2010年04月22日

納得できない落し物騒動

次期iPhoneの落し物騒動が、盛り上がっております。Apple社員がバーで落としたiPhoneを、GIZMODOが買い取り、画像を公開しバラシ写真まで公開しています。しかも、落とし主のApple社員 Gray Powel氏の名前や写真まで公開すると言う念の入れよう。Appleからの返還要求のレターまでも、公開しています。

次々に具体的な証拠を提示するGIZMODOに、「お〜〜、これは本物間違いなし!」という声も高く、TVや新聞などのマスコミでも取り上げられています。反対に、Appleの意図的リークではという声も。

う〜〜〜ん、でもなんかおかしい。この手の話で思い出されるのがAppleInsider。内部関係者しか入手し得ない未発表製品の画像を積極的に公開し、Appleから削除要請を受けるも、徹底対抗。ついには法廷闘争となり、結局はAppleに有利と思われる内容で和解。今では、普通のAppleニュースサイトになっています。この時も、AppleInsider側は情報の入手経路は明かしていないし、自らの個人情報も徹底的に隠していました。違法な手段で情報を盗んだ可能性が高いわけですから、当然でしょう。
しかし、今回のGIZMODEの件は、落とし物を買い取って分解って窃盗の可能性が高いわけで・・。GIZMODEの当事者は顔も名前も公表済み。落とし主のGray Powel氏を晒して、首にでもなれば、損害賠償や名誉毀損で訴えられる可能性が高いと思います。もちろん、Appleが訴えるのは間違いなし。
普通だったら、ストーリーは伏せて、極秘ルートより入手した衝撃画像として公開するってのが自然でしょう。
これを納得させる理由が、真実を伝えるジャーナリスト魂、ってのもにわかには信じがたい。

しかも、拾い主がAppleの窓口に電話したところインチキと片付けられたと。そりゃそうでしょうね。しかし、その電話を受けた窓口の人の隣の人の証言が取れていると言うのは、ふざけすぎというか・・・

決定的な具体的証拠が多いだけに、逆におかしいですよね。じゃー、
Apple の意図的リークかというと、Apple がそんなことする会社じゃないことはApple通ならわかるはず。
じゃー、何だ?と言われると困るのですが、Appleの意図的偽情報リークというのはどうでしょう。今回のiPhoneは、誰でも考えつきそうな普通の進化系。実は誰も考えつかないような画期的は変化が!WWDCでは、ジョブズが登場し、

iPhone 4Gはこれだ!と今回のiPhoneを取り出し、
だと思ったでしょう、フフフ、本当はこれだ!
と本物が登場。なんて妄想が湧いてしまいます。


vintagecomp at 13:03│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しげる   2010年04月22日 14:58
なるほど…たしかにあのデザインはアップルのプロダクトにしてはいまいち洗練されてないなと思っていました。
しかしどちらにしろ、元々関心があった人もそうでない人も、次世代iPhoneへの大きな注目を集めたのは確実なわけで、AppleのPR戦略の優秀さには舌を巻くばかりです。
わかっていながら毎回踊らされてしまいますね。
2. Posted by ハーモン   2010年04月22日 16:07
僕も何か、変なリークだな、思っています。

特に前の方のコメント同様、プロダクトとしていまいちな感じ。

それ自体がカモフラージュと言うこともあり得ますが。

3. Posted by とす   2010年04月24日 00:11
側面の処理やボタン形状が確かにどうにもダサい
仮にこれが4Gだったとしてもこんなカタチでリークされてしまったからには
6月に間に合わなくてもいいから別デザインに作り直しを命じそう

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives