2019年11月07日

純正PCIe SSDとBoot Camp

MacBook Air 2013-2017, MacBook Pro Late 2013-2015, Mac mini Late 2014 Mac Pro Late 2013, iMac Late 2013-2017等で使用されている純正PCIe SSD。最近は、安価な社外品も入手可能ですが、互換性の高さより割高な純正品も今だに人気があります。特にBoot Campの互換性については、社外品はうまくいかないことが多く、純正品が鉄板です。

PCie2015-512













純正PCIe SSD 256GB, 512GB, 1TB

ところが、最近MacBook Pro 13" Mid 2014のお客様から
Boot CampによるWindows10インストール時に「準備しています」のままハングアップしてしまいます。
とのご指摘をいただきました。
単品不具合も考えらえれるため交換しましたが、やはり同じ状況。これはSSD側の不具合ではなく、何らかの互換性の問題と考えられます。

MacBook Pro 13" Mid 2014の標準のSSDは、x2接続です。そのため最大速度は800MB/secくらい。ところが、本体はx4接続に対応しており2015モデル以降の高速なx4 SSDを装着すると最大速度は1.5GB/secまで向上します。高速になりすぎるのが、原因のようです。
2015モデル以降では、高速なx4 SSDが純正でも採用されているため、こちらの互換性の問題はないと思います。Mac Pro Late 2013についても、2015年の中盤以降高速なx4 SSDが採用されており、これも問題ないと思われます。
Mac mini Late 2014, iMac 2013-2014は本体側がx2接続であり、x4 SSDを装着しても高速化しないため問題ないと思われます。
ということで、MacBook Air, MacBook Proの2013、2014モデルで高速なx4 SSDを装着した場合に、Boot Campの互換性の問題が発生するのではないかと推定しています。

なお、先に書きましたように、社外品のSSDはこの種の問題が起きがちですが、実はOWCのSSDはこれをソフトウェア的に解消しています。その手法は、x4接続をx2接続に落としてしまうということです。やはり高速すぎるのが原因のようです。
なお、この問題はあくまでBoot Campに置いてであって、macOSでは何ら問題はありません。

MacBook Air, MacBook Proの2013, 2014モデルで高速なx4 SSDを装着した場合に、Boot Campの互換性の問題が発生すると推定しているわけですが、断定できる状況にはありません。この種の不具合を経験された方は、ぜひコメントをいただけると幸いです。



vintagecomp at 08:54│Comments(10)Mac改造 

この記事へのコメント

1. Posted by ちーむ   2019年11月10日 00:57
どうもこれと同じことで2ヶ月悩んでいました。windows側でなんたらSSD.sysとエラー吐いていてお手上げでした。7もだめ、10もだめで。早くにここを確認すれば解決が早かったなあ。NGFFのM2を手配して変換コネクタでやってみます。助かりました。それでは!
2. Posted by Muto@VC   2019年11月10日 23:47
変換コネクタ+NGFF M.2も同様のことが起きますよ。
x2接続のSSDにする必要があるようです。純正だと2013/2014当時のSSUAXですね。
3. Posted by ちーむ   2019年11月12日 00:07
えーとNVMeでなくてAHCIなら問題無いでしょう。
4. Posted by Muto@VC   2019年11月13日 09:32
NVMeが原因ならそうなりますが、x2標準の機種に、x4のSSDを搭載したことが原因ではないかと推定しています。それなら、AHCIでも同じになる可能性があります。もちろんAHCI x2なら大丈夫でしょう。
5. Posted by ちーむ   2019年11月17日 18:22
結果ですが純正のSSDでBOOTCAMPでWINDOWS10をインスト出来ました。原因はWINDOWS側でした。レジストリを改変してokでした。カタリナとWINDOWS10で武装したmba2013になりました。お騒がせいたしました。
6. Posted by Muto@VC   2019年11月19日 04:20
使用されたSSDは、MacBook Air 2013標準のものでしょうか。それとも、高速はx4 SSUBXでしょうか。
7. Posted by ちーむ   2019年11月21日 13:33
mba 2015に付いていた純正SSDです。それを2013に付けて動作しています。サムスンの128gbのです。
8. Posted by Muto@VC   2019年11月22日 01:59
なるほど。
結局、ちーむ様と同様の原因なのか、たまたまOKな場合とNGな場合があるのか、128GBは他の4x SSUBXと比べて低速なために大丈夫なのか、まだ見極めが必要ですね。
9. Posted by kawa68k   2019年12月11日 11:03
通りすがり失礼します。
自分の環境ではMacBookAir2014(11インチ)+変換コネクタ+960evo(1TB)で、
今のところBootCamp(Windows10)も含めて動作しているようです。
やったことは
・Windows10のisoは1502まで遡る
・Windowsインストール時とWindowsUpdateの時は必ず電源に接続する
・バッテリー動作だとWindowsがCRITICAL_PROCESS_DIEDで止まるので、電源に接続して起動し、電源の詳細設定で
 詳細な電源設定の変更->PCIExpress->リンク状態の電源管理->バッテリ駆動:適切な省電力にする。

憶測ですがNVMeでデフォルトの「最大限の省電力」ではPCIeの電力が足りないのかも

MacBookAirをNVMeのSSDに換装する(4)
https://kawa68k.hatenablog.com/entry/2019/11/30/174526
10. Posted by Muto@VC   2019年12月12日 01:56
なるほど。それだとx4ではダメでx2ならOKの説明もつきますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives