2017年02月23日

最強かコストパフォーマンスか

Mac Pro 2009, 2010-2012用のCPUアップグレードが大人気です。シングルCPUの6 Core、デュアルCPUの12 Coreともに3.33GHzと3.46GHzのラインナップです。

3.46GHzは、このMac Proで使用できるCPUの中でも最高スペックで、これ以上のアップグレードはできません。3.46GHz 12 Coreは、CPU的には筒型のLate 2013モデルを含めても最強のMac Proとなります。

X5680kit-1













3.46GHz 12 Core X5690 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2010-2012 69,800円
3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2010-2012 49,800円
3.46GHz 12 Core X5690 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2009 88,000円
3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2009 68,000円

3.33GHzと3.46GHzの性能差は、その数値の比の通りとお考えいただいて間違いありません。シングルCPUの場合、その差は7千円ですので、お好みに応じてお選びいただければ良いと思います。
デュアルCPU 12 Coreの場合は、その差は2万円とかなり大きくなります。正直3.46GHzのコストパフォーマンスは良くないので、当初は3.33GHzのみ取り扱っておりました。しかし、最強の3.46GHzを是非というご要望が多く、ラインナップしたという経緯があります。

というわけで、コストパフォーマンスで判断すれば3.33GHzがお薦めです。最強の称号が欲しければ、3.46GHzとなります。



vintagecomp at 06:35│Comments(0)TrackBack(0)Mac | Products

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives