2020年03月10日

Apple Store Japanで「Today at Apple」が中止

新型コロナウィルスの関係で、Apple Store Japanで「Today at Apple」の全てのスケジュールが中止となっています。各種イベントが軒並み中止となっていますので、やむを得ないところでしょう。
感染者が増えてきたアメリカのApple Storeはどうかというと、今のところ中止にはなっていません。Vintage Computer 近隣のストアで検索する限り、今のところ今後の予定は表示されています。

日本では新型コロナウィルス関連で、 買い占めや売り切れが発生していますが、こちらアメリカの状況をお伝えします。なお、ロサンゼルス近郊で私が見聞きした状況を主観的に判断したものですので、必ずしもアメリカ全体の状況とは限りません。

マスク
元々アメリカにはマスクをする習慣がほとんどありません。普段は、一般のスーパーにはほとんど売ってなく、薬局の片隅に少量おいてある程度です。 2月の段階で、その少量の在庫は全て消えてしまい、今に至ってもほとんど販売されていません。では、皆マスクをしているのかと言えば、全くと言ってよいほどしていません。いち早く中国人が買い占めてしまい、本国に送ったのではないかと言われています。ただ、一部のアジア人を除き、ほとんど気にしていないようです。

ハンドサニタイザー、消毒液
今月頭くらいに、一気に店頭から消えました。時折入荷はあるようですが、入手困難です。 イベント会場や公共の場所の多くに、今まで設置されていなかった ハンドサニタイザーが設置されています。多くの人が、ハンドサニタイザーでの消毒を励行しているようです。

トイレットペーパー
日本ほどではないですが、品薄になっています。特に量販店の格安品は軒並み売り切れのようです。一般の販売店のブランド品など、やや高めのものは品切れ状態にはなく、入手は難しくありません。

水、保存食品
水や保存食品をまとめ買いする人が多く、 品薄気味です。

トイレットペーパー、水、保存食品がこちらでも品薄気味ですが、その意識は日本とは異なっているようです。日本では、店頭からなくなるというデマを含む噂から、買い占めに走る傾向が高いようです。アメリカでもそのような側面もあるのでしょうが、今後外出禁止、自粛のような事態になった時のために備蓄しておくという意識が強いようです。一部では、そのような事態に備えて備蓄を呼びかける報道もあります。

このように意識の点では大分異なるものの、結果的には似たような状況になっています。ただ、一般市民の危機感は、日本よりもまだずっと低いように思います。 


vintagecomp at 13:10│Comments(0)USA 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives