2019年01月04日

新年最初の究極のアップグレードパーツ

究極のアップグレードパーツとして毎回好評のパーツが、新年早々入荷しました。

661-5708-1








Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.33GHz 8 Core 6GB 69,800円
Mac Pro Mid 2010, Mid 2012用 プロセッサーボード 3.46GHz 6 Core 4GB 48,000円
Mac Pro Early 2009用 プロセッサーボード 2.66GHz 8 Core 8GB 49,800円

何が究極かというと、Dual CPUのプロセッサーボードなら、CPUは3.46GHz  12 Coreまで、メモリは128GBまで搭載可能になるので、これは究極ですね。また、プロセッサーボードをサクッと入れ替えるだけでアップグレード完了するのが嬉しいですね。改造に自信のない方でも、簡単に交換可能です。

1番目は、 3.33GHz 8 Coreに既にアップグレードされているので、CPUはこのままでもかなり速いです。これまでは 2.4GHz 8 Coreが多かったので、改造ベースに最適だったのですが、これなら交換だけでCPUも速くなって簡単アップグレードできます。

2番目はシングル最速の3.46GHz 6 Coreに交換済み。

3番目は、なかなか出ないEarly 2009用のDual CPU プロセッサーボードです。Early 2009用のCPU交換はちょっと大変ですが、3.33GHz 12  Core3.46GHz 12  Core CPUアップグレードカードを同時購入の場合、工賃なしで取り付け可能です。




vintagecomp at 08:55│Comments(0)Mac | Mac改造

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives