2011年08月23日

SATA 3.0 SSDは最新Macで使える?

今年発売された MacBook Pro Early 2011, iMac Mid 2011, Mac mini Mid 2011は、全て SATA 3.0に対応しています。(逆にそれ以前の機種は全て非対応)  せっかくの高速インターフェースなので、SSD換装の際は、SATA 3.0対応のものを搭載し、その性能をフルに発揮したい物です。
しかし、巷では相性問題などの情報があり、ショップによってはSATA 3.0 SSDを薦めていないところもあります。これでは、心配でおいそれとはアップグレードできませんね。しかし、これらの不具合は、原因がかなり明確化してきているので、ポイントを掴んでおけば恐れるに足りません。では、巷情報の検証を行いましょう。

1. MacBook Pro Early 2011 とSATA 3.0 SSDの組み合わせで認識しない、極端な速度低下などの不具合
原因: これは、ほぼ17インチ限定です。内部のSATAケーブルがノイズの影響を受けやすいために起きる不具合です。
対応方法: 13インチ、15インチや他機種なら、気にする必要はありません。17インチだと、SATA 2 SSDを利用するのが、無難ではあります。必ず起きるわけではないので、ダメ元でトライするか、SATA ケーブルをアルミ箔で巻くなどのシールド対策を行うのも手です。

2. プチフリの発生
原因: Crucial M4, Micron C400 SATA 3.0 SSDで発生しています。Firmware の不備により発生。
対応方法: Firmwareのアップデート(0001から0002)により解消します。Firmware アップデートは、WIndows環境からしか行えないSSDも多いですが、本SSDは、Macでアップデート可能なのが嬉しいところです。

crucial-m4

Crucial M4 2.5インチ SATA 3.0 6Gbps SSD

Vintage Computerでは、Crucial M4 の他、SOLIDATA SATA 3.0 SSDも販売中ですが、こちらについては新型Mac(MacBook Pro 17インチ以外)で高速に動作しているとのお客様の声もいただいております。



vintagecomp at 07:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives