2008年05月07日

QuickSIlverの電源をGE/DAに流用4

5fd086a7.jpgBBSで話題になった内容ですが、有益な情報が含まれていますので、改めてご紹介したいと思います。
Gigabit EthernetやDigital Audio の電源容量はあまり余裕は大きくありません。それでも、CPUアップグレード プラスアルファ程度でしたら問題ありませんが、フルチューン状態になってくると電源容量不足に見舞われる場合があります。同じスペックでも、純正ノーマル電源で問題があったりなかったりするので、電源の劣化の影響もあるようです。こういう場合は、電源の容量アップが望ましいわけですが、電気用品安全法の影響で、以前はみかけたATX 改造電源は販売されていません。
ユーザーの手で改造する手もあるわけですが、Gigabit EthernetやDigital Audioは22ピンで、一般的なATX電源とはピン数が異なるので、結構面倒です。また、改造を行っても、以下の問題があります。

1. ADCが使えない。
2. Digital Audioでは、FireWireが使えない。
3. 品質の確かな電源を使わないと、動作不安定になる場合がある。

そこで、後継モデルのQuickSilverはどうかというと、同じ22品でピンアサインもほぼ一緒です。ほぼというのは、9ピンが異なるのですが、Gigabit EthernetやDigital Audioは9ピンを使用していないので、9ピンを抜いてしまえば同じになります。
それで、肝心の電源容量ですが。

3.3V/5V
GE/DA   126W
QS         120W
僅かながら、下がっています。

+12V
GE/DA    96W
QS         156W
こちらは、大きなアップです。

電源付属のご相談は、GE/DAでは時折受けるのですが、QSではほとんど聞きません。+12Vの容量アップが効いているのではないかと思います。
QSの電源から9ピンさえ抜いてしまえば、GE/DAで使用できますし、1〜3の問題もありません。これは結構有効な手段ではないでしょうか。

G4 QuickSilver 用 純正電源、販売中です。

Power Mac G4 QuickSilver 用 純正電源新品 28,000円
Power Mac G4 QuickSilver 用 純正電源 中古品 12,800円



vintagecomp at 10:06│Comments(0)TrackBack(0)テクニカル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives