2016年01月28日

Mac Pro CPUヒートシンクの外し方

以前BBSでも話題に上った、Mac Pro 2009-2012 4/6 Core(シングルプロセッサーモデル)のCPU ヒートシンク取り外しについてです。

BBSで質問された方は、5番目のネジが外れずに困っているということでした。

35












4本のネジは、長い3mm 六角レンチですんなり外れます。ところが、5番目のネジを同じ六角レンチで外そうとしても、空回りするばかりで外れない。BBSでは、5番目のネジは緩めなくてもCPUが外れたということで、一旦落着しました。

しかし、これは実際は正しくありません。5番目のネジもちゃんと外されないと外れません。おそらく、以前脱着した人が締めていなかったのだと思います。
なぜ緩まなかったかというと、こういうネジが付いていたからです。(実物ではありません)

images








イジリ防止の突起が付いているので、普通のレンチが入らなかったのです。ネジの頭が見えていれば、一目瞭然ですが、ヒートシンクの奥深くに位置しているので、さっぱりわかならいわけです。対応するレンチで、すんなりと外すことができました。これさえ外れればヒートシンクはすんなり外れます。

デュアルプロセッサーの場合、ヒートシンクあたりのネジ数は4本です。こちらは、イジリ防止付きのネジは付いていなかったと思います。

------------------------------------------------------
その後、多数の
シングルプロセッサーモデルのCPUの脱着を行いましたが、イジリ防止ネジは付いていませんでした。Appleの解説書にもイジリ防止ネジに付いての記載はなく、通常の六角ネジが仕様でした。イジリ防止ネジ用のレンチでないと外れなかった個体があったことは確かで、もしもなぜか外れない場合は、参考にしてみてください。



vintagecomp at 13:58│Comments(0)テクニカル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives