2017年01月14日

Mac Pro Early 2008 3.2GHz 8 Core CPU アップグレード新発売!

昨年のヒット商品と言えば、Mac Pro 2009-2012のCPU アップグレードでした。2 CPUなら3.33GHzまたは3.46GHz 12 Coreまでアップグレード可能ですから、かなりの性能アップになります。

Early 2008はアップグレードできないのかというご要望がありました。ご要望にお応えして、新発売です。


X5482kit












3.2GHz 8 Core X5482 CPUアップグレードキット for Mac Pro Early 2008

発売記念特価 22,800円


Early 2008 最高峰の3.2GHz 8 Coreと同じCPU スペックにアップグレードします。標準のスペックは2.8GHz 8 Core、これだと15%ほどのクロックアップになります。それなりの性能アップではありますが、ちょっと物足りないのも事実。そのため、製品化を躊躇していました。シリーズのエントリー仕様はQuad Coreの2.8GHz。これが3.2GHz 8 Coreならば、大幅スペックアップです。この度、実機でのアップグレードを行い、Quad Core モデルにも適用可能なことを確認しましたので、発売に踏み切りました。

また、以前はCPU価格も高く、15%ほどのクロックアップでは価格に見合いませんでしたが随分と価格もこなれてきました。遅ればせになったおかげで、標準の2.8GHz 8 Coreからでもお薦めできるアップグレードになったと思います。

取り付けに関してですが、Mac Pro 2009-2012のCPUと比べるとかなり大変です。大変というのは手順が多いという意味で、難易度という点ではあまり変わりません。Mac Pro 2009-2012では、ある程度経験があれば手順を知らなくても勘で進めていけますが、Early 2008の場合は手順を知らないと手練れの方でも手こずるポイントがいくつかあります。その点は、マニュアルでしっかり解説していますので、中級以上の方なら十分対応可能です。

次回のYoutube チャンネルでは、Quad Core モデルからのアップグレードを取り上げる予定です。


vintagecomp at 13:52│Comments(0)TrackBack(0)Products 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives