2015年02月13日

新品プリンターが初期不良?

Vintage Computerに新品のモノクロレーザープリンター、Brother MFC-L2700DWが導入されました。

mfc-l2700dw_front

















ご注文の納品書も、今後このプリンターで印刷することになりそうです。早速テストプリント、うん、綺麗、問題無し。たっぷり紙を入れて、プリント!
あれ? 2枚目で紙詰まり。もう一度トライ、今度は3枚目でプリント停止。今度は詰まってないけど、紙を吸い込んでいない。

何〜〜!もしかして、初期不良!?

いやいや、焦りは禁物。もう一度、よ〜〜〜くチェック。そういえば、この用紙、初めて買ったブランド。もしかして、紙のせい? さっそく、ショップに行ってちょっと高めの99.9%紙詰まり無しの謳い文句の、プリント用紙を購入。これなら・・・

やっぱり2,3枚目で必ずプリントが停止してしまいます。これは駄目ですな。返品ですな。
用紙をトレーから出して、返品の準備。すると、そこで目に止まったものが。
用紙トレー内側、手前の壁にラベルが貼ってあります。そして、手書きでFace upの向きが書いてあります。新品なのに、手書きのラベル? 副社長に聞くと、プリント済みの裏紙を利用したりするために、間違えないようにすぐに貼ったそうです。

「気が利いてるでしょ。」

とドヤ顔。むむ〜、もしかして! 早速ラベルを剥がしてみました。

なんと、問題解決。紙詰まりはありません。薄いラベルですが、フィードされる際にこの壁を伝っていくので、僅かなラベルの厚みに引っかかっていたんですね。

いやしかし、返品しなくて良かった。飛んだ失敗談ですが、初期不良!?と思っても、冷静に観察することが大切ですね。


vintagecomp at 13:18│Comments(0)TrackBack(0)一般 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives