2017年09月21日

大容量PCIe SSDは高杉!? それなら

激速で大人気のPCIe SSD。ただ、価格が高めなのも事実です。小容量ならお手頃価格ですが、当然容量が足りない。大容量は高くて・・・
それもごもっとも。それなら iMac Late 2013以降、Mac mini Late 2014ユーザーの方は、Fusion Driveも考えてみてはいかがでしょうか。

Fusion Driveは、Apple純正で採用されている仕組みで、高速な小容量SSDと大容量なHDDを組み合わせて、(そこそこ)高速で大容量なストレージを実現します。Mac mini Late 2014なら、取り付けも割と簡単ですので、特にお薦めです。

SSDの容量は128GBがお薦めです。

PCie2015-512












Apple純正 Samsung 128GB PCIe SSD 1.5GB/s 高速版 25,800円

Mac mini Late 2014 でPCIe SSDが付いていないモデルなら、増設キットも必要です。

MM2014SSDkit3










Mac mini Late 2014用 PCIe SSD増設キット Ver.2 5,800円

システムの入っていない状態のHDDとSSDを取り付けて、リカバリーモードでディスクユーテリティを使うと、Fusion Driveを構築できます。最近ご購入いただいたお客様からも、以下のコメントをいただきました。

FusionDrive化するのに少し時間がかかりましたが、無事セットアップを完了しました。システム起動、アプリ起動が速くなり大変満足しております。

HDDと比べると、かなりの速度アップが体感できると思います。

やっぱり超高速、大容量が良いという方は、PCIe SSD をそのまま使うのがお薦めです。1TBをただいま特別価格でご提供中です。

PCIeSSD2015-1TB













Apple純正 Samsung 1TB PCie SSD 1.5GB/s 高速版 129,800円 109,800円



vintagecomp at 07:53│Comments(2)Mac | Products

この記事へのコメント

1. Posted by ななし   2017年09月28日 23:24
サードパーティー製も利用可能ですよー

https://forums.macrumors.com/threads/upgrading-2013-2014-macbook-pro-ssd-to-m-2-nvme.2034976/page-6
2. Posted by Muto@VC   2017年09月29日 02:31
ななし様
そうですね。ただし、NVMeを使えるのは10.13以降のみです。
こちらでもテストしていますが、Readは良い値が出ますが、Writeはかなり低い値になっています。上のリンクでは良い結果が出ているようですが。
サードパーティー製も面白いですが、純正はやはりいろんな面で鉄板です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives