2009年03月13日

Small talk.4

f11151ee.pngこれは、米国のAppleのサイトをチェックしている方なら、もうお目にかかっているはず。iPod shuffleのキャッチコピーとして、トップページにドーンと載っています。
Small talkとはおしゃべりのこと。VoiceOver機能でしゃべる意味合いと、世界最小のSmall がうまくかけてあり、しかも2 wordsに「小さく」凝縮されていてなかなかしゃれたコピーです。
日本のアップルのサイトも、同じ画像を使って、日本語訳されたコピーが踊っています。

「この小ささが、しゃべり出す。」

う〜〜ん、原版のシンプルで気の利いたイメージが表せていない感じですね。じゃ〜どうすれば?、というとなかなか難しくてこうなってしまったわけでしょうが。いっそ、究極の直訳ではどうでしょうか。

「小話」


vintagecomp at 12:44│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by watayuu   2009年03月13日 19:17
却下かな。。(^_^;
2. Posted by Muto@VC   2009年03月14日 03:04
意味的に方向が違うので、却下ですね。

でも、この位短くてインパクトのあるコピーにして欲しかったな。
3. Posted by SuZ   2009年03月14日 09:46
曲名のコール、良いですね。
iTunes自体にも"Small talk"をつけてくれたらいいのにな。
画面閉じてシャッフルにして聴いていると、アーティスト名や曲名を知りたいときがあります。
それにしても、日本語の発音はもう少し改良して欲しいです。^^
4. Posted by susuki   2009年03月16日 10:32
「小さいけれど、すごい奴。」という意味で
「一寸法師。」なんてどうでしょう?
iTunes Storeが、打出の小槌。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives