2011年02月26日

Thunderbolt メジャー規格になれるか

新型MacBook Proに搭載されたThunderbolt。Appleのサイトでも、大変大きな取り上げ方をしています。そんなにすごいのか?

thunderbolt


この技術は、以前からIntelがLight Peakの名で開発を進めていることを発表していたものです。今回新たな名前が付いたことで、最初は、Light Peakの技術を使ったApple 独自仕様かと思いましたが、Light Peakは開発コード、製品正式名称がThunderboltと言うことのようです。今後、他社にも同じThunderboltの名前で搭載することになるようです。

最初見た感想は、あれ?mini Displayportの進化形?
次に情報を軽く読んで、最大10Gbpsの高速I/Oインターフェース、ハイエンドのビデオ編集などの用途向け?
更に情報を読んでみると、あらゆるI/Oに対応できる規格のようです。USBやFireWire機器も、アダプタを介して接続できるとのこと。この汎用性の高さは魅力ですね。

11 PM)


昨今5GbpsのUSB 3.0対応製品が出てきており、今後より普及していくことが予想されます。新型MacBook ProにはUSB 3.0は採用されておらず、また13/15インチではExpressCardスロットも無いため増設も不可能、と思いましたがアダプタで対応可能なんですね。これなら、ExpressCardスロット無しも大きなデメリットになりません。既にMacBook Pro 15インチをオーダーしただけに、これは嬉しい!

Appleは独自規格やマイナー規格を採用しては、孤立して盛り上がらないという歴史を繰り返してきました。最初Thunderbolt登場のニュースを見た時には、また同じ事が起きるのではと危惧していましたが、なかなか有望な新規格のようです。これからは、Thunderboltの時代か?

ただ、ちょっと気がかりなのが、他社への搭載は2012年早期になりそうなこと。この間、最新のThunderboltを使えるのは、Macユーザーの特権と言えますが、対応周辺機器の普及が遅くなったりコストダウンが進まない要因となりそうです。
ちなみに、昨日某周辺機器メーカーの人と話しましたが、早速Thunderbolt対応機器を計画中とのこと。はやく対応機器が出てきてほしいですね。


vintagecomp at 23:18│Comments(2)TrackBack(0)テクニカル 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by GTD1100   2011年02月27日 22:34
これからはMacBookPro一台でなんでもできるようになる、ということですね。自分も対応機器の出方を見て購入を考えたいです。
2. Posted by Muto@VC   2011年03月01日 03:03
以前はノート用HDDが大きなボトルネックでしたが、SSDの登場でボトルネックでは無くなりました。
もはや超ハイエンド用途以外は、MacBook Pro一台で何でもできる時代になりましたね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives