2016年11月29日

まだまだ動いてるCS4

私のメインマシンも無事にNew MacBook Pro 15インチに移行しました。ハードが新しいのはもちろんなのですが、OSも新しくなりました。
新OSがリリースされると、その日の内にアップデートする新し物好きの方も多いと思いますが、仕事で使っているメインマシンとなると、どうしても慎重になります。そこで、今まではEl Capitanを使っておりました。New MacBook Pro 15インチを使うということは、否応無くSierraを使うということです。

一番の懸案は、仕事で多用しているソフトの互換性。私の場合は、Dreamweaver CS4、Fireworks CS4、Filemaker Pro 10です。特にAdobeのCS系は、Java 6が必須でOSのメジャーアップデートの度にインストールが必要でした。ところが、SierraはJava 6のサポートを打ち切るということで、もうCS系は使えなくなると噂されていました
ところが!、サポートされていないだけで、実際にはインストール可能でした。それどころか、Java 6インストール時に作成される二つのディレクトリーを作ってあげれば、Flash以外はインストールすら不要という情報が!

早速、手順に沿ってディレクトリーを作成。問題は、これでCS6は行けそうですが、果たしてCS4が動作するかということ。試してみると、あっけなく起動。まだ、しっかりと使い込んでいませんが、基本動作は問題ないようです。もっともEl Capitanでもいくつか問題はありました。しかし、私の使用方法では致命的ではなく実用可能でしたのでこれまで延命してきました。Sierraでもなんとか行けそうな感じです。
そして、Filemaker Pro 10も特に問題なし。

MacBook ProとSierraの移行、まずは快調です。


vintagecomp at 12:58│Comments(0)TrackBack(0)Mac 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives