2013年04月16日

往年の純正キーボードを最新Macで使う

KODAWARISANに、「Apple Extended Keyboard II をUSBで使う 」の記事が掲載されていました。

IMG_0412












シリアル-USB変換アダプタを、キーボード内に内蔵して、MacBook Airで使用しています。

そもそも、なぜこんな古いキーボードをわざわざ使うのか?単なるノスタルジー?それもありますが、れっきとした理由があるのです。
昔の純正キーボード、Apple Extended Keyboard II, Apple Keyboard I, Apple II GS Keyboardなどは、メカニカルスイッチが採用され、極上のキータッチを誇っていました。現在は、コストダウンのため、パンタグラフ式やメンブレン式が採用されています。今では、一部のマニア向けの高級キーボードにしかメカニカル式は使用されていません。
それでも、古すぎでは?と思われるかもしれませんが、純正のメカニカルスイッチはよほど良い物が採用されていたようで、劣化も少なく今でも良好なキータッチの物が多いのです。

この改造もなかなかのものですが、USBケーブルはコネクタ式ではなく、穴から引き出しておりちょっとスマートさに欠けます。また、往年の純正キーボードを改造してしまうのもちょっと気が引ける物。

と思われる方にピッタリなのが、こちら。

iMatenew











Griffin iMate ADB-USB アダプター(ブルー) 4,980円


一時は大人気の製品でしたが、ずいぶん前にメーカーからの販売は終了しています。Vintage Computerならまだ新品が入手可能です。


vintagecomp at 09:58│Comments(0)TrackBack(0)Apple Topics 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives