2018年10月25日

Adobe製品の必要メモリ

Adobeが、最新CC(Creative Cloud)2019の必要システム構成を公開しています。特に注目がメモリです。

最小 推奨
Photoshop CC   2GB 8GB
Illustrator CC 4GB         16GB
InDesign CC 4GB         16GB
Premire Pro CC     16GB  32GB
Prelude CC        16GB  32GB

遂に、推奨で32GBです! もちろん最小を満たしていれば動作するわけですが、レインボーマークが出たり、快適な作業はできなくなります。
しかも、これは アプリを単独で使用した場合です。こういったソフトは連携させて使用する場合が多いですから、推奨メモリを搭載していても不十分ということもあります。
などと考えると、やはりプロ用のクリエイティブなアプリを使うのでしたら、できるだけ多くのメモリを積むのがお勧めです。といっても、32GBやそれ以上のメモリを搭載できるMacは限られています。

そういう意味で、Mac Proはやはり頼りになりますね。Early 2009-Mid 2012のシングル CPUモデルで最大56GB、デュアル CPUモデルで最大128GB、Mac Pro Late 2013で最大128GBいけます。

メモリ不足に陥ってしまうと、少々のCPUスペック差など 関係ないほど大きくスローダウンしてしまいます。快適な作業環境には、十分なメモリから。

vintagecomp at 05:17│Comments(0)Mac | テクニカル

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives