2017年11月18日

確定的でしたが一応確認

iPhone 8, X で残念だったのが、米国版を始めとする海外版に技適がなかったことです。日本版が専用モデルになっていたことから、発表時におそらく技適なしと思われましたが、最終結論は実機確認まで持越しでした。
iPhone 8が発売され、やはり米国版はGSM版にもCDMA版にも技適がないことが確認されました。

iPhone Xについては、通信関係の仕様はiPhone 8と全く同じであるため、これは実機確認するまでもなく技適なしは確定的でした。実際、発売直後にAT&T GSM仕様の展示機で確認を行いましたが、やはり技適なし。Verizon, SprintのA1865だけ実機未確認となるわけですが、まあこれは確認するまでもなく技適なしでしょう。
いやいや、やはり確認できるものなら確認したいところ。今回、確認できる機会がありました。

giteki








































やはり、技適はついておりませんでした。わかっていたことがですが、残念!
でも、確認できてスッキリしました。


vintagecomp at 14:14│Comments(4)iPhone 

この記事へのコメント

1. Posted by VC優良?顧客   2017年11月18日 21:09
5 御社から最強認定のiPhone X A1865 Verizon版、11/10に無事に受け取りました。

シャッター音が鳴らないというのはやはり得がたいモノがあり、以前からiPhone5s(Sprint版)、iPhone6s(Verizon版)と御社で購入しております。

さて、私の場合、家族がauという状況もあって、私が勝手にau以外のキャリアにするというのも難しい事情があり、auで使えるか否かは結構神経を使う部分であります。

ご存じの通り、今回からauは従来の3G/LTEのSIMのままだと、3G用回線側で接続先相手がiPhone8 or iPhone Xと判断できると通信を切断するしくみを取り入れているらしく、auでiPhone Xを使うにはVoLTE-SIMに変えないといけないということで、auショップ行くことになります。

SIMの切り替えは本体がないと実施してくれませんので、本体を持ってショップに伺います。

恥ずかしがり屋としましては、「設定」=>「一般」=>「法律に基づく情報」=>「認証」で表示される画像をショップの店員さんに見て欲しくないので、一応動作確認した上で、初期化、アクティベート前のまだ箱だしの状態いう体としました。またIMEI、MEIDは必要かと推測し箱も持参します。

ショップにはiPhone XのSIMフリー版を入手したので、SIMの切り替えを行って欲しい旨伝え、手続き開始。店員さんが箱にプリントされたIMEIのバーコードをauの登録端末に読み取り処理しますが、登録端末でエラーとなるようで確認のため店員さんは10分くらい離席。私は放置となります。。。

結局IMEIの登録は不要と判り処理再開です。最後にiPhone Xに新しいSIMを取り付けてくれることになり、SIMスロットを開けると入れっぱなしだったVerizonのSIMがポロリ。特に懸念がられることもなく私に渡してくれました(^_^;)
アクティベート、発信試験、キャリアメールの確認も終わり無事手続きを完了しております。

今では快適にiPhone Xライフを満喫中です。
2. Posted by Muto@VC   2017年11月18日 23:57
VC優良?顧客様
大変参考になります。ありがとうございます。
3. Posted by VC優良?顧客   2017年11月20日 17:23
5 長文申し訳ございません。。。
因みにクレジットカード機能付きではありませんが、Suicaの登録と改札機も問題なく対応できました。
4. Posted by Muto@VC   2017年11月21日 03:04
こちらも確定的でしたが、実機報告いただけると安心です。ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives