2019年02月26日

30インチ Cinema Display対応 USB-C to Mini DisplayPort Adapter

Apple純正6Kモニターの発売が噂されていますが、これまでのApple純正モニターで最大の画面サイズを持つのが30インチ Cinema Display。昨今では4Kや5Kモニターの登場で解像度的にはずっと上をいくモニターも登場していますが、これらはRetina表示が標準的になっています。30インチ Cinema Displayの解像度は、2590x1600。表示領域としても最大級のモニターです。
そんなわけで、ディスコンとなってかなり経ちますが、まだ現役で使っている方も多いと思います。 30インチ Cinema DisplayのコネクターはDual Link DVIなので、やや新し目のMacと接続するにはApple Mini DisplayPort to Dual-Link DVI Adapterが必要で、これを使っている方も多いと思います。そして、最新のUSB-C端子のMacと接続するには、さらにUSB-C to Mini DisplayPort Adapterを使用すれば良さそうに思えます。
私も、MacBook Pro 2016を入手した際には、 30インチ Cinema Displayを使うべく、この手のアダプターを数種類入手して試してみました。4Kモニターにも対応しているということだったので、大丈夫ではないかと思ったのですが、結果は全滅。使えませんでした。当時ネット上の情報を見ても、やはり使えないという情報が多かったです。一部このアダプターなら使えたという情報もありましたが、該当品は結局入手できず、結局MacBook Pro 2016での使用は諦め、他のMacで使用していました。
さて、時は流れ、先日は「モニタ環境の整備」という記事もアップしました。この際に、やっぱり30インチ Cinema Displayは使えないのかという疑問が、2年ぶりに湧いてきました。探してみると、30インチ Cinema Display対応を謳う製品も出ています。早速試してみると、見事に使えました。

smolink














Smolink USB-C to Mini DisplayPort Adapter 30インチ Cinema対応 2,980円

これで、最新Macでも 30インチ Cinema Displayを使うことが可能です。重ねてになりますが、Apple Mini DisplayPort to Dual-Link DVI Adapterが必要ですので、お気をつけください。

vintagecomp at 09:26│Comments(0)Mac 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives