2017年02月10日

Mac Pro Early 2009-Mid 2012でApple Watchによる自動ロック解除

先週のYoutube チャンネルで取り上げた内容ですが、ブログ記事にもしておきます。

macOS Sierraから導入された、Apple Watchによりロック解除。スリープやスクリーンセーバーからの復帰時にパスワードロックしている方には、大変便利な機能です。Apple Watchを利用しているならぜひ使いたい機能。

対応するMacは、Mid 2013モデル以降です。システム情報では、ロック解除の対応有無はWi-Fiの欄に表示されています。仕様的には802.11ac 搭載機種ということになります。そこで、疑問に沸くのは、非対応機種を802.11aにアップグレードしたらどうなるかという点です。早速、Mac Pro Early 2009 でやってみました。 Mac Pro Early 2009はSierra 非対応ですが、Mid 2010相当にFirmwareをアップデートしているためSierraを利用できます。

Mac Pro Early 2009, Mid 2010, Mid 2012 は、内蔵用の11acアップグレードやPCI Expressカードの11acアップグレードがあります。早速装着してみると。

Unlock1




自動ロック解除: 対応

と表示されました。これはいけそうです。早速、システム環境設定/セキュリティとプラバシー で自動ロック解除を有効にします。ところが・・・

06








「MacとApple Watchが通信できませんでした。」とアラートが出て、有効になりません。iCloudからログオフ、ログオンしてみたり、Bluetoothをオンオフしてみたり、色々やっても変わりません。

そこでふと気が付いたのが、Handoffも対応と表示されているのに機能していない点です。これはデジャブ感が。OS X El Capitanになってこのアップグレードカードで、Handoff 対応と表示されるのに動作しなくなりました。色々試行錯誤した結果、Continuity Activation Toolを適用すると使えることがわかりました。
では、やってみましょう。手順はこちらの通り。再起動後、Handoffが使えます。そして、システム環境設定。

18








有効になりました。もちろん、表示だけでなく実際に自動解除できます。
と言うわけで、改めてこの11ac アップグレード、注目です。

11acMacPro2009-3













Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード 14,800円
Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード 9,800円

どちらのカードも、Handoff、自動解除共に使えるようになります。タワー型Mac Proをご利用の方、見逃せませんよ。


vintagecomp at 06:08│Comments(2)TrackBack(0)Mac | テクニカル

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Masa   2017年03月09日 11:28
記事を読み、BT4.0はアップグレード済なのでApple Watch凄く欲しくなり、ここ3週間で表参道、銀座、渋谷とストア廻ってますが、在庫なしです。(アルミニウム+ウーブンナイロンの数タイプ)Webからでも在庫無し、appleに昨日電話して聞いても、「わかりません、予約できません」、数ヶ月待つかどうか?の質問にも「全くわかりません」の一点張りの回答に困り果てました。アメリカでも事情同じでしょうか。そんなに需要が殺到してるのでしょうかねえ。。
2. Posted by Muto@VC   2017年03月10日 01:34
アメリカでも同じですね。
憶測ですが、単に需要殺到じゃないんじゃないでしょうかね。発売直後の品薄時でも、WEBにはお届け時期は明示されていましたが、今回は表示されていません。
例えば、問題が発生しており対応中とか、あるいは近々新型がリリース予定とか、何らかの事情があるのではないかと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives