2020年01月17日

Apple Watch ECG有効化の方法

Apple Watch 心電図機能(ECG機能)は、対象国のApple Watch S4/S5で、対象国内で初期ペアリングを行う必要があります。従って、アメリカ版Apple Watch を購入し、アメリカ内で初期ペアリングを終えれば、日本に戻っても引き続きECG機能を使用できます。また、その後、Apple Watch(対象国版)やiPhooneを買い換えても、引き続きECG機能を使用できます。

米国版のApple WatchはVintage Computerで購入代行をご提供しておりますが、ネックとなるのは アメリカ内で初期ペアリングが必要となる点です。日本国内でも、ECGを有効化する方法が報告され、先月このブログでも紹介(その1その2)したところ、大きな反響をいただきました。問い合わせもいただいておりますので、改めて紹介したいと思います。

本命は、iMazingという有償ソフト( $44.99)を使用する方法です。Mac/PC用のソフトで、iPhoneとのファイルの転送やバックアップを実施できるソフトです。バックアップ機能を利用し、iPhoneの設定を書き換えてペアリングしたApple WatchのECG が利用可能にできます。
具体的な使用方法は、こちらこちらに詳しく解説されています。脱獄も不要で、比較的簡単に有効化できます。

費用がかかるのがもったいなければ、別の方法があります。
checkra1nというiPhoneの脱獄ツールを使う手法です。 CydiaのECG Enablerを使うことで、日本でECG有効化が可能です。脱獄を伴いますので、少々ハードルが高いと言えるかもしれません。

いずれの方法も、米国版等の対象国のApple Watchが必要です。


AWS540-SGSB


















Apple Watch Series 5 GPS 米国版購入代行 59,800円/64,800円

ECG機能を使いたい方には朗報です。ツールの利用は、自己責任でお願いいたします。 

vintagecomp at 07:52│Comments(6)Apple Watch 

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2020年02月01日 00:08
watchOSが6.1.2になりましたが、ECG使えなくなったりするかわかりますでしょうか?

2. Posted by Muto@VC   2020年02月06日 07:58
ユーザーの方のコメントが付きませんね。
こちらは対象地域なので、使えなくなることはないので、検証はできません。
Series 4からかなりたくさんのお客様にご購入いただきましたので、もし非対応となればその手の情報が入ると思います。
日本で6.1.2にアップデートされた方、いらっしゃいましたらコメントください。
3. Posted by LL/A   2020年02月07日 10:27
6.1.2にアップデートしましたが、特に問題なく使えています。
4. Posted by Muto@VC   2020年02月08日 01:30
ありがとうございます。やはり、大丈夫ですね。
5. Posted by 通りすがり   2020年02月11日 11:11
情報ありがとうございます。
こちらでも問題なく使えている事を確認しました。
6. Posted by 通りすがり   2020年02月11日 11:13
情報ありがとうございます。
こちらでも問題なく使える事を確認しました。
メジャバージョンアップの時までは心配はいらないのかも知れませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives