2017年01月07日

Mac Pro Early 2008 Quad Core のCPU

Mac Pro Early 2008 と言えば、2.8GHz 8 Coreが標準です。BTOで2.8GHz Quad Core, 3.0GHz 8 Core, 3.2GHz 8 Core が選べました。8 CoreはいずれもQuad Core CPUが2個搭載されており、Quad Coreモデルでは1個のみです。

ロジックボードについては、Quad Coreも8 Coreも同じです。CPUソケットはロジックボードについてますので、Quad Coreモデルもソケットは二つでその内一つだけにCPUが装着されていることになります。
おそらく予想では、上側のソケットにCPUが装着されており、下側は空いていてヒートシンクもないのだろうと思いました。しかし、あくまで予想なので調べてみました。

こちらが、一般的な8 Coreの画像。でっかいヒートシンクが2個ついています。

2008CPU










Quad Coreは、ネット検索すればすぐに画像も出てきて判明するだろうと思ったのですが、見つかりません。これはどうしたものかと思ったら、灯台下暗し。何と、Vintage ComputerでQuad Core モデルを保有していました。

早速確認してみると・・・

2008CPU2













同じく、二つヒートシンクが付いているように見えますが・・・ 上側は枠のみでダミーです。予想に反して、下側に装着されており上が空きでした。

ということは、CPUを装着して上側にヒートシンクを装着すれば8 Coreにアップグレードできそうです。近く実験予定ですので、お楽しみに。


vintagecomp at 07:01│Comments(0)TrackBack(0)テクニカル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives