2007年11月01日

Leopard 非対応マシンの対応状況まとめ4

昨日、日本からロサンゼルスに戻りました。
私の不在中に、Leopardが発売されました。不在中も、技術スタッフにテストを行ってもらい、G4/867MHz以上のシステム条件を満たさないPower Mac G4でも、CPUアップグレードによりインストールと利用が可能であることを確認しました。その後のテストや情報も含め、もう一度まとめてみたいと思います。

・Power Mac G4 AGP Graphics, Gigabit Ethernet, Cube, Digital Audio, QuickSilverの非対応機種でも、CPUアップグレードカードの装着によりLeopardのインストールは可能。また、G4/1GHzでも実用的な速度で動作し、1.4GHz程度でかなり快適に動作する。

・上記インストールが可能になるためには、Giga Meterなどの補正ソフトなしにクロックが正しく認識されていることが必要。例えば、1.4GHz/133MHzなどでは、クロックが正しく認識されないために、インストール不能。

・Giga DesignsやFastMacのCPUカードは、ディップスイッチやジャンパーでクロックを変更可能なため、一度正しく認識されるクロックに設定することでインストール可能。その後、元のクロックに戻しても、動作可能。1.4GHz/100MHz, 1.5GHz/100MHz, 1.33GHz/133MHz, 1.47GHz/133MHz は正しく認識可能。
尚、Giga Meter 1.0.1 は、Leopardでも有効で、正しいクロックを表示させることができる。

・SonnetのCPUカードは自動設定で、クロックの調整はできない。しかし、SonnetのFirmwareパッチには、クロックを補正する働きがある。従って、非対応クロックでも正しく認識され、インストールは可能である。
(Giga Meterはシステムにインストールされるため、Leopard インストーラーでは無効。Sonnetのパッチは、Firmwareにインストールされるため、Leopard インストーラーでも有効。)

・Leopard対応機種に、非対応機種をターゲットモードで接続することにより、インストールが可能になる。インストール後は、非対応機種(AGP以降)でLeopardが利用可能。

・Sonnet MDD用のCPUカードは、Leopardを問題なくインストール、利用可能。もちろん、Gigaの
MDD用 CPUカードも、問題ない。

・ZIF G4 1GHzは、Leopard 非対応(Sonnetからの情報)。



vintagecomp at 13:32│Comments(0)TrackBack(0)テクニカル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives