2016年03月26日

iOS 9.3の不具合と新機能

先日のスペシャルイベントで発表されたiOS 9.3、私も早速アップデートしました。特に問題なくアップデートされましたが、旧モデルで、文鎮化する問題が発生しています。該当機種は以下とのことです。

iPhone 4s /5 /5c /5s
iPad 2 /3 /4
iPad Air
iPad mini /mini 2
iPod touch (第5世代)

該当機種ではなくて良かった。ごく一部の機種での問題ならば、やむをえないとも言えますが、旧機種とは言え結構なモデル数。ちょっとアップルのテストは杜撰なんじゃないですかね。
文鎮化してまった場合の対処法は、こちらです。

アップルでは、一旦アップデートを取り下げ、公開しなおしましたのでこれからのアップデートは大丈夫のはずです。

また、OS X 10.11.14も一部の環境でiMessage および FaceTime にログインできなくなる不具合が発生しています。Macの場合、下手を打つと仕事への影響が大きいので、いつもアップデートは少し様子見にしています。おかげで、今回も被害に遭わず済みましたが、もう少し様子見ですね。

せっかくですので、私が注目するiOS 9.3の新機能もご紹介しておきましょう。私自身、Mac, iPhone, iPadの使用時間が多く、目の疲れは気になるところ。特に最近の液晶は、目に有害なブルーライトを多く時発生し、さらには睡眠障害にもつながるとのこと。私の場合、寝る直前まで画面を見ていても、睡眠に差し支えることは全くありませんが、目の疲れは気になります。そこで、色温度を下げてブルーライトの発生を抑えるのが「Night Shift」です。
デフォでは、オフになっているので是非利用してみましょう。「設定」の「画面表示と明るさ」に、「Night Shift」が追加されています。ここをタップすると、以下の画面に。


NS1























時間指定をするか、手動で一時的にオンにするかを選べます。上はスクリーンショットですが、Night Shift オンでスクリーンショットを撮っても色に変化がないので、下は実写です。

NS2





















デフォの真ん中ですが、かなり黄色いですね。なんだか、最初は違和感ありまくりですが、しばらく使用していると目に優しい感じがしてきました。当面、これで使ってみたいと思います。



vintagecomp at 09:25│Comments(0)TrackBack(0)iPhone 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives