2017年05月11日

Microsoft から電話

Vintage Computer では、業務はもちろんほぼMacで作業をしておりますが、1台だけWindows PCがあります。日通さんのシステムで、Windows PCが必要なので、これは仕方ないです。
今朝、やたらとWindows PCの動作が遅く、こんな時には再起動!とやったところ、ブルーのバックで「Getting Windows ready Don't turn off your computer」の表示が。

Windows











これは、何かアップデートしているんでしょうね。と待っていましたが、ちっとも終わりません。発送作業をしなければいけないのに、こんなことを勝手にやるなんて、Windowsってなんてお行儀が悪いんでしょう。電源強制オフしたくなりましたが、「Don't turn off your computer(コンピューターの電源を落とさないでください)」ですからどうしたものかと思っていたら、副社長の携帯がなりました。

「Microsoftのエンジニアです。お宅のWindowsがウォーニングを出していますので、お電話しました。」ちょうどWindowsのトラブルの真っ最中だったので、一瞬話を聞きそうになりましたが、こんな電話かかってくるはずがありません。これは、詐欺、詐欺、詐欺!ブチっと切りました。

そうこうしているうちに、Windowsも無事立ち上がり、動作も正常になりました。いや〜しかし、何とも絶妙なタイミングですが、単なる偶然なんでしょうね。
午後には、別の人の声で同じ内容の電話が。ググってみると、これ典型的な詐欺電話のようです。電話番号、漏れちゃったんだろうな。

しかし、こんな典型的な詐欺電話普通は信じませんが、今回のように絶妙なタイミングだとうっかり話に乗ってしまうこともあるんでしょうね。お気を付けください。


vintagecomp at 09:06│Comments(2)TrackBack(0)USA 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by そういえば、のわたし   2017年05月11日 22:46
昨夜でしたか、久々に Parallels Desktop から Windows 10 を使っていたところ、USB にとある機器を繋いだ途端、Mac が落ちてしまうという症状が出て、まったく仕事にならなかったのです。今朝になっても同じで、急ぐことでもないしとしばらく放置することにしました。
この書き込みを見て、そういえば、Windows 10 になってから、いつシステムのUpdateが行われているのか、なんかはっきりしないよなあ……と思っていたの思い出し、「さては」と Update の確認をしてみたら「作業途中で失敗しましたが、あとで実行します」云々のメッセージが残っていました。あまり頻繁に Windows 10 を使わないので、こちらの使用と Update がバッティングしていた?らしいのです。
とりあえず、Update を先に済ませて、わたしのしたかった作業を行うと、なんの問題もなく終了しました。うーん、Windows のお行儀の悪さは相変わらずだなあと再認識。
電話はかかってきませんでしたよ。
2. Posted by Muto@VC   2017年05月12日 03:43
8時から5時にはアップデートに伴う再起動はしない設定にしているのですが、手動で再起動したためアップデートに入ってしまったようです。
そう言えば以前、プレゼン開始のためにPC起動、Windows Updateが始まりプレゼンできず、という気の毒な方がいました。設定や操作である程度回避できるのでしょうが、意図せずにこうなってしまう仕組みはいただけませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives