2016年02月16日

米国から日本への送料

本日(米国時間 2/15)は、米国祝日で集荷もお休み。業務も通常はお休みとなるのですが、ありがたいことに、業務再開後多数のご注文をいただきました。そこで本日、出社して発送準備を行いました。既に、発送準備のできたお客様には、トラッキングナンバーもお送りしておりますが、出荷は明日となります。

2/1に緊急帰国したわけですが、幸いその時点でご注文いただいていた商品の大半は発送できました。入荷待ちの商品、お支払い待ちのご注文についてのみ、残ってしまいました。

お支払い待ちのご注文については、一両日中にお支払いがあると思われましたので、商品を日本に持ち帰って日本から発送することにしました。

急いで、故郷の九州に駆けつけ、時間が空いたところで発送いたしました。ご迷惑をおかけするのが最小限になったのは良かったのですが、ちょっと驚いたことがありました。

なんと、日本からの発送の方が高かったのです。

小さなパーツですので、日通メールプラス便の送料は、880円〜980円でした。日通メールプラス便は、国内の配送はゆうパックです。日本ではコンビニから発送したのですが、そこでの取り扱いはやはりゆうパック。多少なりとも安くなるかと思いましたが、なんと980円〜1280円。米国からの発送だと、日本中一律料金ですが、地域によって変わるんですね。
もちろん、米国からは通販業者として有利なレートをもらっていますし、日本からは個人として発送しました。単純には比較できませんが、荷物の移動距離を考えると、この逆転は驚きますね。しかも、日本国内だけを考えても、米国からの方が移動距離は大きかったのですから。

というわけで、米国からの通販だと送料が高いからと躊躇している方もいらっしゃると思います。実際、米国から日本の送料は高いところが多いと思います。Vintage Computerは、国内並みの送料でお届けします。


vintagecomp at 13:09│Comments(4)TrackBack(0)一般 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by レターパック   2016年02月17日 10:06
安さを求めるなら今はレターパックですね。
欠点は物損の補償がないので、事業で使うにはちょっと厳しいものがありますが。
http://www.post.japanpost.jp/lpo/letterpack/index.html
http://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/index.html
2. Posted by Muto@VC   2016年02月17日 11:50
なるほど、これはいいですね。
同等のサービスで、同等の価格で米国から利用できれば良いのですが。米国日通さんに期待です。
3. Posted by てる   2016年03月03日 10:49
知合いの会社(都内)は、
60〜100サイズ程度ですと
本州内は、¥500-一律で
契約しているみたいです。
もちろん、最近は値上げを
盛んに持ちかけられると
話していましたけど。
4. Posted by Muto@VC   2016年03月04日 02:57
やはり業者さんとの契約は安いですね。
アメリカから、日本全国880円よりというのもかなり安いと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives