2015年12月05日

Mac改造、Mac Pro Early 2008

各モデルの特徴、お薦め改造、メインテナンスのツボを紹介するMac 改造の連載 第4回目です。第3回から、久々となってしまいました。今回は、Mac Pro Early 2008 モデルです。

MacPro















概要
 かなり古いモデルですが、Xeon プロセッサは現在でも高い性能を発揮します。初代Mac Proが32bit EFIの悲しさで早々とOS X 10.7.5で打ち切りとなったのとは対照的に、
Early 2008 モデルは64bit EFIのお陰で、最新の(2015/12現在)OS X 10.11 El Capitanにも対応しています。
拡張の注意点としては、PCI Express スロットが、1(ビデオカード用)と2がPCIe 2.0、3と4が
PCIe 1.1となっているため、性能上有利になるよう選択する必要があります。

主要スペック
販売期間 2008/1~2009/3
機種ID:MacPro3,1
製品番号:MA970LL/A
CPU: 2.8GHz Xeon E5462, 2.8GHz E5462x2, 3.0GHz
E5472x2, 3.2GHz E5482x2
メモリ:標準 2GB DDR2 800MHz FBDIMM
ストレージ:320GB/7200 rpm 3.5インチ SATA HDD
光学ドライブ:8X DL SuperDrive
グラフィックス:Radeon HD 2600 XT
Wi-Fi: 802.11n (オプション)
Bluetooth 2.0+EDR(オプション)
発売時のOS バージョン:OS X 10.5.1
最終OS:最新の10.11 El Capitanに対応(2015/12現在)


お薦め改造(難易度は1〜5、5が最難関)

メモリ
  アップルの公式スペックでは、最大メモリは4GBメモリ8枚で32GBですが、実際には8GB 8枚で64GBまで拡張可能です。ただし、8GBメモリは一般的とは言いがたく、価格も8枚で20万円超で今となってはあまり現実的とは言えないと思います。公式スペック通り、
4GBメモリ8枚で32GBがお薦めです。

難易度 1
8GBキット(4GBx2) DDR2 FB-DIMM PC2-6400 800MHz ECC
16GBキット(8GBx2) DDR2 FB-DIMM PC2-6400 800MHz ECC

グラフィックス
64bit EFI, PCI Express 2.0とEarly 2009-Mid 2012と同スペックのため、
Early 2009-Mid 2012用のビデオカードも利用可能です。Early 2009-Mid 2012用でEarly 2008は対応機種に入っていないことも多いのですが、実際には使用可能です。

難易度 1
Sapphire Radeon HD 7950 3GB Mac Edition
ATI Radeon HD 5870 1GB Graphics Card for Mac Pro

SATA 3 SSD
3.5 インチ HDDのインターフェースはSATA 2(300MB/sec)対応。3.5インチ-2.5インチアダプタの使用で、2.5インチSSDを装着可能ですが、SATA 3の速度は発揮できずSATA 2相当の速度となってしまいます。
SATA 3の速度をフルに発揮させるために、PCI Expessカードを販売中です。

難易度 1〜2
APRICORN Velocity Solo x2 - Extreme Upgrade
APRICORN Velocity Duo - Dual SSD RAID Upgrade Kit for Mac Pro

これらのカードは、PCI Express 2.0 x2 対応。フルに速度を発揮させるためには、2番スロットに装着する必要があります。ただし、PCI Express 1.1 x2でも、理論値で500MB/secあるので他のカードとの兼ね合いによっては3番、4番スロットもありと考えらえれます。

PCIe SSD
最新のMacBook Pro Retina等で使用されている、超高速のPCIe SSDをアダプタを介して利用できます。1.5GB/sec級の超高速ストレージ環境を実現できます。これも、
フルに速度を発揮させるためには、2番スロットに装着する必要があります。3番、4番スロットに装着した場合は、速度が半減でします。

難易度 1〜2
Apple純正 Samsung 128GB〜1TB PCie SSD f(1.5GB/s 高速版)


USB 3.0カードの追加
本機で足りないインターフェースといえば、何と言ってもUSB 3.0です。ドライバ不要のタイプのカードがお薦めです。この種のカードは、大抵PCIe 2.0 x1です。従って3、4スロットに装着してしまうと、最大250MB/secとフルに性能を発揮できません。他の高速カードを利用する際は、どのスロットにするのか悩ましいところです。

難易度 1〜2
ORICO 4 Port USB 3.0 PCI Express カード

メインテナンスのツボ
電源
本機で最大の弱点は、電源といってよいでしょう。Vintage Computerでも人気商品で、故障は多いようです。


Mac Pro Early 2008用 電源



vintagecomp at 08:00│Comments(8)Mac改造 

この記事へのコメント

1. Posted by Blue MooN   2015年12月09日 18:32
武藤様
丁度、Mac Pro(2008)の延命を考えている最中でしたので、興味深く拝見させて頂きました。

例えば、
GPUをHD 5870 に換装した場合、対応OSが10.6.8以降なので、もし、HDDやSSDに不具合が生じて、OSの再インストールとなると、なんか厄介になりそうで・・・。

所有している Mac OS X 10.6.3リテール版をインストールして、10.6.8にアップデートすれば問題ないのかとかドライバのインストールとか電源への負担や放熱は大丈夫なのかとか色々気になっている最中です。
まだまだ使える機種なので。
2. Posted by Muto@VC   2015年12月10日 02:00
お考えの通り、10.6.3をインストール後、10.6.8にアップデート可能です。

http://vintagecomp.livedoor.biz/archives/51813275.html

10.6.8になったら、ドライバも自動的にインストールされています。
放熱、電源とも基本的には大丈夫ですが、電源は少し心配です。この機種は電源の故障が多く、劣化が進んでいるところに電源負荷が増えるとトラブルの原因となる可能性はあるかもしれません。
3. Posted by eco   2015年12月11日 12:22
いつも、興味深く拝見させていただいてます!
メモリの種類なのですが、
667MHzと800MHzでは、体感的に違いはあるのでしょうか?
4. Posted by Muto@VC   2015年12月11日 13:51
Mac Pro Early 2008で使用できるメモリは800MHzで667MHzは使えません。
初代Mac Proではどちらも使えますが、動作はどちらも667MHzとなり性能に差はありません。
今や667MHzのメモリも800MHzのメモリも、価格に差はありませんので、800MHzに一本化しております。
5. Posted by eco   2015年12月11日 19:41
メモリの件、ありがとうございます。
危うく、使えない方を買う所でした。
6. Posted by Muto@VC   2015年12月12日 03:07
お役に立てて良かったです。
時々見かける、放熱板が薄いタイプのメモリは、Mac Proでは早期に故障するケースもありお勧めできません。
純正と同じ、厚い放熱板のメモリを選ぶのが無難です。
7. Posted by yoyoyo   2017年10月17日 15:59
Sonnet からリリースされた、「Allegro USB-C PCIe」ですが、こちらはTower MacProでもThunderboltが使用できるようになるものでしょうか?
もしなるなら是非入手したいのですが、お取り扱いの御用邸はございますか?
8. Posted by Muto@VC   2017年10月18日 01:24
USB-CとThunderboltは別々の規格です。例えば、現行のMacBook ProはUSB-CとThunderbolt両対応ですが、MacBookはUSB-Cのみに対応です。端子形状は同じですが、MacBookにThunderboltデバイスを繋いでも使用できません。同様に、本カードはUSB-Cのみの対応です。

本カード自体は取り扱い予定は今のところないですが、類似品を取り扱い予定です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives