2017年10月26日

Vintage Computer チャンネル第164回〜タワー型Mac ProでUSB-C〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第164回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

タワー型
Mac Pro Early 2009-Mid 2010のUSBは、今時時代遅れなUSB 2.0。これを一気に最新のUSB-C/USB 3.1にアップグレードしちゃいます。
カードタイプによる特徴も解説します。



こちらより、お求めいただけます。

vintagecomp at 08:09│Comments(4)YouTube チャンネル 

この記事へのコメント

1. Posted by soo   2017年10月26日 15:07
いつも楽しく拝見しております。このカードの購入を検討しておりますが、メーカーサイトではPCIe x4 との記述があり、4レーンを確保するのかと思いきや、ビデオでは2レーンでした。そうなると、カード全体で10Gbpsで、2ポート同時使用では各ポートは半分ぐらいのスピードで動作するのでしょうか?
もしそうであれば、魅力が半減してしまうなぁと思いましたが如何でしょうか?


現在MocPro2009に4ポートUSB3.0カードを2枚装着しておりますが、はじめに導入したカードはPCIe x1レーンで、4ポート同時使用では当然スピードが落ちました。
その後導入したAllegro Pro USB3.0 PCIeはPCIe x4 で動作しており、各ポートに5Gbpsが割り当てられています。

4レーン使えるのですから、4レーン使って欲しいです。
そうでないとせっかくの拡張性が活かし切れないとおもいます。
2. Posted by Muto@VC   2017年10月27日 01:01
soo様
鋭いですね。確かにメーカーサイトでは、x4となっていますが、Mac Pro上ではx2となっています。
調べてみましたら、Windows上でも Auto Negotiationではx2となり、x4にするにはBIOSの設定が必要だったとの情報がありました。Mac上では、設定の方法が用意されていないので、x2となってしまうと思われます。
仕様上は、各ポート最大10Gbps、2ポート合計で10Gbpsとなるはずです。片側が転送していない際は、もう片側は理論最大値10Gbpsとなります。
なお、Sonnet Allegro USB-Cも、PCIe x2で2ポート合計で10Gbpsとなっています。また仕様の記載に、macOS上では10Gbpsの接続時も5Gbpsと表示されると説明されています。
3. Posted by soo   2017年10月27日 13:26
調べていただきありがとうございます。
Windows上でx4で動いたということは、カード自体の潜在能力はメーカーの記載通りということだと思いますので、いつの日か、Mac上でもx4で動く可能性が無きにしも非ず?

他社のものは確かにx2とメーカーが記載しているので、それ以上は望めませんが、このカードの潜在能力は「買い」ではないかと思いました。改めて前向きに検討したいと思います。
4. Posted by Muto@VC   2017年10月28日 02:02
soo様
よろしくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives