2018年04月18日

RADEON RX 580 8GB + Mac Pro用電源ケーブル を発売!

mac OS 10.13.4よりRX 580などのグラフィックカードがeGPUに正式対応しました。既に10.13以降対応していましたが、デベロッパー向けの隠し機能の扱いで、10.13.4より正式対応となりました。これで、eGPU Boxを使った外部GPUを安心して使うことができます。
 
Thunderbolt 3で使用可能なわけですが、その実態は外付けPCI Expressです。ならば、内部PCI Expressスロットを 有するタワー型Mac Proはどうでしょう。eGPUにしても、対応グラフィックカードのOS標準ドライバーソフトが用意されているわけです。これは内部PCI Expressスロットにも有効で、実際のところ問題なく動作します。

あと、問題は電源です。どうせなら最も性能が高いRadeon RX Vega 56を使いたいところですが、これは外部電源コネクタが8-pin x2(150W x2)です。Mac Proの外部電源コネクタは6-pin x2(75W x2)です。容量が全く足りませんので、Mac 本体の外部から電源を供給しない限りちゃんと動作しません。
その制約で、最も性能が高いカードと言えば、RADEON RX 580 8GBになるでしょう。外部電源ケーブルは、8-pin x1(150W x1)ですので、6-pin x2(75W x2)よりコネクタ変換すれば、供給電力は問題ありません。一つ気をつけなければいけないのは、単純な「6-pin - 8-pin 変換ケーブル」も販売されていますが、これでは75Wの供給のままですので容量不足になってしまいます。一応動作しますが、高負荷動作で不安定になったり、最悪本体にダメージを与える事にもなりかねません。6-pin x2(75W x2)を8-pin x1に変換する必要があります。

RX5808GB-4

というわけで、必要な変換ケーブルをセットしたRADEON RX 580 8GBを発売しました。

RX5808GB-1













msi RADEON RX 580 8GB OC + Mac Pro用電源ケーブル 59,800円

もう一つ、注意点があります。 eGPUではノートブックのディスプレイと併用して使用することを前提としており、起動画面、リカバリーモード、ターゲットモード、option起動などの表示ができません。Mac Pro タワーでも同様になります。本カード単独でも一応使用可能ですが、外部電源の必要がない純正カード(nVIDIA GT 120等)との併用をお勧めします。nVIDIA GT 120もオプションで割安に選べます。

eGPUはThundebolt 3 PCIe 3.0 x4ですが、Mac ProタワーはPCIe 2.0 x16。最大速度は Mac Proタワーの方が倍高速で、RADEON RX 580の性能を十分に発揮できるでしょう。Mac Proタワーのさらなる高性能化が可能になってきました。

vintagecomp at 07:14│Comments(12)テクニカル | Products

この記事へのコメント

1. Posted by えぐぷ   2018年04月20日 04:26
Pantherからこんな機能があったなんて驚きです。
さすがApple。先見の明がある。
2. Posted by kom   2018年04月20日 12:05
いやいや、10.3.x(Panther)からではなく10.13.xと書き間違えただけでしょう。えぐぷさんも本気でそう思ったわけではないとは思いますが。
3. Posted by Muto@VC   2018年04月21日 00:52
ご指摘ありがとうございます。
修正いたしました。
4. Posted by MickeyUsaPyon   2018年10月30日 01:58
恐れ入ります。
消費電力についてお聞きしたいのですが、タワー型Mac ProのMojaveに対応したビデオカードの中に「SAPPHIRE Radeon PULSE RX 580 8GB GDDR5」の名前が載せられていますが、消費電力は225Wだそうです。
 ※ https://support.apple.com/ja-jp/HT208898
 ※ http://www.sapphiretech.com/productdetial.asp?pid=77B48A1E-9FCB-4F19-BC2D-17C3087E4852&lang=eng

>Mac Proの外部電源コネクタは6-pin x2(75W x2)です。
とのことですが、150Wを超える消費電力のビデオカードをAppleが推奨するのは電源のカラクリがあるのでしょうか?
知識が乏しく言っている事が的外れかもしれません。
もしよろしければご教授お願いします。
5. Posted by Muto@VC   2018年10月30日 02:13
PCIe スロットから75Wの電力を供給できます。したがって、75Wx3で225Wまでは大丈夫ということになります。
さらに高性能なカードもありますが、電力供給能力オーバーになり、RX 580 8GBが安心して使えるカードの中で最も高性能と考えています。
6. Posted by MickeyUsaPyon   2018年10月30日 18:40
なるほど、そういう事だったのですね。
分かりやすい解説、ありがとうございました。
7. Posted by koD   2018年11月05日 17:38
mac pro mid2012 の環境下でも使用可能なんですよね?
「SAPPHIRE Radeon NITRO+ RX 580 8GB GDDR5」と紹介されているケーブルとほぼ同仕様のケーブルを用いて換装してみたのですが、最初の数日間は動いたのですが、その後 Gaming Mode で再起動を繰り返すようになりました。
最初に起こった再起動時に偶然にも、接続していたシネマディスプレイもそこから映像を出すことができなくなり、原因の所在がわからず困っています。
何か問題点がお分かりのようでしたらご教受願えないでしょうか?
よろしくお願いします。
8. Posted by Muto@VC   2018年11月06日 01:43
もちろん、Mac Pro Mid 2012で使用可能です。
グラフィックカードの交換にかかわらず、高負荷時に再起動してしまう不具合は時折耳にします。その場合の原因で最も多いのが、電源の劣化です。
電源ユニットはVintage Computerでも人気商品ですが、交換で再起動問題が解消したというご連絡をいただくことは多いです。
9. Posted by koD   2018年11月06日 10:16
ご返答ありがとうございます。
電源ユニットの劣化かもしれないんですね。参考になりました。
10. Posted by vios   2018年11月08日 22:15
macpro2010モデルでこのRADEON RX 580 8GBを使用する場合、bootcampでWindowsを起動することは可能でしょうか。(optionキー起動不可の記載がありましたが、optionキー起動ではなくos内のbootcampで起動DISKをあらかじめ設定した場合はどうだろう と思いまして)
11. Posted by Muto@VC   2018年11月09日 03:16
Windowsの起動は問題ないと思います。しかし、通常の操作方法ではWindowsからmacOSに戻れないはずです。それでも何とかする方法はあります。

1. PRAMクリアを行うとmacOSから立ち上がるので、それで対処する。
2. optionキー起動は表示されていないだけで、実際は機能しているはずです。そこで、キーボードの矢印キーとReturnキーを使って、見えない状態で必要な操作をすれば良いはずです。
12. Posted by vios   2018年11月11日 01:28
ご返答ありがとうございます!
そうすると起動の際に画面表示しないなどは我慢できそうですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives