撮影モードになりました。 そのAppを通じて指定された場所を撮影していきます。時々シャッター音がして向こうが必要な画像を撮影しているようです。ところが、部屋の奥に入っていったところで、動画が切れてしまったとのこと。見ると外ではLTEをしっかりキャッチしていたのに、インジケーター1本です。Wi-Fiもない環境なので、困った。そこで私の出番です。妻の携帯は未だにiPhone X、5G非対応です。私のiPhoneでは、5Gをしっかりキャッチしています。今では、ほとんどの場所で5Gをキャッチするようになりました。改めて私のiPhoneにAppをダウンロード、再開すると問題なくインスペクションを終えることができました。かなり細かく見ていましたね。
やはり、女房とiPhoneは新しいのに限りますね!

妻は、「iPhone Xの機能、性能で十分、まだ買い替えの必要はない」と言っていましたが、5Gの威力を目の当たりにし、買い替えを決意しました。iPhone 13にするか、iPhone 13 Proにするか悩み中です。
しかし不動産、保険業界も、こういうAppを使って省力化、経費削減が進んでいますね。

vintagecomp at 10:30|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年10月28日

M1 MacとM1 Pro/Max Macの違い

もちろんよりパワフルなSoCになり、M1 Pro/Max Macは高性能になっています。あと、Thunderbolt ポートが2つから3つになり、MagSafe, SDXCカードスロット、HDMIポートが追加されています。ここまではわかりやすい違いですね。

あと目立たない違いとして、Thunderbolt 3 / USB 4 ポートが、Thunderbolt 4 ポートに変更になりました。Thunderbolt 3がThunderbolt 4 になれば、大きな違いのように思えますが、実は最大転送速度は40Gbpsで変わりありません。では、何が違うのか。これは非常にややこしくわかりにくいのですが、こちらにまとめられています。

大雑把に言って、大して違いはなく実用上違いを感じる点は少ないと思います。一つ感じやすい点は、ハブの対応にあると思います。Thunderbolt 3はデイジーチェーンには対応していますが、USBのようなポート数を増やすハブ機能に対応していません。 Thunderbolt 3でデイジーチェーンに対応していない機器を接続すると、そのポートにはそれ以上Thunderbolt機器を繋げません。Thunderbolt 4なら、ハブを噛ませれば1つのポートから複数のThunderbolt機器を繋げます。Thunderbolt機器を多数使う場合は、ポート不足になりがちでしたが、その心配はないですね。
もちろん、USB-C機器を使う場合は、M1のThunderbolt 3 / USB 4 でもポート数を増やすハブ機能に対応しています。

そんなわけで、M1 Macをお持ちの方や購入をお考えの方、性能的には差はないのでその点はご安心ください。ただし、ACアダプタとThunderbolt機器1つでポートは埋まってしまうので、さらにThunderbolt機器を使いたい場合はよく考えた方が良いですね。
 

vintagecomp at 09:26|PermalinkComments(0)Mac | テクニカル

2021年10月27日

配達時間指定変更、その訳は?

Vintage Computerのお買い物で、お会計画面で配達時間の指定ができます。その指定時間が少しだけ変わりました。

time
























これまで土日 18:00~20:00の選択が可能でしたが、土 18:00~20:00 に変更となりました。要するに、日曜日の午後6時以降の配達が廃止になったわけです。
理由は、働き方改革の一環で日通が日曜日の午後6時以降の配達を廃止したことによります。

 週末の午後6時以降の配達をご希望の場合、「土 18:00~20:00」をお選びいただくこととなりますので、大きな変更ではないと思います。ちょうど日曜日に配達可能となった場合、従来ですと即日配達されたのが、今後は6日間延期されることとなりますので、お気をつけください。

vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(0)一般 

2021年10月26日

純正NVMe 1TB SSD 初取り扱い!

Vintage Computerでは、Apple 純正のPCIe SSDを長年取り扱っております。1TBと言えばこれでした。

PCIeSSD2015-1TB














Apple/Samsung 1TB PCie SSD for MacBook Pro Retina Late 2013-Mid 2015 39,800円(近日再入荷)
Apple/Samsung 1TB PCie SSD for Mac Pro Late 2013 純正放熱板付き 39,800円

互換性も鉄板の純正SSDです。上記はAHCI SSDですが、最近のマシンはSSDに最適化されたNVMeが採用されています。同じ端子、形状の1TB NVMe SSDがiMac 2017, 2019で採用されています。

NVMe1TB
 













Apple/Samsung 1TB NVMe PCIe SSD for MacBook Pro L2013-2015, Mac Pro 2013 48,000円

SSDに最適化されているNVMeですので、メリットとしては高速化があります。ただし、高速化のメリットはPCIe 3.0でないとあまり発揮されません。具体的には、MacBook Pro Retina Late 2015 とiMac 2017/2019 がPCIe 3.0です。
他のLate 2013以降のモデルでも使用できますが、PCIe 2.0になりますので上の2つのSSDとは速度上大差ありません。また、対応OSはmacOS High Sierra 10.13以降推奨となります。
このSSDはなかなか入手困難ですので、必要な方はお急ぎください! 

vintagecomp at 16:10|PermalinkComments(0)Mac 

2021年10月23日

MacBook Pro オーダーしました

そんなに急いでもいないので、受付開始日ではないですが、オーダーしました。お届けは、11/30-12/7となっています。1ヶ月以上かかるんですね。

Screen Shot 2021-10-22 at 4.05.25 PM













予告した通り、SoCはM1 Proのベーシック、メモリ32GB、SSD 2TBとしました。こちらの価格は、$2999+Tax。おそらく今のMacBook Pro 15 inch 2016よりも大幅に性能が上がるので、M1 Proのベーシック仕様で十分だろうと考えました。メモリとSSDは余裕が欲しいので、ケチりませんでした。

実は、オーダーの際には焦ったわけではないのですが、ミスってしまいました。色はシルバーと決めていたのですが、 間違ってスペースグレイを選んでしまいました。まず14インチの中で上位か下位機種かを選びますが、ここで色を選ばないといけないんですね。しかも、スペースグレイがデフォになっています。その次のページで各種オプションを選ぶので、てっきりそこで選ぶものとばかり。画像のスペースグレイもそれほど濃くないので、うっかりと気がつきませんでした。
翌日になって気が付き、ここでオーダーし直しても良かったのですが、スペースグレイ初体験も良いかと思ってそのままにしています。
色にこだわりのある方は、お気をつけください。 

vintagecomp at 08:18|PermalinkComments(0)Mac 

2021年10月22日

Vintage Computer チャンネル第241回〜Mac Pro 2009と2010/2012の違い-2〜

Vintage Computer チャンネル今回は第241回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Mac Pro Early 2009とMid 2010/2012の違いを見てみます。今回はその2、プロセッサーボード編です。
まず同じ年式のモデルでも、シングルCPUとデュアルCPUのプロセッサーボードは、外観からして違います。
シングルCPUのプロセッサーボードは、2009と2010/2012で外観は同じ。デュアルCPUのプロセッサーボードは、外観はそっくりですが実が違いがあります。
何が違って、何が同じなのか、詳しく見てみましょう。

   

Mac Pro Early 2009とMid 2010のバックプレーンボード各種、取扱中です。

Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core 8GB 48,000円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 8GB 24,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.2GHz 4 Core 8GB 9,800円


vintagecomp at 09:34|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2021年10月20日

久々の入荷、IRボード with ケーブル Mac mini 2012/2014用

しばらく売り切れ状態が続いていましたが、久しぶりの入荷です。

922-9558













IRボード with ケーブル, Mac mini Late 2012, Late 2014用 4,980円

このパーツ、分解の際に破損しやすいんですよね。注意して分解していただきたいですが、やっちまったら、これで復活させましょう。
上記理由で、オンスタントに売れていましたが、しばらく在庫なしとなっていました。今回まとまった数入荷予定が、とりあえず1個のみ。後日、追加入荷します。 
なお、明日は臨時休業となります。 

vintagecomp at 09:30|PermalinkComments(0)Mac 

2021年10月19日

M1 ProとM1 MaxのMacBook Pro 発表!

ついに発表されました。

Screen Shot 2021-10-18 at 5.25.48 PM







14インチと16インチのM1上位版のMacBook Proが出るというのは噂通りでしたが、名称がM1Xではなかったですね。
またチップは直前の噂以外は1種類でしたが、ProとMaxの2種類でした。確かに、Apple Siliconはクロックの差別化をしていないので、コア数とメモリ量だけで14インチと16インチ両方をカバーするのは、ちょっと厳しい感じがします。これで、M1ファミリーは3種類となり、Mac Pro以外のモデルをカバーすることが可能になったと思います。Mac Pro用はM1 Extremeでしょうか。

従来のIntel Core i9モデルよりも遥かに高性能ということで、M1 Proでもかなりの高性能が期待できそうです。あと大きな変更点としては、HDMIポート、Magsafe、SDXCカードスロットが追加というか復活しました。これまでのモデルの不満点の解消でしょうね。これで、USB-Aアダプタ以外、ほぼハブやアダプターは不要になったのではないでしょうか。
あと、個人的にはTouchBar廃止は嬉しいです。個人的には単なるギミックと思っていて、 それだけならまだしも、故障の原因ともなっているので余計な機能でした。

さて、私のメインマシンMacBook Pro 15インチ 2016も丸5年経ちましたので、オーダーします!
14インチ、ベーシックな8-Core CPU, 14-Core GPU に32GBメモリ、2TB SSDを考えています。これで$2,999+Tax。
 MacBook Pro 15インチ 2016も売り払って購入資金に充てたいところですが、TouchBarの故障でClamShellモード以外で使いにくい状態なので、果たしていくらで売れるのか。$4000以上したのに、二束三文になりそうです(泣)。

vintagecomp at 09:40|PermalinkComments(0)Mac 

2021年10月16日

Vintage Computer チャンネル第240回〜Mac Pro 2009と2010/2012の違い-1〜

Vintage Computer チャンネル今回は第240回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

Mac Pro Early 2009とMid 2010/2012の違いを見てみます。今回はその1、バックプレーンボード編です。
Mid 2010と2012は機種IDが同じMacPro 5,1で、実質同じモデルです。
Mac Pro Early 2009は、MacPro 4,1で別モデルですが、外観上の違いはありません。何が違って、何が同じなのか、詳しく見てみましょう。
   

Mac Pro Early 2009とMid 2010のバックプレーンボード各種、取扱中です。

Mac Pro Early 2009用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Mid 2010/2012用 バックプレーンボード Mojave対応 15,800円
Mac Pro Mid 2010 Server用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
 

vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(0)YouTube チャンネル 

2021年10月15日

Unleashed, パワー全開

 10月18日午前10時(日本時間 19日午前2時)からのApple Special Event、「Unleashed」のタイトルが付いています。

Screen Shot 2021-10-14 at 9.06.53 PM
























「パワー全開。」となっています。
「Unleashed」ですが、馴染みのある英語でしょうか? 私は、日本にいる時は全く知らない単語でしたが、こちらに来てからはとてもお馴染みの言葉です。

no-unleashed



















公園には、よくこんな看板が立ってます。「犬を放さないでください。」の看板です。Unleashed = 解き放つという意味です。M1XのMacBook Proの発表が期待されていますので、「M1Xのパワーが遂に解き放たれる」ということなんでしょう。
しかし、意味はわかりますが、ちょっと違和感ありますね。「ついに解き放たれる」くらいが良かったのではないでしょうか。
いずれにしても18日、どんな発表になるか楽しみです。 

vintagecomp at 13:21|PermalinkComments(0)Apple Topics | USA

2021年10月14日

iMac 21.5 inch Late 2012が故障!

学生時代の友人が、SNSにつぶやいていました。iMac 21.5 inch Late 2012が起動不能。AHTをかけたところ、どうやら原因はメモリ。古いイラストレーターを動かしているマシンで、業務上欠かせないのだそうです。
Appleに修理を依頼したら、保有部品なしということで断られたそうです。いや、多分単にサポート期間終了で断られたんだと思います。サードパーティーの修理業者に問い合わせたところ、かなり高額な見積もりが出たそうです。

iMac 21.5 inch Late 2012は、バラさないとメモリ交換できませんが、メモリスロットはあります。従って、バラせばメモリ交換可能です。友人はノートマシンをバラしたりと中級レベルですが、 専用カッターを使ってのディスプレイ取り外しということで、かなりビビっていました。
実は、適切なカッターを使えば、ディスプレイの取り外しは割と簡単です

076-1419-T2














iMac Late 2012以降 ディスプレイ分解用純正ツール 2,980円

社外品も出ていますが、 剛性が弱くて扱いにくいものが多いです。純正ツールが鉄板です。もちろん、再組み付けには、新品テープが必要です。

ディスプレイ用両面テープ 1台分, iMac 21.5インチ Late 2012-Late 2015用 980円

年式により、微妙にテープが異なりますので、年式にあったものを使用ください。
実は純正そっくりのテープが出回っており、注意が必要です。純正品と明記していないものは、怪しいかもしれません。非純正品は、厚みがなく接着はできるのですが、次回の分解が非常に困難になってしまいます。

このタイプのiMacもぼちぼちサポート終了になっていますので、ちょっとした故障でも自己修理ができないと終了になってしまいます。ディスプレイが外せる体制を取っておくと強いですね。

vintagecomp at 10:04|PermalinkComments(0)Mac 

2021年10月13日

Apple Special Event "Unleashed."

米国西海岸時間 10月18日午前10時(日本時間 19日午前2時)からApple Special Event "Unleashed."が開催されると発表されました。

SE











内容に関しては、14インチ、16インチの新型MacBook Proがメインとなることは間違いないでしょう。Apple シリコンの発展型 M1X搭載が見込まれます。いよいよですね。
私のメインマシンは、MacBook Pro 15インチ 2016。2TBのSSDで購入価格は$4000を越えて、自分史上最も高かったMacでした。しかし、メーカー保証が切れたタイミングで起動不能に。ディスプレイ以外ほぼ全部交換の修理で、高額な修理費がかかりました。その後もバッテリが膨れたり、TouchBar 点滅の不具合が出たりと、もっともトラブルが多いMacでもありました。
5年も使ったので、今回は行きますよ。内容によりますが、14インチで良いかなと考えています。

TouchBarの廃止、MagSafe, SDカードスロット、HDMI端子搭載が予想されています。TouchBar トラブルを体験した私としては、廃止は大歓迎。このところThunderbolt ポートのみとなっていましたが、それも路線変更の様ですね。やはり、アダプタ必須というのは本末転倒ですからね。
路線変更で、メモリスロット、SSDスロット復活してほしいところですが、そこは無理そうです。



vintagecomp at 09:34|PermalinkComments(0)Apple Rumors 

2021年10月12日

Mini DisplayPort to DVI アダプタ販売中

お客様から、「Mini DisplayPort to DVI アダプタ」ありませんか?とのお問い合わせ。以前は、Apple純正品を取り扱っていましたが、お買い得価格での入荷ができなくなったので、取り扱いを中止しました。必要なら、Apple Storeでどうぞということです。
ところが、 お客様からは「Apple Storeにもないので」ということでした。え、そうなの? 調べてみると、こちらには一応リストされていますが、売り切れ。一時的な売り切れでしょうか。米Apple Storeで探してみると、掲載自体ありません。これはディスコンの可能性が高いですね。
だとすると、Vintage Computerとしてはぜひとも取り扱って古めのMacのサポートを継続したいところです。純正品がディスコンなら、サードパーティー製となりますが、 経験上この手のアダプタではノンブランド品、中古品は避けたいところです。そこで、以下のアダプタの取扱を開始しました。

miniDP_DVI_TL













TRRIP-LITE Mini DisplayPort to DVI アダプタ 1,980円
C2G Mini DisplayPort to DVI アダプタ 1,980円

Single Link DVI専用で最大解像度 1920×1200 です。Mini DisplayPort からDVIモニタに接続するならこのアダプタです。

vintagecomp at 10:41|PermalinkComments(0)Products 

2021年10月09日

ロサンゼルス市が全米一厳しいワクチン接種義務条例

今週、ロサンゼルス市は、全米で最も厳しいとされる「ワクチン接種の義務」条例を承認したことを発表しました。 
この条例では、バー、レストラン、ネイルサロン、ジム、スポーツ観戦するすべての人に、11月4日までに予防接種を受けることが義務付けられます。ロサンゼルス市内の屋内施設など、屋内の公共スペースに入る時に、ワクチンを接種した証明が必要になります。
ワクチン証明が必要なのはショッピングモール、レストラン、バー、ジム、スポーツアリーナ、美術館、スパ、ネイルサロンなどです。食料品店や薬局は、対象外です。5000人以上が参加する屋外イベントにも、ワクチンを接種した証明が必要。宗教上や医療上の理由で予防接種が免除されている人については、イベント入場前72時間以内のコロナ検査の陰性証明が必要となります。
条例に違反した企業には、2回目の違反で1000ドル、3回目の違反で2000ドル、4回目の違反で5000ドルの罰金が科せられます。

ワクチン接種証明はニューヨークなどが先行していましたが、
ロサンゼルス市はより厳しい内容になっています。Vintage Computerはロサンゼルス郡内ではあるものの、ロサンゼルス市内ではないので対象外です。 ロサンゼルス市のダウンタウンまでは車で1時間ほどかかりますが、最寄りの市境までは15分ほど。ただ、普段の生活圏には入っていないので、あまり影響はありません。
私は既にワクチンは2回摂取しているので、規制対象の店舗やイベントでも特に問題はなく、より安全になるのは好ましいと思います。ただ、過激な反対派の人達とトラブルにならないかがちょっと心配ですね。
今後、ロサンゼルス市周りのエリアにも広がっていくのか、気になるところです。 


vintagecomp at 11:59|PermalinkComments(0)USA 

2021年10月08日

カート不具合解消!

一昨日お知らせしたカート不具合が解消しました!
マイナー不具合の修正を開発元に依頼、するとその不具合は治ったものの別のマイナー不具合が。再度依頼すると、一昨日お知らせした大きな不具合に。
とにかく、急ぎ解消したいので、開発元には矢の様に何度も「至急、元に戻して!」と連絡しました。もうマイナートラブルは放置で良いから、元に戻して大きな問題を解消してほしかったのです。
しかし、24時間以上も梨の礫。担当者がお休みなのか?

やっと連絡が来たと思ったら、
「不具合解消したから、テストお願いします。」 
とのこと。あれ?元に戻しただけじゃないのか?
元の問題も、大きな不具合も解消しています。やった〜\(^o^)/

単に元に戻すのは、エンジニアのプライドが許さなかったのでしょうか。解決してくれたのは良かったけれど、 やっぱりまずは元に戻してから修正してほしかったですね。

ともあれ、不具合解消しましたので、安心してお買い物してください。 

vintagecomp at 23:05|PermalinkComments(0)一般 

2021年10月07日

なぜこんなことに?

Mac Pro Mid 2010から取り出した電源ファンです。

IMG_5882D













割と綺麗なんですが・・・ なんか変?
羽根が一枚消失しています。なぜこんなことに? しかも、綺麗に一枚落ちてます。
これバランスが崩れて、ひどい音を出すはずだと思うのですが、分解前はそんなひどい音はしてなかったな〜。破片も本体内に落ちてなかったし。
不思議な事例でした。

vintagecomp at 13:20|PermalinkComments(0)Mac 

2021年10月06日

ショッピングカートにトラブル発生中

ショッピングカートの改善を計画し、開発元にソフトの変更を依頼しておりました。その結果、トラブルが発生しています。商品一覧が表示されるページで、「注文するボタン」を押すと、
「ショッピングカートには何も入っていません。」 
と表示されカートに入りません。

Screen Shot 2021-10-05 at 8.29.41 PM








これを回避するには、「詳細」ボタンを押してもらって商品の個別ページに進んでいただくとカートに入ります。
開発元には、すぐに元に戻すよう依頼しましたが、1時間以上たった今も元に戻っていないのでこちらでお知らせすることとしました。おそらく、もうすぐ正常に戻ると思います。

しかし、小さな改善を行おうとしたら、大きなトラブル。しかもこれ2度目です。 これまで対応は良かったのですが、今回は担当者がハズレたかな〜。

vintagecomp at 12:34|PermalinkComments(0)一般 

2021年10月05日

スティーブ・ジョブズ没後10年

本日10/5は、スティーブ・ジョブズの命日で、逝去してちょうど10年を迎えました。Appleをコンピューター界のメインストリームに導いたのは、間違いなくスティーブ・ジョブズでした。Apple II, Macintosh, iMac, iPod, iPhone と世界を変えた革新的なデバイスを世に送り出したのが、スティーブ・ジョブズです。
私とジョブズの接点といえば、Macworld SFとApple Special Event でした。2000年から2010年くらいまで、Macworld SFとApple Special Event の会場に赴き、ジョブズの痺れるプレゼンを生で聴いていました。その中でも最接近したのが、2002年のXserveの発表会でした。

P1010017














発表会のQ&Aセッションでは、質問をしてジョブズから直接回答をもらいました。その後の、実機展示場にもジョブズが現れ、上の写真のように目の前に。ここで話しかけられれば良かったのですが、オーラに圧倒されて見守るのみでした。

ジョブズの後を継いだティム・クックは、周囲の心配をよそに好調な業績を出し続けています。しかし、世界を変える革新的なデバイスを世に出せたかというと・・・ Apple II, Macintosh, iMac, iPod, iPhone に匹敵するような物は出せていないですね。この後、革新的なデバイスを1つでも出せるかで、ティムの後世の評価が大きく変わってくると思います。


vintagecomp at 13:35|PermalinkComments(0)Apple Topics 

2021年10月02日

iOS 15のアドレスバー

iOS 15になって、真っ先に気がついた変更点がSafariのアドレスバーの位置です。従来の上から下の位置に変わっています。

IMG_5873






















アドレスバーは、iOS 1から上ですし、今でもMacやiPadは上側。これは違和感大! と思う方は多いようで、設定で元に戻す方法がいろんなサイトで報じられています。と、これらを読んでわかったのですが、変更には当然意味があるわけです。 利点として、以下が挙げられています。

下部にあることで、アドレス欄(検索窓)が片手で届く
左右フリックでタブを移動できる

検索窓に片手で届くというのは、あまりありがたみを感じないですね。どうせタイプするなら、上にあっても大差ないと思います。しかし、左右フリックでタブ移動できるというのはいいですね。これは、親指で移動できるのは便利です。
未だ慣れませんが、変更はせずこのまま使っていきたいと思います。速攻で上に戻した方、しばらく下で使ってみてはいかがでしょうか。 


vintagecomp at 11:24|PermalinkComments(0)iPhone 

2021年10月01日

プロセッサーボード各種販売中!

Mac Pro 2009-2012の拡張性の高さ、パーツ交換のしやすさは特筆ものだと思います。CPUが交換できるのも良いですが、プロセッサーボードがワンタッチで入れ替えできるのが何とも素晴らしいですね。同じ年代のモデルなら、どのプロセッサーボードに入れ替えるのも可能です。4 Coreから12 Coreへ、逆もまた可能です。そこで、簡単手軽にアップグレードできる、プロセッサーボードを各種用意しています。

661-5708F












Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 12 Core 8GB 79,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 12 Core 8GB 69,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 2.4GHz 8 Core 8GB 48,000円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 8GB 24,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 8GB 19,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.2GHz 4 Core 8GB  9,800円

Early 2009用
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 3.33GHz 6 Core 8GB 19,800円
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.66GHz 4 Core 8GB 9,800円

Mid 2010/2012用とEarly 2009用では互換性がありませんので、ご注意ください。一応動作はするんですが、ファンが全速回転してしまうんですよね。


vintagecomp at 13:11|PermalinkComments(0)Mac改造 
プロフィール

Harry

Archives