2013年04月20日

Mac mini 再生整備品にご注意?

Vintage Computer の超人気商品の一つが、こちらです。

miniSSDkit2011























Mac mini 2011/2012用 HDD/SSD増設キット 3,980円
Mac mini 2011/2012用 HDD/SSD増設キット,ツール付き 5,480円


Mid 2011モデル、Late 2012モデル共通して使えます。
標準のドライブは、下段(通常設置状態)に付いているので、このキットで空いている上段へのドライブ取り付けが可能になります。

昨日、弊社の協力店スピリカのBLOGで、衝撃の内容が公開されました。何とスピリカさんが作業したLate 2012モデルで、標準ドライブが上側に付けられていたというのです。
ということは、本キットは使用できないわけで、これは要注意情報です。

しかし、Vintage Computer でもLate 2012モデルで標準ドライブが下側に付けられていることを何例も確認しており、これが突然変更されるというのは不可解です。また、Late 2012発売後もかなりの数を販売しており、その様なご指摘は今のところありません。
スピリカさんで更に確認したところ、このマシンは再生整備品で、空いている下側用ドライブ固定ネジがナットで留めてあるなど、不思議な状態だったとのことです。
元々2ドライブ搭載されていたマシンを、整備の際に下側のみ抜いた可能性が高いと言うことで、該当のブログ記事は削除されています。

今回の件は、再生整備品の特殊仕様という可能性が高いわけですが、断定されたわけでもないのでLate 2012モデルの方で確認が可能な方は、情報をいただけると助かります。
また、予想通り特殊仕様だったとしても、再生整備品や中古を購入された方は同様の可能性があるわけですので、ご注文いただく前に標準ドライブの搭載位置を確認いただくことをお薦めします。
裏蓋を開けて、アンテナプレートのパンチ穴からHDDが見えれば下段に搭載されており、もしここが空いていたら上段に標準ドライブが搭載されていることになります。

尚、Fusion Driveの場合は、2台のドライブ(HDDとSSD)が搭載済みです。




vintagecomp at 08:34│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あんにん   2013年04月30日 01:58
初めまして。
最近、Macmini late2012(corei7)を購入しHDDを交換しようとして中身を開けたところ、最初から上段にHDDが搭載されていましたw
量販店から新品で購入しましたので、再生整備品などではありません。
さすがに上段側の交換は自分では無理なので泣く泣く閉じましたが悔しいですね。
で、もちろん下段のスペースが空いているのですが、下段用接続コネクタが手に入れば増設できたりするのでしょうか?

2. Posted by Muto@VC   2013年04月30日 09:27
むむ! やはり、標準ドライブが上段(通常設置状態での上段、分解中は下側)と言うことがあるんでしょうか。
下段用のケーブルと、取り付けネジがあれば、増設は可能です。ケーブルはこちらです。
http://www.vintagecomp.com/shop/shopexd.asp?id=3491

スピリカの情報では、以下リンクStep 8の赤丸のドライブ固定ネジが、ナットで固定してあったと言うことですが、これはいかがでしょうか。

http://bit.ly/UNugtp

やはり、その様な仕様があるのであれば、下段用キットを設定したいと思います。
3. Posted by あんにん   2013年04月30日 13:26
お返事ありがとうございます(^ ^)

ホント開けてビックリでした。
指摘のあったステップ8の所は、覚えていないので家に帰ったら確認してみます。
でもよく考えれば、
ドライブを2台搭載するには、最初から上段にあった方が手軽に増設できる仕様ではあると思います。

下段用ケーブルは、是非購入したいですね!


4. Posted by Muto@VC   2013年05月02日 08:06
確かに、増設するには下段の方が簡単ですね。
ステップ8のネジは、汎用品でも何とかなりそうですが、反対側のネジは専用品でないときちんとはまらないと思います。

ステップ8のネジの有無、情報いただけると幸いです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives