2011年06月07日

WWDC 2011 基調講演の感想

本日、WWDC 2011 基調講演が行われました。予告通り、OS X Lion, iOS 5, iCloud についてでした。

内容詳細については、ここここなど各所で詳細に報じられていますので、当ブログでは私の個人的な感想を中心に。

1. ジョブズ登場
病気療養中のジョブズが登場したのは、予告通りとはいえやはり嬉しいニュース。しかし、3月のイベント時よりやつれたイメージがありました。3月は、痩せてはいるものの、精悍な表情といつもの張りのある声という印象でしたが、今回は全体にやや力ない感じ。身のこなしも、老人的。
iCloudはジョブズが担当しましたが、前回に比べても登場時間が少なく思えたのは、やはり体調と関係があるのか?

2. OS X Lion
最大のサプライズは、App Storeのみで販売と言うこと。4GBのソフトをネットオンリーで販売ですよ。しかも、OSという基幹ソフトを。思い切りの良さは、アップルらしい。
ハードドライブクラッシュの際は、どうするんでしょう? 予め、Recovery Discを自分で作っておけるようになっているんでしょうか?
App Storeの利用には10.6.xが必要ですので、現在10.5を利用していて、10.7のアップグレードを考えている方は、10.6を確保しておきましょう。

3. iOS 5
最大の変化は、母艦が不要になったことでしょう。セットアップやOSのアップデート等、これまで必ず母艦が必要でしたが、今後不要になります。これは当然の進化でしょうね。
登場は秋とのことですが、これで次期iPhoneもそれまで発売無しと確定ですね。

4. iCloud
MobileMe が進化してiCloudに。そして、年間$99だったのがフリー(5GBまで)に。これは大英断ですね。実際iOSデバイスは、MobileMe のOTA機能を使ってこそ真価を発揮するので、その恩恵にユーザー全員があやかれるのは素晴らしいことです。
ここで疑問は、現在MobileMe ユーザーの人はどうなるの?ということ。早速アップルより、パッケージ版 MobileMe 返品手続きを公開しています。
メンバーシップも日割り計算で返金されることになっていますが、キャンセル用のフォームは「製品パッケージを購入されたお客様向け」となっています。パッケージ版以外だとどうなるの? ちょっと不親切かな〜。
また、「いったん MobileMe アカウントをキャンセルすると、MobileMe メール、連絡先、カレンダー、iDisk、ギャラリーおよびその他すべての MobileMe サービスが使えなくなります。」と記載してあり、実際どういう意味かしっかり把握してからキャンセルした方が良さそうです。

5. iTunes Match
最後にOne more thing... がiTunes Matchでした。iCouldの機能ながら、これは年間$24.99の有料サービス。音楽のクラウドサービスですが、予想されていたサービスの遙か先を行っていました。

事前予想:iTunes Store で購入した楽曲がクラウド上で聴ける。アップロードの必要は無し。
実際:iTunes Store で購入した楽曲以外でも、iTunesに登録されiTunes Store に取り扱いのある楽曲はクラウド上で聴ける。

つまり、CDをリッピングして溜め込んだ楽曲も、iCloud上で聴けるわけです。しかも、ライブラリデーターをスキャンするだけで、音楽自体のアップロードは不要。

こんな仕組み、レーベルが許すはずがなさそうな気がしますが、考えてみるとメリットが大きいと思われます。極端な話、違法にリッピングされた楽曲でも、iTunes Match を利用すればレーベルにお金が落ちるわけで、レーベルとしても悪い話ではなさそうです。う〜〜ん、これはクレバーだ。この手があったか。
やはり、Appleは常に一歩先を行っています。

とたっぷり2時間かけて行われた基調講演。内容も盛りだくさんでした。


vintagecomp at 08:28│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SuZ   2011年06月07日 22:14
> CDをリッピングして溜め込んだ楽曲も、iCloud上で聴けるわけです。

良さそうなサービスですが、電波の届かない場所では当然聴けないんですよね?

> 極端な話、違法にリッピングされた楽曲でも、iTunes Match を利用すればレーベルにお金が落ちるわけで、レーベルとしても悪い話ではなさそうです。

正規に買った人からは二重取りって事ですか?
2. Posted by Muto@VC   2011年06月08日 02:29
> 良さそうなサービスですが、電波の届かない場所では当然聴けないんですよね?

iTunes Matchによって、リッピングした曲もiTunes Storeで購入した楽曲と同じベネフィットが得られると説明していました。従って、予めネットに繋げる環境で、iCloudの楽曲をダウンロードしておき、オフラインで聴くことも可能です。
従来はMacが母艦だったわけですが、これからはiCloudが母艦。フリーのiCloudはその対象が、iTunes Storeで購入した楽曲のみになるわけですが、iTunes Matchはその制限を取り払うものと考えられます。

> 正規に買った人からは二重取りって事ですか?

楽曲の購入代金と、iTunes Matchの使用料ですから、重複には当たらないと思います。違法リッピングは窃盗ですから、それと比べて更に課金されていると考えるのは、適切ではないと思います。
やはり、業界の抵抗があったようですが、「海賊版コンテンツも収入の一部になるという意見に押される形となった。」そうです。

http://jp.wsj.com/Business-Companies/Technology/node_246572
3. Posted by あちゃ   2011年06月08日 13:57
Lion出るまで機器購入我慢する理由!?できました。ただ、特殊なsoftの最適化に時間がかかりそう・・・。しかし、コードや盤の排除が進んでいくのですね・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives